プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12.市立川口高校


  B/無言の変革~問い(信国康博)


  このブログにおいては「市立川口高校」とか「無言の変革シリーズ」については、本当に
  何度も何度も記事にしていますので、古くからこのブログをご覧になっている方ですと、
  「なんだよ・・・このブログのポンコツ管理人はまたしても市立川口の無言の変革の事を
  書くのかよ・・・本当にしつこいね・・・」みたいに感じる方も中にはいらっしゃると思います。
  改めてですけど・・・・
  このブログの開設の真の目的は、実は・・・前から何度も書いている通り、
  歴史に埋もれがちな過去の吹奏楽コンクールの「決して忘れてはいけない名演」の事を
  文字として・・・一つの記録文として後世に伝えておきたいという事であり、
  特に特に・・・・

  ○1982年の花輪高校のウォルトン/交響曲第1番

  ○1982年の就実高校のトゥリーナ/幻想舞曲集

  ○1979年の市立川口のネリベル/二つの交響的断章

  ○1981~82年の市立川口の「無言の変革」シリーズ

  ○1987年の雄新中学校のワーグナー/楽劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列

  などのように「絶対に後世に伝えておきたい素晴らしい演奏」を記録として形に残しておきたいという事が
  このブログの「実は忘れてはいけない大切な意義」なのだと思っています。

  ま・・・そうは言っても・・・上記の演奏は既に30年以上前の話であり、
  これらの演奏については・・・正直・・・忘却の彼方という傾向にあるのは残念ながら
  否定は出来ないと思います。
  そう・・・! だからこそ私は伝えたいと思うのです。
  一人ぐらい・・・そうした過去演奏の素晴らしさを何度も何度も書く人がいたっていいじゃない・・というのが
  実はこのブログの「大切な原点」でもあるのです。

  そうですね・・・・

  確かにここ数年の吹奏楽コンクールの素晴らしい演奏は本当に賞賛に値するものぱかりです。

  だけど・・・
 
  今現在の感覚・・・今現在の審査基準で上記の演奏を聴いても・・・正直・・・全く色褪せてはいないと思います。
  否!!
  今現在でも十分に通用する演奏ばかりだとさえ思います。

  私の中では、私の「音楽論」を語る上では絶対に外せない演奏と曲が、これまで何度も書いている通り
  花輪高校のウォルトン/交響曲第1番なのですけど
  それと同じくらいの影響度を私に与えてくれたのが・・・そう・・・この「市立川口高校吹奏楽部」なのです!
  このブログで何度も登場している「浦和の調ちゃん」は、さいたま市をモデルにしていますけど、
  私の今の自宅は、限りなくさいたま市に近いのですけど、実は・・「川口市」なのです、
  そうですね・・・
  かつて伝説的な素晴らしい名演を聴かせてくれた市立川口高校が存在している市にこうやって自分が
  居住している事は・・・・実は・・・私の「誇り」なのかもしれないですね・・・・(笑)

  1981~82年のこの2年間に渡る市立川口の「無言の変革」シリーズの際は、
  私は高校1年~2年の時だったのですけど、
  音楽の事なんか何も分かっていない当時の自分にとっては、市立川口の演奏の「毒」は
  効果覿面でしたね・・・・
  結果的に・・・・
  「こんなもの凄い事をやってのける高校の演奏を是非生で聴いてみたい!」とか
  「まずは高校を卒業し上京し、出来ればこんな凄い学校がある川口市に住んでみたい・・・」とか
  考えるようになり、
  なんと・・・・! 本当に後年川口市内に家を建てて、川口市に永住するという事に
  まさか本当になってしまいましたからね・・・・(苦笑・・・)
  それだけ「市立川口」の演奏は、結果として、とある田舎の県立高校の吹奏楽部在籍の
  青少年の運命すらも左右する事になっていましたし、
  それだけインパクトのある演奏を聴かせてくれたという事なのだと思います。
  その意味では・・・「市立川口高校吹奏楽部」の存在は、私にとっては
  「秋田県立花輪高校吹奏楽部」の存在と同じくらい、私の人生を変えてしまった存在と言えると思います。

   この二つの学校に対しては、私は・・「感謝」という言葉しかありません!!

  課題曲Bですけど、
  とにかく信国先生らしいアクの強いというのか個性的な解釈を聴かせてくれています。
  プログラム第14番の福岡工大付属の演奏も、前半部分はかなり遅めのテンポ設定をしていますけど
  市立川口もそれ以上に大変遅いテンポ設定をしています。
  福岡工大付属の場合は・・・何となくですけど
  曲の持つ素朴で幽玄的なメロディーに指揮者と奏者の気持ちがついつい入り込んでしまって
  曲に飲まれる形で遅めのテンポになってしまったみたいな印象もあるのですけど、
  市立川口の場合は、そういう感じは全くありません。
  否! あれは・・・信国先生の作為的なものですね・・・
  この課題曲Bの標準演奏時間は4分半なのですけど、市立川口はなんと5分45秒近くもかけています。
  中間部のアレグロはむしろ速目のテンポ設定を組んでいますから、いかに前半が意図的に長ったのかという
  感じてもあるのですけど、
  そうですね・・・一言で言うと・・・
  確かに個性的なんだけども隅から隅までコンクールを意識した計算高い演奏と言えるのだと思います。
  尚・・・この年、信国先生は一般の部も指揮されていて、
  同じ課題曲Bを「川口ブラスソサイェティ―」でも振っているのですけど、こちらのテンポ設定は普通です・・・
  ああいうヘンな解釈を取っていたのは市立川口の時だけのようだした・・・

  そして何と言っても圧巻は「無言の変革」~問いですね!

  自作自演とか演奏ユニフォームが当時としては斬新だった真っ赤なブレザーに白スカート(白ズボン)とか
  それだけで既にお腹一杯状態なのですけど、
  普門館の舞台で繰り広げられたものは・・・まさに・・・衝撃的なものでした!!

  打楽器奏者が10人くらいいたかな・・・・・
  普門館のステージにとにかく打楽器をずらーーーっと並べ、
  二台のティンパニ、大小のチャイム・カリヨン(鐘)・大小のドラ、様々なトムトム、各種鍵盤打楽器を
  曲の冒頭から叩きまくっていましたね・・・・
  普門館の雛段の最後部の壇だけでは足りなくて、左側と右側にも打楽器を並べていましたね。
  確か、当時・・・「あれは打楽器品評会・・」みたいな悪口を言っている人もいましたけど、
  とにかくあの膨大な数の打楽器を10人ぐらいの奏者が同時に鳴らしている光景は、まさに・・
  圧巻以外の言葉が出てきませんね・・・
  さらにその上で、
  曲の中間部あたりで突然ホルン奏者等が立ち上がり体をくねらせながら「法螺貝」を吹きまくったり
  グランドハープを恐らくコンクール史上初めて普門館に持ち込んだりと
  とにかく見た目の演奏効果は抜群でした!!
  曲自体とても斬新でしたね・・・・
  アルトサックスのソロも素晴らしかったです!!
  当時としては、「やや硬直化しマンネリ気味だった自由曲の選曲」について
  「こういう方法はどうなのか・・・・」という斬新な「問いかけ」という意味合いももしかしたら
  信国先生は意図していたのかな・・・・?

  曲の終わらせ方も極めて秀逸で、コラール風に荘厳に鳴り響き、
  「これから何かとてつもないことが始まろうとしている・・・」みたいな事を暗示するように
  大変高潮化したような気分のまま興奮のるつぼのまま
  曲が劇的に閉じられ、
  とにかく「凄まじいインパクト」は残してくれたと思います。

  あの自作自演の演奏は、確実に普門館の聴衆に「何か」は伝えていたと思います。

  ま・・・確かに賛否両論ある演奏なのは間違いないのですけど、
  あの意味深なタイトル・・・「無言の変革」とか「問い」とかそれだけでも既にお腹一杯なのですけど、
  打楽器を「これでもかっ!!」と全面的に押し出して、威圧的に・・・上から目線みたいな感覚で
  「とだっ! 参ったか!! 音楽と言うものは時にこうしたインパクト性だけでも面白く構成できるんだぞー!」と
  迫られた演奏に・・・・
  確かに当時の私は・・一発でKOされてしまったのです・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2745-c341a8af
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |