プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


21.浜松工業高校


  B/古祀 (保科洋)


  :結果論になってしまうのですけど、浜松工業高校は、2015年時点では結果的にこの年が最後の
  全国大会出場となってしまい、この年以降は全国大会に出場していません。
  ごく最近まで毎年のように東海大会に出場され続けていたのですけど、ここ数年は東海大会でも
  その名前を耳にしなくなっていますので、
  もしかして県大会で消えてしまっているのかな・・?
  だけど浜松工業は何十回も東海大会に出場した中で一度も銅賞が無いというのはある意味驚異的ですね・・・
  私のようにオールド吹奏楽ファンにとっては、遠山先生=浜松工業の素晴らしい演奏の数々は
  本当に「素晴らしい!」以外の何者でもないですね!
  浜松工業と言うと、1979年のあの輝かしい音色のフェリスタスとアルメニアンダンスパートⅡの名演が
  とっても印象的なのですけど、
  兼田敏・保科洋等の「邦人作品」の演奏も忘れがたいものがあります。
  今現在の吹奏楽コンクールは邦人作品がほぼ主流といっても過言ではないと思うのですけど
  1970年代の吹奏楽コンクールにおいて、邦人作品を演奏する事時代がまだまだ珍しいという時代において
  積極的に邦人作品を取り上げ、多くの素晴らしい演奏を残してきたこのチームの功績はやはり絶大なものが
  あると思います。
  パッサカリア・カタストロフィーの演奏も素晴らしいのですけど
  そうですね・・・
  私にとっては、邦人作品の中でもかなりマイナー作品と言うのか、知る人ぞ知る中村隆一の組曲「若き人々」を
  二度に渡って自由曲に選んでもらった事の方がとっても嬉しいですね!
  「若き人々」ですけど、1991年に都大会でこの曲を演奏した東海大学菅生高校の演奏も私、大好きでした!
  ちなみにですけど・・・
  浜松工業が演奏した楽章は「希求」ですけど、東海大学菅生が演奏した方は「躍動」です。
  この組曲「若き人々」の全曲版というかコンクール演奏以外は聴いた事がないのですけど、
  この曲の音源ってどっかに無いものですかね・・・

  1981年の浜松工業ですけど、とにかく一言で言うと・・・まさに通好みの「渋い!!」という印象が大変強いです!

  というか・・・高校生がこんな枯れた演奏しちゃっていいの・・?みたいな雰囲気すら漂わせる
  演奏です。
  ま・・・地味と言われてしまえばまさにその通りなのですけど、
  派手な響き&表現がほぼ皆無な代わりに「高次元の音楽的表現」があると思います。
  課題曲Bも、このチームのカラーにこの曲がびったりと合っているという感じで、
  前半の幽玄さ、後半のヴァイタリティーが大変対照的に描かれていてとっても好感が持てます。
  ラストのトランペット二重奏もやはり「枯れた雰囲気」が漂うのですけど、あの感覚がむしろこの課題曲Bの 
  「鄙びた感じ」にも大変マッチしていてとてもよかったと思います。
  自由曲の古祀 ですけど、この曲は前年度にヤマハ浜松が「5年連続金賞」の特別演奏として
  この曲を全曲披露していますけど、コンクールで演奏されたのは多分この浜松工業が初めてなのかも・・・
  なんか黙って目をつぶって聴いていると
  いかにも神社の巫女さんが静かに境内で舞を舞っている・・・みたいな雰囲気が漂っていて、
  とっても上品で味わい深いものがありました。
  やはりあの「枯れた感覚」でもって、ここまで吹奏楽でああいう高次元の表現をされてしまうと、
  全く文句のつけようがないという感じになってしまいます。
  聴く人によっては、「地味すぎてつまらない・・」と感じる人もいるかとは思いますが、
  吹奏楽はなにもスミスの「ダンス・フォラトゥーラ」みたいな派手な色彩の曲だけがその魅力ではないと
  思います。
  吹奏楽だって、この年の浜松工業のように、ちゃんと内面的に掘り下げた演奏をすれば
  地味な曲だって、聴く者に「何か」を伝えることが出来る・・という事を立証した素晴らしい演奏ではないのかな・・とも
  感じたものです。

  ま・・・あえて一言余計な事を言わせて頂くと、カットが少し強引で、
  終結部も原曲はもっと余韻をひきずるような感じなのに、比較的バッサリとカットしてしまったので
  なんか「唐突に閉じられた・・」みたいな感覚も多少は感じたものです・・・

  ま・・・原曲は13分くらいの曲だから、コンクール用に7分程度にまとめるのは大変難しい事ですよね・・・
 
  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです。

後輩の演奏をここまでお誉め頂き感謝・感謝です。

この年の3年生は浜工にしては、真面目で大人しい生徒が多かったと思います。そう言った面がこの課題曲と自由曲にプラスの要素を与えたのかと思います。私も当時普門館でこの演奏を聴き浜工の伝統で有る邦人作品を深く深く掘り下げた演奏に感動しました。

この日の夜に宿泊していた本郷の宿に乗り込み色々な話をした事を覚えています。明け方4時頃、お腹が空いたと言うので近所の吉野家に10人程の3年生を連れて食事に行ったんですが帰りにお巡りさんに職質されたのも楽しい思い出です(みんな学生服きてるんだもん)。

そして「若き人々」を2年続けて取り上げた理由ですが当時のOBに聞くと結構笑えるお話でまた今度、お教えしますね。

因みに、私も1984年から1990年まで埼玉の川口市と蕨市に住んでました(笑)

それではまた、お邪魔します。

いつもありがとうございます!!

カリオストロ  様


いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます!!
それよりも、「若き人々」のエピソードはもの凄く興味がありますので、宜しければ何かの機会に
是非是非教えて下さいね!!
81年の演奏は本当に内面を深く掘り下げた素敵な演奏でしたね。
翌年の「セント・アンソニー・ヴァリエーション」も出来れば、85年の天理に先駆けて
是非普門館で演奏して欲しかった思いはあるのですが、
ま、この話は何度か過去記事で語ってはいるのですが、82年の屋代高校の演奏が、私・・・大好きなものもありまして、
ま、その辺りは・・・コンクールの面白さですよね。

確かに深夜に学ランの人が吉野家にいれば職質されるのかも・・?
でも男子校らしい楽しいエピソードですよね。

カリオストロ 様が川口・蕨にお住まいだったとは・・・!! なんか嬉しくなったりもします!

ちなみに私は・・・川口・蕨・さいたま市南区の三市の境界地点に居住しております・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2768-d0d78546
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |