FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


25.淀川工業高校


  A/歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲(G.ヴェルディ)


  このブログでも何度か・・・
  なんでここ20年近く、丸谷先生は、大阪俗謡による幻想曲・スペイン狂詩曲・ダフニスとクロエ第二組曲の
  三曲しか自由曲にしないのかよく分からない・・・
  これって明らかにマンネリだし、他校に失礼じゃないの・・・?みたいな事を書いてきましたけど、
  ま・・・・丸谷先生にも色々と事情はあるだと思いますし、先生のこれまでの偉大過ぎる実績に鑑みて
  これ以上は余計な詮索をしないようにはしたいと思っています。
  だけど・・・・
  勿体無いのは事実ですよね・・・・
  出来れば・・・・勇退前に一度くらいは「新しい曲」にチャレンジして頂きたいな・・・とも感じております。

  だけど・・・

  淀川工業(現・淀川工科)の過去の自由曲を見れば一目瞭然なのですけど、
  上記の三曲以外でも、例えば・・・・

  エル・サロン・メヒコ → 3回

  交響組曲「寄港地」 → 2回

  トッカータとフーガ二短調 → 2回

  吹奏楽のための神話 → 2回

  そして・・・歌劇「シチリア島の夕べの祈り」は3回もコンクールの自由曲にしています。

  一度だけの自由曲と言うのは、リシルド序曲・ハンガリー狂詩曲第二番・運命の力・アルメニアンダンスパートⅠ・
  教会のステンドグラスだけです・・・
  
  丸谷先生は確か1986年のBJの「頑張る先生」というコーナーで一年間執筆をされ、その中で
  「なんかいい自由曲ありまへんか・・?」みたいな問いかけをされていたと思うのですけど
  うーーん・・・それについては・・・・
  「こんなにいっぱい・・・本当に数多くの吹奏楽オリジナル作品とか邦人作品とかアレンジ物がたくさんあるというのに・・・」
  というお答えをさせて頂きたいですね・・・
  確かに・・・日常の教鞭生活とか色々とご多忙なのは百も承知しておりますし、
  とてもとても新しいレパートリーを開拓する時間が無いし、ついつい慣れて指導しやすい曲ばかり
  コンクールの自由曲にしてしまうというのも分かりますけど、
  ま・・最後に一度ぐらいは・・「思い切った最後の挑戦」をして頂きたいと心より願っています。

  さてさて・・・・

  1981年の演奏ですけど、前述の通り淀工は三回このシチリア島・・・を自由曲に選んでいますけど
  私個人としては、この年の演奏が一番大好きです。
  79年は・・・面白い解釈なのですけど少しサウンドがくすんでいる印象があり、
  91年は・・・5金明けのプログラム一番という悪条件のおかげなのか音楽が覚醒しないまま終わったという印象です。
  91年は私も普門館で聴いていましたけど、
  確かに印象としては「普段の力が100%発揮されないまま終わってしまった」みたいな感じでした。
  あれ勿体無いですね・・・後半の出演でしたら多分・・・金賞は間違いないような感じもありました。

  1981年の演奏ですけど
  課題曲A/イリュージョンが、まさに「お手本」みたいな演奏で、ほとんどのチームが苦労する出だしも
  難無く決めていましたし、スピード感・切れ味・爽快感は十分出ていたと思いますし、
  中間部のフルートやクラリネットの音も大変美しかったと思います。
  自由曲も、とにかく・・・・全体が明るく華やかで、いかにもイタリアっぼい「情熱」がにじみ出ていたと
  思います。
  テンポ設定とかヘンにいじらずに「沸き起こる感情」をくぐっとこらえながらも気取りのない自然な表現を
  されていたと思います。
  中盤のスネアドラムのロール以降はかなり賑やかな音楽が展開されていきますけど
  そうですね・・・部分的に「少しうるさいな・・・鳴らし過ぎ・・」と感じる箇所もなくはなかったのですけど
  その辺りの丸谷先生の手綱が大変冴えていて
  「うるさい・・」と感じた次の瞬間には、逆に「ひさやかさ」も感じたりもして
  音楽としてのコントロールが十分発揮されていたようにも感じられます。

  この年・・・1981年の高校の部の「トリ」を飾るのに相応しい素晴らしい演奏を聴かせてくれたと思います。

  次回以降の「吹奏楽語り」は更に時代を遡り、今度は1978年の高校の部を語らさせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2783-623aac42
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |