プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・

それにしても最近では全国各地でこうした「魔法つかいプリキュアショー」が開催されていますね!!
小さいお子様がいらっしゃるご家庭の皆様も十分に楽しめる内容になっていますし、
ま・・・私のように、別に一家に「小さいお子さん」がいなくても、全然普通に楽しめるショーですので、
是非是非もしも近くでプリキュアショーが開催していれば、
一度ご覧になって頂ければな・・・と思っています。

ま・・・いい年したこのブログのポンコツ管理人みたいに、埼玉で開催されていれば基本的にはどこにも
行ってしまい、性懲りもなく毎回毎回・・・「プリキュアショー」見て喜んでいるのも
どうかと思うのですけど・・・(苦笑・・)

この「魔法つかいプリキュアショー」ですけど、なぜか知らないですけど、関東よりは関西で数多く
開催されているようですね!
特に・・・・大阪で開催されている「魔法つかいプリキュアショー」の数は半端無いものがあると思います・・・
うーーむ、私も・・・是非是非大阪に行ってみたいです!!
大阪の梅田には「プリティストア」もありますからね!!



CIMG9402_convert_20160321181406.jpg



その①でも既に書いた通り、今回のプリキュアショー」で「凄い・・!」と感じた事は、
ミラクルもマジカルも二人とも戦闘の途中で一旦待機所の「テント」の中に潜り込み、
そこでまさかまさかの電光石火の早業で、かなり早い時間で
ダイヤ→ルビー→ダイヤと三回も「フォームチェンジ」を成し遂げていました!!
いや―――、改めてこれってすごいと思いますよ!!
ああいう「被りもの」ショーで一体どうすればあんなにも短時間でフォームチェンジが出来るのか・・・
そしてなによりも・・・
ミラクルなんかは、ダイヤ→ルビーの際には、髪型だってアップサイドからツインテールになっていますから、
これは本当に素晴らしいと思います!!

その①でも書いた通り、テント内は相当ドタバタしていたようで、
テントがかなり揺れ動いていました・・・
部分的にテントの布地が出たり引っ込んだりしていましたから、
中のお着替え中は・・・結構な修羅場なのかも・・・?
うーーむ、やっぱり・・・スケベな男の子としては・・・
「もしもテントが突然崩れ落ち、着替え中の二人がもろ出しになってしまったとしたら・・・・
ミラクルは、それでも・・・・
これって男の子にとってはわくわくもんだぁーーー!!」って言ってくれると・・・
私・・・信じているっ!! (苦笑・・・)


CIMG9450_convert_20160321181452.jpg



「ルビースタイル」ですけど、アニメ本編もとっても可愛かったのですけど
こうやってプリキュアショーで見てもとっても可愛いです!
ミラクルの赤と白の対比、マジカルの赤と黒の対比がとっても鮮やかです。
だけどやっぱり・・・マジカルのガーターは少しコケティッシュですね・・・!!

それとミラクルはサイドテールも可愛いし、こうしたツインテールもとってもよく似合っていますよね!!

うーーむ、やっぱり・・・
ドリーム・ピーチ・メロディ・ハッピー・フォームチェンジのラブリーで一目瞭然な通り
「ピンク系においてツインテールがよく似合う事」は、も―――、一つの必須条件なのかもしれないですよね!
ま・・・私は・・ラブリーのポニーテールが一番大好きですっ!!



CIMG9455_convert_20160321181535.jpg


CIMG9458_convert_20160321181618.jpg


こうしたプリキュアショーにおいては、決して広くないステージで「戦闘シーン」もかなり激しく展開されますので、
やっりこうやって、二人のプリキュア・ヨクバール・バッティが乱戦状態になってしまうと、
ま・・確かにすごい迫力というのか臨場感はありますけど、
なんか収拾がつかない感じにもなってしまいますよね・・・
ま・・・それは仕方がないか・・・
そうしたドタバタ感がプリキュアショーの一つの楽しみ方でもありますから・・・
でもこうやってパンチにキックに投げ技とかプリキュア達がふっ飛ばされるとか
バッティ―がやられてガクッ・・と跪くとか、やっぱり見ているだけで楽しいもんです!!

むしろ・・・アニメ本編よりも「格闘シーン」なんかは充実しているのかも・・・??



CIMG9472_convert_20160321181716.jpg


CIMG9479_convert_20160321181827.jpg


CIMG9480_convert_20160321181906.jpg



ちなみに今回のヨクバールは、画家志望のゲストキャラの女の子が持っていた「スケッチブック」を
怪物化したものです。
アニメ本編でもそうでしたけど、変身前は何かと「ポンコツ感」がぷんぷんと漂うリコちゃんですが、
こうやって「キュアマジカル」になって戦う時の動きはかなり俊敏ですよね!!
今回のプリキュアショーでも、むしろ・・・ミラクルよりも動きの切れ味は鋭いようにも感じられました・・・!!

さてさて・・・アニメ本編同様、いいとこなくプリキュア達に叩きのめされ、
口だけは「オボエテ―ロ!」と憎まれ口だけ残してスゴスゴと退散していったバッティ―さんですけど、
昨年の姫プリで一番最初に登場してきたクローズよりは会場の小さい子供さんの反応はウケがよかったのが印象的です。
ま・・・確かにクローズは「怖い・・・」という印象の方が強いのかな・・・?
バッティ―さんの場合は、適度に怖い+適度に抜けているみたいな感じだから、
今作の方が小さい子供さん向きなのかも・・・??

それと・・・・

今回のショーでは、結構自発的に小さいお子さん達の「プリキュア頑張って――――!!」の声援が凄まじくて
多分・・・あれは演出ではないと思うのですけど
なんか会場とステージの上での一体感が感じられ、とってもよかったです!!

ま・・・・結構一時的に・・・ミラクルもマジカルも吹っ飛ばされて床でひっくり返っていましたからね・・・・

やっぱり、ああいうシーンを見てしまうと小さいお子さん達は・・・「プリキュア頑張って――!!」と
なってしまいますよね・・・・

ま・・・・そういう私も・・・・「プリキュア頑張って――!!」(→おいおい、お前・・一体いくつなんだ・・・?? 苦笑・・・)




CIMG9486_convert_20160321181952.jpg


CIMG9503_convert_20160321182035.jpg


ショーの後半は再度、ダイヤスタイルに戻っていました!!

今回のショーの「オチ」は二つもあったりして、
一つは・・・画家志望の女の子がミラクル・マジカルを確かモデルにしていたと思うのですけど
実際に描いたのは・・・実は・・・モフルン・・!
それともう一つが・・・
ミラクルが「私達も魔法もっと頑張ろうね!!」と言った際にマジカルが・・・まるで手品のように
花を咲かせていたのは、結構見栄えがありました!!

いや――――、やっぱり、「プリキュアショー」はいいもんですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2787-44171036
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |