FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この後の記事が、東方Projectの「光の三妖精」の一人である愛すべきいたずら妖精ちゃんの「サニーミルク」なのですけど、
この「サニーミルク」の事を書いていたら、
なんかやたらと妙に頭の中で鳴り響いていた曲が一つありました。
それが何かと言うと・・・
R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」という曲です。

ま・・・妖精・サニーミルクたちのいたずらは・・・本当に可愛くてほとんどが笑って許せちゃうような他愛のないものばかりですし、
そのいたずらもどこか間が抜けていて
なんかいかにも・・・・愛すべきポンコツ妖精ちゃんのしょーもないいたずらみたいな感じで
いたずらの被害に遭った方もなんか思わずクスッ・・となって・・・「あらあら・・・しょうがないわね・・・」みたいな感じで
笑って許せてしまうような微笑ましい雰囲気もあったりもします。

R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」も
何となくですけど・・・・そうした雰囲気に近いような感じもあったりします。
「ティル・オイレンシュピーゲル」というのは、14世紀頃のドイツに実在したとも言われるし単なる架空の人物とも
言われる事もあるし、要は、その正体については定かでない伝説の奇人なのですけど、
その生涯の数奇な伝説を「音楽の物語」として「交響詩」という形で単一楽章として18分前後の曲として発表したのが
このR.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」という曲なのです。
この曲は・・・R.シュトラウスの交響詩の中では屈指の人気を誇り、
「ドン・ファン」・「ツァラトゥストラかく語りき」と並んで大変演奏頻度も高い曲だと思いますし、
今現在も日本各地のオーケストラのレパートリーとして完全に定着している曲の一つだと思います。
それと・・・
吹奏楽コンクールのアレンジものとしても昔から大変人気が高く、今現在もよく自由曲として選ばれる事は
多い曲の一つです。
この曲の最大の聴かせどころでもあり最難関の部分は・・・やはりなんといっても・・・
曲開始早々のホルン奏者によるソロだと思います。
以前、NHK交響楽団のホルン奏者へのインタビューの中で、
「今まで吹いた曲の中で一番プレッシャーが掛った曲は?」という質問と
「今まで吹いた曲の中で技術的に大変しんどくて難しかった曲は・・?」という質問に対して、
このR.シュトラウスの「ティル・・・」を挙げていたのは大変印象的ですし、逆にそれだけ奏者にとっても大変な曲だと
思います。
ちなみに・・・このティルですけど・・・
ラスト近くのクラリネットの「ティルの悲鳴」を示唆する高音の叫び声は・・・・あれは・・・
元・クラリネット奏者から言わせて頂くと・・・
クラリネットの限界を超えた超高音域のものであり、あれはまさに・・・クラリネット奏者にとっては
無茶振りだと思います・・・(苦笑・・・)
だけど、吹奏楽コンクールにおいては、あの超難関のホルンのソロとかクラリネットの超ウルトラ高音域なんて
みんな易々と吹いてしまうんですよね・・・・
あれ・・凄い・・!!と思いますよ・・・ホントに・・・・

この交響詩ですけど出だしのあの温和で柔らかい感じがじつにいいですね!!
あれはまさしく・・・
「これからおとぎ話が始まりますよ・・」みたいなプロローグみたいな感じがして実に素晴らしいと思います。
あのメロディーラインはとっても親しみやすいですね!
あと、ちなみにですけど、この交響詩が作曲された頃に、
それまでの手締め式ではなくてペダルを足で踏む事で音程をコントロールする「ペダル式ティンパニ」が発明され
世に出ていますけど、
そうしたペダルティンパニを最初に効果的に使用した曲の一つとして
この交響詩とか同じくR.シュトラウスの歌劇「エレクトラ」・「バラの騎士」を指摘する見解が多いようです。

さてさて・・・ティル・オイレンシュピゲールですけど、
果たして一体何をやらかしたのか・・・?
そのイタズラですけど、そうですね・・・やっている事は前述の東方のサニーミルクよりは
少し性質が悪い・・・ちょっとやり過ぎ・・・みたいな感じもあるのかな・・・?
ま・・・全体的にはたわいもないといえるのかもしれないけど・・・

例えば・・・・

1.市場で牛馬を解き放ち、市場を大混乱に陥れる。

2.空飛ぶ靴でトンズラを図る

3.お坊さんの姿に化けてテキトーでいい加減な説法をして廻る。

4.美女を口説くがあっさりと振られる・・・

5.学者たちにテキトー論争を吹っかけ、学者たちを煙に巻きそのまま逃走・・・

ま・・・そうやって各地をいたずら放浪して散々悪態ついたところで逮捕され、裁判に掛けられ
「絞首刑」の判決が下り、そのまま息絶える・・・・
そんな感じのストーリーを大変巧みな構成力&楽器配分で表現したのがこの交響詩なのかな・・・とも
思います。
前述のクラリネットの高音の悲鳴というのは、絞首台でのティルの悲鳴です。
だけど曲のラストでは、冒頭のあの親しみやすく温和なメロディーが再現されていて、
そうですね・・・何となくですけど・・
「ティルは確かに死んだけど、ティルのイタズラ魂は今でも生きている」とか
「ティルは永遠に不滅ですよ・・・みなさんの心の中に伝説として今後も生き続けていく」みたいな事を暗示しているようにも
感じられたりもします。

とにかく、曲のイメージが大変し易い曲で、この部分はこの場面というようなイメージが瞬間瞬間で沸き起こるような
感じもあり、
大変分かり易くて親しみやすい音楽だと思いますし、これが人気の所以なのかもしれないですね。

ちなみにですけど、前述の通り、この曲は昔から吹奏楽コンクールにおいても人気が高い曲の一つですけど、
この曲をコンクールで演奏すると、時間制約の関係上、どうしても大胆にカットせざるを得なくなり、
そうですね・・・・
聴き方によっては・・・
ティルはまだ2つか3つしかイタズラをしていないのに処刑されてしまった・・みたいな印象もあったりもしますね・・・

最後に・・・

この曲ですけど打楽器の一つに「ガラガラ」というのか「ラチェット」という大変珍しいおもちゃみたいなものを
使用しています。


315t2PKNGVL__SX300_.jpg


414zmhCKmmL__SY300_.jpg


木板式とハンドル式の二つのタイプがありますけど、かなり目立った音を出しています。

ちなみにですけど・・・

このラチェットをこの曲以外で効果的に使用した曲って・・・・
他には・・・
そうですね・・レスピーギの交響詩「ローマの松」がありますけど、
正直他にはあんまり印象にないです。
作曲家としても使いにくい楽器という感じなのかもしれないですよね。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2752-6f95a793
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |