FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3/10のドキドキは、やっと全員が揃いました。
まこぴーも少し心を開いたみたいなので、まずは一安心というか、
これでやっとオールスターDX2に間に合いました。
さすがに映画にまであの仏頂面はありえないですからね・・・
本日も四人揃っての変身シーンはあるのかなと思ったら、次週に持ち越しのようです。
うーん、これでは映画の方が本編に先駆けて4人での変身シーン初公開という流れなのかな・・?
キュアリズムだって、本編で登場するよりも先に映画で既にベルティエをゲット
していましたからね・・・





OPの中で、ゆりとアコが一緒にいると何だか親子みたい・・・
又えりかとアコという組み合わせもかなり意外な組み合わせでしたので、中々興味深い所です。
背が低いプリキュア同士、その点では意気投合なのかな・・?
もっともアコは小学生だけど・・

第6話は、ソードが完全に主人公なのですけど、
六花さん大好きの自分としては、六花さんの細かい動きも何か気になってしまいます。
真琴に改めてマナが自己紹介した際、同時に六花さんも自己紹介しましたけど、
何だかその目が
「私のマナにちょっかい出さないで」と訴えているような(?)気がしたのは
自分だけでしょうか・・??
うん、マナを巡る「正妻の座争い」も何だか面白そう。
ありすとの絡みを見てみると、何だか六花さんは、本シリーズにおける「突っ込み役」も
拝命さけたような気がします。
スマイルのサニーとか、プリキュア5のりんちゃんみたいな役割も今後担っていくのかな・・

来週あたりでキュアソードの細かい事とかトランプ王国の悲劇の全容が明らかになると
思いますが、
現時点においては、「マナ・六花さん・ありす」の三人幼馴染トリオと真琴の間には
「見えない壁」があるような感じがします。
マナ達3人が戦う理由・プリキュアとしての意義と
真琴が抱えるプリキュアとしての意義・目的は、完全に融合化されていませんし、
真琴自身、真の意味で3人とは絆が深まってはいません。
その為には、まずは真琴自身が「本音」で語りかける事が必要不可欠ですし、
「なぜ4人でプリキュアなのか、なぜ4人で戦うのか」という意義を明確化する必要があると
思います。
真琴には、「ジコチューと戦う」目的がありますが、マナ達3人には、まだその目的・意義が見えていません。

それをどう融合化し、整合化し、4人で戦う意義をプリキュア自身で見つけていくのか
今後の展開が楽しみという所です。

「プリキュア5GoGo」の場合、妖精出身のミルキーローズと他の5人という構成でしたが、
GoGoの場合、既にこの時点では(ミルキーローズ登場以前に)
「パルミエ王国復活」という大きな目的は達成出来ていました。
だからGoGoの物語の主軸である「キュアローズガーデンに行く」という目的は、正直他者の問題でも
あったと思うのです。
だからこそ自分達自身の問題ではなく、他者の問題をのぞみという核を中心に達成していくという感じ
だからチームとしての結束力は当初から問題はなかったと思います。
(ミルキーローズの性格の問題は置いておいて・・・)
その点で、ドキドキは、真琴は「まさしく自分達自身の問題」
マナ達は、とりあえすば「他者の問題」
この見えない壁をどう乗り越え、プリキュアとして戦う意義を見出していくのか、
一年かけて自分達に何を提示してくれるのか
まさに毎週日曜日は「ドキドキ」です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/281-8c52214d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |