プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


あ・・・なんか私のしょーもねー幼少期の頃の思い出話ですいません・・・・

こうした番外的エピソード編はさっさと片付け、早々にプログラム一番の白子高校からさくさくっと
進めていきたいものです・・・(笑)

ま・・・話は・・・もう相当昔の話になってしまうのですよね・・・
確かあの頃の世相としては、ロッキード事件とか田中角栄逮捕とかピンクレディー旋風とか
王貞治が世界新記録のホームランを打ったとか・・・・
ま・・・・そんな昭和の時代のお話ですね・・・

なんか最近・・・・会社の中でもめっきり「平成生まれ」の方が多くなり、
私のような・・・「昭和生まれ」はますます肩身が狭くなりつつあります・・・・(苦笑・・・)
というか・・・
これはもう21世紀が始まった頃あたりからの傾向なのですけど、
私自身・・・・人と話す時とかこうやってブログで何かを語る時の年号表記というものに関しては、
も―――、とうの昔に「昭和」とか「平成」という言葉は使わなくなりました。
だって・・・・ややこしいものですから・・・・
そうですね・・・自分なんかは、ここ何年かはずっと時代を表す表記は、西暦××年という表記になっていますね。

ま・・・・それはどうでもいいとして・・・・

その0で語った事は、なんで私はクラリネットという楽器になったのかという事なのですけど、
今回は・・・
それじゃ、なんで小学校の管楽器クラブにてパーカッションになったのかという事について簡単に話したいと
思います。

あ・・・だけどこれって全然大したことじゃないのですよ・・・・

確か小学校4年か5年の音楽の教科書に出てくる歌の中に、

「大きな太鼓 ドーン・ドーン

小さな太鼓 トーン・トーン」という歌詞があり、

この歌を合唱する際は、担任の先生が音楽室に大太鼓と小太鼓を持って来て
「それじゃ――、この太鼓を叩きたい人、手を挙げて―――!!」とか何とか言っていたら
クラス全員が挙手・・・・
困った先生は・・・
順番に子供たちに大太鼓と小太鼓を叩かせたのですけど、
なんていうのかな・・・・
ああやって目の前に「大太鼓=バスドラム」がでーーんとセットされていて、あれを叩くというのは
なんか人間の本性を呼び覚ますというのか、
ああいうズドーンと低音が響く音がなんか妙に爽快だったのです!!

その後・・・校内のクラブで、従来の鼓笛隊とトランペット隊を合体させて、それに
リコーダー・ピアニカ・ハーモニカ・アコーディオンを含めて多様な楽器から成る「管楽器クラブ」を創って
合奏をみんなでやってみよう!!
メンバー大募集の告知が出て、
なんか瞬間的に・・パッ・・・と思わずそのクラブに入ってしまったみたいな感じでした。

そして先生から「楽器は何をやりたい?」と聞かれ、迷わず「大太鼓!!」と答えてしまい、
そう・・・
そこから私の2年間でしたけど打楽器パートが始まる事になったのでした。

ま・・・・さすがに2年間パーカスやっていれば飽きてしまうのですよね・・・・(苦笑・・・)

そしてその時・・・何気なく窓を見てみると、
目に飛び込んできたのは、隣接する中学校の校庭で吹奏楽部が、かっこういいマーチング衣装をみにまとって
マーチングの練習をしている光景でした・・・・!!

そしてその瞬間・・・・私は・・・・

「そうだ!! 中学校に進学したら、今度はちゃんとした吹奏楽部に入って、今度は管楽器を吹こう!!」という事を
決意したのでした・・・・

そう・・・その当時の私には・・・

その道は実はとてつもない「イバラの道」である事は・・・・知る由も無かったのです・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

私は中学3年間パーカスしましたよ(笑
小学校の頃は5/6年生全員で編成される
「鼓笛隊」があって、フラッグに落ちた私は
アコーディオンになったのでした(^_^;)
(その頃からくじ運が無い)
今の小学校は鼓笛隊みたいなの減りましたよね・・・。

デビュー楽器

自分はご承知のとおりクラリネットですが、
入部まもなく(多分入部1ヵ月後くらいに)毎年恒例の学校の中庭で行われるクラブ紹介でイキナリステージに立つこととなりました。
そこで楽譜もまともに読めない、楽器もまともに出来ない素人軍団をどうするかという問題発生。
全員で20名くらいしかいない超小編成バンド。
素人言えども全部員の5分の1を占める(笑)貴重な4人組なので、「何もしないよりはまし」と言うことで、「とりあえず小物打楽器でにぎやかせ」と、先輩からの無茶振り。
打楽器の同期はタンバリン、ホルンの同期はギロ、フルートの同期はカウベルそして自分はアゴーゴベルという即席パーカッション隊を急遽編成。
ラテン系の曲ばかり選んだのもある意味先輩方からの「愛」なのでしょう(笑)
もちろん、音楽の「お」の字も知らないので、打楽器の同期以外は全員適当に叩いてました。

残念なことにクラブ紹介以降に入部した人は誰もいませんでしたが・・・

そして時は流れて、市民バンド在籍中にはバスクラ吹きながらカウベルをたたくと言う荒業も経験(笑)



地味に打楽器を経験してます。

きっと誰だって楽器で挫折してますよ…(^_^;)。

もし管理人様が中学の部活の恩師の先生でトラウマになってなければ「洛南高校」も今は亡き「宮本輝紀先生」も真っ青なパフォーマーになってたかもしれませんね(笑)。まっ、それは冗談ですが…。
実は……私も「トロンボーン」が第1希望でしたが、先輩から「楽器・吹奏楽が初心者で唇が薄いお前にいきなりトロンボーンは無理!」で速攻却下、たどり着いたのは「トランペット」でした。
まっ、トランペットは音楽的にメロディラインですので、そこらへんは特しましたが、いまだにトロンボーンのスライドを動かしている自分の姿を妄想することはありますね…。

フラッグ

りえ太 様


「フラッグ」・・・

うーーん、なんか懐かしい言葉ですね(笑)
鼓笛隊と言うかマーチングバンドの「華」という感じがありますよね。
あの部隊のマーチングユニフォームがとてつもなく眩しくかっこよく感じたものですけど
実際に自分がやってみると、
とにかく「歩調」を合わせるのが大変で、
吹きながら行進する事の難しさを実感したものでした・・・

パーカッション

某大学の卒業生 様


そうですよね!!

例えば、高校野球とかサッカーの応援で吹奏楽部として同行する場合、
フルート・クラリネット・オーボエ・ファゴット・コントラバスは、「楽器が日に当たるとよくない」という事で
この時だけは打楽器を叩く事が多かったですね。
タンバリン・鈴・ギロなんかは結構叩かされましたね・・・(笑)
万一勝ち進むと・・・
木管も加わっていく感じでしたね。

Re: きっと誰だって楽器で挫折してますよ…(^_^;)。

一秋田県民 様


そうですね・・・
私も中学だけで吹奏楽から足を洗っていれば、今でも「音楽嫌い」という感じだったのかもしれませんけど、
男子校に入って、指導する先生がいなくて生徒が指揮を務め、自主的に部を運営していたから、
やっと「音楽」に目覚めていったという事なのかもしれないですね。
ま、その過程の中には、言うまでも無く「花輪高校」の存在が大変大きかったと思います。

昔の自分に指示する事が出来るとすけば「オーボエ」を勧めるのかも・・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2807-94cc8948
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |