プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.富山商業高校


  B/シンフォニエッタ~Ⅲ・フィナーレ(L.ヤナーチェク)


  そうですね・・・
  一言で述べると、確かに難点はあるのだけど「何か」を伝えるとても魅力的な演奏だったと
  思います。
  当時発売のソニーから出ていた「日本の吹奏楽」のLPレコードに封入されていた白黒の演奏写真からも
  金管奏者がかなり数が多いという雰囲気は既に窺えていたのですけど
  出てくる音にもとにかく金管セクションの優秀さと圧倒的パワーが伝わってきていました。
  率直に言うと、
  翌年の「ロメオとジュリエット」の歴史的名演とか83年の「海」の「冬の日本海」を彷彿とさせるような
  冷たい感じとひそやかな感じの演奏に比べると
  ま・・確かに少しやんちゃな香りが漂い、82年~83年の演奏、そしてなぜか知らないけど
  あの素晴らしい名演が銀賞で終ってしまった84年の「ハーリ・ヤーノシユ」と比べると
  一歩も二歩も見劣りがしてしまうのは否定は出来ないとは思うのですけど
  それでもあの豪快な感じとか繊細さと粗っぽい感じが妙なアンバランスな感じでミックスされた「シンフォニエッタ」の演奏には
  やはり「何か」を感じてしまいます。

  この年もそうした傾向があるのですけど、富山商業というとついつい「豪快でよく鳴る金管セクション」みたいな
  イメージもあったりするのですけど、
  いやいや、そんな事はないと思います。
  この頃の富山商業は実は木管セクションも大変優秀だったと思います。
  ま・・それを如実に示しているのが、後述しますけど自由曲の「シンフォニエッタ」における
  木管セクションの「女声コーラスみたいな不思議な透明感溢れる装飾音符」だったと思います。

  課題曲Bですけど、うーーん、一つ前の花輪高校のあの前半の幽玄さと後半のヴァイタリティーの二つの側面を
  巧みに表現したあの素晴らしい演奏を聴いた後だと
  ま・・・確かにちょっと見劣りしてしまうのかな・・・
  どうしても花輪のあの「洗練された柔らかくてそれでいて幽玄の香りが漂うサウンド」を聴いた直後に
  同じ課題曲を聴いてしまうと・・・・
  ま・・・何となく「ちょっとな・・・」と感じてしまうのはやむを得ないのかもしれません。
  だけど中間部のヴァイタリティーさは十分発揮されていたと思いますし、
  ラストのトランペット二重奏のソロに関しては、元々金管セクションの優秀さには定評がありますので
  やはり「さすがだな・・・貫録と余裕があるな・・・」と感じてしまいますね。
  富山商業と言うと、課題曲にマーチを選ぶ傾向が強いのですけど、
  例えば・・・83年のインヴェンション第一番とか87年の風紋とか88年の深層の祭りとか
  マーチ以外の課題曲も指揮者の坪島先生の音楽的センスがかなり光っていたと思いますし、
  無難な感じの中でも時折個性的な表現を盛り込むなど
  やはり「ベテラン指揮者は違うな・・・」と当時感じる事も多々あったものです。

  さてさて・・・・

  圧巻は何と言っても自由曲の「シンフォニエッタ」だったと思います。

  この「シンフォニエッタ」なのですけど・・・・

  この曲の原曲における最大の特徴は、
  トランペット11本・ユーフォニウム2本の計13本のバンダ(別働隊)が
  管弦楽団とは別に配置されているという事だと思います。
  第一楽章は、このパンダ(別働隊)とティンパニだけによる「ファンファーレ」として高らかに
  演奏されます。
  そして、第五楽章の後半で、再度このバンダが演奏に加わり、第一楽章のファンファーレが
  管弦楽団と共に再現されていき「華麗なる音の絵巻」を展開していきます。
  第一と第五楽章を挟む第二~第四楽章もかなり面白く、
  第二楽章は、民族舞曲的な要素も感じられ、
  第三楽章は、自由な発想で音楽が展開されていきます。第三楽章の出だしはゆったりと始まるのですが、
  途中でトロンボーンの相当難易度の高いソロが展開され、ここの部分は非常に聴き応えがあります。
  又第三楽章ではチャイムも使用され、演奏効果を上げています。
  第四楽章は、何か懐かしい響きが感じ取れます。
  第五楽章は、前半は何かモヤモヤとしているのですが、後半から第一楽章のファンファーレが
  再現され、バンダと管弦楽団とティンパニーが本当に「華麗なる音の絵巻」みたいな風景画のような
  音作りを展開していきます。
  第一と第五楽章のティンパニ奏者は、見ていて本当に格好いいです。打点をピシっと決めて、要所要所の
  リズムを決め打ちする様子はまさに惚れ惚れとするものがありますね!
  ああいう曲でティンパニを中央位置から叩けたら・・・奏者冥利に尽きると思いますね!!
  ちなみにですけど・・・・
  第一楽章と第五楽章のバンダは、立ち上がっての「スタンドプレイ」をします。
  金管楽器13本の響きは華麗であり、迫力満点です。
  第五楽章の華麗さは、第二~第四楽章があるから、余計に引き立っているような
  感じもします。
  全体的に、テーマの提示⇒生成⇒分裂⇒展開⇒テーマの再現を「交響曲」という形式で
  表現したようにも思えますが、
  個人的には20世紀の傑作交響曲の一つとすら感じてしまいます。

  さてさて・・・上記の話はあくまで「原曲」の話なのですけど
  1981年の富山商業は吹奏楽用にアレンジされた楽譜を使用し、ま・・・コンクールには「人数制限」が
  ありますので、原曲みたいな13人編成の「バンダ」とかは組むことは出来ませんでした。
  そして・・・金管奏者によるスタンドプレイもありませんでした。
  ま・・・それはコンクールという事を考えると仕方がない事ですね。
  その分この年の富山商業はトランペット奏者を7人ほど使い、バンダに近いような効果は
  間違いなくあったとは思います。
  ちなみにですけど・・・
  1990年の全国大会でやはりこの「シンフォニエッタ」を自由曲に選んだ関西学院大学は
  「スタントプレイ」を実践していました・・・

  富山商業の演奏は、第三楽章がとにかく美しかったですね。
  木管セクションのファンタジー感も十分溢れていました!!
  ま・・トロンボーンソロは・・・もうちっと頑張って欲しかったかも・・・・
  そして圧巻はやはり第五楽章のフィナーレ!!
  本当にあれはまさしく・・・「華麗なる音の絵巻」という感じでした!!
  金管セクション、特にトランペットの豪快な鳴りも素晴らしかったですけど、同時に
  木管セクション・・・特にクラリネットのトリル音・装飾音符におけるなんか女声コーラスみたいな「空耳」すら
  聴こえるあの不思議な透明感は本当に素晴らしかったです!!
  この演奏・・・ブレーンから発売されているCDにも収録されていますけど、
  改めて聴いてみると・・・・
  ま・・確かに第五楽章においては、目を閉じて聴いているとなんとなくですけど、確かに「女声」みたいなエコーが
  響いています。
  確かに・・コーラスみたいに聴こえる箇所もありますから、
  やっぱりこの年の富山商業の木管はかなり優秀だったのだと思います。
  反面・・・金管セクション、特にトランペットは確かに豪快で良く鳴っているのですけど、
  高音が連続する箇所においては、部分的に音が濁ったり音程がぶら下がり気味になってしまうのは・・・
  ま・・・これはアマチュアの演奏としてはこれが限界だったのかもしれないですよね。

  だけど・・とにかく若さ溢れる素晴らしい演奏だったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2740-952786ff
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |