FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


13.花輪高校


  A/交響曲第1番第四楽章(S.ラフマニノフ)

  
  この年、1978年の花輪高校吹奏楽部においては、ついに・・!!
  「新たなる伝説の日々」が始まることになるのです!!
  そう・・!!
  この年にあの・・数々の花輪伝説を作り上げられたまさに・・・伝説の先生、小林久仁郎先生が
  赴任されてきます。
  もちろん、小林先生の赴任以前の佐藤先生時代にも花輪高校は、数々の名演&伝説を残してくれているのですけど、
  佐藤先生には大変恐縮なのですけど、
  やはり花輪高校吹奏楽部の「真の栄光と伝説は小林先生から始まった・・」と言えるのではないのかな・・とも
  思います。
  そうですね・・・
  佐藤先生がしっかりと種蒔きをされたその土壌に大輪の花を咲かせられたのが、やはりあの小林先生という事に
  なるのかもしれませんよね。
  よく花輪高校というと、「よくこんなマイナーシンフォニーを発掘してきたもんだ・・」といまだに言われることが
  多いと思うのですけど
  (その典型的事例が1985年のガジべコフの交響曲第2番なのだと思います)
  いやいや、佐藤先生時代も決して負けていないですね。
  その典型的事例が1975年のチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」なのかな・・・
  あの交響曲は只でさえプロのオーケストラでもあんまり演奏されない曲で、ましてや吹奏楽コンクールで
  演奏される事は・・・まずないです・・・
  そうですね・・・百歩譲って、金管に打楽器がかなり派手に加わる第四楽章を自由曲に選ぶというのなら
  少しはわかる・・・みたいな感じもあるのですけど、
  花輪が選んだのは・・・あまりにも地味でいかにも「荒涼たる冬の光景」の第一楽章なのです!!
  うーーん、渋いよ、渋すぎる!!
  あの第一楽章が収録された「レジェンダリーシリーズ」のCDを改めて聴いても・・・・
  「よくこんな盛り上がりも派手さもほぼ皆無のあまりにも地味すぎるこの楽章を自由曲にしたもんだ・・」と
  全く逆の意味で驚嘆せざるをえません・・・
  ま・・・今だった100%自由曲として選ばれることはないと思うのですけど・・・
  あ、そりゃ分らないか・・・
  昨年・・2015年の全国大会で、まさかまさかの・・・ブルックナーのシンフォニーを自由曲にしたチームが
  高校の部で登場していましたよね!!
ま、花輪は、74年も「展覧会の絵」という大変メジャーな曲を自由曲にしたものの、 
  一般的に演奏されるパターンの「ババ・ヤーガの小屋+キエフの大門」という組み合わせではなくて
  プロムナードと古城をメインにした前半部分の抜粋という驚くべき組合せでしたし、
 73年もこれまた大変メジャーな「シェエラザート」を自由曲にしながらも、演奏した楽章は
  第二楽章の「カレンダー王子の物語」という大変地味な楽章ですからね。
  そして輪を掛けたのが、1977年の選曲でしたね。この年だけは、佐藤先生指揮でも小林先生指揮でもない
  廣田先生という方の指揮でしたけど、選んだ曲がシベリウスの交響曲第2番でした。
  そうですね・・この曲はオーケストラで演奏すると大変威力を発揮するのですけど、吹奏楽で演奏しても
  大抵トホホ・・・・みたいな結果で終わることが多い曲です。
  (それを象徴した演奏が、尼崎東高校の演奏かな・・・)
  だけど・・百歩譲って、尼崎東のように派手に盛り上がる第四楽章というのなら、何となく・・・わからなくもないのですけど
  花輪が選んだ楽章は、やはり霧がかかったような第一楽章・・
  うーーむ、この選曲はチャイコフスキーの1番よりも渋い・・あまりにも渋すぎる選曲でした・・

  さてさて・・  そうした中で小林先生が花輪高校に赴任されてくるのですけど、
  小林先生の大変優れた指導の下、花輪高校は更に素晴らしい発展を遂げ、後世の私達に
  とにかく素晴らしい名演の連続を残してくれたのでした。
  1978年は、小林先生=花輪高校サウンドのスタートの年だったのですけど、そこから聴こえてくるサウンドと
  音楽的解釈は、もう既に小林先生の「個性」が色濃く出ていたと思います。
  振り返ってみると、小林先生にしても、プロの演奏家からこうした地方の音楽教師&吹奏楽部顧問への転身と言う事で
  吹奏楽の指導実績も吹奏楽コンクールへの出場も何もかも初めてと言う中で
  あそこまで優れた演奏を1年目から残されていたというのは、まさに驚愕に値するものがあると思います。
  それでいて、1年目からああした「小林先生にしか創れない音楽」という「小林久仁郎ワールド」を赴任一年目から
  遺憾なく発揮されていた事は、本当に素晴らしい事だと思います。
  本当、改めてですけど・・・「小林先生は偉大だよな・・・まさに東北ブロックの宝!!」とすら感じてしまいます。
  同じく「東北ブロックの宝」の秋田南の高橋紘一先生は1986年のコンクールをもって勇退されたのに、
  小林先生は、その後花輪から秋田南へと異動され、当時は少し停滞気味だった秋田南を立派に立ち直らせて
  1997年のコンクールまで現役指導者として辣腕を振るわれ、
  花輪でも秋田南でもあまりにも偉大過ぎる実績と後世に絶対に受け継いでほしい「素晴らしすぎる名演」を
  残されましたので、
  本当に・・・・まさに頭が下がる思いで一杯です。

  課題曲Aですけど、やっぱり上手いですよね――!
  この年の東北支部代表3チームのジュビラーテですけど、三者三様というのが大変面白いものがあります。
  とにかく才気煥発・溌剌という少しやんちゃな弘前南、正統派でまさにクラシック音楽そのまんまの端正な響きの秋田南、
  そして、時にテンポに遊び心を加味したり揺らしたりしていて音楽に「自由」な雰囲気を漂わせている花輪と
  代表3校の違いは明確に感じたりもしたものでした。
  というか、この時代・・1978~83年前後の東北ブロックのレヴェルの高さはとにかく半端ないものが
  あったなと感じます。
  これはこの時代がまさに私自身の中学~高校のスクールバンドとしての奏者時代とほぼ被っていて
  東北支部でクラリネット奏者だった私自身が肌でそのように感じていましたので、多分間違いではないと思います。

  自由曲のラフマニノフの交響曲第1番は、多分ですけど吹奏楽コンクール初演だと思います。
  小林先生の後年のあの過激で個性的な「ロシアマイナーシンフォニーシリーズ」という超ウルトラ名演&爆演から
  見てしまうと・・
  「あれれ・・小林先生にしては随分とおとなしい路線」と感じるのかもしれませんけど、
  ま・・・前述の通り、小林先生にとってはこれが花輪での初陣ですので、それは仕方がない事なのかもしれません。
  ただ1978年当時は「ラフマニノフ」という作曲家を吹奏楽コンクールで選曲するという事はほぼ皆無に近かったという事
  だけは強調しておきたいと思います。
  ラフマニノフが吹奏楽コンクールで自由曲レパートリーとして定着したきっかけというのは、
  1983年の山王中学校の交響的舞曲~第三楽章なのかもしれないですよね。
  ラフマニノフというと、とにかく甘くてせつなくてメランコリー溢れる大変感傷的でロマンティックな曲の作曲家という
  イメージが大変強いと思うのですけど、
  実は・・・若い頃に「交響曲第1番」というラフマニノフにしては少し「悪趣味」に走っている曲があたりもします。
  ま・・そうした悪趣味の香りぷんぷんのせいで、これは後述しますけど、
  この交響曲の初演は歴史的なすさまじい大失敗に終わり、ラフマニノフ自身はその後何年間も作曲が出来ないほどの
  ノイローゼ状態に陥ったしまったという大変「いわく付」の曲でもあるのですけど、
  花輪高校の演奏は・・・これは是非一度皆様にも聴いて欲しいと切に思っているのですけど、
  とにかくそうした「悪趣味」の香りがすさまじいほどにぷんぷんと漂ってきます。
  一度この花輪の演奏をクラシックおたくの知人に聴かせた事があるのですけど、彼曰く・・
  「うん、これは悪趣味の香りではなくて、悪臭そのものだね・・」とバッサリ切り捨てていました・・・(苦笑・・)
  だけど、花輪の演奏はそのくらいこの曲本来の「悪趣味」を遺憾なく表現しているのだと思います。
  でもこの演奏、本当に上手いですよね!!
  木管の分厚いうねりの表現とか、弱音器(ミュート)をつけたホルンとトランペットの巧さとか
  打楽器の鳴りのバランスの良さとか
  随所で「キラリ!」と光る箇所を既に見せつけてくれています。
  「ロマンチック」という雰囲気はあまり伝わってこなかったですけど、
  1981年のプロコフィエフの交響曲第3番で聴かせてくれたいかにも「ロシア平原」を駆け抜けるような
  自然の広大さと偉観さなんかも十分伝わってくる音楽的内容だと思います。
  時折なのですけど、チャーミングな表情も見せてくれるのが、なんか時にホッ・・とするものがありますね。

  とにかく小林先生着任1年目とは到底思えない、早くも小林先生の「個性」が遺憾なく発揮された素晴らしい演奏だと
  私は思います。

  一つ惜しまれるのは・・・・ま・・これはよく言われることですけど、
  一番最後の和音が、クラリネットの凄まじい「リードミス」でキッ――――という音で閉じられたのは
  勿体ないけど、
  あれは・・ご愛嬌なのかもしれないけど、
  とてつもなく良い言い方をすると、あの「キ――ッ!!」というリードミスは、まさに悪魔の歯ぎしりのような雰囲気と
  言ってもいいのかな・・・とも思いますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、ここから先は、ラフマニノフの交響曲第1番について、過去記事を一部転記させて頂き、
この歴史に埋もれがちな素晴らしい交響曲について
補足をさせて頂きたいと思います。


ラフマニノフというロシアの作曲家の代表作と言えば、
誰が何と言っても「ピアノ協奏曲第二番」なのでしょう・・・・
初演当初から、「後ろ向き」・「20世紀の作品なのに内容はチャイコフスキーの時代の19世紀みたいなもの・・」
「前向きな所が無く過度にロマンティック過ぎ」・「前衛さの微塵も無い・・」とか
「甘すぎるし感傷的」とか「多分すぐに忘れ去られてしまう」とか
色々言われはしましたけど、
21世紀に入ってもこれだけ愛され続け、演奏会でも重要なレパートリーになっている事を考えると、
「別に後ろ向きだっていいじゃん!! 要はどれだけ人の心にまっすく゜に何か思いが伝わるかという事だ・・」とも
思ってしまいますね。
別に音楽は「人に何かを伝える」というメッセージ性だけではないと思います。
何か「美しい」とか「甘い」とか「優しい」といった漠然とした形容詞みたいなものを音楽を通して
感覚で伝えてるのも、それはそれで素晴らしい事だと思います。

ラフマニノフというとどうしても「ピアノ協奏曲」のイメージがとても大きいのですけど
実は交響曲の分野でもかなりの大作を後世に残しています。
ラフマニノフの交響曲は三曲あるのですけど、
私の意見なのですけど、「交響的舞曲」という最晩年の名作も実質的には
交響曲第4番みたいなものじゃないの・・・・??とも思ったりもします。
だって「交響的舞曲」第三楽章のあの中間部の優しいセンチメンタルさは、
どうみても「ラフマニノフの生涯の集大成」のようにも聴こえてしまうのですよね・・・・
ついでに言うと、ラフマニノフのピアノ協奏曲集は全部で四曲あるのですけど、
「パガニーニの主題による狂詩曲」も実質的にはピアノ協奏曲第5番ではないのかな・・・?とも
思ったりもしますけどね。

さてさて、ラフマニノフの交響曲は三曲あるのですけど、
やはり一番有名なのは交響曲第二番なのかな・・・・
あの交響曲の第三楽章は、正直「泣ける要素」がてんこ盛りですよね・・・・
何か聴くだけで瞳がウルウルしそうな甘く切ない曲で、
むかーしの話ですけど、和久井映見酒宴のドラマ「妹よ」のテーマ曲にも
この楽章の甘いメロディーが多用されていたようですね・・・・
この交響曲第二番は、結構最近まで「あまりにも長すぎる!」というかなり身勝手な理由で
カットされて演奏されたり、
カット版の録音が発売されたり、色々と不遇な時代もあったようですけど、
アンドレ=プレヴィンという指揮者の努力もあり、
今ではカットされて演奏される事はまず無くなりましたね。

さてさて、ラフマニノフの交響曲第一番なのですが、
私自身はラフマニノフの交響曲は全部好きなのですけど
個人的には第一番が一番好きです。
(アメリカ亡命後に作曲され、かなり洗練された印象のある第三番も捨てがたい魅力はありますね・・)

それにしてもラフマニノフの交響曲第一番は、よく言われる事ですけど
「初演が完膚なきまでに大失敗した曲」としても大変名高いものがありますよね・・・・
ま、この初演の大失敗の主要因は、
初演の指揮を振ったグラズノフというロシアの中堅作曲家の曲に対する無理解と
オケのやる気の無さなのだと思いますけど、
この初演の大コケと評論家たちの酷評は、
繊細なラフマニノフのメンタルを大いに傷つけてしまい、
結果的に、初演の失敗から数年近く半分ノイローゼ状態に追い込まれてしまい、
ほとんど作曲が出来ない状態が続いたと言われています。
結果的にこのノイローゼ状態を救ったのはダーリ博士による暗示療法と言われていますけど、
実際はどうだったのかな・・・??
本当に暗示だけで「心の闇」が本当に救えるものなのかな・・・??
やはりラフマニノフ自身の「何とかしないと・・・」という強い気持ちの方が勝っていたせいなのかな・・・??
だけどダーリ博士の
「君は素晴らしいピアノ協奏曲を書ける」という暗示の下、世に生み出されたのが
前述の20世紀の不滅の名曲の一つである「ピアノ協奏曲第二番」なのですから、
ま、勿論歴史に「もしも・・・」があってはいけないのですけれど、
もしも交響曲第一番の初演が成功していたらとか
もしもダール博士の暗示療法を受けていなかったら、
もしかしてあの「ピアノ協奏曲第二番」はこの世に生み出されていなかった可能性も
あるかもしれませんよね・・・・

交響曲第一番なのですけど、
何となく初演の失敗も分かるような気もします・・・・
何て言うのかな・・・・
この交響曲は、全てのラフマニノフ作品の中では明らかに「異質」だと思います。
甘いせつないイメージがあるラフマニノフの曲としては、
例外的に「少し前衛臭い・・・」とか「不協和音の扱いが中々巧み」とか「表現がとけどけしい」という
印象があります。
特に第四楽章の、かなり悪趣味的な響き、ドラがゴワーンと轟音を立てる中での執拗なメロディーの反復、
何か「悪魔的色彩」が感じられるようなラストの和音は
やはりラフマニノフの作品の中では「例外中の例外」みたいな違和感も確かにあったりもします。
この曲の初演後に、ロシア五人組のキュイーは、
「もしも地獄に音楽院があったとしたら、こんな交響曲を書いた生徒が一等賞になり、
地獄の住民共を喜ばしたのに違いない・・」とかなりの酷評をしていますけど、
その評価も何となく分かるような気もします・・・・

でも、この曲全体を通して聴くと、
大きなスケールのうなりとかメロディーラインの魅力さ、甘美さとせつなさ、
悪趣味と優しさのアンバランス振りが
大変魅力的であり、
私は特に第四楽章がとても大好きなのです!!

ラフマニノフは、祖国ロシアで「ロシア革命」が勃発すると
社会主義政権を嫌ってアメリカに亡命してしまいますけど、
その亡命のドサクサ時に、この「交響曲第一番」の自作譜を自宅に置き忘れてしまい、
いつか若かりし日のこの不遇な作品に改訂を施し、改めて世に問いたいと思っていた「願い」は
ついに叶えられずに
世を去っています・・・
ま、だけど「交響的舞曲」第一楽章のコーダ部分に交響曲第一番のメインテーマを引用し、
一応別の形で世に問うてはいます・・・・
この曲が再び注目されることになったのは、作曲者没後の1945年に
音楽批評家のアレクサンドル・オッソフスキーによってレニングラードの国立図書館で
初演の際のパート譜一式が発見された事がきっかけでした。
それをもとにスコアが復元され、同年10月17日、モスクワ音楽院大ホールにおいて、
アレクサンドル・ガウク指揮ソヴィエト国立交響楽団により復活初演され、
初演は大成功に終わり、その後世界各地で演奏される一つの契機となっていきました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

先ほどのコメント、全く秘密のことはありません‼
誤操作しました。
スミマセン‼

小林先生のまさに「原点」に相応しい演奏&編曲ですよね!

周 様


いつも当方のこんな拙いブログにお越し頂きありがとうございます!
本当にいつも感謝しております!

花輪高校の創立90周年記念コンサート・・・うーーん、これは本当に興味津々ですね!
時間とお金さえあれば「駆けつけたい!」という思いで一杯です!

私自身もこのブログで何度も書いている通り、
花輪高校の1982年のあの東北大会のウォルトンの1番の素晴らしい名演があったからこそ
クラシック音楽や吹奏楽に興味を持つようになり、
そして周様ご指摘の通り、ベルク・ガジペコフ・シチェドリン・ブリス等の作曲家の名前を知る事となり、
そして何よりも・・・
あのハチャトゥーリアンの2番や3番を知るきっかけを作ってくれたのは
まさに花輪高校の小林先生なのです!

だから、私にとっても小林先生に対しては、勿論・・お会いした事は無いのですけど
「大恩人」という言葉がこれほどまでにぴったりと来る御方はいないと思います。
小林先生には、まだまだお元気でいられて、たまにはこうやって指揮される等の活躍もして頂きたいと
心の底から願っております。

ラフマニノフの1番だって、今はそんなに珍しい曲ではないですけど、当時はこうした曲を自由曲にされる事自体・・・
そして指揮者自身によるアレンジも大変勇気がいったと思いますけど、
そんな「常識」に囚われない小林先生が本当に素敵すぎますよね!!

またまた素敵なコメントを心よりお待ちしています!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2831-eadd851f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |