プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


聖白蓮語りも一応今回で一区切りとさせて頂きたいと思います。
(なんだかんだ言って白蓮さんは八回も語ってしまいましたね・・
それだけ、奥が深い濃密なキャラと言えるのかもしれませんよね)

さてさて・・・

白蓮たちが無事に封印から解かれ、自分とその弟子たちが居住&修行するお寺(命蓮寺)を幻想郷内の
どの土地に建立しようかという話になった時・・・
ナズーリンから
「とある場所の地下に何やらとんでもないものが埋まっている」との報告が入り、
よくよく調査をしてみると、
命蓮寺建立予定の地面の下に存在する洞窟広場には・・・
何かとてつもない力を秘めている「霊廟の存在」が判明し、
その時点では、その霊廟に眠っているとんでもない存在の正体はわからなかったものの、
その存在が万一覚醒した際には、
「自分たちのような妖怪擁護者の敵になってしまいかねないとてつもない脅威」になってしまう事を恐れ、
白蓮たちは、
命蓮寺そのものをその不気味な霊廟の真上に建立し、
仏教の力でもってその存在を封印しようとします。

しかし・・・

その霊廟には・・・巨大な人工建築物の墓が建てられており、
ここで豊聡耳神子と物部布都たちが千四百年の間眠り続けていた・・・という事になるのです。

最近の東方記事の中で、例えば・・・・ミスティア・ローレライとかフランちゃんの「多様性」について
少しばかり書いたのですけど、
面白い事に東方の場合は、「宗教」にもそうした「多様性」を示唆しており、そして・・・尚且つ素晴らしいな・・と
感じさせてしまう事は、
そうした多様な宗教の存在を各宗教勢力がお互いを認めながら、相手を「寛容の精神」でもって
容認し合っている事だと思います。
往々にして・・・・
こうしたゲームの世界ですと、異なる価値観とか異なる宗教が登場してくる場合、その相手に対しては
「容認」というのはとんでもない・・・
「やっつけてしまえ―――!! 相手が立てなくなるしまうぐらいボコボコに完膚なきまでに叩きのめしてしまえ!!」
というのが一つのパターンだとも思います。
だけど・・・
東方の場合は、違うのですよね・・・

ま・・・・元々・・・幻想郷内においては、そうした「宗教勢力」というものは、霊夢の「博麗神社」というものしか
存在していなかったのですけど、
「東方風神録」によって、そこに八坂神奈子・諏訪子・早苗さんと言った「守矢神社」も割り込んできます。
早苗さんは、幻想郷の人里にて布教活動もしていますので、
そうですね・・・
ただでさえ閑散としている博麗神社は、ますますさびれる一方という感じなのかも・・・?
そうした中で、聖白蓮というニューヒロインが登場し、幻想郷の人里近くに「命蓮寺」を設置し、
これがまた人々の信仰を着実に得ていて、伝統的な神道勢力に仏教勢力というものが更に割り込んできます。
聖白蓮は、命蓮寺そのものを前述の不気味な霊廟の真上に建立し、
仏教の力でもってその存在を封印しようとしますけど、結果的に白蓮さんの力を持ってしても封印の解除を
防ぐことは出来ず、最終的には・・・
豊聡耳神子と物部布都・・・そして青蛾という「道教勢力」というのか、神道・仏教とはまた違う
第三の宗教勢力の覚醒を許してしまう事になってしまいます。
以前も書いたと思うのですけど、こういう時って往々にして各宗教勢力の勢力拡大を狙った抗争みたいなパターンに
陥りがちなのですけど、
東方の場合、そういう安易な事はしなかった・・・・
ま、これって良い意味でも悪い意味でも日本人の一つの特性であると思うのですけど
「ま・・・いっか・・・」みたいな極めて「寛容な精神」というのか「おおらかな国民性」というのか
「西洋のものでも中華風なものでも、あ・・・なんかいいなぁーーーと思えるものはとにかく何でも受け入れてしまおう・・」
みたいに・・・・
何でもかんでも一旦は受け入れてしまい、それを後日・・・色々と調性をしながら自分達にとって都合の良いように
アレンジしていく・・・・
そして最終的には・・・・
宗教でもシステムでもとにかくいいと思えるものはぜーーんぶ受け入れてしまおう・・・
そういう感じに展開していくのが実に日本人らしいのかな・・・とも思ってしまいます。
東方の場合も、
幻想郷内では、人々からの「信仰心」というものが失われてしまうと、神々という自分達の存在意義が失われててしまい、
自分達自身も存亡の危機に立たされるてしまうという事情もあったりもしますので、
とにかく・・・・
宗教の違いに関係なく、人々から「神々の存在」というものを忘れられないように
各宗教勢力が特にお互いに「協力」みたいな事はしないけど、お互いがお互いを非難中傷し合うとか
お互いに足の引っ張り合いを演ずるとか
特定の宗教勢力の悪口を言いふらすとか
そういう事は一切しないで、各宗教勢力同士は相手を尊重し合いその存在を認め合うというシステムみたいなものが
漠然とではあるけど出来ているのは大変素晴らしい事なのだと思います。
聖白蓮の一つの理想は
「神も仏も人も妖怪も全て同じ!」という究極の絶対平等主義を唱えているのですけど、
これって言い換えると・・・
「別に人や妖怪たちをきちんと救済をし正しい方向にさえ導いてくれるのならば、別に各人が信じる信仰というのは
なんだってかまわない・・・
それが神道だって仏教だって、はたまた道教だって・・・
人や妖怪をきちんと正しい方向に導いてくれるのならば何でもOK」という事なのだと思います。

そうなんですよね・・・・

聖白蓮が唱えるような事・・・・「人の道をきちんと提示してくれるならばその方法論としての宗教はなんだって構わないし、
そして、各自が信ずる信仰に違いがあったとしても、
それを原因としての揉め事は一切容認できない・・・」
そうした事をきちんと全地球上の人間達が理解さえしてくれれば、
この地球上で現在起きている多数の「悲劇」は、ほとんど防ぐことが出来るのだと思います。
要は・・・・
日本人特有の「ま・・いっか・・・」みたいな「寛容性」というのが案外・・・全世界の「救済」のカギとなるのかも・・・??

日本人自身が世界的にもある意味異変ユニークな国民性を有しているというのか・・・・
例えば・・・・
12月24日にクリスマスを祝った一週間後にお寺さんの除夜の鐘に耳を傾け、そして数時間後には神社にお参りに行く・・・
そうした「多様性」というのか「寛容性」を持っている国民というのも
世界的には珍しいのかもしれませんよね。
それは、日本古来の「八百万の神」という伝統に基づくものなのかもしれません。
そうした日本人の伝統的な雰囲気を有しているのが、この東方の世界と書いてしまうと・・・・
さすがに「それはちと考え過ぎ・・」と言われるのかもしれませんよね。
だけど・・・
聖白蓮の
「神や仏も人も妖怪も全て同じ! そして同時に人や妖怪をきちんと救済してくれるのならば別に
神や仏になんら違いは無いはず・・・」という教えこそ尊いものはないと思いますし、
その辺りが私が白蓮さんに魅かれる理由なのかもしれませんよね。








eafe28-06_convert_20160401141700.jpg



ま・・・・上記で書いた事は、あくまで私の理想論というのか脳内妄想の一環と言う面も
ありますので・・・(笑)

実際には・・・・東方のゲームの一つ「東方心綺楼」においては・・・ま・・その色々と各キャラは
やらかしてくれましたね・・・

この「東方心綺楼」の公式での紹介記事を抜粋すると・・・

度重なる天変地異、あらがえない天災の恐怖、
それらは人間の里に厩世感をもたらした。

里には重苦しい空気が渦巻いている。
しかしながらそれは絶望感では無い。
何をしても人間の未来は変わらないという閉塞感に近い物であった。

『ええじゃないか!』

誰が発したのだろうか、そんな声が聞こえて来る気がする。
そうだ、何も変わらないのなら、何をしても良いんじゃないか?
そうだ、もっと刹那的に生きれば良いんだ。
次第に里の人間の心は解放され、それと同時に秩序が乱れていった。

その様子を別の視点から見る者達が居た。 宗教家達である。
宗教家は乱れた人心を掌握しようと考えた。
秩序を取り戻すと同時に、自らの信仰を集める良い機会だからだ。

幻想郷にお寺を建立した僧侶、俗世を捨て不老不死を目指す道士、
そして復権を目指す巫女。
彼女達は決意する。こういう時こそ「私の出番」だと。

さあ、それぞれの信念を武器に、魅力的に闘い、人気を奪い合え!

となっていますけど、

確かに・・・

このゲームの世界では、「なるほどね・・・」みたいな会話が色々と出てくるのが大変興味深い所でも
あのます。
例えば・・・
霊夢VS布都においては、
布都から「別に神社は嫌いではないぞ、これからも共存していこうぞ」というのもありましたし、
魔理沙VS白蓮においては、
魔理沙からの「念仏で強くなれるのならいくらでも唱えてやるぜ」
なんていうのは、「あ・・面白いな・・」とも感じたものでした!!




螟ェ蟄神convert_20160401141603


最後に・・・

これは思いっきりの余談と言うのか東方とは全然関係が無い話になってしまうのですが、
前述の豊聡耳神子と物部布都ですけど、
これは・・・
それぞれ、聖徳太子と物部守屋の妹というのがモデルになっていると思われます。
東方の世界においては、
聖徳太子ですら・・・・豊聡耳神子という可愛い女の子にされてしまっています・・・(笑)
ちなみに神子の能力とは、聖徳太子にあやかり当然ながら・・・
「人間の話を十人同時に聞いて同時に理解する」という事なのですけど、それに加えて
人の心というか・・・人の欲を読み取り、結果的に近未来まで予測してしまうという聖徳太子もびっくりの力を
秘めています。
人の心を読み取るというと・・・そう、いうまでもなくさとり様と被る面があるのかなとも思うのですけど、
さとり様は、現在の記憶や考えを読むのに対し、神子の力は対象の資質と未来を読み取るものというのが
大きな違いなのかなとも思います。
あ・・・だから神子の耳みたいな髪型はあんなにも目立つのですね・・・
あれは何となくですけどナズーリンの耳に近いような感じもあります。
ちなみにですけど、「東方求聞口授」における、白蓮・神奈子・神子の東方三大宗教勢力の対談において、
神奈子と白蓮さんは、そうしたさとり様の能力を大変警戒している節があるのですけど、
神子だけは、さとり様のそうした「人の心を読み取る哀しさ」について分かっているのか、
さとり様に対してはかなり同情的だったのは大変印象的です。

だけど神子はとっても可愛い!!

とてもとても元ネタがあの聖徳太子様とは思えないです・・・・

あ・・・・だけど・・・
ここでふと思ったのですけど、
1980年~85年にかけて「LaLa」で連載されていた山岸涼子先生の「日出処の天子」においては、
あの聖徳太子は・・・・
実は・・・・超能力者であり、大の女嫌いでもあり、
蘇我蝦夷という男が大好きで(実際・・・・聖徳太子の童貞喪失の相手は・・・その蝦夷です・・・!!)
しかも・・・・
何度も何度も大事な局面においては女装をして登場し、
物部守屋とか崇峻天皇とか穴穂部王子とか三輪君逆の暗殺の際には、女装してその暗殺に一役買っています。
というか・・・
崇峻天皇とか穴穂部王子は自らの手で暗殺を果たしています・・

山岸涼子先生が描かれた聖徳太子は、本当に「妖しい」御方でしたよね・・・・
蝦夷に対する並々ならぬ愛情も大変興味深いものがありました!!
ま・・・後に蝦夷は・・・そうした聖徳太子に対して
「あなた様は、私が好きだと言う・・・しかし、あなたは一方で自分とあなたは一心同体みたいなものだと言う・・・
それはすなわち・・・
私という存在を通して、自分が自分を一番好きだという事にしかならない・・・」と
見事に聖徳太子の本質を看破していたのはさすがでした!!
あの場面は・・・・まさにこの壮大な物語の白眉だったと思います。

山岸涼子先生の描かれた世界においては、
東方で登場した物部布都は・・・なんと・・・蝦夷の年上の妻という設定になっています・・・
そして・・・
聖徳太子と妻の蘇我刀自古の間に生まれた子供は実は・・・聖徳太子の子供ではなくて
蝦夷の妹でもある刀自古と蝦夷の間の禁断の「近親相姦」の末に生まれた子供であり、
その子こそ後の・・・山背大兄王なのです。
そして・・・蝦夷と物部布都の間に生まれた子供こそが・・・あの蘇我入鹿・・・・
つまり・・・
大化の改新前夜の入鹿による山背大兄王討伐は・・・実は・・・兄弟同士の血の争い・・という事だった・・・
というとてつもないストーリーとなっています・・・

ま・・この「日出処の天子」について語ってしまうと、すさまじい事になってしまいますので、ここでは割愛しますけど、
この漫画もいずれ機会があれば語ってみたいですね・・・・
この「日出処の天子」は、別の側面で言うと「超能力を有したものの悲劇」みたいな雰囲気もあったりするのですけど、
そうした事を東方の世界で示唆したのは、神子とさとり様なのかもしれませんけど、
神子の場合は、その辺りが大変何やらおっとりとした感じになっているのは、
何か興味深いと感じるものがありました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

持ってたりする(笑)

「日出処の天子」…名作ですよね。

山岸涼子先生の世界観は独特でしょ?
大人になってから読返すと、多分、若い時に読んだ時よりも強烈だと思います。

何度読んでも、蝦夷のグダグダ感にキーッとなる私ですが、
聖徳太子がどMなのは間違いない!と、
今も頑なに思っている次第です(笑)

ありがとうございますっ!!!

mama.ikuko  様


山岸涼子先生の「日出処の天子」の素晴らしき世界をご存知の方がいて
私は嬉しいです!!
10以上年が離れた姉の部屋にこの漫画が置かれていて、当時夢中になって読んでいたものです・・・
蝦夷は・・・うーーん、そうですね・・お優しい人なんでしょうね・・・(笑)
聖徳太子のドM説・・・うん、これは大いにあり得ますね。
ちなみにですけど、この漫画には後日談みたいなお話も後に描かれていて
「馬屋古女王」という作品がそうなのですけど、
あれを読まれると・・・多分ですけど・・・
mama.ikuko 様もうなされると思います・・・(笑)
ま、この作品には太子も蝦夷も登場しませんけど、聖徳太子のロリコン振りが露わになったりもします・・・(笑)

こんばんはー☆

「日出処の天子」懐かしいです(o´ω`o)

この漫画は祖母がハードカバーの特装版を揃えていまして、
それを子供の頃読みました。

この漫画で厩戸皇子に興味をもって調べるようになり、
わたしの歴史や神社好きにつながったような気がします(´ー`)

あと、巻末に入っていたオカルトっぽい漫画がすごく怖かったです(笑

日出処の天子

七森 様


「日出処の天子」をご存知の方がいてとっても嬉しいです。
あの作品は、勿論漫画としても大変優れた作品ですし、まさに山岸涼子先生の「ライフワーク」と言える
作品だと思いますし、
私自身もそうですけど、あの作品をきっかけに歴史とか古代ロマンに興味を持つようになった方も
たぶん相当多いと思います。
七森様もそういうお一人と分かり大変嬉しいです。

そうそう・・・この「日出処の天子」の続編とも言える「馬屋古女王」も
かなり興味深い作品でした。
あれはハードカバーには収録されているのかな・・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2821-8e5eb45e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |