FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


先日の「当面の目標は・・・」の記事の中で、
6月くらいに累計3000記事到達&プリキュア記事1000記事到達を同時に達成したい!!
なーんていう記事を書いたのですけど、
そうですね・・・
あれ書いている時に、我ながら「昔と全然変わっていないもんだな・・・」とつくづく痛感したものです。

というのも・・・

私・・・・ま、自分で言うのも何ですけど、昔から「質より量」という傾向がとっても強いのですよね・・・(苦笑・・・)

そうですね・・・
基本的な考え方は「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる・・」というもので、
これはまさにキュアプリンセスの「弾丸マシンガン」と全く同じですね・・・
ま・・・プリンセスのあのへなちょこ弾丸マシンガンは・・・初期の頃は・・・敵にかすりもしませんでしたけどね・・・(苦笑・・)
現在4月と言う事で、多くの会社が新入社員を迎えて、何かとフレッシュさもあるかとは思うのですが、
新社会人にとっては同時に「試練の始まり」でもあります。
大変古い話で恐縮なのですけど、
私自身が、1988年のとある金融機関に新入行員として入行した当初とか
1990年に事務方→営業に本格的に異動する際に避けて通れないのが、アポなし新規開拓訪問・・・・
すなわち「飛び込み営業」なのです・・!!
あれ・・・・今だと別に普通にやれちゃうのですけど、
社会人経験が全く無い中・・・いわば・・・大人相手に初めて「ビジネス」としての会話をする中においては、
慣れないうちは、こんな「飛び込み訪問営業」なんてまーーー、苦痛というのか拷問以外の何者でも
なかったですね・・・
ま・・・あれが結果的に社会人としての第一歩だったという事なのかもしれないですよね・・・
だけど・・・・
あれって・・・結局は・・・最初のうちは「恥ずかしい」とか「連続して断られるのがとにかく屈辱的で苦痛」なーんて
思っている内はまだまだっしゅ・・!!という感じですね・・・(苦笑・・)
ま・・その内感覚が麻痺してきて、
相手から何言われようと・・・・何百軒断られてもぜーんぜん何とも感じなくなってしまうのが
恐ろしいものですよね・・・
その内・・・自分なんかも・・・
とにかくこの与えられた課題をクリアするためには・・・・「質より量・・・」とか
「とにかく一軒でも多く廻って一人でも多くの顧客と会わないと・・・契約のチャンスを逸してしまう・・・」
「とにかく・・・数多く廻れば、どこかにチャンスが転がっている・・」を合言葉に
ひたすら・・・数をこなしていた時代もあったもんです・・・・

なんかそうした「質より量」という経験が、こんなブログにも尾を引いているのかもしれないですよね・・・

そうそう・・・・

大学時代の卒論もそうでした・・・

当日の卒論というと大体原稿用紙60~70枚が一般的で、
当時所属していたゼミの過去の先輩の最長枚数は100枚でしたので、
ここでも、なぜか「質より量」の考えになってしまい、
「よーーし、こんなポンコツ学生でも何か一つ記録を残しておこう・・・、それならば・・
卒論は200枚に挑戦だーー!!」と無謀なチャレンジを思い立ち・・・・
締切前後は・・・かなり悲惨な状況になってしまいましたけど、どうにかこうにか達成は出来ました・・・・
だけど・・・・
後日指導教官から
「箱だけやたらでかくて立派なものを貰ったけど、中身はしょぼすぎるプレゼントを貰った様な気分」と
思いっきりダメだしを食らってしまったものでした・・・・(苦笑・・)
ちなみにですけど・・・
当時、私は、この指導教官から「音大生」というあだ名を付けられていました・・・・
ま・・・そりゃ仕方ないですよね・・・
ゼミ開始時間スレスレまで、当時、両国にて、吹奏楽団の練習をしていて、
慌てて電車に飛び乗り4駅乗って、楽器と譜面と譜面台を持ったまんまゼミ室に時間ギリギリで駆け込んでいき
毎回毎回教官から
「お前は音大生か!」といつも怒られていました・・・・(苦笑・・)
ま・・・一応・・・私・・法学部だったのですけどね・・・

ま・・このブログも、やたらと文量だけはあるけど、中身は何も無い・・・というのが特徴でもあるのですけど、
やはり、こういう昔からの気質というものは・・・
中々変わらないものですね・・・・(苦笑・・)

だけど、翌年、自分の後輩が「卒論300枚」を達成し、私の「伝説」は一年で終ったのでした・・・・(苦笑・・)



5a05c49e-s_convert_20160405171303.jpg


プリキュアの「青」系の中では、私が一番大好きなドキドキの六花様・・・

そうですね・・・

六花だったら、きちんと質も量も的確に両立できそうですよね・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2828-febe44d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |