プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


関東のTBSの深夜アニメ枠で放映されていた「だがしかし」が、先日最終回を迎えてしまいました。
でもこのアニメ、とっても面白かったです!!
ま・・・・放映時間は関東の場合、木曜日のAM26:35開始で終るのが午前3時ぐらいですよね・・・
正直、これをリアルタイムで見てしまうと、翌朝は・・・さすがにちょっと大変なのかも・・・??
だけど全然「大変かも・・」と感じさせない上に、毎週これを見るのが結構楽しみでしたので、
最終回を迎えてしまったのはなんか残念でした!!

ちなみになのですけど、私、現在サンデーで連載中のこの漫画は、今年の2月まで全然知らなかったです。
このブログの「東方Project」カテゴリで本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」というとっても可愛くて素敵なお絵かきブログを管理運営されているアミグリさんが
今年の2月に主人公の「枝垂 ほたる」のイラストを掲載されていて、
あの時の掲載時点では、この「だがしかし」なんて全く聞いた事が無かったし、原作の漫画すら読んだ事が
なかったのですけど、あのほたるちゃんのイラストに何か妙に引っ掛かるものがあり、
既にこの時はアニメ化も始まっていて、
全然何の予備知識も無い状態で、言わば・・・真っ白の状態から第7話を見始めた所・・・
一気にはまってしまったという感じでした。
そして・・・・
ブックオフなんかで原作の漫画を一気に読んで、この作品の魅力と面白さに目覚めてしまった・・という感じです。

以前から何回か書いた通り、2012年頃までは「東方Project」の「と」の字も知らなかった私が、
東方のとてつもなく奥深い世界にはまるきっかけを作って頂けたのは、まさしくこのアミグリさんが
描かれた東方のイラストだったのですけど、
今回の「だがしかし」も全く同じ事が起ってしまいました。
いやいや・・・・アミグリさん、本当にも―――、「あなたには生涯頭が上がらない・・・とにかくお世話になりっ放し!!」という
感じですね!!
改めていつもありがとうございます!!
今回は、東方以外でとっても素敵な作品をまたひとつ教えて頂いた・・・という感じです。

そうですね・・・・

私のように頭&脳みそが高齢化(?)してくると、傾向として「新しいモノ」とか「今まで見た事が無い新しい作品」を
避けてしまいがちで、
これが結果として「脳のマンネリ化」というのか「新しいモノを新たに受け入れるキャパの低下」という事を
招きがちなのだと思うのですけど、
こうやって・・・
何か少しでも「新しい何か」を自分のポンコツ脳に叩きこんでいきたいものです!!

その意味においては、本当にアミグリさんの存在意義は自分にとっては相当大きいものがあると思います。

最近、ふと思ったのですけど、
私が2012年にアミグリさんの素敵な作品を知るきっかけになったものって、もしかして・・・
「スマイルプリキュア」ではないのかな・・・と感じる事もあります。
2012年当時、私は「スマイルプリキュア」がとっても大好きで、よくpixivと言うお絵かきサイトで
多くの絵師の皆様のとっても素敵なキュアハッピーとかキュアピースなどを拝見させて頂いていたのですけど
確かその中のお一人がアミグリさんだったような気がします。
(アミグリさん自身は、プリキュア自体はそれ程描かれてはいないのですけど、ハッピーやピースは
 とっても可愛かったので印象に残っています。)
そしてpixiv内でアミグリさんが描かれたイラストを拝見させて頂いた過程の中で
出会ったのが、あの一連の素敵な「東方Project」の作品群だったとうっすらと記憶しているような、していないような・・・・??

とにかく・・・・

お絵描きの世界でもこうした「一期一会」ってあるもんだな・・・とふと感じた次第であります。







さてさて・・・この「だがしかし」なのですけど、
最初にこのタイトルを耳にしたときは「だが、しかし・・」みたいな何か否定と肯定みたいな哲学的なテーマでも内在した
作品なのかな・・・と予想していたら・・・
全然違っていました・・・(笑)

文字通り、まさに「駄菓子」を全面的に主役に持ってきた「ボーイ×ガール×駄菓子コメディ―」の一言に尽きます!!

田舎の駄菓子屋を継がせたい父と、継ぎたくない実は漫画家志望の息子のココノツ・・・・
そんな店に、都会からやってきた駄菓子屋マニアの女の子・枝垂ほたるが唐突に現れます。
ちなみにこのほたるという女の子は・・「枝垂カンパニー」という大手製菓メーカーの社長令嬢という
バックボーンがあったりもします・・・
ほたるとしては・・・駄菓子業界では・・・実は・・凄腕の有名人?て゜もある父親の鹿田ヨウを
大手菓子会社「枝垂カンパニー」に引き抜こう、そして枝垂カンパニーにて剛腕を発揮してもらって
「枝垂カンパニーを世界一のお菓子メーカーにしたい!!」という自分の夢の実現に向けて協力を要請します。
しかし・・・・
「息子のココノツが立派に跡を継ぐまでは店を離れたくない・・」という父親のヨウの意志を聞いたほたるは・・・
あの手この手を駆使してなんとか、ココノツが駄菓子屋を継がせようとします。
そうしてほたるの「ココノツの駄菓子屋継承」のための奮闘の日々が続き、ドタバタの夏の日が続いていく・・・
ストーリーとしてはそんな感じです。
別に・・・秘密事項とか「実は主人公にはこんな裏の顔があった」とか謎要素と言う側面は・・・皆無です・・・(笑)

ほたるは・・・とにかく・・「マニアック」という言葉を軽く超越するほどの駄菓子マニアで
駄菓子の前では自制心を失うほどの駄菓子好きで、駄菓子そのものを愛しているという感じです。
そうなんですよね・・・
アニメ本編でもおいしそうに駄菓子を食べまくり、とってもおいしそうにラムネを飲み干しているシーンは
すっごい印象的でした!!
第11話でも「都こんぶ」とかラムネのうんちく話なんかも・・・聞いていて「なるほど!!」と感心するばかりでした・・・(笑)

簡単にこの漫画・アニメを表現すると
要は・・・・
実家の駄菓子屋を継ぎたくない主人公に対し、駄菓子マニアの社長令嬢が
駄菓子の魅力や豆知識をハイテンション気味に解説しつつ、
主人公に駄菓子屋を継がせようと画策する姿が何とも言えず面白いという事なのだと思います。

それと・・・

ま・・この漫画・アニメを見た人は・・・100%そう感じると思うのですけど、

とにかく・・・ほたるの「胸の大きさ」はすさまじいものがあります!!(苦笑・・)

ま・・・・こんな深夜にあの胸だけを拝まさせて頂くだけで既に「お腹いっぱい!!」という感じてありますっ!!(苦笑・・)

少しゴスロリっぽい衣装もとっても魅力的ですね!!

基本的には黒いバラの飾りがついたヘアバンドに、白のブラウスと黒のハイウエストスカートなのですけど、
何となく・・焦点が定まっていないようなすこーーし怪しい目つきもとにかく印象的でした!!

ほたるちゃんって一体お幾つなんだろう・・・??

いや――、これマジで全然分からない・・・

多分・・・ココノツとかサヤと大して変わりはないのでしようけど
なんかあの妙に大人っぽい雰囲気と駄菓子のうんちくを語る時の凄まじいギャップが
なんかとてつもない「萌え・・・っぽいもの」を演出していますよね!

第11話でも最終回でも登場しましたけど、
ほたるの・・・
「冗談よ。これでも一応、ココノツ君にやりたいことがあるって理解しているつもりよ」
「だから無理やりシカダ駄菓子を継がせようとは思ってないわ」
「でももし本当に選択しなければならない時が来たら、答えを聞かせて。
 あなたが決めるまで待っているわ」
一連のこのセリフはとっても印象的でした!!
ほたるの珍しく、しっとりとした雰囲気の中での発言でしたけど、
果たしてあの発言の真意とは・・・??
ま・・・アニメ版は惜しまれつつも最終回を迎えましたけど、原作はまだまだ連載が続いています!!

そして・・・さやちゃんの「ほのかな恋心」はどうなってしまうのでしょうか・・・??

とにかく原作の続きが楽しみですし、出来ればアニメの方も第二期を期待したいですね!

私は、前述の通り、このアニメは途中からの視聴でしたけど、
DVD第一巻は既に発売されていますので、
未視聴の話は、レンタルが開始されたら絶対に見ようと思います!!


さてさて・・・・

上記のほたるちゃんのイラストは、アミグリさんが描かれたものです!!

ねっ! ねっ! 私がこの素敵なイラスト見て、この「だかしかし」に何となく魅かれた理由わかるでしょ・・・!?

これ・・・「氷菓」じゃないけど「私、気になります・・」の世界になってしまいますよね!!

美少女っぽい雰囲気と胸の感じのアンバランスさとか
黒いバラの飾りとか白いブラウスとか
この可愛らしさとか
なぜか・・・・駄菓子の「うまい棒」を持っている設定の面白さとか
この漫画・アニメを全然知らなくても「え・・・なんかこの雰囲気面白いな・・・とっても可愛いし・・」と
多分・・・多くの人はお感じになられるのじゃないのかな・・・とふと思ったりもしますね!!

アミグリさん!!

今回は・・・・「東方」以外の作品という事でアミグリさんの別の魅力を発見!!という感じです。

本当にいつもありがとうございます!!

ちなみにですけど・・・

アミグリさんは、艦これとかオリジナルの女の子でも素敵なイラストを一杯いっぱい描かれていますよ!!

ちなみにですけど・・・

アミグリさんが過去に描かれた艦これで、私が好きなイラストの一つは・・・ 多摩ちゃんです!!
この多摩ちゃんですけど、ショートパンツがとっても可愛い!
なんかネコみたいに可愛くて、ふわっと優しい雰囲気がとっても魅力的だと思います。

アミグリさんの多摩ちゃんはこちらから・・・ →  アミグリさん / 艦これ・多摩ちゃん


もう一つ・・・・

アミグリさんって、結構以前から「オリジナルの女の子」も幾つか描かれているのですけど
その中のおひとつ・・・
これはアミグリさんが今から4年ほど前に描かれたものです。
私、このイラスト大好きですっ!!

→ アミグリさん / オリジナルの女の子



CIMG9515_convert_20160329231332.jpg


最後に・・・

現在、この「だがしかし」と「おやつカンパニー」のコラボ企画商品が発売中です!!

このコラボ商品は二つあり、
一つが、明太マヨ味のブタメンで
もう一つがココナッツカレー味のベビースターラーメンです。

コンビニ限定商品との事ですけど、これ・・・どこ探しても中々見つかりませんでしたけど、
ベビースターラーメンは、先日イオンで発見しました!
ブタメンは・・・まだお目にかかった事はないです。

このココナッツカレー味のベビースターラーメンですけど、いかにも「駄菓子」というなんかとっても懐かしい味で、
一度食べたらなんか病み付きになってしまいそう・・・
なんかそんな味でした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ほたるちゃんのイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。
私のイラストがきっかけで、「だがしかし」を知っていただけたというのは、本当にうれしい限りです!!

艦これの多摩ちゃんと、オリジナルの女の子の記事の紹介も、ありがとうございます。

「だがしかし」、ぜひ第二期も期待してしまいますよね!!

ほたるちゃん!!

アミグリ 様


いえいえ、本当に今回もありがとうございました!!

「だがしかし」はアミグリさんのあのイラストを見なかったら、多分永遠に知らなかった可能性が
高いので、本当によかったと思います。
第二期もあるといいですよね!!

本日もアミグリさんのイラストを使用させて頂いております。
いつも本当にありがとうございます!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2820-63ff64b3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |