プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


14.福岡工業大学付属高校


 B/民衆の祭りのためのコラール(C.ケクラン)

 
 これは「伝説の名演」だと思っています。
 特に自由曲のケクランの「民衆の祭りのためのコラール」という
 知る人ぞ知るあの名曲をあここまで内面的に掘り下げた演奏は非常に稀有な事だと
 思っています。
 驚くべきことに、この年のこのチームは演奏人数は41名だったという記憶があります。
 打楽器奏者も4人だけです。
 この年、1981年から規定が変更となり、中学と高校のA部門は従来の45名から最大50名まで可となり、
 ほんどとのチームは定員一杯の50名で出場しているのに
 他のチームよりも10人程度も少ないハンティを全然ものともせず、これだけ堂々とした正攻法の演奏を
 内省的に聴かせてくれたこのチームの「音楽的完成度の高さ」には本当に頭が下がる思いです。
 本当に・・・そうした小編成を全く感じさせない音楽的に充実した素晴らしい演奏を後世に
 残してくれたと思います。

 課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュは、
 少々丁寧過ぎたことが裏目になり、前半がかなり間延びして聴こえた感じはあります。
 この課題曲は、題名通り「東北地方に伝わる民謡」をベースにし、
 具体的には「南部牛追い歌」「津軽じょんがら節」「庄内おばこ」「南部二下り甚句」といった東北の人ならば
 一度くらいは耳にした事がある懐かしいフレーズが次から次へと出てきますけど
 個人的には一番「懐かしいな・・・胸にしみるな・・」と感じるのは「南部牛追い歌」ですね・・・
 また・・・打楽器編成の中に和太鼓・締太鼓といった日本の伝統楽器が登場するのも大変興味深いものが
 ありましたし、部分的に「ガラガラ」みたいな打楽器も登場していました。
 序奏は大変幽玄的で、アレグロの展開部分は大変ヴァイタリティーがあり、ラストのトランペット二重奏で
 しんみりと閉じられる・・・
 構成的にも大変巧みなものはあったと思います。
 福岡工大付属の場合は、序奏から前半の「幽玄的」な部分が
 「たっぷり歌おう、うたおう・・・」みたいな意識が強すぎたのかな・・・
 歌い方が丁寧過ぎというのかヘンに理屈っぽいという感じがして、
 そうですね・・・東北出身の私が聴いても、なんか「これは東方の民謡では無いな・・・ちょっと違うのかも・・・」という
 印象が大変強いです。
 中間部のアレグロとかラストのトランペット二重奏が大変素晴らしい出来であったゆえに、前半が
 少し勿体無いな・・・と感じたものです。
 この課題曲Bは、全国大会・高校の部においては、九州・四国・中国・関西といった西エリアのチームは
 ほとんど演奏していません。
 そうですね・・・
 これは・・・「大阪俗謡による幻想曲」が関西のチームばかり演奏する事が多いという事実と似た側面があるのかも・・・
 一つの「郷愁」というのか「血が騒ぐ感覚」というのに
 通ずるものがあるのかもしれないですよね。

 自由曲は二つの部分から構成されていますけど、どちらの部分も終始ゆったりとした音楽から
 成り立っています。
 ことに前半は木管楽器のコラールが非常に清らかで心にしみます。
 後半は、トランペットのファンファーレから開始され、このファンファーレにミスはあるのですけど、
 ミスがありながらも、実に心がこもっていてじーんときます。
 演奏自体、もう少し内声部の和音とかに一層配慮して欲しい部分とか
 サウンドがモヤッとしている部分も・・ま・・確かに無いわけではないので、
 少しサウンドの整理が必要ではないのかな・・と感じさせる部分も確かにあったりするのですけど、
 あの「内省的充実感」は本当に賞賛に値すると思います。
 そうなんですよね・・・・
 あのゆったりとした高まりの音楽は、聴いているだけで聴く者に何か「安らぎ」とか「優しさ」みたいなものを
 間違いなく与えていると思います。
 この演奏を聴くと・・・
 別に音楽というものは、強弱の変化とかテンポの速い・遅いの対比がなくたって・・・
 ゆったりとしたテンポの単調な音楽だって 
 聴かせ方によっては間違いなく人に「何か」を伝えることが出来るという事を改めて教わったような思いすら
 ありますね。
 本当に・・・・「心がこもった」素晴らしい音楽だと思います。
 そう・・・・、この感覚は・・・
 1994年の関東第一高校の「カンタベリーコラール」に近いものがあると思います。
 
 確かに天理みたいな「完璧」な演奏ではありません。
 現在のコンクールの感覚なら、間違いなく金賞は無理です。
 だけど、そうした細かい点を全て帳消しにする
 「丁寧な音楽つくり」・「内面的表情」・「豊かな表現力」・「力任せではない温かいサウンド」が
 そこには確実にあるのです。
 ミスやマイナスがあってもそれを補完できる素晴らしいものがそこにはあるのです。

 自分自身、ここまで音楽というものを内面的に深く掘り下げ、
 どうすれば人の心に訴えることが出来るのかが一目瞭然にわかる演奏には
 それ程出会ったとは思っていませんけど、
 この年の福岡工大付属高校の演奏は、それらを分からせてくれる
 貴重な演奏だと思います。

 この演奏から既に35年以上経過していますけど、
 当時の奏者、そして鈴木先生に心から敬意を表したいと思います。

 本当に「素晴らしい音楽と演奏」を後世の私達に残して頂き、ありがとうございました!! と・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2743-9f97df06
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |