プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1.白子高校


  A/トッカータとフーガ二短調(J.S.バッハ)


そうですね、まず初めにお断りしておきますが、なぜ自分がこんな古い時代のコンクールの演奏を
知っているかと言うと、
以下の三つの要因があると思います。
ちなみに・・・1978年というと、私は中学1年でした!! まさにこの年こそが私の10年間に渡る「吹奏楽コンクール」の
記念すべき始まりの年でもありました!!
ま・・・この事は既に記事にしていますけど、私のコンクール初体験は・・・中学の部・A部門、地区予選タイムオーバー失格
というなんとも中途半端な結果でした・・・(苦笑・・・)

そうそう・・なんで当時中一の小僧の私が、どうしてこんな1978年の吹奏楽コンクールの演奏について
少しは語れるのかと言うと訳がありまして・・・・

①高校時代の部室には、古いレコードが一杯置いてあった。

私、高校は田舎の県立の男子校なのですけど、当時吹奏楽部の部室には、
「日本の吹奏楽」シリーズ、しかも・・1970年からのレコードが置いてありましたね。
他にも色々なクラシック音楽のレコードとか、河合奈保子とか松田聖子とか色々なアイドル系レコードとか
ホント無造作に置かれていましたね・・・
これ、別に学校とか部で保管してあるものではなく、各部員が適当に自宅からレコードなんかを持ち寄り
置いてあったものなのです。
自由にレンタル出来たのですけど、これって別に貸出帳がある訳ではなく、
暗黙のルールで「一度借りたら5日以内に返却する」という極めてファジーな感じでした。
だけど素晴らしい事に「部に置いてあったレコードが紛失した」という話は、少なくとも私が在籍中は
一度も無かったから、そのあたりはすごいですね・・・
でもこのおかげで、高校時代に吹奏楽の過去のコンクール演奏とか
クラシック音楽にふれるきっかけにはなったと思います。

②高校時代の友人にすごい奴がいた。

私の同期に一人吹奏楽に関してすごい詳しい奴がいまして、
当時の吹奏楽コンクールのレコードは、確か1977年までは金賞受賞団体しか収録されませんでしたし、
一般・大学・職場の部に至っては、1987年までは金賞受賞団体しか収録されていませんでした。
課題曲がレコードとして収録されることも少なかったです。
当時、大阪の「日本ワールドレコード社」とか世田谷の「トラヤ」という会社なのですけど、
吹奏楽コンクールの実況アナウンス・課題曲・自由曲・拍手まで完全に収録されたものを
一団体800円~1200円程度で、カスタム製作という事で、好きな演奏団体を年度に関係なく
テープに収めて貰うというサービスがあったのです。
そのカスタムテープをそいつが異常に収集しまくり、
そいつに、平成の初期の頃辺りまで
「〇〇年の〇〇というチームのテープをダビングして」と頼めば
結構気軽にホイホイダビングしてくれましたので、
色々な演奏団体の課題曲・自由曲を聴く事が出来ました。
というか・・・結果的にですけど、1973年~1983年の全国大会の高校の部の演奏は、このカスタムテープで
ほとんど聴く事が出来ました!!
いや――、これって今にして思うと本当にラッキーでした・・・!!
ちなみにこのカスタムテープですけど・・・1987年頃あたりまでは著作権もファジーな感じて、
楽劇「サロメ」とかバレエ音楽「春の祭典」なんかも普通にオーダー出来ていました。
著作権が煩くなってきたのは、平成に入って以降ですね・・・
ちなみにですけど・・・・確かトラヤは・・・平成元年あたりに倒産していました・・・
うーーむ、あの膨大な録音データー、その後一体どうなってしまったのでしょうか・・・・?
ちなみにですけど・・・・
私自身も後に色々とカスタムテープを依頼する事になったのですけど、1970年代の支部大会の録音なんかは
今にして思うとかなり貴重な音源もありましたね・・・

③上野の東京文化会館五階の音楽資料室

これは現在でも存在しています。
古今東西のクラシック音楽・吹奏楽のレコード・CDがほぼ完璧に備えられていて、
自分なんか、貧乏大学生の頃、よくここに通っては
無料で様々なクラシック音楽を聴いていましたね。
混雑すると一人3枚までという制約があるのですが、平日はまずそんな制約もなく
朝の開館時間から夜の閉館時間までずっと音楽を聴いていた時もあります。
そして、そのまま夜の19時からの東京文化会館でのクラシック演奏会を当時の学生価格1000円程度で
聴いたことも何度かあります。
現在では、そんな体力無いからまず無理だけど・・・

ま・・・・そうした理由により、1970年代の全国大会とか一部の支部大会の事を語れるのには
そういった理由があります。
ちなみにですけど・・・・
私が初めて普門館で開催された全国大会を生で聴いたのは1984年の事です。
(この時に・・・花輪のあの伝説的名演、ハチャトゥーリアンの「シンフォニーポエム」を聴く事が出来ました!!)
全国大会・支部大会は、ここ数年はほとんど生では聴いていませんね・・・・
ま・・・これ色々と理由はあるのですけど、
本人の勤務先が土日出勤である事とか、
1996年より開始された「前半・後半の入替がうざい・・」とか
一番大きいのは・・・・・私にとっては「聖地」そのものである「普門館」での演奏が不可能になり、
普門館での開催が出来なくなったというのがありますけど、やはり一番大きいのは「普門館」問題だと
思います。
私にとって・・・「普門館」とは永遠の憧れ・・・まさに聖地なのです!!


白子高校ですか・・・・

あ・・なんか懐かしい名前ですね!!

この学校は、1982年まで結構頻繁に全国に出ていましたけど、数年前までその名を全国で聞く事はなかったのですけど、
数年前に久しぶりにこの古豪の名前を全国大会で耳にして、なんか懐かしく感じたものです。
ちなみにですけど・・・・
ヴェルディ/歌劇「運命の力」序曲は、一般的には・・・・1977年の兵庫県の今津中学校の歴史的名演で
お馴染みだと思うのですけど、
私は・・・この曲は、今津ではなくて1979年の白子高校の演奏で初めて知りました!!

白子高校というとその運命の力以外では、1982年のラロの歌劇「イスの王様」序曲の大変渋い選曲&表現が
とっても印象的です。
当時の指揮者の園田先生の人柄がなんかストレートに演奏に出ている感じもあり、
大変地味なんだけど音楽が誠実で温かみがある演奏という印象です。

この年・・・・1978年の演奏もそんな感じです。

別に派手さはありません・・・

そうですね・・・・正直・・・課題曲も自由曲も特に秀でている所はありませんし、目立たない地味な演奏だと
思います。
だけど聴こえてくる音楽はとても「温かい」ですね!
プログラム1番でしたけど、別に音楽がまだ目覚めていないとかそうした印象は無く
練習通りの普段と何ら変わらない音楽を誠実に普門館の聴衆にお披露目してくれたという印象が強いです。
そうですね・・・・
「トッカータとフーガ」に関して言うと、
ライゼン編曲ではないせいか、サウンドに「厚み」が今一つ不足しているのは何か勿体無い感じは
ありました。
「荘厳さ」には少し欠けるけど、音楽の丁寧さという意味では光っていたと思います。

そうそう・・・・関係ないのですけど、
白子ウインドシンフォニカという一般チームがあるのですけど
(昨年・・2015年はすごーーく久しぶりに全国にも出場されていましたね!!)
このチームの1985年の歌劇「運命の力」序曲は本当に素晴らしい名演でした!!
もしかして当時のメンバーの中に・・・・
白子高校出身の方もいたのかもしれないですけど、79年の地味だけど誠実なあの「運命の力」を
更に劇的表現で進化させた素晴らしい名演だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2801-74446793
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |