プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まずはじめに・・・・

今回で東方語りの「聖白蓮シリーズ」ですけど、今回でも―――7回目に突入しちゃいました。
改めて感じたのですけど、東方キャラって本当に一人一人が魅力的で個性に溢れていて、キャラが濃密で
こうやって語っていても、こんなポンコツ記事を読まれている方はどう思われているのかは、
私は正直よく分かりませんけど、とにかく書いている本人は毎回楽しくて仕方がないという感じですね!
特に・・・永琳様とか今回の聖白蓮なんて
書いても書いてもまだ全然書き切れていないという感じが自分でも感じていますね。
昨日のミスチー記事ではありませんけど、そうした東方の「奥深さ」は本当に素晴らしいものがありますよね!!

さてさて・・・

聖白蓮さんの記事も今回で7回目に突入してしまったのですけど、
白蓮さんを記事にするたびに、当ブログがいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様であるアミグリ様に、アミグリ様が描かれた白蓮さんのとっても素敵なイラストを
毎回毎回こちらのブログに転載させて頂く事を快くご了解して頂き、
本当に感謝・感謝の連続です!!
改めてですけど、アミグリ様!! いつも本当にありがとうございます!!
そうそう・・・
アミグリ様は、先日・・・3月24日がお誕生日でした!!
今一度言わせて頂きますと・・・
お誕生日おめでとうございます!!
そして・・・どうぞこれからも宜しくお願いいたします!!
アミグリ様のお誕生日には色々な絵師様がお誕生日の捧げ絵をプレゼントされていましたけど、
本当に見ているだけでとっても気持ちのいい素敵な作品ばかりでしたね!!

そして・・・・

本題なのですけど、実は・・・・

当初は今回の語りにおいては、神子とか青蛾との絡みを記事にする予定だったのですけど
これは・・・・
先ほどの「書くのが楽しい」みたいな発言とは矛盾する事かもしれないのですけど、
書いている内に、その①の時もそうだったのですけど、なんか収拾がつかない方向になってしまいましたので、
一旦あの記事はボツとさせて頂きました・・・(苦笑・・)
そうですね・・・・
再度練り直して、その⑧あたりで改めて記事にしてみたいな・・とも思っています。
それにしても白蓮さんは本当に切り口が多くて魅力的なキャラですよね!!
何か語っても語ってもまだ全然語り足りない・・・そんなような感じの御方なのだと思います。
あれれ・・・・一旦書いたものをボツにしてそれじゃ今回のその⑦どうすんの・・・?と自分にツッコミを
入れたい気持ちはあるのですけど、
そうですね・・・今回は、ナズーリンの補足とか東方の宗教観についてほんの少しだけ語ってみたいな・・・と
思っています。

前回、その⑥の記事においては、ナズーリンは「人間の嫌らしい部分を持っているキャラ」みたいな事を
書いたのですけど、
少し補足すると・・・
ナズーリンほど実は「人間」に近い妖怪キャラはいないのじゃないのかな・・・とも思っています。
ナズーリンは一言で言うと・・・・「虎の威を借りる狐」じゃない・・・「虎の威または毘沙門天の威を借りるネズミ」
なのですけど、
そうやって相手によってコロコロと態度を変えたり、
自分より下と思われるものに対しては尊大な態度を取ったりするというのは、
確かに「人の嫌らしい部分」でもあると思うのですけど、
そういう人らしい部分を持ち合わせている東方の妖怪さんって意外と少ない・・・・
東方の妖怪の場合、そうですね・・・どちらかというと既にそうした「人が本来持ち合わせている元々の心の弱さ」
みたいなものをとっくに超越しちゃっているタイプが多いようにも思える中、
ナズーリンは、そうした人らしい要素を一杯内在している・・・
なんとなくですけど、そうしたナズーリンを見てしまうと、
「あれれ・・・ナズーリンというのは自分達と大して変わりがないじゃん・・・ナズーリンはもしかして・・・
自分達そのものなんじゃないの・・・?」
みたいな同類意識というのか妙な親近感を感じるのも事実だと私は思っています。

上記の繰り返しになりますが、ナズーリンというのは自分達そのもの・・・人間というある意味愚かな存在を
まさに象徴した存在ではないのかな・・・とも思ったりもします。
そうした意味では、東方の中では一番人に近い立ち位置なのかな・・・とも思ったりもします。

ま・・・それに何よりもナズーリンって本当にめちゃくちゃ可愛いのですよね!!

うーーむ、やっぱり人間というのは・・・
台所で実物のネズミを見かけると「キャー―――!! あっちへ行って!!」みたいな感じになってしまうけど、
例えば・・・・ミッキーマウスとか「トムとジェリー」みたいな擬人化・アニメ化されたモノを見てしまうと・・・
「可愛い子ネズミちゃん!!」みたいになってしまうのかもしれないですよね・・・・(笑)
ナズーリンのあの素直じゃないんだけど、実は・・・・本人はツンデレっぽくて本当はいい奴みたいという雰囲気が
実に素晴らしいですよね!!
うーーむ、私もナズーリンから・・・「君は実に馬鹿だな!!」なーーんて言われてみたいですね・・・(笑)

何よりも・・ナズーリンのあの穴あきスカートがとにかく最高です!!

その⑥で書いた通り、ナズーリンは、元々は毘沙門天直属の弟子であり、
命蓮寺にいるのも、毘沙門天代理でもある寅丸星がちゃんと仕事をしているかどうかの監視・チェックという
役割を毘沙門天から託されているという経緯があり、
そのせいで寅丸星とか寅丸星の師匠でもある聖白蓮の事は場合によっては
「毘沙門天よりも地位が低いから・・・」みたいな感じで接している事もあるみたいなのですけど、
これも実は人間社会ではありがちな事なのかも・・・・?
本社より「地方の××という関連会社への出向を命ずる」みたいな嬉しくない辞令を貰って
その出向先に赴いても・・・
「自分は・・・本来は本社の人間なのだから・・・」みたいな妙なプライド意識とかエリート意識みたいなものが邪魔して
今現在の居場所であるはずのその出向先の社員の人達と中々打ち解けられず、
自分自身がそうした「心の壁」を作ってしまっているみたいな事は結構あるのではないのかな・・とも思いますし、
そうですね・・・
私自身もこのブログにおいて、
たまーーにですけど仙台の関連会社に仕事で行く際に、
事前に埼玉の本社のお偉いさんから
「仙台の××という本部長の動向もついでに監視して後で報告して・・・」みたく指示される事も多々あったりもします。
そういう時の自分自身の心境って・・・・
これは・・・ナズーリンの立ち位置ともしかして全く同じなのかもしれないのですよね・・・(笑)
「仙台の人達と本当はもう少し・・・心をオープンにして色々と本音で話してみたい・・・だけど・・元々の立場上
それがちよっと中々出来にくいし、向こうの人達もたまーにしか来ない自分をどっかで警戒している・・」
そうですね・・・・
ナズーリンも意外と・・・苦労人なのかもしれないですよね・・・

さてさて・・・

聖白蓮が復活して間もない頃、「それでは自分達の活動拠点のお寺の建立場所はどこがいいだろうか・・・」と
土地選定に悩んでいた頃に、
実はナズーリンから
「候補地の地下に何やらとんでもないものが眠っている・・・」との報告が入り、
それが実は・・・というのが「東方神霊廟」に繋がっていくのですけど、
ま・・・・白蓮としては、その眠っているものの正体が当初は分からなかった・・・
分からないゆえにその眠っている何かを「封印」するためにあえて・・・その真上に命蓮寺を建立したという経緯も
あったりします。
ま・・・それについては次回以降改めて語ってみたいな・・とも思っています。

だけど・・・結果的に命蓮寺建立から2年後に神子たちは無事に(?)復活を果たしてしまいますけどね・・・

東方の場合、やっぱり素晴らしいな・・・と感じる点として、
こうしたケースの場合往々にして
元々の神の勢力、そして白蓮たちの新しい仏教勢力、そして更に・・・神子たちの道教勢力の三勢力の間の
「宗教戦争勃発だ――」みたいな安易な展開に陥りやすいのですけど
そうした展開にはもっていかないで
むしろ・・・
こうした宗教勢力の「融和」みたいな方向でまとめようとしてるのはなんか「あ・・いいなーー」とも感じてしまいます。


聖白蓮の基本的な考えは「神も仏も人も妖怪も全て同じ!! みな絶対的に平等なはず!!」という強い信念が
あるのですけど、
東方の宗教観もむしろそれに近いものがあるのかもしれないですよね。
つまり・・・
人や妖怪さえちゃんと救う事が出来て、彼らの心の拠り所に本当になるのだったら・・・
別に神道でも仏教でも道教でも何でもいい!!
要は・・・ちゃんと本当に「救済」を目的にしてそれを確実に果たしてくれるのであれば、
別にその宗教は何だっていい!!みたいな「おおらかさ」があるのは本当に素晴らしい事だと思います。
今現在の世界は・・・・
そうした信じる宗教の違いすらも一つの原因となって世界中の人々の間で、憎しみと復讐の哀しい連鎖になっているのは
大変不幸な事だと感じるのですけど、
本来人を救うべきはずの「宗教」がそうした原因を作りだしてしまっている・・・というのも何とも皮肉な話であり
人間の愚かさを示唆している話だと感じます。
今現在の世界の人たちが求められるものこそがそうした・・・「おおらかさ」とか「寛容」というものではないのかな・・とも
感じますし、
そうした意味では白蓮さんのそうした「絶対的平等主義」なんてのは
むしろ・・・必要な事なのかもしれないですよね。








さてさて・・・

上記の東方心綺楼の白蓮さんのイラストですけど、

こちらは・・・2013年5月にアミグリさんが描かれたものです。

このイラストですけど、アミグリさんが「サマーひじりん」とか「甘ロリひじりん」とかゴスロリ風ひじりん等で
見せてきた白蓮さんとは一味違う仕上がりだと思います。
このふわーーーっとした優しい感じがとっても大好きです!!
優しく柔らかい感じは本当に見ている人を思わず癒してしまいそうですね。

前述の「おおらかさ」をなんか・・・素敵に表現されたイラストなんだな・・と改めて感じさせる
本当に素晴らしい作品だと思います。

アミグリさん!! 本当にいつもありがとうございます!!

世界中の人たちが、アミグリさんが描かれた「白蓮さんの優しい眼差し」で「おおらかな気持ち」を持ってくれたとしたら・・・
世界が抱える多くの諸問題を即座に解決できるはず・・・・と思えてしまいます。

そうそう・・・

アミグリさんのブログ「dream fantasy」では、今現在はとっても可愛い「こいしちゃん」を掲載中です!!
フランちゃんカラー仕様のこいしちゃんは・・・
とにかく・・めちゃくちゃ可愛いですし、
とにかく・・・問答無用で可愛い!!という感じです!!

このこいしちゃんをご覧になりたい方はこちらから・・・・・ → こいしちゃん By アミグリさん


さてさて・・・

次回の東方語りは・・・なぜかあの・・・チルノを・・・・
そして聖白蓮その⑧を予定しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

イラスト掲載と記事の紹介をありがとうございます!!

聖白蓮さんのイラストを紹介していただき、ありがとうございます。
今回掲載していただいた、白蓮さんは、ふわっとしたイラストにしたかったので、お褒めのお言葉をいただいて、嬉しいです!!

「フランちゃんカラーのこいしちゃん」の記事も、紹介していただき、ありがとうございます!!

いつも本当にありがとうございます!!

アミグリ 様


いえいえ・・・本当にいつもこちらこそありがとうございます!!

白蓮さんのあのふわっとした柔らかいタッチは私も本当に大好きです。
ゴスロリっぽい白蓮さんも素敵ですし、こういうふわっとした優しい白蓮さんも両方素敵ですね!!

アミグリさんの以前の「チルノ進化録」を拝見したのですけど、
あれ・・・すごいですね・・・
まさしくあれこそ日進月歩の進化の記録ですよね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2806-b44f2f11
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |