FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


10.花輪高校


  B/交響曲第3番より第一楽章(S.プロコフィエフ)


 そうですね・・・
 この話は既に何度か書いてはいるのですけど、
 この年の花輪高校の演奏を、当時山形市で開催された「東北大会」で聴いたのが
 私と花輪高校吹奏楽部の「御縁の始まり」だったのでした・・・
 当時の私は、吹奏楽の事も音楽の事もなーんにも分かっていなくて、
 吹奏楽コンクールにおいてどんな学校が上手でどういう実績があるのかなどは当時は知る由も
 ありませんでした。
 だから、当時、東北大会を聴きに行ったと言っても
 当時としては・・・
 「秋田南ってなーに、え・・花輪・・? そんなの聞いた事が無い・・・弘前南・・・? 知らない・・」みたいな感じだったと思います。
 だから、ある意味・・全く先入観を持たずに純粋に真っ白な状態で聴けたのだと思います。
 当時の感想としては、
 「とにかくどの学校もめちゃくちゃ上手い・・」
 「それに比べて自分達は・・・なんていうド下手くそ・・・」
 「どの学校も難しい現代音楽ばっかり吹いていて、なんかとっつきにくい・・・」
 「全国大会に進める代表校は・・・磐城・大曲・花輪で決まりでしょ」
 みたいなものがあったと思います。
 そうですね・・・当時としては弘前南の偉大さとかこの年は実は「5年連続金賞」がかかった大切な年みたいな事を
 全く知らない状態でしたので
 弘前南を外した代表校を予想したのかな・・とも思いますけど
 既に何度もこのブログで書いている通り、この年の大曲高校の交響三章第二楽章の演奏は・・・
 結果的にダメ金で終ったものの、
 普門館のステージでも十分すぎるほど通用したと思われる本当に緊張感漲る大変素晴らしい演奏であった事は
 改めて記したいと思います。

 そうですね・・この年の東北大会の花輪高校は、磐城・大曲に比べると少し印象度が低いみたいに感じたものですけど、
 あの花輪の演奏が「印象度が低い・・・」と感じさせちゃうほど
 当時の東北大会のレヴェルは驚異的に高かったのかな・・・とも逆に感じたりもします。

1982年の大会もこの年1981年の東北大会も、実は・・・花輪高校が、高校A部門のプログラム一番だったのですね。
 プロクラムでは、
 花輪の自由曲は、プロコフィエフ作曲/交響曲第4番第三楽章となっていましたが、
 これは完璧に誤表記で
 実際は交響曲第3番第一楽章です。

 ちなみに・・・・
 これがその時のプログラムです・・・
 (というか・・・なんで今から35年も前の東北大会のプログラムを未だに持っているの・・・?と自分にツッコミを
  入れたいです・・苦笑・・・)



 CIMG9279_convert_20160301223325.jpg



CIMG9282_convert_20160301223356.jpg



 そのおかげで、この演奏から半年近くは、この曲は「プロコフィエフの第4番なのだ・・・」と
 信じ込んでいましたから、恐ろしいものですね・・・
 プロコフィエフの交響曲第4番なんて、プロの管弦楽団の定期演奏会等で演奏されることは
 まず100%ありえない、とてつもなくマイナーシンフォニーです。
 「プロコフィエフ全交響曲演奏会チクルス」の際に、稀に演奏される機会がある程度で
 自分自身この4番は生で聴いたことは一度もありません。
 CDもほとんど出ていません。
 この曲は演奏時間25分程度の原典版と演奏時間が40分を超える改訂版が存在しますが、
 どう聴いても原典版の方が出来はいいと思います。
 改訂版の無駄な所をカットしたら原典版になってしまったという感じすらあります。

 ま、いくら「ロシアマイナーシンフォニーレパートリー」が得意な花輪高校も
 さすがにプロコフィエフの交響曲第4番ほどの怒涛のウルトラマイナーシンフォニーは取り上げる事はしないですよね・・・(苦笑)

 だけど交響曲第3番もかなりの「マイナーシンフォニー」ですよね・・・

 プロコフィエフの吹奏楽コンクールにおける演奏曲目は、
 「ロメオとジュリエット」とか「シンデレラ」みたいなバレエ音楽が多く、交響曲は吹奏楽コンクールでは
 ほとんど聴くことはありません・・・
 (花輪以外では、1985年に三重大学が交響曲第7番「青春」を演奏したくらいかな・・?)
 プロの管弦楽団の世界でも、プロコフィエフは圧倒的に1番と5番の演奏頻度が高く、
 3番なんて、滅多に演奏されません。
 自分自身、3番を生で聴いたのは、デュトワ指揮/NHK交響楽団の定期だけです。
 だけど、この3番は、1970年代から80年代にかけて
 この交響曲ですけど、世界の若手有能指揮者の間では、もしかして「隠れた名曲」という評価があったのかもしれません。
 若かりし頃のムーティー・アバド・シャイーなどが好んで取り上げていましたね。
 自分自身、この曲はシャイー指揮で初めて全曲を聴きました。

 あ、何か話が花輪というか吹奏楽からそれてしまいましたね・・・

 花輪高校に話を戻したいと思います。

 これはあくまで私の主観的感想と言う事で聴いて頂きたいのですけど、
 東北大会と全国大会の演奏を両方聴いた立場として言わせて頂くと
 (全国大会は生ではないです・・・あくまで後日のレコードとCDです・・・)
 演奏は東北大会の時の方が出来栄えとしてはよかったようにも思えます。
 全国大会では、金管セクション・・特にトランペットが時に・・・高音がグシャッ・・と音が潰れてしまったり
 破裂音になってしまっているのが目につき、少し惜しまれる感じはあります。


 課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュは、
 とにかく柔和な響き、洗練された美しい音色が大変魅力的でした。
 課題曲Bは、東北大会でも全国大会でも数多くのチームがこの課題曲を選曲していましたけど、
 出だしの静かな音が、ここまで「幽玄美」を感じさせるチームは他にはありませんでした。
 とにかく一言でいうと「美しい! 幽玄!! 妖しい世界・・・」という雰囲気でした。
 反面、中間部以降は、民衆のヴァイタリティーみたいな要素は少し希薄になってしまい
 少し抑制し過ぎなのかな・・・という感じもしました。
 自由曲のプロコフィエフの交響曲3番は課題曲とは対照的に「荒々しい」とか「荒ぶる魂の叫び」みたいな雰囲気を
 感じ取りました。
 (ま、この原曲は、歌劇「炎の天使」というオカルト歌劇のメロディーから構成されていますので
  そういう劇的要素は確実にありますけどね・・・)
 何か聴いていて、決して楽しい音楽ではないし、
 何か「焦燥感」みたいな圧迫感がひしひしと伝わってきて、
 聴いているだけで、「うーー、胸が苦しい・・・」みたいな感情が湧きあがってくるようにも感じたりもします。
 出だしの荒々しさが実に秀逸ですね!!
 出だしの激しさから一転して展開部分は静寂な雰囲気になるのですけど
 こうした幽玄的な妖しい部分を花輪が表現すると、実にツボに入った表現をしてしまうのが
 このチームらしいとも思ったりもしますね。
 全体的に確かに・・・「妖しい」とか「オカルト」とか「悪趣味」みたいな表現が目立つのですけど
 そんな中・・
 時に・・・
 「ロシアの平原の風・・」みたいな香りも確かに感じられ、
 「あーー、やっぱりこの曲はロシアの荒ぶる魂の曲なんだ・・・」と感じてしまう部分も結構あったと
 思います。
 ま・・全体的には花輪にしては珍しく少し「緻密性」に欠け大味みたいな感じもしなくはないし、
 前述の通り、金管セクション・・特にトランペットの高音のつぶれたような感じの音色は、少しらしくないな・・・とも
 感じたりはするのですけど、
 当時の日本においては、こうしたプロコフィエフのマイナーシンフォニーに積極果敢に挑戦するチームは
 プロの管弦楽団を含めてほぼ皆無であり、
 こうした「影の名作」を吹奏楽コンクールを通して世に問うてきた小林先生らしい大胆な発想&選曲&解釈に
 心から敬意を表したいものです!!
 中盤のティンパニソロとかトロンボーンのソロ辺りの表現が個人的にはツボに入っています・・・
 ラスト近くで一旦静まりかえり、
 「平穏の形で曲を閉じるのかな・・」と思わしておいて、最後にすさまじい不協和音と劇的緊張感でもって
 エンディングさせたのは・・・
 あれは・・・・
 とにかくすさまじい静と動の落差でした・・・
 「最後は平穏な祈り・・・」と思わせておいて、再度「悪夢」を蘇らせて終わるみたいなあの悪趣味さは・・
 まさに・・・小林先生ワールド炸裂でした!!

 演奏は、交響曲第3番第一楽章なのですけど、
 後になって判明したことですが、
 花輪の演奏は、第一楽章から主に構成し、ラストの悪魔的な響きは第四楽章から構成されています。
 つまり花輪の演奏は、泰一楽章と第四楽章から構成されたものなのでした。
 花輪の終わらせ方が妙に劇的というか悪魔の歯ぎしりみたいな終わらせ方をしているのですけど、
 原曲は、第一楽章は静かに回顧的に終わらせています。
 これを知ったのは、シャイー指揮の演奏を聴いた時です・・・

 ま、花輪高校は、
 前年度1980年の時も同じことをやっていて、
 この時は、ハチャトゥーリアンの交響曲第2番「鐘」第一楽章だったのですけど、
 本来第一楽章は静かに閉じられているのに
 花輪の吹奏楽アレンジ版では、華々しく豪快に鳴り響いて終わらせています。
 やはりこれも後で知ったのですけど、
 第一楽章前半~中間から主に構成し、
 ラストは第四楽章を無理矢理転調させて、第一楽章にくっつけています。

 今にして思うとかなり強引ですけど、
 いかにも・・・当時の全盛期の小林先生らしいアレンジ&演奏でしたね・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメント

そう言えば……。

東北大会のプログラムで自由曲名が誤表記だったとは知りませんでした。
そう言えば……この頃NHKFMで放送されていた「ブラスのひびき」の全国大会金賞授賞団体特集でこの花輪高校の演奏も聴きましたが、確か当時の顧問の小林久仁郎先生のお名前を「こばやしくにろう先生」と言わず、「こばやしきゅうじろう先生」と間違って言ってた記憶が。
まっ、確かに後者の読み方だと思う人が大かもしれませんね…。

誤表記

一秋田県民 様


確かに小林先生のお名前を最初から正しく読める人は少ないのかもしれないですよね。
最初私自身も「ひさじろう」と読んでいましたから・・・(苦笑・・)
コンクールのプログラムでの誤表記はたまーにありますよね。
1982年の弘前南の招待演奏の曲が「テレアスとメリザント」となっていました・・・

ひどかったのはかつての東海大会かな・・・

記憶している限りでは

「ローマの松」~チチェンセス・主権祭

「セイント・アンチョニ―・ヴァルエーショナル」なんてのもありました・・・・

指揮者のお名前も…。

曲名の誤表記はひどいですね(笑)。
指揮者の方々でも小林先生はもちろんですが、「えっ、そういう読み方だったのか…」と場合がありますね。
個人的には、丸谷明夫先生は「まるやあきお先生」、新子菊雄先生は「しんこきくお先生」、錦織雄司先生は「にしきおりゆうじ先生」だと当初は思ってました。恥ずかしいかぎりで吹奏楽のことなんて語れません…(苦笑)。
あと、既に故人ですが、福島県の北野英樹先生は「きたのひでき先生」だとつい最近まで思ってました…(苦笑)。
北野先生、すいません…。

私もいろいろあります・・・(苦笑・・)

一秋田県民 様


いえいえ・・私も人の事は全く言えないです・・・
例えば市立川口の信国先生はしんくにと最初の頃は呼んでいましたし、
新屋高校はしんや高校
野庭高校はのにわ高校と最初は呼んでいましたから・・・(苦笑・・)

人の名前とか校名って分からないのは本当にわからないですからね・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2757-aa6ce242
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |