プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方Projectにおける公式漫画っていくつか出てはいるのですけど、
個人的には・・・「東方三月精」がとっても大好きというか気に入っています。
やはりあの絵柄は反則的に可愛すぎますよね!!
特に、サニーミルクはめちゃくちゃ可愛いなぁーーーー!!
スターサファイアもノリがいいし、ルナチャイルドは二人に比べて多少醒めた感じというか幾分ミステリアスな雰囲気も
あるのですけど、すぐにこけて転んでしまうあのドジっ子振りはとてつもなく魅力的です。
一体ルナチャイルドは三月精の中で今まで何回ころんだのでしょうか・・・(笑)
とってもほのぼのとした可愛い作品ですし、全体的には光の三妖精と霊夢・魔理沙の交流を描いてはいるのですけど、
時折「ゲストキャラ」として登場してくる他の東方キャラの扱いもとっても巧みだと思います。
特に特に・・・あの「ゆかりん=八雲紫」の描き方はお見事ですよね!!
光の三妖精が、魔法の森から霊夢の博麗神社近くの大木に引っ越しをした際のゆかりんの
「あなた達・・・ちょっといいかしら・・」は大変迫力と有無を言わせない威圧感がありましたね!!
ゆかりんがあの中で見せつけた圧倒的な存在感はとにかく素晴らしかったです!!
ゆかりんの攻撃に当然ながら為す術もない光の三妖精でしたし、ルナチャイルドとスターサファイアは一撃で
ボコボコにされてしまいます。
そんな中・・・サニーミルクだけは、どうにかこうにかゆかりんの光の弾幕を一度は屈折させて避けていましたので、
この辺りは、一応・・「さすが光の三妖精のリーダー」という感じでした・・・
ま・・・結局は・・ゆかりんは、光の三妖精がいかに「圧倒的に弱いのか」を見るための一つの試験だったようですね・・・
あの大木に住みつかれるのに「力がある者では困る・・」という事だったのでしょう・・
私の脳内妄想の中では、「ルナチャイルドだけゆかりんは一目置いていて、その成長を静かに見つめている」と
感じではありますけどね・・・

さてさて・・・そうした中、前回の東方記事のメインを務めた「小野塚小町」も今の所、2回ほど
この三月精に登場しています。
あっ・・そう言えば小野塚小町は、三月精初登場の際は、何やら風流な歌を詠んでいたのが印象的です。
あのこまっちゃんはまさに・・「粋な江戸っ子」でしたね!!
小野塚小町の元ネタは「小野小町」らしいのですけど、小野小町は歌人でもありますからね。








それにしても東方の公式漫画の一つでもあるこの「東方三月精」に出てくるサニーミルクとかスターサファイアとか
ルナチャイルドの3人のポンコツ妖精ちゃんたちはみんなとっても可愛いですね!
この光の三妖精は、正直・・・東方のメイン舞台とも言えるゲームに出てくる事はほとんどありません。
例外は、あのチルノが主役の「妖精大戦争」くらいなのかな・・・
光の三妖精の活躍のメインは、この「東方三月精」と言っても過言ではないと思います。
余談ですけど「東方花映塚」でも、妖精・チルノとかプリズムリバー三姉妹とかミスチーとかリリーホワイトは
登場してくるのに、この光の三妖精は未登場でしたね・・・



006_convert_20160406163605.jpg



さてさて・・・・この「東方三月精」の中にも小野塚小町は確か二回ほど登場していたと思いますけど、
そのいずれも小町らしい「存在感」を遺憾なく発揮していたと思います。
今回取り上げるシーンは、一見すると光の三妖精がイタズラをした挙句、魔理沙を落とし穴に叩き落とす事に
成功したポンコツ光の三妖精のお茶目が際立つような印象のようにも感じるのですけど、
いやいや、あれは違いますね!!
あれは・・・意外と奥が深いワンシーンなのではないのかな・・・と個人的には考えたりもします。
仏教徒の聖白蓮さんの教えを彷彿とさせるような「因果応報」みたいな感じとか
(悪事を働けばその報いがいつかは自分自身の所にやってくる・・みたいなものですね・・・)
「地蔵菩薩」とは何たるもので、それをおろそかにした者に対してはどのような罰が下されるのか等を
霊夢と魔理沙・・・・否・・・、地蔵を道沿いから盗み出した魔理沙に対して
静かに諌めるように・・・
語りだす小野塚小町の「静かな迫力と威圧感」は、並々ならぬものを感じたものでした!!

いや―――、私・・・あのシーン、とっても大好きなんですよっ!!
あのシーンとこまっちゃんのさぼりが映姫様にバレて映姫様からお叱りを受けた多時のこまっちゃんの「きゃん!」という
可愛らしい悲鳴の合わせ技でもって、
私が小野塚小町の魅力に陥落した瞬間でもありました・・・(笑)

話としては・・・・

聖白蓮の命蓮寺の縁日を散策し、霊夢の博麗神社に立ち寄る際に、その通り道に置いておった「お地蔵さん」を
ついつい、いつもの盗み癖(?)で持ち出してしまった魔理沙なのですけど、
霊夢からも「神社にこんなの置かれても困っちゃう・・・」と文句を言われ、
やむなく、元々そのお地蔵さんが置かれていた場所ではなくて、光の三妖精たちが暮らす大木の脇に
そのお地蔵さんを置いたのでした。
それをこっそり見ていた光の三妖精たちは、
「霊夢たちが何かこっそりお宝を埋め、その目印としてお地蔵さんを置いた」と勝手に勘違いし、
「それならばそのお宝を掘りだそう!」とまたまたトンチンカンな事を思い立ち、
穴を掘ったものの、当然何も出てきません・・・
そうした所・・・またまたこの3人の中でも屈指のイタズラ好きのサニーミルクが
「せっかく穴を掘ったのにこのまま何もしないのはもったいない・・ここを落とし穴にしてしまおう!!」と提案し、
光の三妖精たちは、そのお地蔵さんの目の前の所に「落とし穴」を仕掛ける事になるのです・・・(笑)

ところでこの「お地蔵さん」なのですけど、
自分自身は、「お地蔵さんというのは道祖神みたいなものなのかな・・・?」と思っていたら違うようですね・・・
霊夢や小野塚小町が言っているように、
「お地蔵さん」とは「地蔵菩薩」の事であり、
本来の意義は、地獄に堕ちた者の救済を本願とする菩薩という事なのですけど、
お地蔵さん自体は、ただの何の変哲もない石人形という事で、それ自体には何の救済する力もありません。
だけど・・・
お地蔵様に対する「信仰心」が集められれば集められるほど、通りすがりの民衆から崇められ、
力をつけるようになっていき、
結果としてただの石像があたかも「神様」のように変容していく事もあるとの事です。
ちなみにですけど・・・
小町の上司の四季映姫様(ヤマザナドゥ様)も元々は・・そうしたただの何の変哲もないお地蔵さんからの
出世組との事です。
あ、でも何だかこの辺りもとっても興味深いですよね。
あの地獄の最高裁判長のお一人の映姫様が、元々はそうしたしがないお地蔵さんだったなんて・・・
2005年に愛知県で開催されていた「愛・地球博」のマスコットキャラでもあるモリゾー&キッコロも、
何千年もただじーーーっと「人間達の行い・・・その愚かさとか哀しさ」を見てきた・・・という設定になっていたと思いますが、
四季映姫様も昔は・・・そうしたお地蔵さん時代は、
人間達のそうした普段の何気ない行いをただじーーーーっと眺めていたのかもしれませんよね・・・
時に・・・呆れながら・・・・
時に・・・同情しながら・・・
時に・・・自分にこんな無理難題のお願いを願掛けしてくる人間達を不憫に感じつつ、
そうした願掛けに何もしてあげられない自分の力不足を嘆きながら・・・
そうした人間達が「お地蔵さんにすがらざるを得ない・・・」という何か「祈り」に似た行為を
ひたすらじーーーっと見続けていたのかもしれませんよね。
意外と四季映姫様自体は、「人の強さも弱さも酸いも甘いもみーーんな知り尽くした懐の深い御方」
なのかもしれませんよね・・・
だから・・・
映姫様にとって、部下の小町がちっとさぼっている・・・・というのは、
「ま・・・しょうがないね、ま・・・わかるけど・・・くすっ・・」という感じでもあるのかもしれないですよね・・・

小町は幻想郷内きってのサボり癖を有する人で、さぼっている時は、
幻想郷内で昼寝したり、散策したりと、ま・・・とにかく自由人の香りが漂う人でもあるのですけど、
小町自身は「死神」でもありますので、「人間の寿命が見える能力」というのも元々有してはいますが、
もしかしたら・・・・
元あった場所にお地蔵さんがなくなっている・・・・みたいなお地蔵さんに関する一種の異変を察する能力も
持ち合わせているのかもしれないですよね。
今回も命蓮寺付近の道端に置かれていたはずのお地蔵さんがいつの間にか紛失・・・
(ま・・・その持ち出しの犯人は前述の通り、魔理沙なのですけどね・・・)
そうした行方不明のお地蔵さんを探すというのも、実は小町の仕事の一種なのかもしれないですよね・・・
というか・・・・
案外・・・「サボり」の口実に利用しているのかな・・・?

そして・・・光の三妖精たちか暮らす大木前にお地蔵さんが置かれているのを発見・・・
(落とし穴に落ちない・・という事は、落とし穴の存在を分かっていたのかも・・・
 そして・・・もしかしたら・・・お地蔵さんを盗んだ犯人への因果応報的な懲らしめとして、
 三妖精が仕掛けたいたずらにこまち自身が乗っかった・・・という解釈もありなのかもしれないですよね・・)
発見した際の小町の
「お前さんをこんな場所に運んできた奴は・・・・地獄に堕ちるといいねぇ・・・」という呟きは
結構・・凄味があったりもします・・・

この時の、お地蔵さんというか・・・地蔵菩薩のなんたるかを語る際の小野塚小町は、とにかく
かっこう良かったし粋でした!!
まさに・・・・「仕事人!!」という感じでしたし、静かな迫力が十分すぎるほど伝わってきました!

小町によると、お地蔵さんが道端に置かれている意義についてですけど、
地蔵菩薩とは、元々が地獄に縁がある神様だったのですが、地獄と人間界の境を塞ぐ「塞の神」という認識を
人間側が持つようになり、
そうした「塞の神」は、例えば・・・・「突然の死」などのように「厄災」が道伝えに防ぐ神様という位置づけもされ、
それゆえ・・お地蔵さんは、疫病神の訪れ防止という意味合いも兼ねて
道端に置かれるようになったとの事です。
だから・・・
お地蔵さんを勝手に道端から持ち出すことは、完璧にNGなのです。
お地蔵さんは道端に置かれていないと意味がないのです。

この時の、小野塚小町が魔理沙に対して放った言葉・・・

「元の道に置いておかないと、あの世からお前さんを殺しに厄災が降りかかるかもしれないよ・・・」

「例えば・・・・私みたいな・・」

「ね・・」

と言って魔理沙に対して鎌を構えた瞬間の小町は・・・・とてつもない威圧感と静かな迫力がありました!!
凄味はありましたし、仕事に対する「プライドの高さ」を感じさせてくれました。

いや―――、再三の物言いで恐縮なのですけど
あの時の小町は本当に素晴らしかったです!!
とても出典があのポンコツ三妖精が主人公の「東方三月精」とは思えない程でした!!


007_convert_20160406163625.jpg


008_convert_20160406163650.jpg



小野塚小町は、霊夢から「サボりのマイスター」とか
うどんげちゃんからも「死神の中では仕事をしない事で有名な人」とか言われていますし、
上記のお地蔵さんの一件の霊夢・魔理沙たちとの会話の冒頭で
霊夢から「今日も地獄の三途の川の船便は運休・・?」とツッコまれていましたけど
(こまっちゃん自身は「いやいや、ただの休憩」とか言っていましたね・・・)
いかにも・・・「私はやる時はやる!!」みたいなオーラが漂う御方ですよね!!

さてさて・・・

結局、小町のその静かな威圧感に屈したせいなのか、魔理沙も霊夢を引き連れて、
大木のそばに魔理沙が一旦置いたお地蔵さんを取りに行き、元の場所に戻そうとするのですけど、
(この際・・光の三妖精たちは、「早く誰かが落とし穴に落ちてしまぇ――!!」みたいないたずらのわくわく感で
 一杯の満面の笑顔はとっても可愛いですね・・)
この際・・・霊夢はきちんと手を合わせていたのは、やっぱり「さすが巫女さん・・!」という雰囲気でした。
そして小町は・・・
ま・・・多分ですけど、
「地蔵の目の前があのポンコツ妖精共が掘った落とし穴があるから、そこに魔理沙が叩き落されれば、
別にあたいが直接手を下さなくても、天罰が履行されたことになるかに、まっ・・・いいか・・・
それに・・・このお地蔵さんはまだまだ力が弱いから、
魔理沙に対する厄災はこの程度で十分なのかも・・・
ま・・・それにあたいがもう十分に諭したから魔理沙も多分わかったはず・・」という
認識があったのかもしれませんよね。

そんな訳で・・・結果的に・・・・

光の三妖精の目論見通り、魔理沙が落とし穴に叩き込まれてしまったのですけど、
魔理沙の「なんだ・・これは・・」というやれやれ感が何とも言えず面白かったです。

小町の「それが・・・お前さんを殺しにきた厄災さ・・」と言ってはいましたけど、

何となくですけど・・・

「今回はこの程度で見逃してやるけど、今度しでかしてくれたら・・・あたいがお前に厄災をもたらしてやる!!」
みたいな感覚もあるのかもしれませんよね。

うーーん、この三月精は全体的にはとてもドタバタ&ポンコツな雰囲気の作品なのですけど、
こういう作品ゆえに
こうした「因果応報」みたいな世界がたまーに提示されると
「なるほどね・・」と妙にしみじみとした感じにもなったりするから不思議なものですよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2832-5e15c15e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |