プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3月7日は早苗さんの日
3月10日はさとり様の日
そして・・・・
3月21日はサニーミルクの日でもあります!!
人によっては3月2日がサニーミルクの日という人も多いと思いますが、なんか語呂的には
3月21日の方がなんかしっくりきますね・・・・(笑)

ま・・早苗さんの日やさとり様の日と同様に
別に3月21日がサニーミルクの誕生日という訳ではなくて、ま・・単なる語呂合わせみたいなものですから・・・(笑)

私、実を言うと「東方Project」の最初の入り口が一般の方とは少し違っていたのかな・・とも感じることが
あります。
ま、何度かこのブログで書いた事があるのですけど、
そもそもの興味を持つきっかけというのは、
このブログでも大変お世話になっている「dream fantasy」という素敵なブログを管理運営されている
アミグリさんが描かれた東方のイラストを、2012~2013年頃に何気なく発見し
「あ・・・このイラストとっても可愛いな、素敵だな・・」と興味を持った事がそもそもの始まりだったのですけど、
私の場合、最初はそこからゲーム・漫画の方にいかないで
「東方求聞史紀」と「東方求聞口授」という登場キャラの公式設定資料集から入っていったというのが
一つの自分の特徴だったようにも思えます。
だからこのブログでは、おそらくは他の東方系のブログの方よりも「阿求ちゃん」の名前がかなり頻繁に登場するのだと
思います。
ま・・実際は東方の神主様のZUN大先生の著書なのですけど、設定の上では阿求ちゃんが書いたとされていますので
どうしてもこの阿求ちゃんによる登場キャラの紹介の方が
今でも私には強烈な印象があったりもします。

阿求ちゃんと言うと、聡明・才女・頭脳明晰というイメージが大変強いのですし、
一般的には「公正中立な見方」という感じも強いのですけど、
そうですね・・・
時折・・「あれれ・・・阿求ちゃん、どうしちゃったの・・・?」みたいな表現もあったりしますね。
その顕著な事例が、そう・・・言うまでも無く聖白蓮に対する阿求ちゃんの辛辣&毒舌フル稼働の記述なのですけど
ま、あれに関しては・・・
ここで語ると長くなってしまうので、出来ればこのブログの東方カテゴリの中の「聖白蓮 その①とその②」を
ご参照して頂けると幸いです。
そうですね・・・簡単に言ってしまうと、阿求ちゃんの正体は先祖からのDNA受け継ぎですので、
阿求ちゃん自体の思考の中では、やはりいまだに「妖怪=人を襲うもの、人間=妖怪を退治するもの」みたいな固定観念が
拭い去られていないのかも・・・という感じなのかもしれないと思います。

阿求ちゃんの本は、基本的には公正中立なのですけど、
ま・・時折「主観」が入ってしまうのは、ま・・これは仕方がない事ですよね。
白蓮はひとまず置いておいて、
紫(ゆかりん)や藍しゃま~に対する阿求ちゃんの記事の好感度が高いのは、それだけこの二人を高く評価している
裏付けなのでしょう。
(この点に関しては、私も阿求ちゃんとは全く同意見です)
半面・・・サニーミルクを含めた光の三妖精とかチルノとかルーミアとかリグルとかミスティア・ローレライに対しての
評価は・・・ま・・かなり散々なものがありますね・・・(苦笑・・)
阿求ちゃんは・・・レティに対しても
「夏場にこの妖怪を発見した時こそが冬場の鬱憤を晴らす絶好のチャンス」とか書いていますけど
要はそれって・・・夏場にレティを発見したらボコボコにやっつけてしまえーー!!という事なのかな・・・・?

そうですね・・・・

なんか私の脳内妄想としては・・・

著作の中で悪口を書かれた事が面白くないチルノとかサニーミルクたちが共同戦線を張り
阿求ちゃんを闇討ちにしようと待ち伏せしていたものの
あっけなく待ち伏せがバレてしまい
(ま・・急に寒くなったり音が消えればバレるでしょうね・・・)
腕力的にはは弱いはずの阿求ちゃんにすらやっつけられてしまい、チルノやサニーたちは退散・・・
そして・・・ルナチャイルドだけが例によって転んで逃げ遅れるという光景が目に浮かびそうです・・・・(笑)
だけど・・・
聖白蓮を信奉する命蓮寺ファミリーが阿求ちゃんを待ち伏せ&闇討ちにしようとしたら・・・
案外・・・只じゃ済まないのかも・・・??
ま・・・白蓮がそうした弟子の暴走は事前に止めるでしょうけどね・・・
常識的&情が深い白蓮様でしたら、多分ですけど、一輪とかムラサなどに対しては
「まあ、待て待て・・阿求には阿求なりの信念があって書いているのだから仕方ないではないか・・」と
言うのでしょうね。

さてさて・・・改めてサニーミルクですけど、本当に可愛いですよね!
「光の三妖精」は困った妖精ちゃん3人組ですけど、あの中では一番文句なしに妖精らしい感じに溢れていて
とっても魅力的です!!
やっぱりあの赤を基調としたフォームとか
金髪のセミロングとか、その金髪の両側を赤いリボンで二房のツーサイドアップで括っているとか
とにかく・・・いかにも「太陽」らしい明るさがにじみ出ていますね!
そして何よりも・・・
サニーミルクは、あの「八重歯」がポイント高いと思います!!

いや―――、あの八重歯は本当に可愛いです!!

サニーミルクは元々の能力として「光を屈折させる能力」を持っていて、これをフルに活用したのが
人をどんな簡単な道でも迷子にさせてしまうイタズラなのだと思います。
こういう妖精ならば・・・例えば・・人を迷子にさせちゃうのが得意なサニーミルクのいたずらに何度引っ掛かっても
あんまり文句は言えないような気さえしますね・・・・(笑)
だって・・・・
サニーミルクのこの可愛らしさは、反則ですよ・・・!!
明るくて元気一杯ですし、表情が豊かなのが実に素晴らしいですね!!
だけど・・・サニーミルクも決して人が悪いという感じではないから、小さい子を森の中で散々迷子に
させちゃったとしても・・
その子がワンワン大泣きしてしまうと、サニーミルク自体が「あ・・なんか悪い事しちゃった・・」みたいにオドオドしだし
そのイタズラを止めて、人間の子を森の外まで誘導し、
迷子から解放させたら自分自身がなんかホッ・・としてしまうという、一体何のためにいたずらをしているのか
よく分からん・・・みたいな側面も持っていますけど
ま・・・妖精とはそんなものなのでしようね・・・






荳画怦邊セ_convert_20160308124840


サニーミルクは「光の三妖精」の一角として、常に、ルナチャイルドとスターサファイアと共に行動を
共にしている事が多いです。
ルナチャイルドは白、スターサファイアは青を基調としていますから、赤・白・青という事で
色のバランスはとっても優れていると思います。

この光の三妖精ですけど、東方の公式本の「東方三月精」にて今現在も連載が続けられていて
現在は第四部が進行中です。
この第四部においては、あのクラウンピースも登場しています。
三月精で描かれるクラピーはとっても可愛い印象があるのですけど、
自分の中ではクラピーは「怖い狂気の妖精」というイメージがいまだに強いです・・・
クラピーと光の三妖精とかチルノは同じ「妖精」という種族なのですけど、
なんか根本的な次元と言うのか、精神構造が全然違う・・という感じで
とてもとても同一種族とは思えない印象が強いです。

阿求ちゃんが描く光の三妖精は、困った妖精ちゃんとかマヌケみたいな雰囲気が濃厚なのですけど
この「東方三月精」における三人は、
阿求ちゃんの描き方とは少しというか・・・全然異なるアプローチですのでもとっても面白いです!
「東方三月精」の方は三人とも大変生き生きとしていると思います!!

ちなみにですけど・・・・
チルノとこの光の三妖精は時折・・・喧嘩をしている事もあるようですけど、
阿求ちゃんの目には、
どうみても光の三妖精が三匹束になったとしてもチルノには全く歯が立たない・・というのもなんかとっても興味深いです!
チルノは一般的には「おバカ」というイメージが定着しているのですけど
意外というか・・・
妖精の中では最強と言えるぐらいの「強さ」はありそうですね。

最後に・・・

サニーミルクはとっても明るいキャラですので、なんかチルノとの絡みも似合いそうですし、
「春を告げる妖精」のリリーホワイトともとっても相性がいいような感じもあります。

ま・・・リリーホワイトは、春限定の可愛い妖精なのですけど、
サニーミルクは・・・
一年中、頭と言うか脳みそが「春ですよ―」みたいな妖精ですね・・・(笑)

リリーホワイトはとっても可愛いし温厚な妖精なのですけど
例の春先の・・・「春ですよ―――」と幻想郷内に告知活動をしている時だけは、たまーに
興奮して気が立っている事もあるそうです。
そうした少し興奮気味の気が立っているリリーホワイトにちょっかいを出して、
リリーホワイトから結構痛い目に遭った・・・というのも何か笑ってしまう話ですね・・・・(苦笑・・)

最後に・・・この「東方三月精」におけるエピソードで私が一番好きなお話は、
大晦日における霊夢の博麗神社における妖精たちの屋台出店話ですね。
光の三妖精はあんがいまともで、サニーはおでんを、ルナチャイルドはお酒と焼き鳥を
スターサファイアはヨーヨー釣りのお店を出して、かなりの賑わいを見せていましたけど、
例によって⑨のチルノはというと・・・
真冬の大晦日だというのに「かき氷」・・・しかも水味のかき氷のお店を出店し閑古鳥が鳴いていたというのは
いかにも・・・というエピソードでした!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2770-a5e9104d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |