プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.日本大学第二高校


  A/吹奏楽のための交響曲より第四楽章(R.ジェイガー)


  以前も書いたことがあるのですけど、今現在はどうかはちよっとわからないのですけど
  当時は、こうした付属高校の吹奏楽コンクール出場の場合は、出場メンバーの数が足りない等の場合などは
  高校生のメンバーの他に付属中学校のメンバーを入れてもよいとの規定がありました。
  私が直接当時の出場メンバーから聞いた話としては、
  80年の明大明治とか85年の日大豊山とか82年の日大二高は、部員不足のため付属中学校の部員を
  コンクールメンバーとして入れていたそうです。
  私がむかーーし都内中野区で金融機関の営業担当だった頃、とある顧客が 
  「いや―――、これでも私は日大二高在籍時に、吹奏楽コンクールの全国大会に出場した事があってね・・・」と
  得意満面の鼻高々の笑顔で言われていたので、
  なんか・・・・自分としても・・・
  「これは・・・吹奏楽マニアの自分としては思いっきり話を合わせてあげよう・・・」と思い立ち
  「72年のイタリアの印象の時ですか、それとも78年のジェイガーの時ですか?」と話を振ったところ・・・・
  思いっきり感激されてしまい
  「え・・・なんで、君はそんなに詳しいの・・・?? 今までこの話をしてわかる人なんて当時の吹奏楽部メンバー以外
  いた事ないからびっくり・・・」と半分涙ぐまれていました・・・(笑)
  そして、72年の出場と分かったので、私も更に調子こいて・・
  「あの時は、ⅢとⅣの組合せではなくて、第Ⅴ曲のナポリを豪快に鳴らされていましたよね・・」と更に細かく指摘したら
  も――――、大感激されて
  その後そのお客様には・・・・
  キャンペーンがある時とか期末とか色々と・・まーーーー預金協力なんかお願いしまくって、
  本当にいいお得意様でした!!
  ま・・・・営業関係の仕事なんて基本的には大変な事ばかりなのですけど、
  たまーーにはこういう事もある・・・みたいなお手本みたいなお話ですよね・・・(笑)
  ま、あれは・・・「芸は身を助ける」と言うのか「趣味は仕事の役にも立つ」の典型的事例でしたね・・・

  なんか話がそれてしまいました・・・

  1978年の日大二高ですけど、
  そうですね・・・
  この後登場してくる「東邦高校」と何か印象が似ているような感じがあります。
  どういう事かと言うと、
  演奏自体は悪くは無いし、大きな技術的な問題は無いのだけど、印象が極めて弱いというのか
  大変うすくちの演奏・・・という印象が大変強いです。
  何て言うのかな・・・・
  サウンドは美しく整えられているのだけど、漠然と目の前を通り過ぎてしまった・・・
  なんかそうした感じですね。
  どうしてそのように感じるのかな・・・と思ったら、うーーん、そうですね・・・・
  全体の強奏時のtuttiのサウンドは大変安定感&躍動感が伝わってくるのですけど、
  ソロ楽器の個々の魅力とか弱奏のサウンドの「静かな熱演」の場面になってくると、
  急にサウンドが貧弱に感じられ、音楽として伝えたいメッセージが弱くなってしまうみたいな傾向が
  あったのかなと思ったりもします。
  トランペットがたまに強奏時に破裂音がきつすぎて音がぐしゃ・・とつぶれてしまったりとか
  木管セクションのソロ楽器が少し不安定な傾向というのもマイナスポイントなのかも・・・?

 ジェイガーの「吹奏楽のための交響曲」は、演奏時間が23分程度の四楽章形式なのですけど、
 がっちりとした「古典的形式美」に満ち溢れ、
 楽しいし美しいし、ロマンティックだし、ラストの第四楽章はスピード感に溢れカッコいいし、
 とにかく魅力溢れる曲ですね。
 この交響曲は、チャイコフスキーとかフランクの伝統を受け継ぐ「循環主題」のシンフォニーとも言えると
 思います。
 第一楽章で提示したメロディーを第四楽章で再度登場させ、曲としての「一体性」も見事に提示していると
 思います。
 特に第四楽章はまさに「圧巻」ですね!!

 第四楽章自体も、構成は極めて明確で分かり易く、急-緩-急の三部構成のスタイルを取っていて
 ラストの「推進力」が実に素晴らしい!!
 あれは・・・・聴く人の心に・・・・なんかこう・・ス―――ッと入っていく「爽快感」がありますね。

 第四楽章に関しては、
 大変古い演奏なのですけど、1973年の瑞穂青少年吹奏楽団の演奏が一番好きです。
 他にも1970年の天理とか、少し荒っぽいけど個性的な1984年の東邦高校とか色々演奏はされていますが、
 やはり瑞穂のスピード感にはかなわないと思います。 

 そうそう・・ジェイガーの「吹奏楽のための交響曲」はコンクール史上である意味画期的な要素があります。
 何かというと、実は全楽章、全国での自由曲として取り上げられています。

 第一楽章は、1980年に北海道教育大大学函館分校が・・
 第二・第三楽章は、1977年に舟入高校OB吹奏楽団が・・・
 そしてフィナーレは色々な団体が取り上げています。
 この曲は、第二楽章がスケルツォ 第三楽章が抒情楽章という位置づけなのですが、
 第二・第三楽章を選んだチームは、第三楽章・第二楽章という順序でコンクールで演奏していますのが
 なんか面白いです。

 ジェイガーというと、どうしても「シンフォニア・ノビリッシマ」という方が多いとは思うのですけど、
 あくまで私個人の感想としては・・・
 ジェイガーは吹奏楽のための交響曲・ダイヤモンドヴァリエーション・第二組曲・第三組曲の方が
 私は大好きです!!
 特に・・・ダイヤモンドヴァリエーションの良さを分かって頂ける人は・・・まさに「通好み!!」と
 言えるのかもしれないですよね・・・(笑) 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2823-d494a6d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |