プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


23.名古屋電気高校


  B/ディオニソスの祭り(F.シュミット)

  
  名古屋電気高校ですけど、翌々年の1983年以降から現行の「愛知工業大学名電高校」という風に
  校名が変わります。
  ちなみに・・・1981年当時は男子校で本番のステージでは学ラン姿で演奏をしていました。
  名電というと・・・
  対外的には「野球部」が有名ですよね!
  OBとしては、イチロー・現ソフトバンク監督の工藤とか堂上兄弟・山崎武史が著名ですよね。
  だけど・・・
  名電は野球だけではないのです! 吹奏楽部も実は大変な名門校でありまして、
  1970年代から現在に至るまで常に吹奏楽コンクールで素晴らしい成績&素晴らしい演奏を残し続けてくれています。
  オールド吹奏楽ファンのこの私としましては・・・・
  やはり名電というと松井先生時代のあの圧倒的で威圧的なサウンドが本当に大好きでした!
  ま・・確かに賛否両論あるのかもしれないけどあのあまりにも圧倒的で上から目線みたいな感じの強烈な
  ネリベルの「交響的断章」の演奏は、1973年の方も1982年の方も両方大好きです!
  そしてやっぱり、松井先生=名電と言うと・・・
  そう・・!! 誰が何と言ってもフーサのあの「プラハのための音楽1968」だと思います。
  あの大変な難曲なのですけど曲の中に含まれる大変強い「メッセージ性」を「これでもかっ!!」というくらいの
  圧倒的な強いオーラで聴く者に「何か」を間違いなく伝えたうの演奏は
  今後も永遠に後世に語り継がれて欲しい名演の一つだと思います。
  この「プラハのための音楽1968」ですけど、名電は松井先生時代に、1983年・85年・87年・92年と計4回も
  自由曲として選んでいます。
  これはあくまで個人的な感想なのですけど、回数を重ねるごとに演奏に凄味と切れ味が増していって
  人によっては「1985年の演奏が一番よい」という風に言う人もいると思いますが、
  私個人としては最後の1992年の演奏が一番凄まじいと感じています。
  ま・・・92年の演奏は結果的に銀賞と言う評価を受けているのですけど、ま・・これは・・・・
  審査は水ものですし、曲の内容が内容なだけに審査員によっては「好き嫌い」がかなりはっきりと出るような
  曲だとも思います。
  話は少しそれるのですけど、
  松井先生の場合はこの「プラハ」は計4回演奏しているのですけど、前述のとおり演奏回数を重ねるごとに
  なにか「進化」しているというのか「過去の演奏との違い」というのもはっきりつ伝わってくるようにも
  感じられます。
  だけど・・・ま・・大御所の名前を出して恐縮なのですけど、淀川工科の丸谷先生は
  もーーーー何度も何度も・・・「これでもかっ!!」という感じで3回に一度は「大阪俗謡による幻想曲」を
  自由曲に選んでいるのですけど、
  これは・・・・
  私の感じ方としては、名電の松井先生の「進化」とは異なり、
  明らかに「同じ曲のたらいまわし」とか「マンネリ化」としか感じられません・・
  正直・・淀川工科の俗謡の場合、新鮮さと感動が感じられるのは1980年と89年の一回目と二回目だけで
  3回目以降は・・・「またか・・・」としか感じないのは聴く方の感覚がやはりマンネリ化しているのかも
  しれないですね・・・

  だけど・・・そうした圧倒的なサウンドと切れ味鋭い松井先生=名電の演奏なのですけど
  年によっては・・・・
  「あれれ・・・どうしちゃったの・・?? この薄味で淡白な感じの演奏は・・・??」と感じてしまう年もあったりするもので
  興味深いものはあったりもします。
  だけど・・・こうしたスクールバンドにおいては、毎年毎年驚異的な演奏レヴェルをキープし続けているという事の方が
  むしろ不自然にも感じたりもします。
  だって・・・演奏者は毎年毎年変わるのですし、その代の奏者の個性とか感性によっても演奏スタイルは
  変化するものですし、
  逆に考えると毎年毎年驚異的な名演を続けているチームの方になにか「無理しているんじゃないのか・・」みたいな
  不自然さは感じたりもしますよね。

  そうした名電にしては淡白で聴く者にあまり「何か」が伝えられなかった演奏として、
  私としては二つほどあったような気がします。
  一つが1989年の「神話」ですけど、
  ま・・あれは・・・前年度の「5年連続金賞→翌年は特演」という当初の目論見が崩れ去り、1988年はまさかの
  銀賞で終わってしまった事のショックをなにか引きずっているようにも感じたものでした。
  そしてもう一つが・・・1981年の「ディオニソスの祭り」ではないのかな・・とも思います。

  この名電の「ディオニソスの祭り」を先日久しぶりに聴いてみたのですけど、やっぱり・・・
  何も伝わってこないですね・・・・
  プラハで感じた強烈なメッセージ性とか交響的断章の威圧性とか
  ローマの祭りのあのスリリングさ
  エル・サロン・メヒコの正統派+粋な感じ
  みたいな「何か」はあんまり伝わってこないのですよね・・・・
  「ディオニソスの祭り」という吹奏楽オリジナル作品の名曲中の名曲というと、あのやはり独特な威圧感なんかは
  まさに名電に打ってつけ!みたいな印象もあるのですけど、
  実際は・・・・
  聴いていてもあんまり伝わるものが無い、というか・・・技術的に消化するだけで・・・音符を音にするだけで
  精一杯という雰囲気が、CDからも伝わってきます。

  そうですね・・・

  そうした年による「演奏のムラ」というのは、逆に考えるとスクールバンドらしい話だと思いますし、
  これが本来の普通の高校生なんだ・・・と
  改めて感じた次第でした。
  それと・・「ディオニソスの祭り」は例えば・・・神大とか銚子商業の小澤先生とは大変相性がよかったけど
  松井先生とは相性が今一つ・・・という感じだったのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2780-ac6e015c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |