FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


13.東海大学第一高校


  B/吹奏楽のためのカタストロフィー(保科洋)


  前年度1980年の初出場時のネリベルの「二つの交響的断章」のあのすさまじくアクの強い
  個性漲る演奏とは全く対照的に
  この年の演奏は大変淡泊で薄味で印象度が極めて薄い演奏を聴かせてくれています。
  うーーん、正直・・・前年度と比べてしまうと、
  見事なまでに「個性」が喪失し、無難な演奏になっていて、
  「この演奏は・・・らしくない・・」と感じてしまいますね。
  何だか・・・・借りてきたネコみたいな演奏と言うのかよそ行きの演奏・・・みたいな気さえします。
  全体的な印象としては、この年が実は初出場なのではないのか・・と勘ぐってしまいそうな
  技術的にも表現的にも未熟な感じが漂います。
  あれれ・・・そうなると前年度のあのネリベルの「二つの交響的断章」における凄まじいくらいの
  果敢に音楽を攻めるあの積極性は一体何だったのだろう・・・
  そうですね・・・
  このチームとしては、この年は2回目の全国大会という事で、まだ後年のあの「強烈な個性」が
  必ずしも確立されていなかった頃の演奏という事になるのでしょうね。

  課題曲Bですけど、前半はもっと歌って欲しかったです!
  あっさりと進展し、中間部のアレグロに入ってもサクサク進行し、
  ヴァイタリティーの表現には至っていない感じ・・・
  後半近くのティンパニソロ以降、全体が明らかに何か動揺し、音楽の縦と横がかなり崩壊気味だったのも
  印象を悪くしていると思います。
  自由曲の「カタストロフィー」ですけど、
  もっともとっと・・・あの「ドロドロとした感じ」が欲しかったです!!
  悲劇的結末に向けて劇的に音楽が展開するという曲ではないのですけど、
  もう少し・・・
  内面的に掘り下げたもの・・・個人の心の葛藤とか迷いとかそうした「ドラマ」を表現して欲しかったと
  思います。
  確かに技術的には特に問題はないし安心して聴く事は出来るのだけど
  音楽としての「インパクト」が弱い上に、
  このチームとしては珍しく・・・とにかく無機質に無表情に淡々と音楽が進行していくから
  なんか勿体無いな・・・・とは思いますね・・・

  保科洋の「カタストロフィー」なのですけど、
  この曲は、正直「陰鬱」です・・・・
  決して楽しい曲ではありませんし、
  金管・打楽器が咆哮しどんちゃん騒ぎするような曲ではなくて
  内省的な曲です。
  「カタストロフィー」とは元々「悲劇的結末」という意味らしいのですけど
  純粋にこの曲をBGMとして聴くと確かに「悲劇性」みたいなストーリーは伝わってきます。
  だけどこの曲、決して派手な曲ではありません。
  むしろ相当地味な曲です。
  打楽器も、ティンパニー・大太鼓・小太鼓・シンバル・シロフォーン・タムタム・チャイムぐらいです。
  タムタムもチャイムも静かな部分で使用されるためほとんど目立ちません。
  静かで陰気な序奏、そして展開部、静かに揺れ動く中間部、クライマックスで一時盛り上がるものの
  ラストは静かに陰鬱に閉じられるという構成を取っています。
  ラストも決して「すっきり」と終わるような感じではなくて
  微妙に「後味の悪さ」を感じさせてくれます。
  気分が乗っていない時にこの曲を聴いてしまうと、
  「ああ、何のために自分はこの世に生を受けたんだ・・・・」と何か「原罪」みたいなものも
  思わず考えてしまうような曲でもあります。

  後半のクライマックスでティンパニーの乱打がありますけど
  あの部分はかなりインパクトがあったりします。

  「カプリス」ほどではないけどこの「カタストロフィー」も本当に陰鬱な世界ですよね・・・
  地味に「厭世的」なものを陰々鬱々に語られているような錯覚も覚えたりもします。

  うーーん、正直、「復興」と同じ作曲家という感じはあまりしない・・というのが
  率直な感想です。
  だけど保科さんの初期の頃の厭世的な感覚を堪能されたい方には
  うってつけの作品のような気もします。
  
  そうですね・・・私としては・・・「復興」も素晴らしい曲ではあるのだけど
  最近ほとんど演奏されていない「愁映」も大好きな曲なんですよね!!
  何がいいかと言うと、やはりあの独特の「孤独さ」・「寂しさ」・「憂い」なのかな・・・

  この曲は、正直それ程大胆に盛り上がる曲ではありませんし、
  金管・打楽器が咆哮する曲ではありません。
  どちらかというと、ゆったりとした部分が多く、ffの部分もほとんどありません。
  せいぜいラスト数小節程度です。
  だけど、この独特の「寂しさ」・「ゆったりとした内面的な高まり」、ホント、いいと思います。
  中間部のチャイムが静かにコーンコーンと響く感じも大好きです。

  この曲、自分の勝手なイメージとしては
  晩秋の少し風が冷たい時期に、
  京都の神社仏閣詣りとか伊勢神社に参拝した帰りに
  紅葉がひらひらと舞い降り、
  道を紅葉が真っ赤に染め、その真っ赤な道を静かにしゃりしゃりと紅葉を踏みながら
  ゆっくりと散策を楽しむ・・・
  なんかそういうイメージがあるのですよね。

  ホント、何か「日本人の忘れた何か」を呼び覚ましてくれる哀愁と寂寥感溢れる
  不思議な曲です。

  保科洋というと・・決し忘れてはいけない曲の一つだと思います。

  あれれ・・何だか1981年の東海大学第一から随分と話題がそれてしまいましたね・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2741-c04b9229
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |