プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


17.逗子開成高校


  B/海のうた(R.ミッチェル)


  うーーーん、このチームは結果的に金賞を受賞するのですけど、あくまで個人的な見解としては
  この金賞は全然納得いかないですね・・
  このチームを金賞にするなら、就実・東海大学第四を金賞にした方がいいと思います。
  そうですね・・・
  この演奏のどこに不満を感じるのかと言うと「奏者の自発性」が全く伝わっていない点だと思います。
  聴いていて・・・ま・・・確かに下手ではないしアンサンブルの整理もほぼ問題ないのだけど
  要は・・・「優等生の演奏」なのです。
  聴いていて、気持ちの高ぶりとか自然な感情の高まりみたいなものが全然伝わってこない・・
  なんとなくですけど、指揮者の先生が「このように吹け!」と言われたからその通りに吹いたという感じで
  「言われるがままの演奏」みたいというのかロボットみたいな演奏にも聴こえてしまいます。
  なんでかな・・・?
  翌年のバレエ音楽「四季」とか翌々年の「ロデオ」なんかはかなり個性的な演奏で、奏者の積極的な自発性なんかも
  十分に伝わってきたのですけどね・・・・
  ちなみにですけど、この年の自主性が感じられない演奏が金賞で翌年の個性的で自発性満点の演奏が銀賞
  というのもなんかコンクールらしい「皮肉さ」を感じてしまいますね。

  課題曲は、もう少したっぷりと歌ってほしかったです。
  「上品さ」はよく出ていたけど「民衆のヴァイタリティー」の表現は弱い感じがあります。
 
  自由曲の「海のうた」は、個人的に大変思い入れがある曲の一つです。
  この曲は私自身も高校2年の定期演奏会で吹いた曲で、とにかくとにかくメロディーラインが大変美しい曲で
  吹いているとなんかしらないけどいつのまにか自分自身の感情がこの曲の中に入り込んでしまい、
  吹いているだけで何か「こみあげてくるもの」がある本当に不思議な曲でした・・・・
  それだれに逗子開成の演奏からは、私がかつて感じたような「こみあげてくるもの」があんまり伝わってこないから
  その点にも不満を感じるのだと思います。
  「野庭高校」をテーマにした「ブラバン・キッズ・ラプソディー」という本の中で
  中澤先生が初めて野庭を振ってコンクールに出場した時の自由曲が実はこの「海のうた」でして、
  文中にも、「この海のうたは不思議な曲で、吹いていると感情が込み上げてきて
  涙が出そうになる」とかいった表現があったような気がしますが、
  まさしく・・・高校生時代の自分がそうでした。
  技術的には、それ程大変な曲ではありませんでしたが、(中間部のアレグロは結構大変だったかな・・)
  前半や後半部のゆったりとした表現は、いかにも「波の戯れ」という感じもし、
  分り易い印象的なメロディーが確かに吹いていると、何か胸がつまるというか
  感極まるという場面もあったような記憶があります。
  個人的には、前半のヴィヴラフォーンのソロとか、中間部の盛り上がりの一つの頂点の
  ティンパニのソロとか、ラスト近くのホルンのソロとかが好きですね。
  後半のゆったりとした歌は、海の歌というよりは、
  何か重大な出来事が起きて、それから10数年後にその事件をゆっくりと
  振り返るみたいな回顧的な表情を個人的にはこの曲から感じ取ったりもします・・・

  逗子開成の「海のうた」なんですけど、本当にもったいないですね・・・
  当時既に激戦の関東大会をこうした比較的技術的に易しい吹奏楽オリジナル曲で突破したこと自体
  とても素晴らしいと思うのですけど
  やはりもう少したっぷりと「感情」をこめて歌って欲しかったと思います。
  男子校なのだけど、「クラリネットの弱さ」は感じられず、サウンド的に大変バランスが取れている点は
  高く評価したいのですけど、
  やっぱり・・・・あの「自然な感情の高まり」が伝わってこないのはマイナスですね・・・・
  指揮者の西野先生が「ここはこのように吹きなさい!」と命令したからその指示通りに吹くみたいな雰囲気が
  そのまんま演奏にもストレートに出てしまい、
  そうした点が「自発性の弱さ」になっている感じがあります。
  それと・・・・
  最大の問題点が中間部のアレグロのテンポ設定かな・・・
  速い! とにかく速い!!
  うーーん、あれじゃ・・・「荒れる海」というよりは「暴風波浪注意報」みたいな危険な海の香りですね・・・
  確かにクラリネットの木管の早いパッセージの粒はほぽ完璧に揃っているのですけど
  それ以上はやっぱりあんまり伝わってこない・・・
  ラスト近くのホルンソロももう少し「しっとりとした感情」が欲しかったと思います。

  そうそう・・・

  ま、これは逗子開成には何の落ち度もないのですけど、自由曲の前半の静粛な部分で
  突然普門館の会場内で赤ん坊が突然泣き始め、あの「ウギャ―――」という泣き声は正直・・・
  興醒めという感じもありました・・・
  今現在は、会場内にそうした赤ん坊を入場させることは禁止されていますけど
  当時はそうした事もOKだったのですね・・・
  同じ年には、中学の部において、神居中学校の「瞑と舞」のラストの静粛なピッコロソロ部分で
  やはり赤ん坊の泣き声が乱入してしまい、思いっきり興醒め・・・という残念な事態も起きていましたね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2750-8490a903
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |