プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いや―――、東方の「小野塚小町」の事を語れてとっても嬉しいです!!

私、東方Projectと言うと、とにかくさとり様・・・古明地さとり様が大好きでたまらないのですけど、
ま、さとり様に限らず、とにかく東方は魅力的なキャラがまさにてんこ盛り状態でありまして、
も―――、本当に東方の奥深さには頭が下がる思いで一杯ですね。
今すぐにでも語ってみたいキャラは本当に一杯いるのですけど、妖夢・十六夜咲夜・四季映姫様・ゆゆ様・
ゆかりん・藍しゃま・レティ・射命丸文・ムラサ・純狐などは
特に興味を魅かれますね・・・!!
可愛いキャラというと・・・チルノとか光の三妖精とかルーミアとかリリーホワイトとかナズーリンとか
ま――、とにかくキリがないですね。
そして更に・・・東方の絶対的エースの誉れ高い霊夢に魔理沙が控えていますし、
スカーレット姉妹もいますからね・・・
あ、そうそう・・うどんげちゃんもお忘れなく・・・・

そうした中、何か自分の仕事面を考えた時、とてつもなく共感を感じるキャラでもあり、
あの江戸っ子みたいな粋のよさ+気持ちのよさ・・・
そして・・・あの「きゃん・・!」に代表される可愛らしさとか東方でも屈指のグラマーさ・・・
そう・・・!! 「小野塚小町」は実はだいぶ前から語りたい東方キャラでもありました!!

いや―――、も―――、こまっちゃんだーーい好き!!という感じですね!!

だけど・・・こまっちゃんは・・・小野塚小町は実は「死神」なんですよよ・・・(笑)
なんか一度「残りの寿命と引き換えに、お前の眼を・・」か何とか言っていた事がありましたけど、
間違ってもこまっちゃんはどっかのノートのなんとかという死神ではありませんので・・・(苦笑・・)
だけどあんな可愛くてグラマラスな死神様ならば、是非是非・・・
「あなたと一緒にあの三途の川を渡りたい!!」と死後の世界で叫びたいものですね・・・
小野塚小町は、地獄の閻魔様というのか地獄の最高裁判長でもある四季映姫様(役職名=ヤマザナドゥ)の
直属の部下であり、
その主な仕事は、死者の魂を彼岸へ運ぶ三途の川の船頭という事です。
ちなみにですけど、小町と映姫様の担当エリアは幻想郷内ですので、
幻想郷内での人間とか妖怪の死者は、小町によって三途の川を渡り、そして映姫様によって最後のお裁きを
受けるのです。
ま、だけど・・・小野塚小町の最大の特徴でもあり魅力でもあるのですけど、
仕事がヒマな時はいいとして、仕事の合間とか休憩時間とかなんとか色々「言い訳」をしまくって、
持ち場を離れてよーーく幻想郷内をぶらついて仕事をさぼっている姿が目撃されていて、
幻想郷内最大の「仕事のサボり人」・・「必殺! サボり人」とか言われています・・・(笑)
幻想郷内を散歩ならまだしも・・・昼寝をしたり昼間っから酒をかっくらっているその堂々とした「サボり具合」に
本当にホレボレとするものがあったりもしますっ!!
いや―――、あの小町の「サポリッ振り」は見ていて本当に逆に気持ちがいいですね!!
そしてよく上司の映姫様より「またサボっていて!!」とお叱り&小言を食らうのですけど、
そうやって怒られた時の、あの・・「きゃん!!」という叫び声はとにかくとっても可愛くて、あの「きゃん!!」
だけで「小町様だーいすき!!」となってしまいそうですね!!

だけど、小野塚小町は列記とした幻想郷内を担当する死神の一人です。
さてさて、この「死神」なのですけど、
その役目は大まかに三つあり、死者の魂を迎えに行き刈り取る係、
死者の霊を船に乗せて三途の川を渡らせる係、そして地獄の雑務一切を請け負う事務係の三種類あるとの事です。
ちなみに・・・・地獄の雑務とは、生きている人間の寿命の管理と記録とか
死者に対する地獄の説明や案内と言う・・・いわば受付みたいな仕事とか
地獄の閻魔様の裁判記録の管理や書記などとの事です。
うーーん、地獄の「事務方」というのも、なんか人間社会の事務と大して変わりがないのかも・・・??
一般的なイメージとしては「死神」というと大きな鎌を手に持ち、死者の魂を刈取りに行くという「怖い」イメージが
あるのですけど、小野塚小町は、そういういわゆる死神らしい死神ではなくて、
三途の川の船頭という役割を担っていて、死者の魂を刈取る仕事はノータッチです。
船頭係の仕事は仲間内の死神の間でも「地味すぎる・・・」とか「単調」という事で人気は高くないとの事です。
だけど・・・・
船頭の仕事は一人で行うもので、マイペースで仕事をしたり、
色々な人間社会からやってきた幽霊と話す事は出来るので、
話好きで上司の四季映姫様の影響を受けて(?)やや話し方が説教くさい小野塚小町にとっては
まさに・・・「天職」なのかもしれませんよね。
事実・・・・こまっちゃんはこの仕事に対しては人並み以上のすごい「プライド」と「自負心」を持っています。

小町自身は、東方三月精にて自分自身の事を「ただ船を漕いで三途の河を渡るだけのしがない船頭」と
口では謙遜していますけど、
その仕事に対する並々ならぬプライドは端々で感じさせるものがあります。
作品は違うのですけど、「茨歌仙」において、「あんたの仕事は下っ端の仕事」と言われた際には・・・
「それは違う!! 最もやりがいのある仕事だ!!」と即座に返すなど、自分の仕事に誇りを持っている事を
強く感じさせるシーンはとっても印象的でした。
三月精においても、
白蓮さんの命蓮寺の縁日の帰りにその通り道に置いてある「地蔵」を魔理沙がこそ泥してきて、
霊夢の博麗神社に持ってきて、結局置き場所に困り、
光の三妖精が住む大木前にやむなく置き去りにした所で、小野塚小町が登場・・・
その際の・・・
「地蔵菩薩」とはどういうものとかその本質と意義とかを静かに熱く語りだし、
地蔵を元々置いてあった場所から勝手に持ち出し移動した場合、どんな天罰が下るか等について
魔理沙に対して小町が語る場面の静かな迫力と気迫はすさまじいものがあったと思います。
ま・・・あれは、舞台がお気楽な「東方三月精」でしたので、
結局、魔理沙に下った天罰というものは・・・
光の三妖精が掘った「落とし穴」にものの見事に魔理沙がはまり、
魔理沙が「なんだこれは・・」という感じて終わってしまったのですけど、
ま・・・あれはいかにも・・・白蓮さんではないけど「因果応報」という感じでしたね。
ちなみにですけど、この魔理沙とお地蔵さんの一件は、その②で再度語る予定にしています。

普段は・・・結構仕事をさぼっている人でも「やる時はやる」とか「仕事に対する誇りは人並み以上」という小野塚小町は、
何となくですけど、
自分自身の仕事に対する「思い」とか「価値観」と少しだけ似ているようなものがあり、
その点からもこまっちゃんに共感するものは大きいですね!!
そうなんですよ!!
これは私の経験でもあるのですし、ほとんどの社会人の方はそうした意識をお持ちになっている人も多いのかとは
思うのですけど、
人間の本質と言うものは・・・
決して高度成長期にもてはやされた「エコノミックアニマル」ではないと思います。
人間の仕事だけへの集中度というものは、決して持続するものではないと思います。
そうですね・・・「本気で仕事だけに集中して精も根も尽き果てる」というのはせいぜい一か月・・・最長でも1年が
限界でないのかな・・とも思います。
どこかでいい意味で手を抜かないと、結局・・・長い人生のどこかで必ずつけが廻ってくるのだと思います。
私の経験でも、一日の中で「自分自身を究極に追い込んだ張りつめた時間帯」というのはせいぜい2~3時間が
限界だと思います。
どこかでいい意味での手抜きは絶対に必要だと思いますし、その方がむしろ人間らしい・・・
そして・・・健やかに生活できる秘訣みたいな感じもあったりもします。

そういう意味では、小野塚小町みたいな生き方は、ある意味・・・一つの生き方の指標みたいな感じすらあります。

そうですね・・・

こまっちゃん・・・あまりサボりが度を過ぎて、四季映姫様からクビ宣告を食らわない程度に
サボってね・・・
とお声を掛けさせて頂きたいですね・・・(笑)

ま、余談ですけど・・・
私もこのブログでたまーーにですけど(?)土日の仕事の合間を見つけて「プリキュアショー」見に行ったり
中古おもちゃ店を覗きに行った時の話をネタにする事もありますけど、
ま、あれも・・・
こまっちゃんと同じようなものです・・!!
仕事は・・・やるべきことはきちんとやった上で、その上で成果はきちんと出す・・同時仕事に対しては「プライド」を持ち、
自分の「アフター&クレーム対応責任者」としての仕事は・・・
与えられたミッションは的確にこなす・・・
と言いたいところではありますけど
理想と現実はなかなか難しいもの・・
ま・・・そういう「自分としての理想」はこれからも追い求めていきたいものでありますけど、
良い意味での「手抜き」はさせて頂く・・・
だけど、他人から後ろ指刺されるような仕事だけはしたくない・・という感じなのかな・・・(笑・・)

私自身は、このブログでも何度か書いた通り、
20代前半から30代中盤は金融機関、それ以降は住宅・建築業界に在籍していますけど、
やっぱ、在籍する業界によって「仕事」に対する根本的な考え方は相当違いがあるのかな・・とも思ったりもします。
金融機関の場合は・・ま・・そりゃ扱う商品が「お金」という事情もあると思うのですけど
とにかく管理はめちゃくちゃ厳しかったというか煩かったですね・・・
「え・・・そんな事まで細かく指導するの・・?」みたいな感覚でとにかく・・箸の上げ下ろしから言葉遣い一つまで
まー――、とにかく徹底的な管理でしたし、
あれはまさに・・・「性悪説」に基づく人の管理ですね。

私が金融機関に入行したのは1988年・・そう! まさに世はバブルの絶頂期に向けてひた走っているイケイケの
時代でした。
当時なんて・・・
とにかく「人様からお金をお預かりする事」よりもとにかく・・・「顧客に不動産投資でもアパート購入でも株購入でも
とにかくなんでもいいからお金を借りて貰え!! とにかく問答無用で顧客を借金漬けにしろ!!」という
ま―――、今にして思うとめちゃくちゃな時代でしたし、そうした無茶な資金貸付競争こそが、
その後の「失われた20年」の最大の要因にもなりましたし、金融機関の膨大な不良債権にも
繋がったのですけどね・・・・
とにかくあの頃は・・・
朝9時から午後1時頃まで飛び込み営業スタイルの新規開拓、
昼間に一旦帰行して、会社が用意した弁当を全員で食べながら新規開拓の結果報告と
午後の予定の確認と現在抱えている融資案件の進捗状況のチェック・・・
そして午後1時から19時頃まで既存顧客を廻って「お金かりてちょーだい・・」とお願いし、
戻ってからはくそ長いミーティングの名の下の「怒られ会議」・・・
そしてやっと自分の時間が持てるようになったPM20時過ぎから
融資書類の作成とかそこに添付する稟議書とか決算書分析とか不動産担保評価とか近未来の推移予測分析とか
ま・・・・色々書きまくりましたね・・・
考えてみると、当時22~25歳くらいの洟垂れ小僧がこんな巨額融資に携わり、
本人がテキトーに見よう見まねで書いた融資書類が結構簡単に稟議が決済となり、融資がバンバン
実行されていきましたので
「え・・・・本当にそんなのいいの・・? 金融機関ってこんなに簡単にお金を貸しちゃっていいの・・??」みたいな疑問も
当時は感じていたものですけど、
ま・・・ノルマがあるからそんなの考えているヒマはない・・という感じでしたが、
そうした考えが当然ながら間違っていたと気が付くのは・・・・もう・・・バブルが弾け、不良債権問題が
新聞を賑わしている頃でした・・・

そんな感じて・・・・入行当時はサボるひまなんてなかった・・・と胸を張って言いたい所ですけど
違いますね・・・・(苦笑・・・)
前述の通り、人間の緊張状態とか集中度というのは永続するものでは決してありません。
ま・・・徐々に色々とお悪い(?)先輩に「サボり方」とか「手抜きの仕方」とか「一旦休息を取るには・・・××という店が
一番適している」とかま――、色々と教えてくれましたので
自分自身も、少しずつ分かっていった・・という感じですね。

さてさて・・・そんなある日・・・

あまりの過密スケジュールに悲鳴をあげてしまい・・・
(こまっちゃんの「きゃん」とは違うのかな・・・苦笑・・)
教えて頂いた喫茶店で息抜きしていたら・・・・同じフロア内に、T-Nという営業課長が爆睡している光景が
目に飛び込んできました・・・
最初にあれを見た時は
「なんだこの野郎!! 普段あんだけ厳しい管理と言い訳を一切許さない小言と文句ばっか言ってやがるのに
このざまかよ・・」とカチンとも来たのですけど
「ま・・あの人も疲れているよな・・・普段こんだけ厳しい管理を下の者に対して行い、
上の人達からは、今月の目標どうなっている!!などと毎日毎日吊し上げられているもんな・・・」と感じ、
当時私自身も24歳くらいだつたと思いますが、
ついついイタズラ心で・・・
「ごくろうさん・・・おまえの秘密を知っている。我々は一切口外しない」というメモをそのT-N課長が爆睡している
テーブルに置いて帰ってきたものでした・・・
まったく・・・当時は・・・私もやんちゃでしたね・・・(苦笑・・・・)
ま・・・数週間後・・・
スーパーの屋外駐車場の中に車を停め、そこで30分ほど昼寝をしていたら・・・
そのT-N課長の名刺が車のワイパーに挟まっていて、一言・・・「ごくろう!!」とだけ記されていました・・・

ま・・・そうですね・・・・これは聖白蓮さんではありませんが、「因果応報」の世界なのかもしれないですよね・・・

なんか・・・まさに・・・・映姫様と小野塚小町の関係みたいな話ですよね・・・(苦笑・・)







さてさて・・・上記のとっても素敵なイラストは、当ブログが本当に本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」というお絵かきブログを管理運営されているアミグリさんが
2011年10月に描かれたこまっちゃんです!!

今回もとっても素晴らしいですよね!!

赤髪もとっても見栄えがしますし、あのツインテールがとっても可愛い!!
そしてあのグラマーなこまっちゃんの雰囲気がそこはかとなく上品に漂っているのが
とっても好感が持てますね!!
鎌がいかにも「地獄の使者」とか「死神」みたいな雰囲気を漂わせていますけど、
ホント・・・こういうお方にもしも自分が死んであの世に旅立つときには、三途の川を是非是非一緒に
渡っていって欲しいものですね!!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストをありがとうございます!!

いつも当ブログでのアミグリさんのイラスト使用を毎回毎回快くご了解して頂ける事に
改めて感謝申し上げます。

最後に・・・

アミグリさんは、「dream fantasy」の中では一度小野塚小町の上司の四季映姫様を描かれています。

この映姫様もとっても手が込んでいて素晴らしい仕上がりを見せてくれています。

私・・・この映姫様のイラストもとっても大好きです!!

そのイラストをご覧になりたい方は、こちらを是非是非クリック!! → アミグリさん・四季映姫

あ・・・そうそう・・・今現在私が属している建築・住宅業界は・・・

うーーむ・・・、金融機関とは全然雰囲気も考え方も全然異なりますね・・・・

そうですね・・一言で言うと、
別に途中経過はどうでもいい・・その過程において本人がいかにさぼろうとしったこっちゃない・・・
きちんとした結果さえ毎月ちゃんと出してくれると言うならば何にも言わない・・・
だけど・・
一か月間自分が申告したノルマを達成しないと・・・
翌月以降は、直属の上司の「直轄領」となってしまい、そうした状況が2回ほど続くと・・
ま・・・「クビ宣告」も仕方ない・・

そんな感じですよね・・・(苦笑・・)

あのいかにも大雑把でやんちゃな雰囲気は・・・

むしろ、「やる時はやる!! 成果は責任もってちゃんとやるから、いちいち私のやる事に口出しするな!!」のこまっちゃんには
うってつけなのかも・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

素敵な偶然!

こんばんは。先日は早朝から丁寧なコメントありがとうございました☆
ちなみに私は…コメント通知がメールでも来るように設定していて、その時
お名前より先に内容を読む事も多く、お名前の記入がない事にも気付かず
ぬくぬく先生様からのコメントだ!と嬉しく読ませて頂いてました。これだけ
お話させて頂けていると、もうお名前なしでも分かってしまいますよね(笑)
今まで私の方こそ名無しのままでコメントさせて頂いた事もあったかも&
注意していても今後もあるかもですが…ぬくぬく先生様だったら、私だって
気付いてくださると…私、信じてる!(笑) なので気にしないで下さいね。

先日は神子記事に感想コメントありがとうございます!作品に対して「巧い!」
「素敵」等お誉めのお言葉ありがとです☆ 古代様式のような衣装は描くのも
楽しかった部分で、その部分を「お見事!」と褒めて頂け…大絶賛に値する、
と言って頂けた事もとっても嬉しいです♪ その上ぬくぬく先生様も神子に
関して書かれていたタイミングとは…!以心伝心な素敵な偶然でしたね☆

それと、ぬくぬく先生様は「迷走」と表現されていましたが、東方は広大な
世界観やキャラの繋がり等魅力の塊なので、色々な話題に飛んでしまうのは
自然な事だと思います。記事も楽しく読ませて頂きました!本当に…
聖徳太子ですら可愛い女の子になってしまう東方…私は大歓迎です!!(笑)
色々な意見が耳に入るのが面倒でヘッドフォンをしていたり、ナズーリン
みたいだけど、実は髪!な猫耳風の髪も特徴的ですよね。そしてコメントや
記事を読んで、さとりに対してはかなり同情的、という事が印象に残りました。
人の心を読み取る嫌な面を分かっている神子はさとりと相性も良いかも…?

それから戦利品記事も見てくださってありがとうございます!凛とした立ち姿の
永琳、良いですよね~!!そして、お仕事はメリハリを付ける事も大事ですよね。
やる時はやる、誇りを持ちながら、適度に頑張っていけたら良いなぁと思います。
小町と言えば上司の映姫…最近は映姫の断罪ヤマザナドゥが好きでよく聞いて
ます!(笑)ちなみに小町やリリカはコンプティークに掲載頂けた事もありブログ
では出してませんが…先日ついに!東方キャラ全キャラ描き達成しました☆
全員描く事ができたのは…ぬくぬく先生様が私の東方作品を楽しみ、と言って
くださった事もやる気の原動力の一つでした。今後も東方キャラを描き続けながら
過去に描いてきた作品を紹介したいと思っています。

まほプリは今週からリコがナシマホウ界でもポンコツっぷりを発揮してましたね!
来週はみらいと同じ学校に転校して…どんな事をしてくれるかわくわくもんです(笑)
春になって温かくなってきましたが、引き続き体調に気を付けて過ごしましょう!
では読んでくださり、ありがとうございました☆

イラスト掲載&記事の紹介ありがとうございますっ!!

小町の「きゃん!!」というセリフは初めて知りました。
こまっちゃん・・・可愛いですね!!

当記事の文章の、
「どこかでいい意味で手を抜かないと、結局・・・長い人生のどこかで必ずつけが廻ってくるのだと思います。
私の経験でも、一日の中で「自分自身を究極に追い込んだ張りつめた時間帯」というのはせいぜい2~3時間が
限界だと思います。
どこかでいい意味での手抜きは絶対に必要だと思いますし、その方がむしろ人間らしい・・・
そして・・・健やかに生活できる秘訣みたいな感じもあったりもします。

そういう意味では、小野塚小町みたいな生き方は、ある意味・・・一つの生き方の指標みたいな感じすらあります。」

というところはとても共感できました!!
良い意味での手抜きは、大事だと思いますね。
そうですね…こまっちゃんには、映姫様からクビ宣告を食らわない程度にサボっていただきたいですね・・・(笑)


そして、
イラストの掲載、ありがとうございます!!
映姫様の記事も紹介していただき、嬉しい限りです!!

こまっちゃん

アミグリ 様


いつも本当にありがとうございます!!

こまっちゃんの「きゃん!」は本当にとっても可愛いですね!
こまっちゃんのいい意味での「手抜き」とか「さぼり」は、むしろ働き過ぎの日本人にとっては
いい指針にもなると思いますね。

さてさて・・・多分ですけど、今週も色々とお世話になると思います。
その辺りは後ほどメッセージさせて頂きますが、
どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2830-8afde60e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |