FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


さてさて・・・無事に(?)1981年の全国大会の高校の部語りが終わりましたので
次回はどの年にしようかな・・・?と思っていた所、1978年の高校の部は一度も語った事が無い・・・
そして・・・ま・・・この年こそが私の10年間にも渡るながーーい吹奏楽生活の幕開けの年でもありますので、
この年について語るのも悪くは無いか・・・と思い、
当面の間、1978年の全日本吹奏楽コンクール・高校の部について語っていきたいと思います。

だけど・・・

本編に入る前に少しだけ番外編を語らせて下さい・・・(笑)

私自身は、中学校の吹奏楽部に入る前は、一応二年間ですけど、
小学校の「管楽器クラブ」というのか「金管バンド+鼓笛隊+ピアニカ隊連合音楽隊」という
なんか訳の分からん音楽隊に所属し、そこで打楽器を担当していました。
あの頃はとっても楽しかったですよね!!
だって・・・中学の吹奏楽部の指揮者みたいに年がら年中「下手くそ」だの「ピッチが合わん奴は死ね!」みたいな
罵詈雑言吐かれる事も無かったし、
指導する先生も極めてアバウトにテキトーに指導されていましたし、
何よりもあの煩わしい「先輩-後輩関係」が全く無かったから、とにかく・・・自由気ままに音楽をのびのびと
楽しんでいたという感じでした。
私自身・・・当時の記憶をたどっても・・・
「あれれ・・あの頃って楽譜をきちんと読み込んでいたのかな・・・?」とも思うのですけど、スコアを見た記憶が
あんまり無い・・・・(苦笑・・)
ま・・とにかくテキトーに演奏して、たまーーに全体合奏してみんなが楽しければそれでいいという
大変おおらかな雰囲気はありました。

あの頃は・・・・本当に音楽をするのが楽しかったですよね・・・

それが・・・・中学に入って吹奏楽部に入部して、あんなに音楽が苦痛になるなんて
当時は・・・・
夢にも思わなかったです・・・・

ま・・・この辺りの恨みつらみは語りだすと長くなってしまうので、もしも興味がある方はこの記事をご参照あれ・・!!

 → 中学の吹奏楽部時代の愚痴記事・・・・


 →中学の吹奏楽部時代の愚痴・・Ⅱ


 →中学の吹奏楽部時代の愚痴記事 Ⅲ


私自身、何で中学で吹奏楽部に入ったかと言うと
この話、以前も書いたと思いますけど、
私の小学と中学は隣接していまして、小学校の窓から見える中学校の吹奏楽部が校庭で
可愛い&格好いいユニフォームをまとって「マーチング」をしている光景に惚れ惚れしてしまったからという
極めて単純な理由でした・・・
その隣接の中学校が、元々当時は吹奏楽部の名門で、昭和40年代後半あたりで何年も連続して
県代表として東北大会に駒を進めていたというのも
何か当時小学生の自分としては、とにかく・・・「雲の上の憧れ・・」みたいな気持ちしかありませんでした・・・

ま、だけど・・・

現実とは本当に残酷なもので、
実際に吹奏楽部に入部してみると、上から目線で怒鳴るばかりの音楽教師の指揮者、
礼儀ばかりこだわる上級生
自分が入部した頃は既に東北大会にも進めない状況が続いていて、実はかつての名門も既に
没落過程に入っていた・・・
みたいな感じでしたし、何よりも・・・
同期で35人前後入部したのに、中二の県大会を契機に
20名前後の大量退部事件が起きてしまい、
私も・・・・結果的に・・・・中学卒業時には大の音楽嫌い&大の吹奏楽嫌いになっていたものでした・・・

だけど・・・・

やっぱり小学校在籍時点の12歳程度の子供の視線としては、
中学の校庭でマーチング衣装に身を包み、一心不乱に楽器を吹きながら行進する中学生は
本当に眩しく輝いて見えたものです・・・・

ほんとね・・・・小学校の頃に感じていたあの「楽しい」みたいな感覚をそのまんまキープできていれば
少しは自分の音楽人生にも変化はあったのかな・・・??

さてさて・・中学で吹奏楽部に入部すると、まずそこで待っているものは「楽器振り分け」です。

人気が高い楽器は、フルート・アルトサックス・トランペット・トロンボーンあたりかな・・・・
特にトランペットとアルトサックスは「バンドの華」という事もありますし、
常に定員オーバーなのかもしれませんね。
逆に今一つ人気が無いのは・・・・
ユーフォニアムとかチューバとか打楽器あたりなのかな・・・・

どうしても、新入生の希望が人気楽器に集中した場合は
実際に楽器を吹かせてみて、上手い下手とか適性を判断して担当楽器を決めていく事に
なると思います。
私のように男子校の場合・・・・
ま・・・、初心者とか人が良くて「頼まれると嫌と言えないような人」は・・・・・
ま・・・・、問答無用で
配属楽器は・・・・クラリネットか打楽器になるパターンが多かったですね・・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・・

私自身は、このブログで何度か書いた通り、10年間の吹奏楽生活の中で
9年間クラリネットを、1年間アルトサックスを吹いたのですけど
もともと、何で「クラリネット」になったんだっけ・・・・??

現在の視点から言わせて貰うと・・・・

もしもタイムマシーンがあって、中学一年の吹奏楽部に入部して間もない自分に出会えるとしたら・・・・

「クラリネットだけは絶対にやめとき・・・!!」みたいな事を言うんだろうな・・・・(苦笑・・・)

だって・・・・

クラリネットは、技術的に大変難しい楽器だし、神経質な楽器だし、
リードを使用するため、リードの日々の状態によってかなり音にも影響が出てしまい、
リードを調整するだけでもかなり面倒だし、
オーケストラの場合、クラリネットは「香辛料」みたいな役割が多いのに対して
吹奏楽の場合、オケが担当しているヴァイオリンの役割を代用される事が多い為、
ヴァイオリンが奏でる早い動きを指と口とで対応しなくてはいけないし、
結果的にスコアは・・・・8分音符と16分音符ばっかりで、
指使いは大変だし、
指揮者には一番怒られる損な役割を持っているし、
ホント、ロクな事はありません・・・・(苦笑・・・)
吹奏楽の「縁の下の力持ち」みたいな役割なんだけど、労が多い割には「実り」が極めて少ない
パートだと思います・・・・
また、クラリネットは・・・・
45人位の吹奏楽団の場合、7~9人程度は必要なため、各パートの中で一番人数が多いから
一番パート内の人間関係の調整が難しい・・・・という厄介な側面もあったりします・・・・

でも・・・・・上記の事は別にいいんです・・・・

最近の吹奏楽部もそうなのですけど、私が吹奏楽に関係し始めた1970年代後半から1980年代前半は
既に男子部員の数が極度に少なく、
男子部員は、全体の部員の1~2割くらいという感じかな・・・・
ましてや・・・・
クラリネットなんていうと・・・・ほとんど女子部員ばかりでしたね・・・
中学の頃は・・・・・クラリネットパートが15~18人くらいいて、自分以外は全員女の子・・・・
(現在の視点だったら・・・・・「羨ましい・・・」以外の何者でもないですけどね・・・苦笑・・・)
当時・・・何がおっかなかったかと言うと・・・・・クラリネットのお姉様たちですね・・・・・
だって・・・・・
すこーーーし、ほんのすこーーし反抗しただけで・・・・
4~8人ぐらいの先輩達に囲まれて・・・・
「そこで正座して、自分の何が悪かったかを語りなさい・・・!!」とか何とか
色々ネチネチ責められていたからな・・・(苦笑・・)
また・・・・
「あんた、この間、(別パートの)××という女の子に私の悪口言っていたでしょ・・・!!」とか
色々ツッコまれた事もありましたし、
「えーーー、なんでそんな事知っているんじゃ―――・・・うーーん女の子の横のつながりの
タレこみだの告げ口はおっかねーーー」と
ホント、しみじみと感じたものです・・・・(苦笑・・・)

というか・・・・・わずか12歳にして「女の子はおっかないもの・・・・」という自覚を持った私は・・・・
ある意味すごい・・・??(苦笑・・・)

でも・・・・

私、なんでクラリネットになったのかな・・・・

そうそう、入部当初の「楽器希望」は、トロンボーンを希望していたのですけど
当時の自分の身長は・・・・なんと・・・130㎝程度 体重は30キロ前後でしたので
体力的に無理と判断されたようですね・・・・
それでもって、「軽い楽器がいいんじゃないか・・・」と勝手に判断され
勝手に楽器が振り分けられてしまいました・・・・・



b481a7c7_convert_20150416222514.jpg


86df21b5_convert_20150416161949.jpg


そう言えば・・・・昨年放映されていた「響け! ユーフォニアム」第二話でもこの楽器振り分けの事が
興味深く語られていましたよね・・・!!

久美子の小学校時代の回想・・・・

トランペット・ホルン・トロンボーンと次々と担当楽器の振り分けが決まっていくのに、
「ユーフォニアム」だけは誰もやりたがらない・・・
先生も「ユーフォニアムを吹く人がいません、
希望する人いませんか? 誰かやってくれる人はいないかな・・・」と声を掛けるものの
やはり誰もやりたがらない・・・・
結果的に・・・・
「ユーフォって希望者が少ないからなんとなく続けて来ちゃったんだよね・・・」となし崩し的に
ユーフォを担当し続けた久美子が愚痴ることになります・・・

あ・・・、でもその気持ち、本当によく分かりますね・・・・・(苦笑・・・)

私自身も・・・男子校時代も大学以降も
「男子のクラリネット吹きはほとんどいないから貴重・・・」という理由だけで
楽器振替は問答無用で「クラリネット」でしたね・・・・(苦笑・・)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

楽器の振り分け

私の中学はクラは人気でしたよ~。
低音と打楽器が最低人気(苦笑
女子が多いとクラとフルート(最前列の華ですし)に
人気が集中、男子はトランペット・サックス辺り
(見た目が決まるから?)
それと、楽器を買って持ち歩けるのが
Cl、Ft、Tp位?なのでそれも有ったのかもしれません。
打楽器は持ち歩けませんからね(苦笑

クラリネット吹きの休日

自分の場合は、入学と同時に入部したせいか、第1号の新入部員でした。
その時点での、2年生以上の先輩方の編成は・・・
フルート1人/4年生
アルトサックス2名/2年生×2名(内1名は1ヵ月後に退部)
バリトンサックス1名/4年生
ホルン1人/次年度も2年生の予定の2年生
ユーフォ2名/3年生と2年生
トロンボーン2名/5年生(笑)と2年生
パーカッション3名/6年生(神)と限りなく3年生に近い4年生×2名
の計12名という、とんでもない(?)状況でした。
そこでズブの素人が入ったので、ある意味どこのパートでもOK状態でした。
背が高いのでチューバがいいのでは?とか
唇の形がトランペットかホルン向きだとか、
腕の長さを活かすのならトロンボーンが妥当だとか・・・
良くも悪くもそうとうもめたようです。
結局のところ、クラリネットかトロンボーンの好きなほうを選べと言われましたが、実際のところ楽器の名前で知っているのがトランペットのみ。
最終的にはとりあえずバランスを重視(?)最優先ということで誰もいないクラリネットに落ち着きました(結局上級生が決めた)
なお、自分が入部する前の年もクラリネットが不在だったと言う、謎の楽団でした。
その後、経験者として、クラリネット2人、テナーサックス1人、トランペット2人、チューバ1人追加入部。
自分以外にも3人の素人が入部し、それぞれフルート・ホルン・パーカッションに振り分けられました。
当然のことながら、自分以外の素人軍団は、大学にありがちなことですが、片っ端から先輩方につかまり、無理やり入部させられただけのことです(笑)

そんな凸凹メンバーで音楽活動ができたのも、ほぼミラクル。

楽器の振り分け→打楽器は・・・・(笑)

りえ太 様


クラリネットですか・・・・

ふっ、ふっ、ふっ・・・・あれは実際にあの楽器を吹いてみてあの楽器の「難しさ・神経質さ」に
直面し、当初の人気は吹っ飛んでしまうものです・・・(笑)
全体合奏で一番怒られるのはクラリネットとトランペットでもありますから・・・

打楽器ですか・・・
私も小学からそのまんま続けていればよかったかも・・とたまーーに思ったりもします。
高校・大学の頃って、初心者が吹奏楽部にはいる事は少ないと思いますけど、
そういう場合、大抵問答無用で打楽器に振り分けられる傾向にありますね。
コンサートで打楽器奏者が足りない場合、金管系の何人かがその曲だけ打楽器パートを手伝う事も
ありましたけど、
そういう場合、口の悪い人は「左遷」とか呼んで
そのまんまずっとパーカスを担当されてしまう事を「片道切符の出向」とか呼んでいる人もいました・・・(苦笑・・)
まったく・・・
失礼な話ですよね・・・・(苦笑・・)

改めてですけど、すごいですね・・・!!

某大学の卒業生 様


改めてですけど、すごい話ですよね。
というか、4月の段階でそうした極めて少数しか在籍していなくて、それに素人同然の新入部員を入れて
数か月後にああいう素晴らしいパンチネルロ等が出来てしまうのですから、
まさに「驚嘆」であり「奇跡」であり、
全国に数ある小編成チームに勇気を与えてくれる話だと思います。

パンチ

パンチネロはその翌年ですので、まだ覚醒(?)していない時代でした。
記憶と紐解くと、2年生になったときに新1年生が10人くらい入部(全員経験者)でしたのでなんとか形になった感じです。
さらに翌年には1名の初心者を含め11人くらい、さらに翌年には2人の初心者を含め8人くらい入部。その間に卒業・退学・退部など人数の多少の動きはありましたが、30人弱の部員で推移していたと思います。
昔、OBの方や後輩に聞いた話によると、いつの時代にも少なからず初心者(大学デビュー)が存在していたようです。
パート別に見ると、やはりトランペット・トロンボーン・サックスが多かったようで、クラリネットやフルートは常に部員不足であったようです。
在学中の定期演奏会ではOBが参集し、ひな壇にトランペットが12人、トロンボーンが8人(内、バストロ2本)。洛南高校もびっくりのアンバランスさでした。
卒業後に在籍していた市民バンドでは、団員約30人くらいにクラリネットが7人くらいいたので、自分の中では「クラリネット多いなぁ」と思ったりもしたのですが、3年もしないうちにあれよあれよというまに3~4人まで激減しました(その状態ですらバスクラ専属状態だったので、嫌気がさしてやめてしまったという経緯もあります)。
やはり、クラリネットって人気がないのかなぁ・・・と。

すいません、ちょっとしたミスです

クラリネット

某大学の卒業生 様


名前間違いはどうか気にしないで下さいね・・・・(笑)
すぐにわかりましたけど・・・

やっぱり「クラリネット」は男子校とか男子部員が圧倒的に多いチームですと、
逆に一気に不人気パートになる傾向は強いと思いますね。
私も男子高校の頃は、
「クラリネットは4~5人程度でなんとか切り盛りしていく楽器」という印象が大変強くて、
中学・大学の頃とは全く違った発想をしていたものでした・・・(笑)
やっぱり新入部員に経験者がいると全然違いますよね。



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2803-c35e6b27
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |