FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「聖白蓮」を語る上での最大のキーワードはもしかして・・・「全てを平等の世へ・・」という事なのかも
しれません。
先日のこのブログの記事にて「近未来の格差社会」の私の脳内妄想みたいな記事を書いたのですけど、
絶対平等主義の聖白蓮の視点でリアル社会のそうした「格差社会」を眺めてしまうと、
「まったく・・・人の世と言うものは本当に生きにくいものだ・・なんとかそうした格差とか差別がない
平等の世を実現できないものなのか・・」という
歯がゆい思いで一杯なのではないのかな・・・とも思ったりもしますね。

「人も妖怪も神も仏も全て同じ!!」という聖白蓮の理念と言うものは、
そうですね・・・
現時点の「幻想郷」という小さく閉じられた世界ではあるのですけど、
達成できているような感じがあります。
聖白蓮は、それまで確かに人間達を襲ったり食らったりするけど人間たちによって不当に迫害や差別を
受ける事の多かった妖怪たちに対しては、その妖怪たちが真剣な意図で臨んでくれば場合によっては弟子入りを認め、
命蓮寺内で白蓮と共に読経・座禅・写経等の仏道の修行を積んだり
また人間に対しては、妖怪と同じような接し方をしている感じが強いです。
東方の舞台となっている「幻想郷」なのですけど、実は・・・白蓮登場までは「お寺」というものは一つも存在
していませんでした。
一応・・・・霊夢が巫女を務める博麗神社とか
神奈子・諏訪子といった「はた迷惑な」(?)神様が主神として祀られ早苗が巫女さんをしている守矢神社という
神が祀られる神社と言うものは確かに存在はしていたのですけど、
両神社共にそこに参拝に行くまでが大変な事ですし参拝客がほぼ妖怪たちばかりという事で
(守矢神社は妖怪の山という妖怪がうじゃうじゃいる山の上に建立されていますからね・・・)
正直・・・人間からの「信仰心」の対照としては対象外という感じになってしまうのかな・・・?
そうした幻想郷内において、
外れではあるけど人里内に建立されているという立地条件の良さに加えて
幻想郷内に登場する神社仏閣等の宗教施設としては最も里に近く行きやすいという理由も大きいですし、
元々の姿が「宝船」という大変縁起の良いものであった事から
聖白蓮の「命蓮寺」には、妖怪以外にも多くの人間達が「ありがたや、ありがたや・・」という事で
参拝に出かけたり、本尊の寅丸星が財宝を集める縁起の良い力を持つため、お詣りをする事で
なにか「現世利益」をもたらしてくれるのではないのか・・・神頼みの参拝客が多いのだと思われます。
そしてそうした参拝客だけでなくて、
人間の墓の管理、葬式、一般人へ仏法を説く事、月一の「夜通し読経ライブ」もお寺内で日常的に行われていて
白蓮と人間の間の交流も順調に推移しています。
そして・・・定期的に縁日も行われていて、多くのお店が出店し大変な賑わいを見せていますので
そうした意味においては、
ま・・確かに幻想郷内全体とか外界の人間界とまではまだいっていないし、
あくまで「命蓮寺内」というごく限られた世界ですけど
まずは・・・
聖白蓮が理想としている「人と妖怪の平等」とか「全てを平等の世へ・・」とか「人と妖怪の日常的な交流」という
目的は十分すぎるほど達成できているのかな・・・と思われます。
ま・・それは白蓮の「人徳」というものが一番大きいのかな・・・とも思ったりもしますけどね。
だけど・・・
そうした白蓮の考え方というのがある程度幻想郷内において浸透し認められつつあるという事なのかも
しれないですね。
そうですね・・・
現在の幻想郷ですと、前述の通りどうしても博麗神社とか守矢神社の二つの神社の場合は
参拝客が妖怪に限定されてしまいがちというのに対して
聖白蓮の命蓮寺の参拝客は妖怪も人間も全て分け隔てなく参拝が可能ですし、
白蓮の唱える「平等の世」というものが実現化されていますし、何よりも妖怪と人との交流がある程度は
実現出来ている点は「さすが白蓮・・・」という感じでもありますね。
ま・・・霊夢の視点から眺めてしまうと・・・・
「うーーん、たたでさえ少ないお賽銭収入がまたまた減ってしまう・・・ぜーんぶ命蓮寺に
持っていかれてしまう・・」という感じになってしまいますね・・
ま・・・霊夢の場合、そうした場合でも、博麗神社の信仰を集めるために何か自身が努力するという事は全くせず
「命蓮寺の本尊にある毘沙門天を参考に、うちの神社にもなにか客寄せとなる何かはないか・・
そうだ・・あの大木を神木という事にしてしまえば少しは人を集められるのではないか・・・」みたいな
安直な発想をついついしてしまうのが・・・ま・・この人らしい話ですよね・・・・(笑)
いや―――、私は霊夢のこういう所は本当に大好きですっ!!

さてさて・・・・

ここからは少し話がそれるのですけど、
東方Projectには本当に魅力的なキャラがてんこ盛りなのですけど、そういう数多きキャラにおいても
中には・・・
「え・・・・この人、何を考えているの・・?」みたいに思ってしまうキャラもいたりもします。
そうですね・・・・
今の自分にとってそういうキャラの代表的な存在は・・・・守矢神社の主神でもある八坂神奈子と諏訪子かな・・・
(ま・・・大部分は神奈子の方ですけど・・・・)
ま・・・この事はその④・その⑤の記事で語られると思うのですけど
そもそも・・・
神奈子さえ余計な事をしなければ・・・
あの「山の産業革命」とか言う計画さえ思いつかなければ、
地霊殿のあの騒動も起こる事は無かったし、地霊殿のさとり様の平和な生活が乱される事もなかったし、
「妖怪の味方をした」という事で長期間「魔界」に封印されていた聖白蓮の復活もありえなかったですからね・・・
どうなんだろ・・・
神奈子は神道系の神様なんだから、本音としては・・・
「仏教勢力の代表格である白蓮を復活させたら、あまり気分の良いものではない・・・」と思っているはずなのかも
しれないのですけどね・・・
白蓮が魔界に封印されたと同時に、当時・・・白蓮を慕っていたムラサ・雲居一輪なんかも地底世界に封印されていて、
地底のさとり様のペットであるアホの「お空」に「核融合能力」なんていうとてつもない力を授けてしまえば
場合寄ってはお空がヘンな方向に暴走し、
地底に封印されていたムラサたちの復活を招き、それがひいては白蓮の復活すらも招きかねないという事は
予想しなかったのかな・・・・?
ま・・・神奈子としては、「幻想郷内にも新しいエネルギーを入れたい・・」という事で
核融合の力を呼び込もうとしたのでしようけど
その力を与えた相手があまりにもアホすぎた・・・という感じなのでしょうね・・・(苦笑・・)
ま・・・地底の間欠泉騒動のどさくさ紛れにムラサ達が地上に脱出し、白蓮復活のために動き出しましたからね・・
それと・・・諏訪子は、命蓮寺建立の土地について地ならし等の協力をしていましたけど、
命蓮寺の地下には・・・・とあるとてつもないものが眠っていましたよね・・・・
あれ、どうなんだろう・・・
神奈子と諏訪子としては、もしかして・・・・
「豊聡耳神子と物部布都が1400年以上眠っている夢殿大祀廟の真上に白蓮の命蓮寺を建立させることで
道教の権現でもある神子の復活を阻止したい・・」みたいな意図はあったのかな・・
だけど・・・
結果論になってしまうのかもしれないですけど、神奈子がお空にあのとんでもない力さえ与えなければ
地霊殿騒動とか白蓮や神子の復活もなかったと言えなくもないものですから
ま・・・何か異変が起きる度に駆り出される霊夢と魔理沙の視点から見ると、
神奈子は・・・・
まさに・・「はた迷惑な神様」という感じでしょうね・・・・
そうですね・・・・
ハピネスチャージプリキュアに登場した地上の神・ブルーも案外・・・・神奈子と同じようなはた迷惑な神様という
感じなのかもしれないですね・・・・(苦笑・・)
ま・・・ハピネスの物語は、大変悪意をもって解釈すると、
兄神がモテモテの弟神に嫉妬して弟神の彼女のミラージュをたぶらかし「異変」を起こした・・・という風にも
言えるのかな・・・?

どうなんだろう・・・神奈子としては・・・・

案外本音としては、
「幻想郷内において一番恐れるべきことは、人々から信仰が失われる事、
信仰が失われると、妖怪の勢力がヘンに強くなったりそれが原因でせっかく結界を張る事で
パワーバランスが保たれているのに、それが崩壊しかねない・・・・
だから・・
とにかく自分達神でもいいし、白蓮の仏教でもなんでもいいから
信仰が失われて、結果的に自分達・神としての意義が失われて、神の存在が人々から忘れ去られる」
という事を恐れているのかな・・・?
だからこそ・・・・
白蓮の復活も容認せざるを得ないみたいな感じなのかな・・・?

そうですね・・・・神奈子にとっても白蓮にとっても
霊夢の博麗神社のあの「寂れ様」・「荒れ放題」・「信仰心の無さ」に危機感があったのかな・・・
神奈子にとっては、人々から「信仰心」が喪失される事か自身の存在意義にもつながるので
白蓮の「神も仏も同じ」という事に対しては案外共感できるものがあるのかも・・・?
神奈子にとっては・・・・仏教・神道関係なく、とにかく人々の心の間に「何かしらの信仰心」が存在している事の方を
重要視しているのかもしれないですよね。







さてさて・・・ここから先はいつもの通りに
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている「dream fantasy」を管理運営されている
アミグリさんが描かれた素敵なイラストをご紹介させて頂きたいと思います。

上記のイラストはアミグリさんが2014年に描かれた「サマーひじりん」です!!

これって本当に素晴らしいイラストだと思います!!

だって・・・お美しいし、何よりも・・ほのかなお色気がとっても上品に描かれていると思います。
ある意味とっても色っぽい白蓮ですよね。
すこしけだるい感じがするのは、この素敵なイラストが描かれたのは9月ですので
残暑のだるさと季節の変わり目の哀愁みたいなものが示唆されているものだと思います。

昔・・・・「きれいなおねーさんは好きですか?」みたいなキャッチコピーのCMがありましたけど
まさにその通りの「綺麗なお姉さんの白蓮さん」だと思います。

命蓮寺には現在多くの白蓮を慕う弟子たちが居住・居候をしていますけど、
確かに・・・
こういう素敵なお姉さんがいるのだしたら・・・
私も・・・
今日からすぐにでも命蓮寺に居候をさせて頂きたいものですね!!

それとアミグリさんの最近の作品の中では、十六夜咲夜とか妖夢も本当に本当に素晴らしいのですけど
比較的最近の作品として・・・・

クラウンピースもとっても可愛いと思います!

アミグリさんのクラウンピースは・・・・ →  クラピー By アミグリさん

それと・・・上記にもちらっと登場した守矢神社の巫女さんの早苗さんもとっても素敵!!

→ 早苗さん By アミグリさん

是非是非一度ご覧頂けると幸いです!!

次回の東方語りは・・・・プリズムリバー三姉妹からルナサを取り上げ、そして・・聖白蓮 その④を
取り上げる予定です。<
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。本日は朝早くからコメント、誠にありがとうございました☆
体調はほぼ全快と聞いて安心ですが…まだまだ冬は続いてますので、引き続き
体調にお気を付け下さいね。

本日のコメントでは…紫様と藍様の様付けに気付いてくださってくださり
ありがとうございました!これは正直、自分でも全く意識してなかったです(笑)
私の場合、キャラの呼び方は…どの作品でも結構バラバラで、東方の場合は…
特に藍様は橙が「らんしゃま~」と呼ぶイメージが強いからです(笑)紫様は
「ゆかりん」という呼び方はキュートで可愛いイメージですが、私の中では
特に「威厳」を感じるキャラで、なんだか様付けしたくなる…という理由ですね。
橙は…藍様や紫様に可愛がられる、可愛い小さな子猫ちゃん!という感じです。
実は東方ワンドロイラストの中では…納得がいかない作品もいくつかある中で
個人的に橙は特に満足した出来だったりします(笑)そして…これは主に髪型や
衣装の布面積という裏事情もあったりしますが(他にはリリカ等)、衣装が手に
入ったらコスプレもしてみたい…!と思っているキャラの1人だったりします(笑)

今回のコメントではレティをピックアップしてくださってありがとうございます!
そうですね、このレティは九十九姉妹とセットでしたね。九十九姉妹の和楽器、
プリズムリバー3姉妹の西洋楽器…和洋それぞれのキャラに合った楽器で
個性的で面白いですよね。レティは雪のトーンと相性がぴったりですよね☆
個人的にこの時のレティのイメージは…一緒に画像を出した絵師様の描かれた
温かみのある優しい雰囲気のレティのカードのイメージから描いたものでした。
その影響が絵にも現れたようで、感じて頂け嬉しいです!

レティのチルノに対する思いは…このブログで取り上げられるまで意識
しなかったのですが、比較される事に抵抗があるようでありながらも、優しい
気持ちもあると信じています!ぬくぬく先生様がお考えになった、けーね先生の
チルノの保護者呼び出しエピソードも、なんだかんで付き合ってくれるでしょう
ね。そしてお茶目な所があるのも良いと思います!

私と似ているキャラでは…あっきゅんとの共通点を見つけてくださり、ありがとう
ございます!毒の部分に関しては…あっきゅんや幽香以上だと思いますが(汗)、
文やイラストを描く点は共通しますね。でも「才女で可愛らしく聡明」という
のは…あっきゅんはそうだけど私は全然ですよ(滝汗)あっきゅんは春河もえ先生
の個性的で可愛らしい絵柄が印象的ですが、立ち読みですませてしまう事が
多いので、また単行本も手に入れたいと思います。その時は…5分ドロで前に
挑戦したあっきゅんの絵や美麗ポストカード写真の画像も掲載したいと思います。


それから東方では…ついに!ワンドロでフランに挑戦できました!ぬくぬく
先生様とお話をしてからフランの多様性を意識するようになったので、小悪魔
イメージが強かった当初より小悪魔要素は薄くなった作品になったかもですが
ブログに掲載する時はたくさんのフラングッズと共に楽しんで頂けると幸いです。
私のブログでは…別のジャンルですが、まだ冬イメージの絵も掲載したいと思うので
…リリーはもう少し温かくなったら、ですね。東方はストックがたくさんあって
今はまだどのキャラから記事にするか迷っている段階ですが
どのキャラの記事であれ、楽しんで頂けると幸いです。

今日のまほプリも楽しんできました!ぬくぬく先生様のご感想記事も楽しみに
していますね。先日はプリキュアパンでミラクル2枚当たって良かったですね☆
私は…母が買ってくれたカードガムでなんと!校長先生が当たりました…(笑)
今日はこれからプリキュアプリティストアにも行きますし、先日母が私の代わりに
行ってくれて撮影してくれたプリキュアイベントの事も3月には記事にする予定
なので、楽しんで頂けると嬉しいです♪では読んでくださり、ありがとでした☆

ありがとうございます!!

聖白蓮のイラストを掲載していただき、ありがとうございます!!

クラウンピースと早苗のイラストも紹介していただき、嬉しいです。

こちらこそ本当にいつもありがとうございます!!

アミグリ 様


いえいえ!! お礼を言うのは私の方ですよ!!

本当にいつも快く掲載・転載をご了解して頂き本当に毎回毎回感謝しております!

あの「サマーひじりん」の聖白蓮さんは、ほのかなお色気とかその上品さはいかにもアミグリさんらしい
素敵な仕上がりで本当に素晴らしいと思います。

どうぞこれからもマイペースに素敵な作品を描き続けて頂きたいと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2738-2fd042fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |