プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10.三条商業高校


  A/交響組曲「寄港地」~Ⅱチュニスからネフタへ Ⅲ.ヴァレンシア(J.イベール)


  そうですね・・・

  うーーん、コメントするのに少し悩んでしまうほど少し「印象度」が薄い演奏です・・・
  
  ま・・・・このチームの一つ前の演奏があまりにもおぞましくて大変鮮烈な印象を残した前橋商業ですので
  あの凄まじい名演の直後に聴いてしまうと、
  やっぱり「インパクト」の点では一歩も二歩も低くなってしまいますね。
  あ・・・そっか・・・この時代は、同じ支部の演奏が二つ続くというのは珍しい話ではなかったのですね。
  今現在ならば、事前に吹奏楽連盟の方で、西関東Aとか西関東Bという風に
  同じ支部の演奏が固まらないように事前に配慮してプログラミングされていますし、
  同じ支部のチームが後半に集中する事が無いように配慮しているのとは、当時とは全然違っていましたね。
  そうですね・・・
  例えば1983年の東北大会代表3チーム全ては、プログラム21番以降に出場するという今現在では
  絶対にありえないプログラミングが為されていました。

  でも・・・・なんでこんなに薄味に聴こえるのだろう・・・

  技術的にも決して不安定ではないし、
  ま・・・確かに「寄港地」のⅡのオーボエソロなんかはもっと「絶対的な安定感」が欲しかったけど
  全体的には「無難」という印象があります。
  その「無難」というのが一つの曲者なのかも・・・
  事故とか大きなミスはそれほど目立たない代わりに、聴衆に「何か」を伝えるという意味においては
  確実に何かが足りなかったとしかいいようがない演奏なのかな・・とも思ったりもします。
  指揮者も奏者も一人一人が「自分の仕事」を確実に果たしているし「いい仕事」をしているのは
  伝わってくるのですけど、やはりこうしたコンクールの場においては「+α」というものは
  絶対に必要な事なのかもしれないですよね。
  そういう意味では・・・
  一つ前の前橋商業とか
  この後に登場してくる花輪・秋田南の「音楽としての+α」は、やはりこの時代としては
  驚異的なものがありましたね。

  さてさて・・・・この年の関東大会を突破し普門館の舞台に立つことが出来たチームは、
  前橋商業・厚木、そしてこの新潟の三条商業の三校なのですけど、
  結果的に・・・・2015年時点において、高校の部においては、新潟県代表のチームが全国大会に出場したのは
  この年の三条商業が最後でして、
  78年以降は、新潟県代表のチームは全国大会に出場していないと思います。
  ま、それだけ、東西に分離する前も後も関東ブロックは凄まじい激戦が続いていますからね・・・
 この年の関東大会なのですけど、
  実は・・・出場全17チームのうち、課題曲A/ジュビラーテを選んだのは17チーム・・・
  つまり全出場団体が同じ課題曲を選ぶという今では絶対にありえない光景もあったものです・・・
  そうそう、この頃の関東大会は、東西に分離する前の大会ですけど、
  基本的に各県からわずか2チームのみの出場で、開催県だけもう1枠追加という事で、
  当時としては、関東大会に出るだけで大変という感じもあったのかもしれないですよね。
  この年の関東大会には、後の常連校も出場していますけど、
  習志野の自由曲がドビュッシーの「三つの夜想曲」~Ⅱ.祭りというのは、実に習志野らしい選曲だな・・・と
  思うのですけど、
  市立川口の自由曲がなんと・・・!!
  ネリベルでもマクベスでもなくてフーサでもなくて邦人作品でも無くて・・・
  実にスタンダードなアレンジもののベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」というのも
  実に意外ですよね・・・!!
  翌年の市立川口の劇的な変化は、あれぞまさしく・・・「君子は豹変する」の世界なのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2819-48f18a58
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |