プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.天理高校


  A/バレエ音楽「スパルタカス」より、スリーダンスエピソード(A.ハチャトゥーリアン)

  
  結果論になりますが、この年をもって長年天理高校&天理中学校を指導されてこられた谷口先生は
  近大付属に移ってしまいます。
  私は部外者なものですので内部事情なんかはよく分かりませんけど
  これだけ実績がある学校をあえて離れるメリットというのは何かあったのかな・・・?
  それとも・・・・谷口先生が天理に対して何か不満に感じる点があられて、「新しい活動の場」を
  求めたという事なのかな・・・?
  なんか噂話というか風の便りみたいな話で根拠はないのですけど、
  「天理なんて3年で追い越こしてみせる!!」と豪語されて近大付属に移られたのですけど、
  結果は・・・・そう・・・皆様ご存知の通り・・・・
  谷口先生は、近大付属では一度も全国へ出場される事も無く勇退されていったのでした・・・
  なんかあのまんま天理を指導され続けていたら・・と思うと、とてつもなく勿体無い感じはありますよね。
  天理高校吹奏楽部の祖とも言える矢野先生からバトンを受け継がれ、立派に天理を
  日本のスクールバンドを代表する礎を立派に構築されたというのに・・・
  なんか勿体無い話ですよね・・・
  ちなみにですけど・・・谷口先生も天理の後任の新子先生も全国大会は14回の出場にとどまっていて、
  あと一回出場すれば・・・・「15回出場の永年出場の表彰」も受けられるのですけどね・・・・

  だけど・・・天理高校の「真の栄光」は・・・実は・・・谷口先生時代ではなくて、むしろ後任の
  新子先生の時代にあると私は思っています。
  (ま・・・谷口先生時代のジェイガー/交響曲とかニクソンの平和の祭りとかオーエン・リードのメキシコの祭りとか
  アレンジは極めて悪いけど、交響詩「おやさま」などは私も大好きな演奏です!!
  特に・・・おやさまは・・・・あの独特の鄙びた感じが実に素晴らしいですね!!)

  だけど、とにかく・・・新子先生は凄いと思います。
  今現在は後任に道を譲られ第一線からは退いているようですが、
  1979年に谷口先生からバトンタッチされてすぐに「ハムレットへの音楽」で全国大会金賞を
  受賞されてから、退任されるまでの間、全国大会では金賞以外受賞した事がありません。
  (ま・・・1996年以降、長期間支部大会で低迷した時期もありましたけどね・・・)
  全国大会出場歴の中で、銀賞・銅賞が一つもないというのは、
  これだけレベルが上がり、各代表の演奏に大差がない中で、これだけの実績を維持し続ける事は
  並大抵の事ではありませんし、
  本当に頭が下がる思いで一杯です!!

  新子先生のように、10回以上全国に出場されて、全国大会では金賞以外受賞した事がない方って、
  せいぜいブリジストン久留米の小山氏とヤマハ浜松の原田氏と森田氏くらいなのかも・・・
  こういう高校の部みたいに毎年毎年レヴェルが上がり続け、支部大会の激戦もある中、こうやって
  あまりにも偉大過ぎる実績を残された新子先生は本当に凄すぎる・・・
  心から敬意を表したいと思います。

  興味をそそられるのは、新子先生といえども万能ではないというか神ではないというか
  結構厳しい時代も経験しているという事です。
  例えば、1983年と1991年には、関西大会でまさかの予選落ちを経験していますし、
  何よりも1996年~2001年の約5年間は「冬の時代」というか、
  毎年関西大会で代表を逃し、関西大会でも金賞を取れない時期もあったようです。
  だけどそれを乗り越え、2002年以降は、再度「天理の栄光」を取り戻し、
  普門館に戻って全国での金を奪還したのはさすがとしか言いようがないです。
  あ、勿論全国大会というかコンクールでの金賞が全てではありませんけどね。

  栄光の時代と不遇の時代の両方を経験している指導者なんてのは、そうざらにいるものではありませんけど、
  だからこそ「天理」の栄光と伝説は不滅のものなのだと思います。

  新子先生の凄い所は、オリジナル曲・アレンジもの、両方に対応できている所です。
  オリジナル曲では、オセロ、フェスティヴァル・ヴァリエーション、セント・アンソニー・ヴァリエーション、
  ディオニソスの祭りに名演を残し、
  アレンジものでは、海・ダフニスとクロエ・中国の不思議な役人・スペイン狂詩曲などに名演を残しています。
  個人的には、やはり81年の「オセロ」が大好きです。
  80年の「ストーンヘンジ交響曲」なんてマイナーな曲にも光を当ててくれた事も嬉しい限りです。

  あ・・・なんか話が思いっきりそれてしまいました・・・・(苦笑・・・)

  今は、1978年の谷口先生最後の指揮の天理の話でしたね。

  この年・・・・谷口先生は珍しく吹奏楽オリジナル作品ではなくてアレンジもの作品に挑戦しています。
  (谷口先生としては、リスト/交響詩「前奏曲」以来なのかな・・・)
  このハチャトゥーリアンのバレエ音楽「スパルタカス」ですけど、多分ですけど・・・
  この年の前後に東京佼成WOで楽譜が出版されレコード化もされたハンスバーガー編曲としての
  バレエ音楽「スパルタカス」~スリダンスエピソードという三つの組曲の中から
  美味しい場面をカット・編集して臨んだのがこの年の天理の演奏だと思います。
  確か私の記憶では・・・
  ハンスバーガー編曲の三曲の中から、Ⅰの前半部分をカットし、クラリネットのソロが続いたところで
  唐突にⅠを終わらせ、Ⅱに入り、Ⅱの冒頭から中盤までを演奏し、
  (ハンスバーガー編曲のⅡのバスクラソロ以降の後半部分はバッサリカットしています・・・)
  そしてⅢの「若きトラキア人の剣舞」を壮麗なファンファーレと響きでもってうまく音楽をまとめた・・・という印象が
  あるのですけど、
  やはり音楽の進行としては、かなり強引だな・・・みたいな感じはありました。
  そうですね・・・・この年もそうなのですけど、
  前年度、77年のネリベルの「二つの交響的断章」もかなり音楽としては・・薄味というのか
  サクサクと進行し過ぎ・・・みたいな印象もあったりします。
  なんか表面的な事だけをやっつけ仕事で片付けているというのか、もう少し歌ってくれればいいのに・・・と思う所も
  あったりもします。

  だけど・・・・翌年の天理は・・・1979年以降の天理は・・・・新子先生を迎えて、本当に
  真の意味での「天理サウンド」がここに誕生してきます!!





  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2802-3e91298f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |