FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


その②の続きです。

と言っても、チルノはとにかくめちゃくちゃ可愛い!! この言葉が本当によく似合う東方キャラなのだと言う結論は
前回と全く同じでーーす(笑)
その②の私の脳内妄想の「チルノは既に妖怪化への道を歩んでいる・・・?」なんかは、
チルノのこの可愛らしさの前にはどうでもいい事・・取るに足らぬことになってしまいそうな感じですね。

チルノで有名な台詞と言うと・・・・

やっぱり「あたいったら最強ね。」が印象的ですよね・・・
あれは・・・
「東方花映塚」でのマッチモードにおけるチルノ対チルノの対戦時に、勝利したチルノが言う一言なのですけど、
東方の妖精と言うと「弱い雑魚キャラ」というイメージを完全に払拭したようなセリフですし、
何よりも・・・
あのおバカさんのチルノが発したものだからこそのインパクトがあったのかもしれないですよね。
ま、なんにせよ、チルノは妖精であっても妖怪であっても妖怪化への過程かもしれないけど、
いずれにしても、妖精にしてはとてつもなく強く、同時にめちゃくちゃ可愛い「愛されキャラ」なのだと思います。

さてさて・・話は変わるのですけど、
これは一度聖白蓮さんの記事で一度書いてはいるのですけど、
昨年9月に、東方Projectとしては、初めての公式マガジンとなる「東方外來韋編」が発売されました。
発売時は、私、立ち読みでさーーっとナナメ読みしただけでタイトルも何も記憶になかったのですけど、
このマガジンの事を教えて頂いたのは、当ブログがいつも大変お世話になっているアミグリさんです!!
さてさて・・・この「東方外來韋編」ですけど、
メインは、東方紺珠伝と東方深秘録の特集なのですが、この中に、東方アンソロジー漫画が幾つか収録されていて、
それがどれもとっても面白くて結構印象に残っています。
霊夢が記憶喪失になったり、
うどんげちゃんが輝夜に「色々な人との話し相手をさせる事」で副収入を得るという目論見をしようとしたけど、
お姫さまで世間の事には疎い輝夜が白蓮さん等多くの東方キャラと話をする事で
「人と人とのコミュニケーションは素晴らしい事ね・・」と気が付くお話とかも素晴らしいのですけど、
特にこの中では・・・
チルノ絡みのお話がとっても印象に残っています。
うっかりチルノの縄張りの湖周辺に越境し、チルノから喧嘩を挑発されたリグルの弾幕カードではなくて
「ムシキング」みたいな単なるカード遊びを二人で興ずるのも楽しかったですけど、
私としては、ナズーリン主人公の漫画に出てくるチルノがとっても印象的でした。

このナズーリン絡みの漫画ですけど、要は・・・「わらしべ長者」みたいなお話です。

多分ですけど・・・ゆゆ様の食糧買い出しのため、里に降りてきた妖夢ですけど、
うっかり刀を紛失・・・
その刀をダウジングで発見し、「やったね! 今回は珍しくちゃんとしたお宝ゲット!! これでご主人の毘沙門天や寅丸星から
褒められる・・・」と喜んでいた所、
妖夢から「それは私の刀・・返して・・」と懇願され、最初は拒否したものの、
妖夢から「その代わり、先ほど購入した高級肉をあげるから・・」と言われ、
その際、ナズーリンがダウジングで使用するペンデュラムが反応し、ナズーリンも「これはもしや・・・」と思い、
妖夢の刀と肉を交換したのです。
そしてしばらくすると、
うどんげちゃんが登場し、
「先ほど高級肉を買おうとしたが、先客がいて既に売り切れ・・・・どうしよう・・・あの肉がないと
師匠の永琳様からお叱りを受ける・・・」とナズーリンに半べそ状態で、永琳様調合の「なんでも効果があるお薬」と
肉との交換を懇願しました。
最初は・・・「そんなもの・・」と渋るナズーリンでしたけど、
同様にペンデュラムが反応し、薬と肉を交換したのでした。
そうこうしていると・・・
そこに現れたのが、そう・・・あの妖精チルノだっのです!!
だけど・・・この時のチルノは、氷の妖精のくせに、夏場だというのにはしゃぎまわり、熱中症で意識朦朧の
ヘロヘロ状態・・・
この時、一緒に遊んでいた大妖精の「チルノちゃん、大丈夫・・・??」とオロオロする様子がとっても可愛かったです。
その時、ナズーリンは
「ふんっ・・・別にこんな妖精なんぞ助けたって・・」と素通りしようとしたのですけど、
なぜかこの時も、ペンデュラムが反応・・・
チルノは別に妖夢・うどんげちゃんが持っていたような「お宝」というのか「交換に相応しいもの」は何も
持っていません。
だけど・・・ナズーリンは、無償で永琳様調合のお薬をあげてしまい、チルノは復活・・・
この時のチルノの「ありがとう・・・」とか「お前っていい奴だなぁ・・・」とか「今度お前と一緒に遊んでやるよ」という
あの屈託のない笑顔がとっても可愛かったです!!
あのチルノの子供っぽい笑顔を見てしまうと「チルノこそ東方の可愛いキャラNO.1!!」と太鼓判を押したくも
なってしまいますね!
横で「チルノちゃん、気を付けないと・・」と叱るそぶりの大妖精もいかにも・・チルノが可愛くてたまらない保護者
みたいな雰囲気満開のオーラだったのもとっても印象的です。

だけど・・・ナズーリンにとっては、この日は・・・というかこの日も「お宝探し」は成果無し・・・
結局手ぶらで命蓮寺に戻ってきます・・・

命蓮寺に帰ってきて、寅丸星に今日の出来事を報告し、「今日は散々でしたよ・・・」と愚痴るナズーリンに対して
寅丸星の
「いやいや、そんな事は無い・・・」
「あなたは今日、色々な人たちから素敵なものを貰ったでしょう・・・」
「それは・・・ありがとう・・・という言葉・・・、そして・・・一期一会の人と人との出会い・・・」という言葉は
中々素敵なものがありましたし、
いかにも仏教徒らしいお言葉らしいですね。
それを聞いて
「ご主人がそんな言葉を言っても説得力が無い」といいながらもデレてしまうナズーリンがとっても可愛かったです!
そうですね・・・・
あれは・・・・多少素直でなくて少しひねくれてもいるようなナズーリンが掛けられた言葉だからこそ生きてるのかな・・・とも
思いますね。
そしてあの一連の一期一会の出会いと言うかわらしべ長者の主人公がナズーリンという事に大きな意味があるのかな・・とも
思いました。
あれが、サニーミルクだったら、「あ・・・そう・・・」みたいな感じで終っていたのかもしれないですけど、
実は・・・私達人間に一番近いようなキャラクターでもあり、
「私達人間は・・・・ナズーリンそのもの・・・」とも言える人間臭い面がかなり漂うナズーリンだからこそ
生きてくるお話なのかな・・とも感じたものです。

ナズーリンはとっても可愛いし、実はとっても魅力的なキャラなんですよ―――!!

ナズーリンをその著作の中で結構ボロクソに批判していた阿求ちゃんですけど、
そうですね・・・・
考えてみると、阿求ちゃんというのは、幻想郷内のキャラの中では、
霊夢・魔理沙・早苗さんと並んで「若いキャラ」なんですよね・・・・
だって・・・他の妖精・妖怪・幽霊・吸血鬼などは・・・お年が不明またはとてつもなくご長寿という御方ばかり・・・
そういう人たちって、長生きしているせいか「人のそうした強さも弱さも酸いも甘いもぜーーんぶ知り尽くしている・・・」
そんな雰囲気も濃厚なんですよね・・・・
だけど・・・・阿求ちゃんは、確かに生まれ変わりとは言え、9代目としては、全然お若い・・・
だから、こうした「人の酸いも甘いも・・・」という部分は案外疎くて、
ナズーリンの「人間臭い部分」も案外と見抜けていなかった・・・・
なんかそんな風にも私は感じたりもするものであります・・・・

あれれ・・・・今回はチルノの記事でしたよね・・・・

いつの間にか・・・・ナズーリンの話になってしまいました・・・・(苦笑・・)






さてさて・・・・東方には実は名無し妖精というものが結構いたりもします。
代表的なものが紅魔館の大量の妖精メイドとか地霊殿のゾンビフェアリーとかがそうなのかな・・・
そして・・・そうした名無し妖精の代表的な存在がこの「大妖精」なのかな・・・とも思います。

通称は・・大ちゃんですっ!!

公式としての立ち絵とかセリフは一切無く、それどころか「名前」から無いのですけど、
ま・・・確かにゲーム内においては2面ポスとして登場はしていますけどね・・・
うーーん、せめて名前くらいは付けてあげて欲しいですね・・・・

緑の髪型・サイドテール・黄色いリボンが特徴なのですけど、
本当に名無しキャラでいるのが勿体無いような魅力溢れるキャラだと思います。
上記の漫画でもそうでしたけど、一般的なイメージとしては、チルノよりは一歩劣るかもしれないけど、
強さとしては妖精の中でも抜きん出ているとか
ポンコツでおバカさんなチルノとは対照的に常識的で大人っぽくて、
チルノの保護者的な存在というイメージもありますね。

そうですね・・・・

なんか私の脳内妄想としては・・・

慧音大先生の寺子屋に「パカルテット」の一員として通っていたチルノでしたけど、
一週間連続遅刻とか二週間連続の宿題ど忘れとかで、ついに・・・慧音大先生の堪忍袋の緒を
叩ききってしまい、
「お前の保護者を呼んでこーーい!!」と言われて、しぶしぶ連れてきたのが
大妖精とチルノと同系列の属性の妖怪ではあるのですけど、レティ・ホワイトロック・・
そして・・・・
大妖精とレティが慧音大先生からお説教を食らう・・・なーーんて妄想もあったりもします・・・・(笑)
レティは「なーんで私が・・・」とブツクサ言いながらも付き合ってくれて
大ちゃんは・・・
「本当に・・・チルノちゃんはしょうがないわね・・・・くすっ・・・」みたいなノリなのかもしれないですよね・・・

さてさて・・・

上記のイラストは、当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人で、
とにかく可愛くて素敵なイラストを一杯いっぱい描かれている素晴らしい絵師様のアミグリさんが
2013年7月に描かれた「大妖精」です。

サイドテールとか緑の髪とかふわっとしてとっても可愛いですし、
まさにこれこそ「妖精」というオーラに満ち溢れていると思います。
先日のチルノもとっても素晴らしかったですけど、この大ちゃんも負けず劣らずとにかくめちゃくちゃ可愛いと思います!!

さてさて・・・・アミグリさんがお絵かきサイト・pixivで初めて投稿された東方のイラストが
実は「大妖精」との事です。
アミグリさんにとっては、大妖精はそうした意味では思い入れがあるキャラにのかもしれないですよね。

なんかそうした「大ちゃん・愛」が伝わってくるとっても素敵なイラストだと思います。

最後に・・・・

2013年9月にアミグリさんが描かれたチルノもとっても可愛いです!!

→ チルノ

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!

どうぞこれからも宜しくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

イラストと記事の紹介をありがとうございます!!

東方projectの公式マガジン、「東方外來韋編」のアンソロジー漫画、どれも素敵でしたよね。
ナズーリンが主人公の漫画のチルノも、かわいかったですよね!!

大ちゃんは、名無しキャラでいるのがもったいないくらい、とてもかわいいキャラですよね。

そして、大ちゃんのイラストを掲載してくださり、ありがとうございますっ!!
大ちゃんは、実は、初めて描いた東方キャラなので、思い入れがありますね。
チルノの記事も、紹介していただき、嬉しい限りです。

これからも、よろしくお願いいたします!!

日曜も宜しくお願いします!

アミグリ 様


いえいえ・・・こちらこそ本当にいつもありがとうございます!!

あのアンソロジー漫画のチルノ・大ちゃん・ナズーリンは本当にみんな可愛くて
それぞれの魅力を遺憾なく発揮していたと思います。
アミグリさんが描かれた大ちゃんも本当にとっても可愛かったですね!!
チルノもとっても可愛いです!!

さてさて・・・日曜のこまっちゃん記事ではまたまたアミグリさんの素敵なイラストを使用させて
頂く事になりますけど、
今回も宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2829-2a62b2a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |