プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.洛南高校


  C/道化師の朝の歌(M.ラヴェル)


  2000年代前半までは全国大会の常連であり、とにかくそのアクの強い演奏&個性的な演奏&男子校らしい豪快さなど
  素晴らしい数々の名演を聴かせてくれた洛南高校ですけど、
  宮本先生の勇退以降は、一度も全国大会に出場されていないのは少し寂しい気もきます。
  ま・・・最近では京都府大会で姿を消してしまう事もあるようですね・・・
  2015年に絶賛放映されていた「響け! ユーフォニアム」ですけど、あの舞台は京都府であり、
  あのアニメの舞台となっている北宇治高校吹奏楽部は、かつては全国大会出場経験もある名門校なのだけど、
  優秀な顧問が勇退以降はすっかり没落してしまった・・みたいな設定になっているのですけど、
  なんか・・・・
  大変言葉は悪いのですけど・・・
  「なんだ・・それって洛南高校そのまんまじゃん・・」と思ってしまう事もありますね。
  ま・・勿論「吹奏楽コンクール」だけが全てではありませんけど、
  洛南高校もなんとか・・以前のような「煌く存在」になって欲しいな・・と思ったりもしますね。
  洛南高校と言うと・・・やっぱり「ダンス・フォラトゥーラ」とか「ハリソンの夢」とか「アメリカの騎士」などのような
  吹奏楽オリジナル作品をあの独特な解釈&サウンドで演奏した時の方が
  クラシックアレンジものを演奏した時よりも一層「際立った個性」が感じられ、
  私個人としては、「洛南はオリジナル作品の方が真価を発揮できる」と思ったりもしています。
  特に・・2001年の「アメリカの騎士」は本当に大好きな演奏です!
  アレンジものは・・・うーーん、そうですね・・・なんか聴く人の好みによって好き嫌いははっきりと分かれる様な
  感じがあります。
  そうですね・・・・
  このチームは何度も「ダフニスとクロエ」第二組曲を自由曲にしているのですけど、
  ま・・私のあくまで個人的な感想なのですけど、
  演奏者のガッツは評価するけど、音色のあの厚化粧振りにとてつもない違和感を感じる・・という感じです。
  「ローマの祭り」・「ローマの松」・「スペイン狂詩曲」も大体同じような印象です。
  だけど「ローマの松」のフルートとトロンボーンの持ち替えは、普門館で見ていた聴衆をまさに「ぴっくらぽん」させて
  いたと思います・・・
  そんな中・・・1997年の「ハンガリー民謡・くじゃくによる変奏曲」は、フルートソロの部分をクラリネットに置き換えたり
  洛南らしい個性的な解釈が見られる中、素朴さ・哀愁もしっかりと表現された素晴らしい名演だと
  思います。
  それと・・・関西大会ダメ金で終ってしまいましたけど、
  1993年の「海」(第二楽章も部分的に選んでいましたけど、あの部分の解釈は大変繊細で素晴らしい!!)とか
  1994年の「リバティーファンファーレ」も、歴史に埋もれてはいるけど「隠れた名演」の一つと
  思っています。

  そうそう・・・・

  洛南高校というと、大変古い話になってしまいますけど、
  実は・・・1977年にあの秋田南高校が自由曲として選び普門館に一大センセーションを巻き起こした
  ストラヴィンスキーの「春の祭典」を
  1979年に関西大会で自由曲として演奏しています。
  実は・・
  この洛南の「春の祭典」聴きたくて仕方がないのですよね・・・
  秋田南は第一部を演奏していますけど、洛南は第二部を演奏していると言いますから
  恐らくですけど・・・
  駒澤大学の上埜先生のアレンジを使用しているのかな・・と思ったりもしています。
  秋田南の「春の祭典」の演奏は、1987年頃に、日本ワールドレコード社というところに「カスタムテープ」を発注し
  そこから課題曲の演奏と共に聴く事ができたのですけど、
  1990年に洛南の春の祭典の演奏を聴きたいと思って同様に日本ワールドレコード社にカスタムテープの発注を
  したのですけど・・・
  この頃は既に「著作権」との絡みがうるさくなっていたようで
  後日同社から「著作権との絡みで製作不可」との連絡が入り、思いっきりガッカリした記憶があります・・・・

  あ・・・いけない・・・

  今は・・・1981年の演奏の話でしたね・・・・(苦笑・・・)

  うーーん・・というか・・・ごめんなさい・・・書くことがあんまりない・・・

  この年、1981年は洛南にとって全国大会初出場の年なのですけど、そのせいかどうかは分かりませんけど
  課題曲も自由曲も全然印象に残るものはないです・・・
  というか・・・
  後年の洛南では考えられないほど、あっさりとした淡泊な音楽がサクサク無難に無表情に進行している
  印象が強いです・・・
  当時発売の「日本の吹奏楽81」のレコード裏ジャケットの当時の出演者のコメントが記載されていましたけど
  確かそこには「前年・前々年のあのベストメンバーから比べて小粒な自分達がどうして関西大会代表になれたのか
  不思議・・・まさに驚き・・」みたいなコメントが記されていたような記憶があるのでけど
  演奏を聴く限りでは「うん・・確かにその通り・・」みたいな感じがします。
  ラヴェルの音楽なのに、全体としてゴツゴツとした粗い響きがかなり気になりますね・・・
  ソロ楽器の印象も希薄だし、なんか全体してサウンドが濁っていて時に音程が不安定になりがちなのは
  マイナスですね・・・・

  だけど・・・この数年後以降に・・・洛南は突如覚醒し、全国大会の「常連チーム」となり
  ああやって数多くの名演を私達に残してくれていますから、
  やっぱりこうしたスクールバンドの「進化」というものは素晴らしいものがありますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ようやく

洛南高校の初出場の事を書いて下さいましたね(^^)
洛南高校は私自身も大ファンなので嬉しく思います(^^)
関西の名バンドを始めて聴いたのも実は洛南高校でそれ以来大ファンですね(^^)
でもこの時の洛南は部にも予算が無く、メンバーの父母に声を掛けてようやく全国大会に行く為の予算が集まったみたいですね(>_<)💦
ちなみにこの時のメンバーに現顧問の池内先生がおられたとのことです(^^)
(ちなみに池内先生はバスーン奏者で道化師の朝の歌のバスーンソロを演奏したのも池内先生です(^^))
トリビアみたいになりますが、宮本先生は高校3年生までクラリネットを吹かれていて、初代顧問の山下先生の勧めでバスーンに転向されたとのことです(^^)
それからプロのバスーン奏者を経て洛南高校に赴任されて定年まで勤め上げられたとのことです(^^)
今更ですが、洛南高校のDVD、この素晴らしき世界vol.4は名作です(^^)

洛南の復活を期待したいですね!!

esakui69 様


いつもコメント頂きありがとうございます!!

洛南の初出場の際の記事では、それほど褒めた記事になっていなくて申し訳ない気持ちはあるのですけど
このブログの本意は「あくまで自分の気持ちに正直に・・」という事ですので
何卒ご理解頂けると幸いではあります。

そうなんですか・・・

あの初出場の年の「道化師の朝の歌」のファゴットソロが現・顧問の先生だったのですね!
これは初めて知りました。
色々と教えて頂きありがどうございます!

洛南のあの骨太サウンドとか個性的な表現とか聴衆に「何か」を伝えるあのメッセージ性とか
本当に素晴らしかったですよね!!
是非是非池内先生の指揮でも全国大会で「復活のサウンド」を聴きたいものですね!!

是非とも

洛南、天理は全国大会に復活して欲しいですね(^^)
(逆に大阪桐蔭、明浄学院はサウンドも人工的な香りが強く面白みを感じ無いので支部大会銅賞でいい位ですね(>_<)💦)
70年代末期から80年代半ばに青春を過ごされたぬくぬく先生様を羨ましく思います(^^)
そう言えばこの時代に現在の名門バンドが全国大会に出てきた時代なんですね(^^)
それを考えるといい時代だなぁと感じますね〜(^^)
話は逸れますが、無言の変革や弘前南の演奏は衝撃を受けましたね(^^)
田舎の公立高校であれだけのサウンドを出せるのも素晴らしいなぁって思います(^^)
現在は私立ばかりが表に出て公立高校のバンドが中々全国大会に出て来ないので何だか寂しい様に感じます(>_<)💦
基町高校や弘前南高校みたいな普通の公立高校のバンドがまた全国大会に出て来れたら嬉しいなぁって思います(^^)

関西の公立校と言うと・・・

esakui69 様

そうですね・・・今にして思うと、市立川口・秋田南・花輪・弘前南等の普通の公立校の
あれだけ素晴らしい名演を直接生で聴けた事は本当によかったな・・と思いますし、
そうした演奏が歴史に埋もれないようにするためにこのブログで後世に少しでも伝えることができればいいな・・とも
思っております。
だけど関西にもかつては素晴らしい個性溢れる演奏をされていたチームも一杯ありましたよね。
その代表的な学校が兵庫と西宮を指揮されていた吉永陽一先生でした!!
吉永先生のあの「個性の塊り」の演奏は本当に素晴らしかったです!!
激戦の関西大会だから、滅多に全国には進めなかったですけど、あれ、勿体無かったですね・・・
80年代の東京支部とか、四国支部だったら毎年全国に進めるのは間違いないと思うのですけどね・・・
西宮の1986年の「呪文とトッカータ」とか98年の課題曲Ⅱ/稲穂の波は、とにかく・・・すごい演奏だと思います!!
86年は支部大会ダメ金でしたけど、あれは絶対に全国に行って欲しかったです!!

確かに関西支部は

個性的なバンドが多いですね(^^)
吉永陽一先生もかなり個性的な演奏をされますね(^^)
私自身も今は兵庫県の尼崎市に在住なんですが、そういう意味ではいい所に住まわせて貰っているなって思います(^^)
(尼崎市だけでは無く、周辺の西宮市、宝塚市、伊丹市もかつてのコンクール常連バンドが多いですね(^^))
関西支部は支部大会も変わっていてコンクールを聴きに行く為にわざわざ徹夜しないとチケットが買えない状態です(>_<)💦
(チケット前売りと言うルール自体が無いのです(>_<)💦)
でも並んでまで聴きに行く価値は充分にありますね(^^)
確かに関西支部のバンドは毎年何処が全国大会に出場してもおかしく無い位面白いですね(^^)
聴きに行くまでたくさんの山を登らなければならない、けど聴く価値は十二分にありますね(^^)
人生の一部でも吹奏楽激戦区に住まわせて頂いた事を嬉しく思います(^^)

兵庫県は吹奏楽の宝庫!!

esakui69 様


そうなんですか!! 今は尼崎にご在住なのですね!!
私のようにオールドファンですと・・・
1983年の松井先生指揮での明石北高校の「ダッタン人の踊り」の歴史的名演をついつい
思い出してしまいます!!
当時の明石北の女の子の制服は、まるで「宝塚」みたいでとってもキュートで
とにかく大評判でした!!

考えてみると・・・兵庫県は吹奏楽の宝庫ですよね!!

ま・・・私よりも上の世代の方ですと、今津中とか得津先生と言うのでしょうけどね・・・(笑)
そうですね・・・・
私にとっては・・・兵庫・神戸・御影・西宮・明石北・明石南・尼崎東・尼崎西と
とにかく・・・1980年代から90年代初めの頃の兵庫の高校の部は、まさしく「三国志」の豪傑たちのように
本当にキラキラと個性溢れる演奏が本当に多かったですよね。
特に・・・・個人的には、楊先生の御影の「ディオニソスの祭り」のめちゃくちゃハイテンションのアクの強さは
今でも忘れられないですね・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2748-703b1246
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |