プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.中村学園


  A/スペイン奇想曲(R.コルサコフ)


中村学園の演奏に触れる前に少しばかり自分の思い出話をさせて頂くと・・・・

「スペイン奇想曲」(リムスキー=コルサコフ作曲)というと個人的には大変思い入れがある曲です。

というのも・・・・

高校3年の最後の定期演奏会の曲の一つがこの曲でして、
当時ポンコツクラリネット奏者ではありましたけど、
「スペイン奇想曲」のあのクラリネットのソロを是非挑戦してみたい・・・という気持ちは少なからず
持っていたと思います。
あ・・・、お断りしておきますけど
原曲の「スペイン奇想曲」は主にヴァイオリンがソロパートを担当するのですけど
吹奏楽アレンジ版の場合、どうしてもヴァイオリンパートをクラリネットが担当する事が多いのですよね・・

当時「スペイン奇想曲」というと、
私にとっては1981年の中村学園が一つの「モデル」みたいな感じはありましたね。
その頃は「スペイン奇想曲」というと山王中学校が断トツ・・・みたいな感じもありましたけど、
自分としては、中村学園のややダーダー吹きみたいな少しリズムがベタベタしたようなあの感じが
結構気に入っていました。
中村学園のあのソロを担当したクラリネット奏者はすごいですよね・・・・ソロはほぼ完璧!!でしたね。

自分達の高校は、スペイン奇想曲から第三~第五楽章のいわゆるコンクールバージョンを演奏
したのですけど、
問題は「クラリネットのソロ」をどうするか・・・という事でした・・・・
何分田舎の県立男子高校で、元々クラリネット奏者は慢性的に絶対的不足・・・・
とても一人であの難解で華麗なソロを吹ける力量の奏者はいなかったので、
指揮者とも話し合った末に、結局は3人の3年生が、「一人ずつ一つの楽章のソロを担当する」という事になり、
あみだくじで誰がどの楽章を担当するか決めました・・・・(苦笑・・・)
私としては、超絶的テクニックを要求される第三楽章だけは絶対に嫌・・・・
やるならば、パックに一つの楽器も存在しない、正真正銘のカデンツァみたいなソロがある第四楽章を・・・と
思っていたのですけど
結果として一番無難な第五楽章を引き当て
内心「ホッ・・・」としたものです・・・・
ま、それでも第五楽章のソロは数か所もあるし、結構大変でしたけどね・・・・

だけど・・・・

これって練習中とかリハーサルでもよく指摘されたのですけど、
3人の音色が異なる奏者がそれぞれの「考えや美感」をもってソロにあたるのですから、
楽章ごとに違った音色のソロが展開され、
聴き方によっては「全然統一感が無い・・・」と思われますけど
後にその定期演奏会の録音を聴いてみると
「確かに、三者三様・・・・というかバラバラ・・・・」みたいな感じはありましたね・・・
よくOBからも「一人の奏者が担当した方がいいんじゃないの・・・」とも言われたものでしたけど
ただ・・・当時としては3人とも「一人であのソロを担当するのは正直荷が重い・・・」という気持ちしか
無かったですね。
ま、結果として「一人が一つの楽章を責任もって担当する」という方針がうまく機能し
本番では3人ともノーミスだった・・・というのは一つの救いでしたけどね・・・・
あれって今振り返って見ても、
第三楽章は、とにかくひたすら前向きに前へ!という一直線の駆け抜けるソロ
第四楽章は、やや武骨で不器用な感じのするソロ
第五楽章(→一応、私です・・・)の中村学園みたいにダーダー吹きというかふわっとした感じの音色と
本当に統一感が無いですね・・・・(苦笑・・)

ま、だけどそれも今となっては「いい思い出」です・・・・

この時のアレンジは確かハインズレー編曲だったかな・・・・

この編曲版では二つほど問題があって、
一つは第四楽章にて、原曲でハープが華麗にカデンツァしている部分は、ハープがそのまんま指定
されているのですけど、
そんな高級楽器、こんな田舎のポンコツ男子高校にないない・・・、ある訳ない・・・
仕方ないので、この部分は、そっくり「ヴィヴラフォーン」で代用・・・・(苦笑・・・)
二つ目ですけど、
第三楽章は、ハインズレーの編曲の楽譜をそのまんま演奏すると、
メロディーラインは・・・・、何とソロを担当する1stクラリネットの3人のみ・・・・
あと残り全員は、「リズム担当」という何ともバランスの悪いものでした・・・・
そこで、第三楽章は(本当は著作権上ダメなんですけど・・・)
結構自分達で色々とアレンジしましたね・・・・(苦笑・・・)

そんな事情もありまして、1981年の中村学園の演奏は、今でもかなりの思い入れがあります。
当時の自分にとっては、
1981年の中村学園とか1982年の雄新中学校と同年の尼崎西高校の「スペイン奇想曲」の演奏は
本当に耳にタコが出来るほど、何度も何度も聴いた記憶がありますね。
「何とか自分の演奏の少しでも参考になるものがあれば・・」と思い、
何となくですけど自分のクラリネットの音色に一番「目指すべき方向性」が近いと感じた中村学園の
81年のスペイン奇想曲は、自分で言うのも何ですけど
結構隅から隅まで聴き込み、かなり細かく研究したような記憶はありますね。

さてさて・・・課題曲A/イリュージョンですけど
そうですね・・・
一言で言うと、とにかく「ベタベタした演奏」です。指揮者の松澤先生の多分好みなのでしょうけど、
ダーダー吹きを絵に描いたような演奏であり、
良く言うとキャンディー菓子みたいにふわっとした明るい演奏
悪く言うとリズムが決まらないぬるい演奏とも言えると思います。
課題曲A/イリュージョンは私の高校も当時選曲した課題曲であり、抒情性が皆無なだけに
表現は大変しにくい曲でもあります。
曲のイメージの「力一杯駆け抜けていく」に関しては、やっぱり音色がふわっとしているし
極端なダーダー吹き奏法だから、
「力一杯・・・」みたいなイメージとは随分とかけ離れた雰囲気はありましたけど、
やはり音色がいいチームはどういう曲を吹いても最後は何とかなってしまうみたいな法則が上手い具合に適用されてしまった
演奏のようにも思えます。

だけど圧巻は自由曲のスペイン奇想曲でした!!

これは本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれたと思います。

この年の中村学園は、非常に個人技が優れています。
クラリネット・フルート・オーボエ・サックスセクションのソロは、ほぼ完璧に近いものがありました。
特に特に・・クラリネットパートは抜群に優れていました!
奏者全員が大変優秀で、全員が高度に機能しているみたいな印象が強いです。
だけどやっぱり、課題曲同様にリズムが少し甘いというかダーダー吹き特有のペタッとした演奏のようにも
聴こえてしまいます。
一つ指摘しておきたい事は、ま・・・吹奏楽アレンジという事情もあるのですけど、
メロディーラインがなぜか相当薄く書かれていて、それに対してリズムセクション、特に後打ちのパートが何故か分厚く
書かれている傾向にあります。
だからどうしても譜面通り吹いてしまいますと、必然的にリズムばかりが強調されてしまい、
メロディーラインがかき消されてしまう傾向にあります。
それゆえ、元々ダーダー吹き傾向の強い当時の中村学園も、ダーダー吹きのリズムが
何となく強調されてしまい、結果的にベタベタ聴こえるのかもしれません。
今だったら、もう少し的確なアレンジ版を使用するとかとかこの学校の特性に合わせたスペシャルアレンジ版を
用意して貰うとか色々対応策はあるのかなとも思うのですけど
この時代のスペイン奇想曲は基本的にはハインズレー版とウインターボトム版しかなかったですからね・・・
印象としては、アレンジ版に記載された楽譜をそのまんま正確に吹いてしまい、結果的にそれが
バランス面を幾分悪くさせているというのもなんか気の毒な話であり、勿体無い感じはありますね。
だけどな・・・
この演奏は本当にソロは秀逸です。
特に第三楽章のクラリネットと第四楽章のオーボエ・フルート・クラリネットは本当に惚れ惚れしてしまいます!!
第五楽章の駆け抜けるような一直線みたいな響きは
「さすが中村学園!!」という感じもしますし、
そうですね・・・
「おねーさまーー!!すてきーーー!!」みたいな雰囲気ですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2776-2fda2e39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |