プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の話ですけど、昼時におにぎりをもぐもぐと食べていたら、
ついついうっかりと口の裏側というのか頬の内側の肉厚の部分を噛んでしまって
すごーーく痛かったです。
というか・・・結構血が出てしまいました・・・
その時食べていたおにぎりというのが「鶏五目おにぎり」だったのですけど、
血の香りが混ざってしまうと、味がなんとなくですけど・・・「砂肝」みたくなっていましたね・・・(苦笑・・)

あれって噛んだ直後も痛いのですけど、そのあとって大抵口内炎みたく腫れてしまうことが多いから
完治するまでは、ご飯を食べる時とか熱いものを飲んだりする時って
結構痛いのですよね・・・
そうなんですよ・・・人間って面白いものでして、食事をする時に「喉が痛い」とか「口の中が痛い」なと゜のように
何か不快な事があったりすると「食欲」自体がかなり低下してしまう傾向があるようですね。
自分自身も口を噛んで口内炎が発生し、よくなるまでの大体五日間あたりは、
「何かものを食べる行為」自体が大変億劫になってしまい、
体重は1キロぐらい減ってしまいましたね・・・
そっか・・ダイエットにチャレンジしたくても長続きしてこなかった方たちは、口の中に口内炎があったりすると
自然に体重減少が出来るのかも・・??

この「口の中で噛む」ということなのですけど、何か色々と原因はあるみたいですね。

簡単に列挙してみると・・・・

1.ストレス

2.疲労の蓄積

3.胃腸の調子が悪い

4.歯の治療等による歯の噛み合せの変化

5.老化による頬のたるみ

そうですね・・私の場合は1~4が原因ではないと思いますので、やっぱり5が原因なのかな・・・?
うーーむ、ここでもまたまた大変嫌な言葉ですけど「老化」というワードが・・・・(苦笑・・)
目が眩しい・ほくろ・飛蚊症・老眼・・・??
うーーむ・・・なんだかここ数年こうした老化現象を予感させるような「前兆」は色々と姿を現しつつあるのかも
しれないですけど、
こういう「現実」を見せつけられと
「なんだかねぇー―――」とついつい感じてしまいますよね・・・(苦笑・・)

ま・・こういう場合は口内炎用のジュルのお薬を寝る前に口に中に塗っておいて、これを2~3晩くらい
続けているといつの間にか完治という感じになっているのですけど、
今回もそんな感じでした。
やっぱり、熱いものを飲めない事と固形物を食べるととにかく痛くて痛くて敵わん・・・と言うのが面倒でしたね・・





そう言えば・・・ドキドキプリキュアのまこぴーも口内炎ではないけど、一度「歯痛」で
確かに痛くて辛そうなんですけど、
「歯医者さん、こわーーい」と歯医者さんからとんずら&脱走しているポンコツさんになっていましたね・・・(苦笑・・)

まこぴー=キュアソードは紫系プリキュアですけど、
初期の頃は、孤高の戦士で、「この子は賢いのかな・・?」とも思わせていたのですけど
人間界の学校に通うようになってから、徐々に本来の・・・「ポンコツ振り」が発揮されていき、
この歯痛界の時に「まこぴーポンコツ説」が頂点に達していたような感じもありましたね。

あれれ・・・まこぴーから4代後輩の同じく紫の後輩にも、何やら似たような感じの人がいたような気も・・・??

ま、その子も・・・ついに魔法界からナシマホウ界への「転籍」(?)を無事に果たし、
早くもナシマホウ界での「ポンコツデビュー」(?)を無事に果たされていましたので、
とにかく・・まこぴーの「ポンコツDNA」を受け継ぐ同じく異世界出身の紫系のリコちゃんには、
も―――、早くも大注目ですよね!!

果たしてリコちゃんは、人間界でもどんな「ポンコツ伝説」を作ってくれるのか・・

も―――、とにかく今後が楽しみで楽しみで仕方がないですね!!

そして・・・そうした「ポンコツ」からの「成長」をいかに私たちに提示してくれるのか・・・それもとっても楽しみですね!!

第9話において、はーちゃんもナシマホウ界に来てしまいましたけど、
自分の予想としては、はーちゃんはあの校長先生がお育てになられて、第23話前後に
みらいとリコが大ピンチに陥った際に
「しょーがないわね・・このポンコツ先輩たちは・・(笑)」という満面の笑顔のはーちゃん=キュアフェリーチェが
華々しいデビューを飾るのかな・・とも思っていましたが、大はずれでした・・・
はーちゃんは引き続き、みらい達が育てていくのでしょうけど、
もしかしていずれ・・・
はーちゃんがプリキュアに本当になったとしたら・・・・
はーちゃんもみらいとリコが通う学校に通う事になるのかな・・・?
もしかして・・これは史上初となるかもしれないのですが、プリキュアが3人とも全員、一つの家に居住というか
居候みたいな展開にもなるのかもしれないですね・・・

なんか最近はこのプログでは「東方」の事ばかり熱く語っていますけど
もちろん・・・
「プリキュア」だって負けちゃーーいないですっ!!
今後も・・・もっともっとプリキュアの事は大いに語っていきたいですねっ!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2834-22736a48
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |