FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まずはじめに・・・

実はなのですけど、3/5(土)のFC2ブログランキングにおいて、
当ブログが会社員ランキングで7位と初めてベスト10入りを果たし、全体の日記ランキングでも81位に入り
初めて100位以内入りを果たすことが出来ました!!
多分ですけど、これは一日限りの大まぐれという事だと思いますし、偶然の産物以外の何物でもないと思いますし、
明日にはいつも通りのランキングに戻っていると思いますけど
それでもなんか嬉しいものがあったりもします。
通常ですと、会社員ランキングは15~25位前後、全体の日記ランキングは120~200位前後をいったりきたりという
感じなので、今回のこうした結果は本当にブログ更新の上でも一つの励みにもなりますので
「誇り」に感じたりもします。
それもひとえにこうやって皆様からの日々の閲覧とか温かい励ましがあっての事です。
本当に皆様の訪問・閲覧には感謝しても感謝しきれないものがあります。
改めてですけど、本当にいつもありがとうございます!!
どうぞこれからもこうした拙いブログではありますが、何卒宜しくお願いいたします!!

さてさて・・・・それはそうと・・・・
明日3月7日は「早苗さんの日」です!!
東方の巫女さんと言うとやっぱり「霊夢」の印象が大変強いのですけど、
私、早苗さんも結構大好きです!
霊夢もどちらかというとさっぱりした感じ・ドライという印象が強いのですけど、早苗さんの場合は
霊夢よりももっと現代っ娘みたいな雰囲気がありますね。
早苗さんも是非是非このブログで近いうちに取り上げたいキャラの一人です。
あとちなみにですけど・・・
3月10日は・・・そう! 言うまでも無く「さとり様の日」でもありますっ!!

あ・・・なんか最初から話が思いっきりそれてしまいましたね・・・(苦笑・・)

その③で書いた通り、聖白蓮は魔界に封印される前は、勿論人間も救済の対象でしたけど
「妖怪」も救済の対象としておりました。
その当時の幻想郷と言うのは、今現在の幻想郷の様相とは少し・・・というかシステムの根幹が異なっている点が多々あり
当時は外界と幻想郷の間には「結界」というものは張られていなくて
そのせいもあり、妖怪は人間を襲い人間を食らうもの、人間は妖怪を恐れるもの、
そして・・・人間は妖怪を退治するものというのが一つのルールとなっていて
人間が妖怪を退治する事には必然性と理由がきちんとあったのでした。
恐らくですけど・・・・その当時の妖怪にとってはある意味受難の時代・・・
ま・・・人は基本的に妖怪を忌み嫌い、妖怪を見ただけで「やっちまえーーー!!」みたいな感じになっていましたから、
時に・・行き過ぎた成敗というのも横行していたのでは・・・と推察してしまいます。
そうした中、そうしたやや不遇な境遇の妖怪に対しても救済の手を差し伸べたのがこの聖白蓮なのだと思います。
だけど・・・
その③で書いた通り、当時の幻想郷の人々たちからの視点で見てしまうと・・・
「なんだあいつは・・・」
「高僧のくせに、なんで妖怪を退治しないばかりかあいつらの肩入れをしてしまうんだ・・・」
「あいつは本当に人間の味方なのか・・・」
「否! あいつは既に人間ではない・・・妖怪サイドなのだ・・・・妖怪の味方をする奴は人とは言えない」
「むしろあやつこそが妖怪同様退治されないといけないのだ・・・」
そういう雰囲気があったのだと思われます。

だからこそ・・・白蓮は1000年近くに渡って封印されてしまうのです。

だけど・・・白蓮の封印が解かれ、無事に1000年ぶりに幻想郷に戻ってきた際は、
実を言うと
幻想郷自体が1000年前とは「変化」をしていたのだと思います。
そう・・・言うまでも無く「結界」の存在です。
あれによって・・・結果的にですけど外界と幻想郷内は一つの別世界と言う事になってしまい、
世界各国の妖怪が幻想郷に集まってきてしまいます。
妖怪と言うものは、この本質と言うものは、「人間達からその存在を忘れ去られる事で自分達の力が弱体化していく」
という事でもありますので
外界のようにコンピュータ化等文明が過度に進展した社会においては
妖怪自体の存在が忘れ去られ弱体化するのはもはや自然の成り行き・・・という感じでした。
だからこそ・・・
幻想郷という一つの閉ざされた世界の中ですけど、
ここの世界で生きることで、常に人間に意識されその存在が忘れられないという事で
その存在自体がキープされる事になります。
そうですね・・・改めて考えるとこういう大改革&思い切った英断をやってのけた八雲紫(ゆかりん)は、
まさに・・・・幻想郷の真の「英雄」みたいな感じはありますね。
結界を張る前は、妖怪たちは人間を襲い乱暴狼藉を働く事でその存在を誇示していたものでしたけど、
妖怪自体を幻想郷という一つの世界にまとめることで、
「自分達の存在意義を人間達に知らしめるために人間に対して危害を加えたり畏敬の感情を与える必要は
必ずしもない」という事を妖怪たちに認識させた事は大きいのだと思います。
そしてそれによって・・・人間と妖怪の「融合」が進んだのではないのかな・・と思ったりもします。
現時点の幻想郷内は、基本的に妖怪は悪ふざけは別として「捕食」の目的で襲う事はほぼ皆無・・・
人間も以前ほど妖怪を恐怖の対象として見なくなったし別に退治をする必要もなくなった・・・
そして・・・妖怪も普通に人里に降りてきて買い物をしたり、
またまた人間が時に・・・吸血鬼の館に行くような時代になっているのだと思います。

少しグダグタと書いてしまいましたけど、何を言いたいかと言うと
聖白蓮の結界が解かれ、再び幻想郷に戻ってきた際には、封印前と封印後では
人々の「妖怪」に対する考え方も見方も異なっていた・・という事なのだと思います。
ある意味・・・人と妖怪の融合が進んでいた時代だからこそ、
「神も仏も人も妖怪も全て同じ!」と言い切る白蓮さんが受け入れられる下地が出来ていたのかな・・とも思われます。

ま・・・その③の蒸し返しにもなるのですけど、
神奈子と諏訪子の二人のお騒がせ神が「山の産業革命」みたいな発想さえ起こさなければ・・・・
地霊殿ファミリーのお空にとてつもなく強大な力さえ与えなければ・・・
そして・・・あの地霊殿騒動の間欠泉騒ぎのドサクサまぎれによるムラサ達が封印されていた地底世界からの脱出が
なければ、白蓮の復活は絶対にありえなかっただけに
八坂神奈子と早苗さんの視点から見てしまうと、
「チッ! 余計な商売敵をわざわざ作ってしまった・・」みたいに思ってしまうのかもしれないですね。
だけど・・・ある意味・・・神奈子たちが余計な事をしてくれたおかけで
白蓮さんは復活できたのだから、ある意味「神奈子様、さまさま・・・!! ありがとう!!」という感じなのかも
しれないですね・・・
ま・・・その地霊殿騒動で、一番迷惑を被ったのは・・・それまで静かな生活を楽しまれていたさとり様なのかも
しれないですよね・・・・
ま・・・さとり様の視点で見てしまうと、神奈子は「ハタ迷惑な神様」以外の何者でもないですね・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・

聖白蓮復活の最大の立役者の一人は・・・そう!!
言うまでも無くムラサ(村紗水蜜=むらさみなみつ)だと思います!!
白蓮が魔界に封印されてしまった際に、色々な意味で白蓮に恩義を感じ味方をしていた
妖怪であるムラサ・雲山・一輪も、白蓮同様封印され、地底世界に軟禁されてしまいます。
前述の通り、間欠泉騒ぎで偶然にも打ち上げられた聖輦船に乗って、ムラサ達は
地底世界を運良く脱出する事に成功し、
そして・・・・
一輪など仲間と共に魔界に封印されている白蓮復活に乗り出し、
幻想郷中に散ってしまった封印解除に必要な飛倉の破片を集め始めるという事になります。
この際のムラサの
「みんなで白蓮を助けよう!!」の合言葉が実に素晴らしいですね!!

さてさて・・・そこまで白蓮に対して恩義を感じるムラサとは一体どういう人なのか・・という事なのですけど
結構これは熱いドラマがあったりもします。

ムラサのバックストーリーとは多分ですけど、日本の伝承民話の一つである「舟幽霊」の話だと
思われます。
ムラサ自身も、不慮の海難事故で死んだ人間の霊体から始まった念縛霊なのだと思います。
ムラサはかつては・・・そうした舟幽霊として
次から次へと通りかかった船を転覆させては人間達を溺死させるというような荒んだ毎日を送っているうちに
人間から恐れられ、その恐怖の念により妖怪となってしまていました。
そうですね・・・
この時のムラサの心情としては・・・
「自分だってこんな事好きでやっている訳ではない・・・
自分は・・・本当は誰かに救って貰いたい・・・自分よりも強大な力を持つ者に成敗され
こんな無益な事を止めさせ、自分という存在を幽霊としてではなくて成仏できるようにして欲しい・・・
そして・・・
自分が海難事故で失った自分の船を再度持てるようにしたい・・」みたいなささやかな願望もあったのかもしれません。
そうした中・・・
人間達から「あの妖怪を退治して欲しい」と依頼を受けた聖白蓮がムラサ退治に乗り出します。
この時のムラサの心情としては・・・
「よし! なんか知らないけどこの高僧をやっつければ自分の妖怪としての格が上がり、それによって
海を離れることができて陸に上がって、陸の人間達を懲らしめる事が出来るのかもしれない・・・」と
感じたのかもしれないですね。
そしてムラサはあっけなく白蓮たちが乗り込んだ船を転覆させ、白蓮たちを海の中に放り込んでしまうのですけど
白蓮にとってはこの程度は朝飯前という感じでしたね・・・
ムラサは、「なんだ・・・あっけない・・」と拍子抜けした次の瞬間に
海に放り込んだと思った白蓮が自分の目の前に現れ、そして・・・・
なんと白蓮は転覆させた船とは違う、法力で創りだした光り輝く船に乗っていたのでした!!
(ま・・その船こそが、「聖輦船」なのであり、これが後日・・・・「命蓮寺」そのものになってしまいます・・・)
そして・・・・その光る船というのは・・・なんと!!
ムラサが昔乗っていた船そのものの形なのでした!!
全く・・・!!白蓮はなんという「粋な演出」をしたものなのでしょうね!!
これじゃ・・どんな悪たれ妖怪だって・・聖白蓮様に心服してしまいますよね・・・
ムラサは白蓮によってその船を与えられた事で、
念縛霊から解放されたのでした!!
白蓮から聖輦船の船長を任されたのはこの時からなのです!!

多分ですけど・・・聖白蓮にとっては、例え「ムラサ退治」の要請があったにせよ、最初から「ムラサ救済」を
意識し、そのための行動を取ったという事なのでしょう。
ムラサにとっては・・・
ま・・・元々本人は「船長」と言う事もあり「海」には縁もゆかりも深い人なのですけど
自身すらも縛っていた「海」から解放された・・・という事なのでしょう。
確かに、これじゃ・・ムラサが聖白蓮に「厚い恩義」を感じるのは当然でしょうし、白蓮復活の際に
仲間と共に大変な尽力をしたというのもうなずける話ですよね!!

あとこれは完璧に余談ですけど、上記のムラサの話は「舟幽霊」をベースにしているのですけど、
自分にとっては・・・
ワーグナー作曲/歌劇「さまよえるオランダ人」にも少しだけ近いような感じもあったりしますね。
「さまよえるオランダ人」のストーリーも
「13日の金曜日に出航してはいけない」という宗教上の規律を破り、その天罰として未来永劫
海を彷徨い続けなければいけないというものなのですけど、
その「救済」というものは、そのさまよえる幽霊船の船長を心から愛してくれる少女と結ばれれば救われると
いうものですけど、
そうですね・・・・
この話をムラサに当てはめると
オランダ人船長はムラサ、船長を愛してくれるゼルダという少女というのが聖白蓮という事になりそうですね。
ま・・その歌劇のストーリーにおいては、
ゼルダというその少女にはエリックという婚約者がいるのですけど、
終盤において
オランダ人船長からゼルダに対して
「自分をたとえ愛してくれたとしても自分は既に幽霊みたいな存在・・・」
「君にはエリックという立派な彼氏がいる・・・自分にこのまま同行するよりもエリックとの幸せな暮らしと言う
未来が待っているはず・・」
という事で、間をおかずに未来永劫の彷徨える船旅に出航しようしたのですけど、
ゼルダはその時・・・岩の上から海に身を投げてしまいます・・・・
そして・・・
天から光がさ―――っと差し込み・・・
幽霊船は海へと沈み、船長とゼルダは・・「救済」されたとしてゆっくりゆっくり・・・昇天していく・・・

そんな感じのストーリーでした・・・

ま・・・救済という点は被っているけど、ワーグナーの場合は「二人の死」という事で美しく閉じましたけど
白蓮とムラサは・・・「これからも生きていく!!」という事に救済の光が当てられている点が
大きな違いなのかな・・・とも思ったりもします。







さてさて・・・・ムラサというと、

東方では極めて珍しい「セーラー服」というスタイルです!!

ま・・「セーラー服」というよりは、船長という事で「水兵」のユニフォームという事なんでしょうね。

何となくですけど、艦これ娘みたいに感じちゃう時もあったりします・・・(笑)

東方キャラは妖怪でも幽霊でも吸血鬼でもとにかくみ―――んな可愛い!!という感じなのですけど
ムラサも・・・ま・・・一応妖怪でもありますし
一時は心がすさんだ舟幽霊でもあるのですけど、こういう「セーラー服」というのはまさに反則的可愛さですね!!

上記のイラストは、またまたいつも当ブログが大変お世話になっている
「dream fantasy「という素敵なブログを管理運営されているアミグリさんが2013年6月に描かれたものですけど
とってもとっても可愛くて素敵ですよね!!
ムラサというと、スカートで描かれる絵師様も大勢いらっしゃるのですけど
私としては・・・あくまで個人的な好みで言うとキュロットの方が好きです。
アミグリさんの描かれたムラサは、キュロットであり、王道的なセーラー服であり、
見ているだけでなんかとってもわくわくしてしまうとっても嬉しい作品だと思います。
ちょこんと乗った帽子とか海をイメージさせる錨もいい味出ていると思います。
ウインクもVサインもとにかくめちゃくちゃ可愛いです!!

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!

アミグリさんは、今月・・・3月24日が「お誕生日」との事で、現在「お誕生日企画」と言う事で
お祝いイラストorお祝いメッセージを大募集中との事です。

興味がある方は、是非是非こちらから・・・・→  アミグリさんお誕生日企画

アミグリさんが最近描かれた「オリジナル 女の子」は、ポニーテールがとっても可愛い春らしい素敵なイラストです!!

さてさて・・・

次回の東方語りは・・・光の三妖精からルナチャイルドを・・・
そして・・・聖白蓮 その⑤の予定です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2754-701d3764
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |