プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.川本高校


  D/歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲 Ⅰ.夜明け Ⅳ.あらし(B.ブリテン)


  高校の部で唯一の課題曲Dのマーチの演奏です。

  通常の年でしたら、最低でも6~8チームぐらいはマーチを選ぶと思うのですけど、
  やはりあまりにも課題曲A/ジュビラーテの人気&完成度が高すぎましたよね。
  だけどこの課題曲D/砂丘の曙は、決して完成度が低い行進曲ではないと思いますし、
  全然悪くない課題曲だと思います。
  ま・・・課題曲になった年が悪かったとしか言いようがないですね・・・
  この「砂丘の曙」も何度か吹いた事があります。
  勇猛な部分とロマンチックな中間部が交錯する感じがとっても印象的ですけど、
  コーダの部分の何となくバタバタと慌てふためくような雰囲気も結構好きでした。
  当時この課題曲は、口が悪い先輩なんかですと「砂丘のバケモノ」みたく呼んでいた人もいたものでした・・・(苦笑・・)
  
  川本高校は、1981年の課題曲C/シンフォニックマーチも大変溌剌とした演奏を聴かせてくれて
  「美しいけど大変力強い」という大変矛盾する二つの要素を見事に両立させてくれたとっても素敵なマーチを
  聴かせてくれていましたけど、
  この年の「砂丘の曙」もまさにそうした印象です。
  音が実にクリアで透明感があってそれでいてしっかりとベルの先端から鳴っているという感じです。
  自由曲の歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲も大変素晴らしい演奏でした!!
  この曲は多分ですけど、この川本高校の演奏が吹奏楽コンクールとしては全国・支部大会を通して
  初演だったと思います。
  川本高校の谷口先生って、81年の組曲「サルタン皇帝の物語」もそうですけど、
  79年のシュミットのバレエ音楽「サロメの悲劇」とか80年のバルトークのバレエ音楽「かかし王子」など
  これまで誰も取り上げた事がない曲をあえてコンクールの自由曲に持ってこられるという大胆な側面も
  持たれていたのが大変印象的です。
  尚、ちなみに谷口先生は今現在でも吹奏楽コンクールの現役指揮者というのは、本当に
  頭が下がる思いです。
  この自由曲の演奏ですけど、とにかく素晴らしい熱演です!!
  全体的にどこが素晴らしいかと言うと、Ⅰの「ほのかな情熱」みたいな感じの内省的な静けさと
  Ⅳの大変な迫力の対比が実に鮮やかである事と
  Ⅰにおける孤独とかいたたまれなさとかそうした主人公のマイナスの感情を管楽器だけであんなにも
  「魂の叫び」を意図するかのように掘り下げて表現出来ていた事は賞賛に値します。
  Ⅳの大変な迫力も素晴らしかったですね。
  ティンパニのゴツゴツした荒々しさとか金管セクションの激情も実に「嵐」に相応しい表現だったと思います。
  1990年の東海大学第一とか93年の福岡第一は、ⅠとⅣに加えてⅡの「日曜日の朝」も演奏していましたけど、
  欲を言うと・・・多少のカットは構わないから、Ⅱも加えて欲しかったみたいな気持もありますし、
  大変贅沢な注文かもしれないですけども、Ⅰの「夜明け」が、比較的テンポを落としてゆったりと表現し歌いこんでいる
  事は大変素晴らしいのですけど、若干・・・・少しだけそれが「間延びしている・・」みたいな印象も与えてしまった事は
  少し勿体無い感じはあります。
  そのⅠでの間延びした感じをⅣの大変な迫力でもって十分すぎるほど埋め合わせはしていますけど、
  Ⅰが少しなんか冗漫みたいな印象を私は感じたものです。

  花輪高校の小林先生も「一体こんな自由曲、どこから発掘したんだろう・・・」みたいに感じる事は
  多々あったのですけど
  この谷口先生にも同じ事は言えそうですね。
  この歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲とリムスキーの組曲「サルタン皇帝の物語」が
  吹奏楽コンクールのレパートリーとして加わった事の最大の貢献者は
  この谷口先生だと思います!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて・・・ここから先はブリテンの歌劇「ピーター・グライムズ」についての過去記事を
再度掲載させて頂きたいと思います。
(そうですね・・・この歌劇については、音楽もそうですけどその内容についても是非是非知って頂きたいな・・という
気持ちもあったりします)


改めてですけどこの歌劇「ピーター・グライムズ」について書いてみると・・・・

ブリテンの歌劇「ピーター・グライムズ」というと20世紀の中で作られた歌劇の中では
かなり成功した部類の歌劇の一つだと思いますし、
上演回数も相当高いと思われます。

原作が確か「町の自治」という戯曲だったと思いますが、これは結構現代日本にも通ずる問題を
色々とはらんでいて、考えさせられるべき内容を多種多様に含んでいると思います。

主人公ピーター=グライムズは、無愛想で不器用な性格ながらも漁師として日々の生活を
彼なりに真面目に厳格に生きていこうとしています。
しかし、近所付合いが下手で他人と妥協しない性格の故、近隣から「ヘンな奴」と敬遠されがちで
欧米では「安息の日」として勤労が認められない日曜日にも、船を出し漁をした事で
ますます近隣からは「浮いた」状態となり、俗にいう「シカト」状態だったのだと思います。
そんな中、弟子として使っていた子供の船内での死亡事故をきっかけにますます孤独状態が深まり、
裁判所から「今後子供を雇う事は認められない」という判決が出たにもかかわらず
こっそりと子供を雇い、日曜日にも無理やり漁に出させていました。
そうした中で再度事件が起きます。
又もや徒弟の子供が海に転落し死亡してしまいます。

近所の人達は、
「ピーター=グライムズが子供を殺した。あいつは殺人鬼だ」
「あんな奴、自分達の街に住む事自体気にいらない。今すぐ出ていけ」
「あんな奴、いなくなればいいのだ、死ね」
「この街にあんなヘンな奴はいらない」
等々の罵詈雑言が浴びせかけられたかどうかは、物語なのでよく分りませんが、
そうした雰囲気はあったのでしょう。
結果的に、ピーター=グライムズは、海の男として責任を取る形で自分の船と共に
海の底に沈んでしまいます。
そして、町には、いつもの日常の日々が続いた・・・

そんなような感じのストーリーだったと思います。

でも戦後間もないイギリスの中にも、丁度現在日本が抱える問題と同じような事を既に
予想していた人がいるとは何か驚きです。

自分達とは少し考え方・意見・風貌が違うからといって、そうした異分子を排斥したり
シカトしたり、いじめの対象にする事は、何か古今東西変わりがない問題と言うか、
同じような病巣というものは、いつの時代にもあるものだとも思ったりもします。
ピーター=グライムズの場合、本人が真面目な分、その不器用さが、不器用に生きている様が
本当に痛々しく感じますし、
自分達と同化しない他者を排斥する社会、思いやりがない冷たい社会を既に
戦後間もないころに「予感」させられるものがあったのでしょうね。

ピーター=グライムズにし、エレンと言う未亡人をひそかに恋し、
「彼女との楽しい日々を過ごすためにも稼がないと・・・」という気持ちがありましたが、
お金を稼ぎたいためが故に、日曜日の漁などという
近隣との摩擦⇒孤独を深めるという側面もありました。

全体的に、社会的孤立・孤独・社会との絶縁・異分子を排斥する社会といった
テーマを抉り出している結構シビアな歌劇だと思います。

ブリテン自身の手で、この歌劇から「四つの海の間奏曲」という組曲も作られていますが、
これも歌劇の内容を示唆するようなメロディーのオンパレードで
結構聴いていて「痛い」とか「グサッとくる」感じもかなりします。

Ⅰ.夜明け ⇒ バルト海を彷彿とさせる荒涼とした雰囲気と雲に覆われた暗さがよく出ています。

Ⅱ.日曜日の朝 ⇒ クラリネットで「カモメ」の鳴き声がうまく表現されています。

Ⅲ.月光 ⇒ 美しい音楽ですけど、前述のように何か・・・「孤独」・「疎外感」が痛いほど伝わります・・・

Ⅳ.あらし ⇒ 荒れる海とピーターグライムズの救われない感じさがよく出ています。

ⅠとⅣが激しい描写もありますし、いたたまれないほどの「寂寥感」がにじみ出ていますので
やはり・・・Ⅲの「月光」が心に沁みます・・・
だけど・・・前述の通り、月光とはある意味人の裏側も暗示していますので
「人の孤独・疎外感」というものは・・・・生きている限りは永遠に続くという事を示唆しているのかもしれません・・・

やはり改めて考えると、「現代の孤独な社会」・「自分達と異なる異分子を容赦なく排除する
「一つの閉鎖的社会」・「自分達と同化しない人間を異分子扱いとする風潮」などについて
戦後間もない作曲時期にも関わらず、既に現代のこうした病巣を予知して、
こうした歌劇をもしかしたら作曲したとしたら
それはすごい事なのかもしれませんよね。

現在でもこの歌劇は20世紀歌劇のレパートリーとして完全に定着化していますし、
日本でもまれに演奏会形式として上演される事もあります。

この歌劇ですが、いじめ・ネット中傷・格差社会・個性を尊重しない社会という問題を
告発する作品として、何かもう少し現代風にアレンジして、映像化できれば
もっと面白い作品になる可能性もあるのではないのかなーとも
思いますけどね・・・
  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2815-ba7394b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |