プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


気のせいかもしれませんけど、最近やたらと「ほうき」を目にする機会が多いな・・・と思っていたら・・・
そう・・!
やっぱりこれは「魔法つかいプリキュア」の影響なのかもしれないですよね。
どうしてもなのですけど「魔法使い」と言うと「ほうき」に乗って空を飛ぶというイメージが大変強いですよね。
東方Projectの世界で、魔法使いで箒に乗って空を飛びまわるというと・・・
ま・・・そりゃ、何と言っても「魔理沙」なのだと思いますけど、
東方の場合・・・魔理沙の相棒の霊夢なんかは、別にほうきが無くても普通に空を飛んでしまう巫女さんなのですよね!!

そうそう・・・・

東方の世界で、ほうきを持って毎朝毎朝元気よくお寺内をお掃除しているキャラって
誰が何と言っても「幽谷響子」ですよね!!
でも本当に響子って可愛いですよね!! 東方では珍しいくらいのあの「素直」な感じが、
とにかく・・濃厚なキャラばかりの東方の世界においては、むしろ新鮮にも感じたりするものです。

ちなみにですけど、幽谷響子に関しては、最近このブログでも記事にさせて頂きましたので
もしも興味がある方はこちらから・・・・ → 聖白蓮 その⑥【幽谷響子】

さてさて・・・こうやって「ほうき」を持ってお掃除しているキャラというと、
前述の通り、東方の「幽谷響子」なのですけど、
ここで少し引っ掛かるものがありました・・・
「あれれ・・・名前が響子で、こうやって日々ほうきを持ってお掃除しているキャラって他にもいたような気が・・・」と
思っていたら・・・
そう!!
ま・・・確かにチト古くて今現在のアニメ・漫画好きの方から言わせると「え・・・誰それ?」みたいな感じも
あるのかもしれませんけど、
1980年代において、ある意味・・・青少年の心をときめかせ、同時に「未亡人でもふつくしい・・・!!」という事を
見事に定着させたあの御方・・・・
そう・・・!!
「めぞん一刻」の音無響子というキャラがいました!!

とにかく音無響子さんも、毎日毎日ほんとよーーくほうきで掃き掃除をしていましたよね・・・
あのエプロンの「PIYO PIYO」の文字がとても印象的でした・・・
というか・・・住人わずか5室のポロアパートなんだから、別に管理人を常駐させなくてもいいじゃん・・・
みたいな余計なツッコミはいれないでおきましょうね・・・・(笑)
ま・・・現在の例えば40室ぐらいのマンションでもこうした「管理人」というのは、週に1~2回通ってくる「通勤型」
ばかりですので、
ま・・・これも一つの時代の変遷なのかもしれないですよね・・・・

ほうき



めぞん



この「めぞん一刻」なのですけど・・・・

この漫画を一言・・・ほんの一言で表現すると・・・

「奥ゆかしい微妙な世界・・・」という事になるのかな・・・・

うーーん、こうした微妙な世界と言うのは・・・・最近の若い世代には分からないかもしれませんよね・・・

コミュニケーションツールが現代のように、メール・直接通話の携帯・LINEではなくて、
固定電話か直接の対話しか無い時代背景と言うのが・・・・
何か・・・ミソになっている感じはありますよね・・・
だってあの時代って・・・・
女の子の家に連絡する時って、その子の自宅の固定電話に掛けるしか方法が無かったのですよね・・・・
(うーーむ、今では絶対にありえない話だ・・・・)

つまり・・・

この物語は・・・・ある意味・・・現代のようなコミュニケーションツールが無い時代の男女の誤解とすれ違い・・・
そして・・・そこから生ずる「妄想」の世界なんですよね・・・
この物語の舞台となっているぼろアパート「一刻館」においては・・・
貧乏学生の裕作の部屋には固定電話すらない・・・
アパートの共有廊下にピンク色の公衆電話が設置されてはいるのですけど・・・
(少し解説しておくと・・・公衆電話そのものにも電話番号があり、外部の人がその公衆電話に直接電話を
掛ける事は・・・実は・・全然可能なのです・・・
だけど・・・公衆電話ゆえに誰が電話を取るかは・・・分からない・・・)
裕作と、そのガールフレンドのこずえと響子の三角関係において、
こずえから裕作あてにかかってくる電話を・・・トラブルを楽しむ悪癖を持つ四谷さんや一ノ瀬さんなどの住人が
取り継ぐなど、携帯電話が広く普及した現在ではまず考えられないシチュエーションから生ずる数々のすれ違いと誤解
というのが・・・この物語を語る上では外すことが出来ないファクターとなっています・・・

ま・・・とにかく・・・今現在では・・・「ありえない光景」のオンパレードなのですけどね・・・

それと・・・もう一つ特筆すべきことは・・・
この時代は・・・まだ・・・一応は・・・・こうした共同住宅でも、「他人のプライバシー」何かしったこっちゃない
住民同士の「交流」がまだ許された時代でもあったのですよね・・・・
ま・・・現在だったら・・・
マジで・・・隣の住民の職業はおろか、名前すら・・果てには性別すら分からないで住んでいる…という事も
決して・・・
珍しくは無いと思いますけどね。

先ほど「ふつくしい未亡人」と書きましたけど、
響子さんの亡くなったご主人さんは・・・響子さんの通う女子高の教師であり、
あれは・・・元々「禁断の愛」だったのですね・・・
響子さんと裕作は・・・裕作にとっては「少し年の離れたあこがれの女性」という感じでしたね。
でも・・・・この漫画・・・・
最後は「ハッピーエンディング」で終って、ホント・・・よかったですね・・・・
ま・・・このハッピーエンドで終わるその過程が、まー、とにかくドダバタ続きで、邪魔者ばかり入る世界でしたけど、
とにかくあの二人が無事に結ばれてよかった!!という感じでしたね!!
最終回で誕生した響子さんと裕作の子供の名前は・・・
そうそう・・・「春香」でしたね・・・・
(何かこの名前は・・Go! プリンセスプリキュアの主人公の名前を思い浮かべてしまいますね・・)
この春香も・・・そのまんま成長していたら・・・多分今年・・・29歳くらいかな・・・・
響子さんに至っては・・・・多分・・・60歳を越しているはず・・・・
うーーん・・・「時の流れ」は・・・何だか早いものですね・・・・(苦笑・・・・)
ま・・・・ちなみにですけど・・・このめぞんの原作が最終回を迎えていた頃は、1987年の春であり、
丁度私が・・・大学4年と言う事で、まさに「これから就職活動が始まる!!」といった時期でもありました・・・

ここから先は少しだけエロい話になってしまうのかもなのですけど、
めぞんの主人公の裕作の「童貞喪失」は実は・・・こずえでもなくて響子さんでも無くて・・・
風俗嬢というのが、なんか意外な感じもあります・・・(苦笑・・)
確かこの頃の漫画の背景としては、
裕作は大学を卒業したけど、就職先が見つからず、保育園のバイトをしている日々・・・
そして・・・
響子さんにとっても一つの転換期に来ていて、丁度この頃・・・裕作と裕作の恋敵の三鷹からダブルで
「プロポーズ」を示唆されていた状況・・・
だけど・・・
そんな中でも、裕作は・・・・大学時代の悪友から「風俗に行こう!!」と誘われ、そのまんま・・・まさかの童貞喪失・・・
そして朝帰りをした時に・・・・
アパートに前で例の・・・ほうきを持って掃除をしていたのはその響子さんという最悪のシチュエーションを
迎えたのでした・・・・

あの場面・・・・悪友のポケットからその風俗店のマッチがこぼれおち
二人が風俗に行ったのがバレてしまったのですけど、
ま・・・・その店の宣伝媒体が「マッチ」といのもなんだか時代を感じさせますね・・・・(苦笑・・)
ま・・今だったらポケットティッシュなんでしょうけど・・・
そして・・・・例によっておせっかい入居者の一之瀬のおばさんから発せられた言葉が
「あーーー、トルコかぁーーー」というのも随分と時代を感じさせますよね・・・(苦笑・・・)
あ・・・今の若い世代の皆様に「トルコ」と言っても分からないですよね・・・
この「トルコ」というのは、今風に言うと「ソープランド」の事でして、
当時・・・このめぞん一刻のこの回が連載されていた当時は、ソープランドの事は「トルコ風呂」と呼ばれていたのです。
そうそう・・・・
確か・・・トルコ大使館から抗議を受ける形で、この「トルコ風呂」という呼び方を廃止にしたという経緯があったと思います。

ま・・・こうした漫画の一コマでも「時代の流れ」は感じるものですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

2回目のめぞんネタですね
メインの登場人物に数字が使われてましたね

0・・・音無響子・総一郎
1・・・一ノ瀬一家【1号室】
2・・・二階堂望【2号室】
3・・・三鷹瞬
4・・・四谷【4号室】
5・・・五代裕作【5号室】
6・・・六本木朱美【6号室】
7・・・七尾こずえ
8・・・八神いぶき
9・・・九条明日菜
1000・・・千草(響子さんの旧姓)
(10~999は不明ということで)

名前と部屋番号が一致してたはずなので、
一刻館は全6部屋だったような・・・・
(3号室は最後までだれも入居してなかったと思います)

余談ですが、音が無いのに響く子とはこれいかに(笑)

めぞん

某大学の卒業生 様


めぞんを今時ご存知の方ってあんまりいないと思いますので、コメント頂けて大変嬉しいです。

そうですね・・・

この原作が連載中の頃って「もしかしたら三鷹コーチはいずれ3号室に入居かな・・・?」と予想していた時期も
あったのですけど、
それはさすがになかったですね・・・(笑)
二階堂編のドタバタが終わると二階堂は卒業までほとんど登場しなかったのも少し気の毒でした・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2798-9ab70fdb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |