FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


24.弘前南高校


  B/組曲「イタリアの印象」~Ⅲ.ラバに乗って Ⅳ.山の頂にて(G.シャルパンティエ)


  この学校は以前も何度か書いた事があるのですけど、一つ特筆すべきことは何かと言うと
  長い吹奏楽コンクール史において、多分ですけど・・・全部門を通して
  全国大会に5回以上出場した数多くのチームの中では、おそらくは・・・唯一・・・
  出場した全ての評価が「金賞」で、それ以外の評価は一切無しという
  ある意味偉業を成し遂げたチームだと思います。
  私が現役奏者の頃は、そういう「全国大会オール金賞」というと、ブリジストン久留米とかヤマハ浜松という
  チームが思いついたものですけど、83年にブリジストンは初銀賞を受賞していますし、
  ヤマハ浜松みたいな半分プロの吹奏楽団みたいなチームですら、全国大会で銀賞を
  受賞する事もある時代に既に入っていますからね・・・
  それと・・・・
  弘前南で「すごいな、この学校・・・」と思わず感じてしまう点は、
  1977年~81年の「5年連続金賞」を成し遂げている期間中、なんと・・・指揮者が異動のせいかよく分かりませんけど
  交代されています。
  一般的にこうしたスクールバンドの場合、実績ある前任者が別の学校に異動をしてしまうと、
  コンクール等であまり良い演奏&評価がされない傾向が大変強いのですけど
  (2015年だって・・・あの精華女子高校ですら、偉大なる前任者の藤重先生が別の学校に移って
   他の方が指揮をされて結果は・・・・九州大会ダメ金ですから・・・
  本当にコンクールというものは難しいものですよね・・・)
  弘前南は、1977年~79年で指揮されていた斉藤久子先生から斉藤聖一先生に指揮者が交代されても
  ずーーっとあの素晴らしい音楽をキープし続け
  結果的に5年連続金賞を達成してしまいましたから、
  とにかく・・・これは・・・「お見事!!」以外の言葉しか出てきません!! 
  斉藤久子先生のどちらかというと・・・「溌剌さ」が全面に出ていた演奏に対して
  斉藤聖一先生の「しっとりとした内省的で抒情的で瑞々しい演奏」という印象が自分の中ではあったりするのですけど、
  5年間の中で違った指揮者による違った個性をそれぞれ見事に表現していた5年間だったと思いますし、
  とにかく・・・
  今現在の視点でも賞賛に値する素晴らしい5年間の演奏だったと思います。 

  さてさて、この年・・・1981年の演奏ですけど、指揮者にとっても奏者にとっても大変な重圧があったのかも
  しれないですよね・・・
  だって・・・
  この年は「5年連続金賞」が達成できるかどうか最後の年でしたし、やはりこういう5年目の年の奏者にとっては
  それまで4年間大変な実績を残してきてくれた先輩達から「大変重たいバトン」を受け継いだという事も
  あるかと思うのですけど、
  とにかく外部の人間にとっては想像もつかないプレッシャーもあったのではないのかな・・と想像します。
  今現在の吹奏楽コンクールの規定においてはそうした「5年連続金賞」とかそれが達成出来た場合は
  翌年は大変栄誉ある20分間の「特別演奏ステージ」を用意するという規定自体が廃止になっているのですけど
  この当時はそうした規定が存在していて、
  奏者にとっては「5年連続金賞」というのは確かに大変栄誉な事であり、誇りに感じていい事なのですけど
  その「重圧」というものはやはり当事者でないと分からない側面は色々とあるのだと思います。

  事実・・・・

  この話は既に何度か記事にした事があるのですけど、実を言うと、私自身は弘前南の
  「全国大会出場」をかけた1981年の東北大会での演奏を実際に耳にしています。
  当時の高校一年の私は、吹奏楽の事も音楽の事もコンクールの過去の経緯なんかも全く知らないほぼ白紙の状態で
  聴いていたのですけど、
  あの東北大会での弘前南の印象は、正直・・「さえない」・「つまらない」・「面白くない」というどちらかと言うと
  マイナスのものぱかりでした。
  本音を書く・・・・
  1981年の東北支部の代表は、花輪・磐城・大曲で決まりでしょ・・・みたいな感覚があり
  「え・・・弘前南・・・なんであの演奏が代表なの・・? 弘前南を代表にするなら、是非大曲の交響三章第二楽章に
  普門館に行って欲しかった・・」みたいな感想を持っていました。

  だけど・・・・

  全国大会では、弘前南は・・・・本当に・・・・「大化け」してしまいました・・・

  5年連続金賞の最後を飾るのに相応しい、本当に素晴らしい演奏を後世の私達に残してくれたと思います。

  弘前南の81年の演奏ですけど、一言で言うと・・・とにかく・・・「上品」です!!
  花輪とか磐城みたいな「毒」はまったくありません!!
  音楽が終始ゆったりと流れていき、それが実に自然にすーーーっと胸にしみこむ感じです。
  課題曲は、とにかく前半の幽玄さが素晴らしかったし、アレグロ以降もサウンドが荒れることなく
  終始美しく流れていました。
  ラストのトランペット二重奏をフルートデュエットに置き換えていたアイディアも面白かったと思います。
  そして圧巻は自由曲・・・
  シャルパンティエの組曲「イタリアの印象」を自由曲にする場合、ほとんどのチームは賑やかなⅴのナポリを
  選曲する事が多いのですけど、ⅤではなくてⅢとⅣの静かで内省的な部分を取り上げたのは
  実にこのチームらしいと思いますし、むしろそれは大正解だったと思います。
  ま・・・確かに・・・ラスト近くのホルンのように音程が少し怪しいな・・とか音がかすれているな・・・とか
  現在の視点で見てしまうと難点もあるのですけど、そうしたミスを感じさせない「自然な音楽的な高まり」が
  とても素晴らしかったと思います。
  Ⅲのラバに乗っての鈴を使っての表現がとてもユニークで楽しかったけど、ウキウキ感としっとりとした感じの
  両方の感情を適度にバランスよく表現していたと思います。
  圧巻はⅣの山の頂きですね!
  この部分は本当に素晴らしかったです!
  高揚感とやはり情感溢れる感じのバランスが大変素晴らしく、
  聴いていて「なんかホッとする・・・安心感がある・・」みたいな普段着のままの自然な演奏をのびのびと
  聴かせてくれていたと思います。
  ⅢとⅣも特に大きく派手に盛り上がるという箇所は少ないのですけど、
  そうした曲でもあんなにも自然な音楽的盛り上がりとか気持ちの高揚感を示すことが出来るものなのだと
  本当に感心したものです。
  「ゆったりとした中にも前進する気持ちを忘れない、だけど音楽自体はとってもナイーブ」という
  大変矛盾した感覚を見事に両立してしまった演奏とも言えるのですけど
  とにかくあのナチュラルな感じとかのびのびとした感じはお見事ですね!!
緊張感・プレッシャーは全部東北大会で捨ててきて、全国大会では自分達が持っているものをほぼ100%
  出し切った演奏なのだと思います。

  弘前南は確か・・・ティンパニはこの当時でも手締め式ほ使用していたりとか、チューバもロータリー式ではなくて
  古めかしいピストン式を使っていたりと、公立校らしい「予算の無い中頑張っている・・」みたいな雰囲気もあり、
  予算がなくても自分達の音楽を手作りで作っていこうみたいな「温かい雰囲気」も伝わってきて
  とにかくとても温かい演奏を聴かせてくれましたし、
  結果的に・・・・ま・・・少し危なかったかもしれないけど、無事に「5年連続金賞」を達成できて
  本当によかったと思います!!
  

関連記事
スポンサーサイト



コメント

関山幸弘氏

管理人様の投稿に以前コメントしましたが、弘前南高校といえばNHK交響楽団のトランペット奏者を昨年6月で定年退職されたあの「関山幸弘氏」の母校というイメージがあります。
しかし、関山氏の在学中ですらも残念ながら全国大会出場を果たせなかったのに、後輩の皆さんは「5金」という形で偉業を成し遂げたことは凄いことですね。
でも……今は弘前南高校の名前を東北大会のプログラムで見ることがほとんどなく、弘前三中・湊中・青森県信用組合などの超名門団体を輩出していた青森県から約20年も全国大会出場団体が出てないのは、一抹の寂しさを感じますね…。
青森県勢の復活を期待したいです。

まさにレジェンド

確かに凄いバンドですね(^^)
いきなり現れて、嵐が過ぎ去ったかのように消えていく、そんな表現が似合うバンドですね(^^)
確かに初出場のエル・サロン・メヒコから道化師、小組曲、ドリー、イタリアの印象に向かうにつれて、元気一杯な高校生のイメージから内情的な部分が徐々に見えていく感じですね(^^)
そして特別演奏のメリアスとペリザント、熊蜂の飛行に繋がっていく過程も考えてみれば中々面白いですね(^^)
ある意味5出5金+特別演奏の6回しか普門館に現れなかったのも伝説と言えますね(>_<)💦
弘前南の演奏は本当に鳥肌ものです(^^)
突然現れてスッと消える、こんなバンドはもう出て来ないと思いますね(^^)

全国の壁はとても厚い

自分の学校は先輩の代の1回、自分の代で3回の計4回出場しましたが、全て銅賞でした(金と同じと書いて「銅賞」なんてことも言ってました)。
丁度、5金制度から、3金で出場停止(?)という不思議な制度に移行した頃で、「参勤交代ならぬ、3金交代」などと呼んでましたが、いずれにしても無縁の世界でした(笑)。

実は・・・

一秋田県民 様


そうですね・・・

かつて東北ブロックというと秋田と青森がけん引役を担っていましたので
少し寂しい感じはありますよね。
なんとか青森勢の今後の頑張りに大いに期待したいと思います。

実は・・・

この事は過去記事にも書いた事がありますが、私自身は生まれは青森県八戸市です。
確かに長くは住んでいませんけど、
青森には何となく「思い入れ」みたいなものはあったりもしますね。

伝説のぺリアスとメリザント

esakui69 様


弘前南の事を褒めて頂きありがとうございます。

実は私自身は生まれ自体は青森県でもありますので、こういう青森のサウンドには
どこかで共感を感じてしまいますよね。
弘前南の5金は本当にどれも瑞々しく、最近の演奏ではあまり伝わってこないような「自然な溌剌さ」が
本当に伝わってくる素晴らしいチームだったと思います。

そして伝説の特別演奏のあの「ぺリアスとメリザント」・・・
あの演奏を私は1982年の東北大会でしたけど、生で聴く事が出来たのは、
まさに生涯の宝なんだな・・と感じます。
あれは・・まさに「伝説の演奏」に相応しいです!!

いやいや、そんな事ないですよ!!

某大学の卒業生 様


いやいや、そんな事ないですよ!!と声を大にして申し上げたいですね(笑)

結果はどうであれ(?)
吹奏楽経験者の憧れでもある「全国大会」に3回も出場されたそのご経験は
まさに「生涯の誇るべき宝」だと思いますよ!!
是非是非「誇り」を持って頂きたいです!!

それに・・・あのパンチネルロとかディヴェルティメントは、とてもあんな小編成とは思えない
本格的なクラシカルな響きを感じていたのは、多分・・・
私だけではないと思います。

当時の弘前南吹奏楽部に在籍していた者です。
いや~、こんなコラムがあるとは驚きました。何だかこそばゆいですね。

風化されそうなくらい昔のことになりましたが、こうして文章に残していただければそれこそ「語り継がれていく」でしょう。

課題曲Bのソロを東北大会数週間前にオーボエ&アングレに変えたり、トロンボーン2本で自由曲演奏したり、50名定員なのに部員数は50名未満だったり、今ではみんな懐かしい思い出です。

話が長くなるのもなんですから、この辺で失礼します。

ありがとうございます!!

どっぷり世代 様


まさか弘前南高校の当時の奏者の方からこうやって貴重過ぎるお話を頂けるとは夢にも思わなかったものでして、
大変光栄でありますし大感激です!
当時同じく「東北支部」で吹奏楽部に在籍していた者にとっては、弘前南とか花輪とか秋田南は
まさに「憧れの存在」でありましたので、こうやってコメントを頂けた事自体まさに「奇跡」だと思います。
本当にありがとうございました!!

弘前南は、5金の最後の年の普門館でとてつもなく素晴らしい演奏を残して頂き、
あの内省的に充実した演奏は、まさに有終の美を飾るのに相応しい素敵な演奏だったと思います。
翌年、私は福島で開催された東北大会で弘前南の「ぺリアスとメリザント」の招待演奏を聴く機会に恵まれましたけど、
あの演奏も本当に素晴らしかったです!

是非是非・・また当時の貴重過ぎるエピソードを教えて頂けるととっても嬉しいです!!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2781-f8560a72
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |