FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日3月10日は「さとり様の日」です!!

ま・・・別にこの日はさとり様のお誕生日とかそういう訳ではないのですけど
とにかく・・・
古明地さとり様・・さとり様・・・!!
「3月10日はさとり様の日」、おめでとうございます!!という感じですね!!

前から何度もこのブログで書いている通り、
私は「東方Project」の絶対的エースは誰がなんといっても「霊夢」であると思っていますし、
多分・・・多くの東方ファンの皆様もそうした認識でいらっしゃる方が大半だと思います。
そして更に言うと・・・・
東方の「二大ヒロイン」というかツーショットというと・・・・やっぱり誰が何と言っても霊夢と魔理沙に尽きると
思います。
その位、東方の世界においては、軸というのか絶対的なエースと言うのははっきりしているのだと
思います。

ま・・・話は全然それてしまうのですけど、「プリキュアの世界」においては、
私の今現在の絶対的なエースは、誰が何と言っても「キュアラブリー」ですっ!!
(ま・・・ドリームとメロディの御二方は・・・私の中では殿堂入りを果たされていますので、
こうした世俗的なイベントからは対象外となっています・・・笑・・)

ま・・・ラブリーの話はどうでもいいとして・・・(苦笑・・)

だけど・・・この「東方Project」の世界の中では、とにかく私が大好きで大好きでたまらないキャラと言うと
やっぱり・・・さとり様! 古明地さとり様ですね!!
ちなみにですけど、私自身、東方のキャラにおいて「様付け」してしまうキャラというのは、
今の所は、さとり様と永琳様と四季映姫(ヤマザナドゥ様)ぐらいですね。
そうそう・・・様付ではないのですけど、八雲紫と八雲藍も場合によっては思わず様付で読んでみたくなるキャラです。
というか・・・
紫(ゆかりん)はある意味、東方の「英雄」と言ってもいいのかな・・とすら感じることがあります。
ま・・・本人は確かに面倒くさがり屋で寝てばっかりいて冬眠はしてしまうし、何よりも・・・幽々子(ゆゆ様)同様に
つかみどころがないキャラでもあり多少胡散くさくはあるのですけど
この紫ほど「幻想郷」を愛している人はいないのかな・・・と感じる事も多々あったりもします。
それだからこそ・・・幻想郷の存在の根幹である大結界とか博麗神社に対して「妨害」を働くものに対しての
ゆかりんの鬼気迫る怒り表情は凄まじいものがあるのだと思います。
そうですね・・・・天子をフルボコにした際の怒りのゆかりんとか
博麗結界を緩めてしまった霊夢に対する大説教&お仕置きのゆかりんは・・・
本当に圧倒的な存在感がありました!!
ああいう時のゆかりんはまさに「紫様!! すてき!!」という感じですね!!
ついでに言うとゆかりんの式神の藍もとにかく魅力的!!
あのふさふさで暖かそうで神々しい雰囲気の九つの尻尾に一度でいいから触ってみたい感じはありますね!
なんか藍は・・・「らんしゃま~!!」という雰囲気がとってもよくお似合いだと思います。

あ、こらこら・・今はさとり様の話だっちゅーに・・・!!

さとり様というと、言うまでも無くサードアイを通して人の心を読み通す能力をお持ちの御方なのですけど
その能力がゆえに、管理を任された旧地獄に残存する怨霊・妖怪等から大変忌み嫌われ
さとり様は基本的には地霊殿にひきこもられて生活をしています。
さとり様は・・・「言葉」を喋りその表面的な言語と心の深層の間に生ずる「ズレ」を生じている人間と言うものが
基本的にはお嫌いという事になるのかな・・?
だって・・・・さとり様にはぜ――――んぶが「お見通し」済ですからね・・・
相手の心の本音が相手が喋らなくても全部分かってしまっているから、
そうしたさとり様の能力を知らないで、怨霊・妖怪・人間達がさとり様にいくら口でうまい事を言っても
結局はさとり様に見透かされてしまうだけ・・・
さとり様は、そうした人の本音と建前という二面性に嫌気が差され、同時に怨霊たちも
自分達が何かを言う前に心の本音を既に把握されて手のうちを喋る前から読まれているさとり様は
まさに・・・「うっとうしい・・」以外の何者でもないのでしょうね・・・
しかも・・・
さとり様自身は「私は戦うのは好きじゃない・・」と口では言われながらも、いやいや・・その戦闘能力の高さとか
総合的な力においては、
神奈子・聖白蓮・神子・紫等東方の実力者から既に太鼓判を押されているほどですからね。
だからこそ・・・旧地獄の残存勢力共は、さとり様が鬱陶しくてたまらないし決していい感情は抱いていないし
さとり様はそうした事情を全てお分かりになっているのだと思います。

だからこそ・・・

さとり様のあの独特のなんか寂しそうな雰囲気・・・「心、ここにあらずの雰囲気・・・」とか孤独感とか疎外感が
ああやって全体から出ているのでしようね・・・・
あのジト目とか普段は閉じられがちの片方の目とかあの独特の雰囲気は
そうしたさとり様自身の背景から醸し出されているのだと思います。

だけど・・・・

も――――、私は・・・そういうさとり様が東方では一番大好きなキャラなんですよね!!

なんでかな・・・?

東方というと、霊夢に代表されるようにどちらかというと個性的で「私が、私が・・」みたいに存在感を誇示するキャラが
多い中で、
ああいうなんか他とは一味もふた味も違うキャラになんか心を魅かれてしまうのですよね・・・
さとり様は、別に一人でも、未来永劫「孤独」の世界が続いても全然平気なキャラだと思うのですけど
それでも・・・
なんか妙に気になってしまうというのか
「自分が御守りしないと・・・」とついつい感じてしまうようなキャラなのかもしれないですよね。
それは・・・もしかして・・・
「ゆゆ様は私が御守りする!」という妖夢とか「輝夜を未来永劫御守りするのはこの私!」と誓われている永琳様と
もしかしたら・・・
気持ちは同じなのかもしれないですよね。

さとり様は、元々は妖怪「覚」なのですけど、そうした特殊能力を見込んで旧地獄の管理を任せたのは
なんとあの地獄の閻魔様・・・つまり・・四季映姫【ヤマザナドゥ】様なのですよね。
幻想郷の地下の奥深くに旧地獄とその上に建築された地霊殿があるので、本来は、霊夢たち幻想郷の人間達と
接点はないはずなのですけど、
嫌でも接点が持たれるようになったのは、言うまでも無く、神奈子と諏訪子というハタ迷惑な神々が
さとり様のペットの「お空」に余計な力を与えてしまって
お空が暴走してあの「間欠泉騒動」を起こしてしまったのが、ま・・さとり様にとってはそもそもの計算外というか
「余計なお世話」という事なんですよね・・・
まったく・・・
本当に幻想郷の神々は人騒がせな神々ですよね・・(苦笑・・・)
ま、そのおかけで、幻想郷内に、聖白蓮と神子というニューヒロインが登場したのですから、
ま・・それもありなのかな・・・という感じなのですけど、
どっちにしてもさとり様にとっては、いい迷惑な話でしたね・・・(苦笑・・)

改めてですけど・・・
さとり様の「心を読み取る能力」というのは、よーーく考えてみると三重の意味で厄介な側面がありそうてすね。
一つ目は・・・・
「人の表面的な言葉というものは、決して本心ではない・・・むしろ・・・本心を偽った言葉である」という事を
誰よりも分かってしまい、
結果として・・・・
「ヒトと言うものは信頼に値するものではない」と人間不信に陥りやすい事
ま・・・もっともさとり様自身はヒトではなくてあくまで妖怪ですけどね・・・
二つ目は・・
「あれ・・・あなた今こんな事を言ったけど、それはあなたの心の深層とは随分違うよね・・・
なんでそんな心を偽るの・・??」みたいな事を言った途端に
相手から
「なんだ・・コイツは・・・自分の考えている事がなんで分かってしまうんだ・・」と気味悪がられるだけでなく
「コイツ・・・なんか苦手・・・」と嫌われてしまう事であり
そして三つ目は・・・
万一・・・上記二つの事が嫌になって
例え相手の本心が表面上の言葉とはまるで異なる事と分かっていても、それを自分の胸にだけ秘めてしまうと
逆にさとり様自身の心が荒んでしまい
多くの人間達の「心の秘密」を自分たった一人が抱え込む結果になってしまい、
相当なストレスを抱え込んでしまうという事になりかねないのかな・・・とも思ったりもします。
要は・・・イソップ昔話の「王様の耳はロバの耳」じゃないけど、
他人の秘密をずーーっと自身の胸にしまっておいたら自身の身が持たなくなるのと同じ事なのかな・・・とも
思ったりもします。
要は・・・大変厄介である意味「哀しい能力」と言えるのかもしれません・・・

だからこそ・・・・私はそうしたさとり様に魅かれてしまうのかもしれないです・・・

さとり様の場合、既に「相手の心=本音」が分かっちゃているから
「会話」みたいなまどろっこしい事は必要ないのですよね・・・
だから・・ついつい
先走りして相手の「心中」をついつい先取りしてついポロっ・・と喋ってしまうだけなのかもしれないです。
さとり様の場合は、言うならば・・・
「会話のデットボール」みたいなものです。
そうですね・・・いきなり問答無用で「核心」を突いてくるという感じなのかもしれないですね。
そういうさとり様に対しては・・・誰かがきちんと一度
会話・コミュニケーションというものは、瞬間で変化する「心のすきま」を配慮しながら、「間」を取って進めていくという事を
さとり様に教えさえすれば、
現在のどことなく「心・・ここにあらず」みたいなやや虚ろな表情から屈託のない笑顔が絶えない女の子に
なる可能性もあるのかもしれないですね。
そうしたさとり様とお付き合いをしたいという人は・・・・どうすればいいのかな・・・??
うーーん、これはかなりの「覚悟」が必要なのかも・・・
だって・・・さとり様は心が読めちゃうから、
「この人・・・一度付き合ってみたけどやっぱり苦手・・・ダメだこりゃ・・」なーんて思った瞬間に
さとり様がなんだか哀しい表情を浮かべてしまいそう・・・
ま・・・とにかく「自分はさとり様が大好きだぁーーー!!」みたいな一直線の押しと押しでプッシュするしかないですね・・・
だけど・・・
「自分は嫌われ者・・」と心を閉ざしがちなさとり様ににはこれが一番有効な「告白」なのかもしれないですね・・・

それと・・・・
さとり様は・・・既に心が読みとれているからみたいに理屈で
「そんな事は・・・口にしなくても別にいいじゃん!!」なんて思っていたらダメ・・・
それこそ・・さとり様から
「思っている事はちゃーんと口に出して言ってよね!!」と言われてしまいそうな感じはありますね。



2016-3-satorisama-01_convert_20160306170639.png



さてさて・・・先日なのですけど
いつも当ブログが大変お世話になっている「dream fantasy「という素敵なブログを管理運営されている
アミグリさんにまたまたご厚意を頂き、
さとり様のリクエストをさせて頂いたところ、短期間のうちにさとり様を描いて頂けました!!
アミグリ様!! 本当にいつもありがとうございます!!
私がとにかく大好きでたまらないこのさとり様を描いて頂けた事に本当に本当に心の底から
感謝を申し上げたいと思います。

本当にいつもありがとうございます!!

アミグリさんがさとり様を描かれたのは2年振りとの事ですけど
以前の作品もとっても素晴らしいのですけど、今回の作品はそれ以上にもっともっと素晴らしいと思います!!
私はとってもこのさとり様が気にいってしまいました!!
このさとり様、とっても大好きですっ!!
東方を描かれる素敵な絵師の方は本当に一杯いらっしゃいますけど、やっぱり私は・・・
アミグリさんが描かれる東方キャラがとっても大好きです!!
私がとっても大好きな東方絵師の方のお一人だと思います。

このさとり様も、キラキラした背景とかふわっとしたフリルとか
サードアイの雰囲気とか
さとり様のあの哀愁溢れる感じとか可愛らしさが見事に表現されていると思います!!

まさに私にとっては「宝物」みたいな一枚です!!

本当に今回はありがとうございました!!

私にとっては、ごちうさではないのですけど、まさに「心ぴょんぴょん」なさとり様の日となりました!!

アミグリさんの作品のこちらのブログへの転載は、あくまでアミグリさんからのご厚意によるものですので
くれぐれも・・・・
無断お持ち帰りとか無断コピー等はご遠慮くださいね・・・

最後に・・・・

アミグリさんは、今月・・・3月24日が「お誕生日」との事で、現在「お誕生日企画」と言う事で
お祝いイラストorお祝いメッセージを大募集中との事です。

興味がある方は、是非是非こちらから・・・・→  アミグリさん、お誕生日企画

アミグリさん、本当に今回はありがとうございました!!

どうぞこれからも宜しくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

イラスト掲載と記事の紹介をありがとうございます!!

さとり様のイラストを掲載してくださり、ありがとうございます!!
こちらこそ、リクエストをしていただき、とっても嬉しかったです。

そして、お誕生日企画の記事も、紹介してくださり、ありがとうございます!!

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!!

素敵な「さとり様の日」でした!!

アミグリ 様


いえいえ、こちらこそ本当にありがとうございました!!

おかげさまで本当に素敵な「さとり様の日」を過ごすことが出来ました!!

アミグリさんが別ヴァージョンで描かれたさとり様もとっても素敵です!
まさに両方とも甲乙付け難いです!!

どうぞこれからも宜しくお願いします!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2747-77b520d6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |