プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3/13(日)の「魔法つかいプリキュア」第6話にて
魔法の杖を使って、水を好きな形に変容させてそれを10秒間維持するという「補習」の話がありましたけど、
その際に10秒間をカウントする道具として「砂時計」が登場していました!!
あ・・・なんかこの「砂時計」って懐かしいですね・・・
最近では、時間を図る道具って、携帯やスマホのストップウォッチ機能を使う事が多いのかなとも思うのですけど、
例えば・・・・
スーパー銭湯とか日帰り温泉なんかの「サウナ」コーナーでは、今でもよくこの「砂時計」って置かれている事が
多いような気がします。
ま・・・私の場合、サウナはせいぜい10~12分が限界ですけどね・・・・






吹奏楽でクラリネット経験者の方ですと、お分かりの話なのかもしれないのですが、
入部したての初心者の場合、ほとんどの場合、いきなり「クラリネット」の楽器本体を吹かせて貰う事は
多分・・・ないと思います。
というか・・・・
以前から何度も書いている通り、クラリネットほど神経質で扱いにくい楽器はなくて
(多分ですけど木管楽器の中では一番吹きにくい楽器だと思います・・・)
初心者がいきなりクラリネットを吹いたとしても、間違いなく音がスムーズに出る事はありえないと思います。
それじゃ・・・初心者はなにから始めるのか・・・?
そう・・・!
まずは・・・・リードを付けた状態の「マウスピース」(上記画像のクラリネットの先端部分の事です・・・)を鳴らす事から
全てが始まるのかな・・・とも思います。
ま・・・その辺りは、指導者とか学校の方針によっても差はあるのかな・・??
私の場合も、吹奏楽部に入部してクラリネットパートに振り分けられて
まずやらされた事は、そのマウスピースを鳴らす事でした。
だけど・・・
やっぱり音は最初の頃は全く出ませんでしたね・・・
そう・・・! その瞬間に初心者は「クラリネットという楽器は難しいものだ」と悟るものです・・・
(あ・・「悟る」といっても・・さとり様、古明地さとり様ではないですよ・・・苦笑・・→こらこら、ここは東方カテゴリではないでしょ・・)
そうですね・・・大体2~3日ぐらいするとなんとかマウスピースをビー―と鳴るようになり、
そしてそこから・・・
ブレスとか腹式呼吸とかタンギングの事を色々と教わる事になっていくのです。
そして、マウスピースだけの練習から1週間から10日ぐらい経過して、
ある程度マウスピースだけでも鳴らせるようになり、タンギングも出来るようになっていくと
一つの「試験」を課されたものです。
何かと言うと・・・二つほどありまして、
一つはタンギング・・・つまり、マウスピースだけで、四分音符→八分音符→十六分音符の細かい刻みが
出来るようになっているかのチェックを受け
そして二つ目が・・・
マウスピースだけで10秒間音の伸ばし(ロングトーン)が出来るかどうかという事でした。
10秒間というとすごく簡単なようにも聞こえますけど、いえいえ・・初心者にとってはとてつもなく長く感じる
長さだと思います。
そして・・・
この10秒間の計測に、冒頭の「砂時計」が使用されたものでした!!

ま・・だから第6話でのみらいとリコちゃんの10秒間キープという補習は、何となくですけど・・・
「あ・・・なんか懐かしいな・・!!」とも感じたものでした(笑・・)



d816cd76_convert_20160317165907.jpg



91ad5dac_convert_20160317165930.jpg



「魔法つかいプリキュア」の場合、全員が「10秒間水の変容状態」を無事にキープする事が出来て
晴れて補習のワンステージをクリア出来たのですけど、
あの時のリコちゃんを思わず抱きしめるみらいがとっても可愛かったですし、それに対してデレるリコちゃんも
同様にとっても可愛かったものです。

さてさて・・・クラリネットを覚え始めた超・初心者の私ですけど
無事にその「10秒間の音伸ばし」をクリアする事が出来て、晴れて・・・マウスピースをクラリネット本体に装着して
本格的にクラリネットを吹くようになっていったのでした。
あの時は・・・・
クラリネットパートは全員女の子でしたけど、
課題をクリアできた時は、なんか全員が「よかった、よかった・・・」という感じでした。
そうですね・・雰囲気的には、リコちゃんを抱きしめたみらいのように、唯一の男性奏者の自分が女の子を
思わず抱きしめちゃったら・・・・
やっぱり・・・・「キャー! このスケベ!!」とか言われちゃうのかな・・・(苦笑・・・)

だけどね・・・

マウスピースをクラリネット本体に装着して吹き始めたのですけど、やはり、音は中々スムーズには
出なかったですね・・・
それだけクラリネットというのは本当に扱いにくい楽器なのだと思います。
当時、色々な初心者が様々な楽器にチャレンジしていましたけど、
やはり印象としては・・・
音がなかなか出にくいのは、クラリネット・ファゴット・ホルン・トランペットあたりかな・・・
逆に音が出やすいのは、サックス・ユーフォニアム・トロンボーンあたりだったと思います。

先ほどはマウスピースでの10秒伸ばしの事を書きましたけど、
その後・・・・10年近くの吹奏楽生活においては、
「10秒なんてちょろいちょろい・・・! とにかく息の長いフレーズの連続で、どごでブレス(息継ぎ)すればよいのか
さっぱり分からん!!」なーんて言う曲もいっぱい一杯ありました!!

その代表例が・・・・

歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列なのかな・・・

この曲は大変ゆったりとしたレガート奏法の曲なのですけど、楽譜を読み込んでも
「一体この曲のどこでブレスをすればいいんだ・・・下手に全員でブレスをしてしまうと、
木管主体の曲だから、ブレスをした箇所で音楽の流れが止まりかねない・・・」
そんな曲でしたね・・・・
他には・・・・
チャイコフスキーの荘厳序曲「1812年」とかショスタコーヴィッチの交響曲第5番終楽章何て
特に後半部分は、あんな凄まじい強奏・強奏の連続部分で一体どこで息継ぎすればいいのかよく分からん
なんて曲もありましたし、
逆に・・・
リードのアルメニアンダンスパートⅠの第4曲とかミッチェルの海のうたの前半部分のように
静かにたっぷりと歌い上げる箇所なんかは
やっぱりどうすれば目立たないようにブレスが出来るのかな・・・と悩んだ曲もあったもんです・・・

だけど・・・

自分の記憶の中では、一番強奏の音伸ばしが連続する曲において、パート内のブレス個所で
困った曲は、
マクベス作曲/カディッシュ~ユダヤ人の死者のための葬送音楽の後半部分だったのかも・・・
だって、この曲の後半なんて
クラリネットなんかはほとんど高音の伸ばしとかトリルの連続でしたね・・・
あ・・・トリルというのは、例えば「ソ」の音にトリルの指定があれば、ソラソラソラソラソラソラ・・・・と装飾させていく奏法です。
金管セクションが大変勇壮なメロディーラインを朗々と奏でる中、クラリネットはひたすら高音伸ばしをやっていて
とにかく・・・「こんな休みなく終始音伸ばしばっかりやっていてどこで息継ぎすればいいんだ・・」みたいな話になって、
全員が同じところで息継ぎしてしまうと、その部分だけ音が止まっているようにも聴こえかねないので、
パート内で、
「お前はここで、君はここで、あなたはここで・・」とブレス個所を一人一人設定して
ごまかしていたのはなんか懐かしい思い出ですね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ブレス・・・

 確かに「エルザ」のブレスのタイミングはアレですねぇ。。。
私はトロンボーンでしたのであまり苦にはならなかっらんですが、木管楽器の皆さんは如何にしてタイミングをずらしてブレスするかが苦労のタネだと思います。

エルザといえば、先日ウチの下の娘が小学校の卒業式を迎えたんですが、そのときの「誓いの言葉」を1人ずつ発表するときに「エルザ」が流れていました。
というか、小学校の先生に「卒業式のときのBGM音源で、厳かなイメージのある曲ってありませんか?」との依頼を受け、即座に「エルザの大聖堂への厳かな行列」をお教えしたところ、音源の依頼がありましたので、迷うことなく雄新中の演奏音源をお渡ししました。
当日、子供たちの「誓いの言葉」のバックで流れる「エルザ」を聴きながら、目頭が熱くなりました。

いやぁ。。。単なるバカ親でしたねwww

そういえば、佐渡さん司会最終回の「題名」も…。

確か、佐渡裕さん司会では最終回の「題名」で、涙しながら佐渡さんが佼成・市音・シエナの演奏を指揮したのも「エルザの大聖堂への行列」でしたよね。
本放送は見なかった(すいません、寝坊しました…)んですが、後日YouTubeの映像を見て非常に感動いたしました。素晴らしい「エルザ」でした。
やっぱりあの番組は佐渡さん司会が一番です。某奏者が司会するようになってから面白くなくなったという人も…(某奏者さん、ごめんなさい…)。
吹奏楽の知人いわく、「奏者はすぐ自分で演奏したがるけど、指揮者は奏者のよいところを引き出してくれるよね」と。まさにそのとおりだと思った私でした…(再び、某奏者さん、ごめんなさい…)。

雄新のエルザをセレクトして頂きありがとうございます!!

なおりパパ 様


そうなんですよ・・・・
エルザは、金管の方にとっては「出番が少なくてヒマ・・」かもしれませんが、
木管は本当に大変なんですよ(笑)
前半のブレスはまさにごまかすのが至難の業という感じですね。

お嬢様のご卒業おめでとうございます!!

その卒業式のBGMにて雄新の「エルザの大聖堂への厳かな行列」をご推薦して頂き
本当にありがとうございます!!
本当に厳粛で清楚な式だったのでしょうね!!

私にとって「エルザ」とは、1966年の豊島十中でもなくて、74年の首里高でもなくて
やっぱり・・・
も――――、誰が何と言っても鈴木先生指揮のあの87年の雄新のエルザなんですよ!!
あれは本当に歴史的名演だと思います!!

題名のない音楽会

一秋田県民 様


全くの同感ですよね!!

やっぱりあの番組は佐渡さんあってこその番組だったと思います。
番組内でもよく「吹奏楽」を扱ってくれて、本当に感謝の気持ちで一杯ですね!!

ま・・・あの番組は、やっぱり黛敏郎さんの印象が大変強いですけど、
佐渡さんで随分といい方向にマイルドになったと思います。
後任は・・・うーーん、ま・・・以前のように武田鉄矢がやるよりはまだましなのかな・・・(苦笑・・)
どうせならあの人よりもあの人のお姉様が司会をされた方がいいのかも・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2794-8197858a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |