プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9.嘉穂高校


 D/バレエ音楽「ガイーヌ」~アイシェの目覚めと踊り・レスギンカ舞曲(A.ハチャトゥーリアン)


 高校の部で唯一の課題曲D/青空の下でを演奏したチームです。
 この課題曲D/行進曲「青空の下で」は私自身も吹いた事がありますけど、
 そうですね・・・・技術的にはかなり易しく書かれていて、吹いていて「難しい」と感じる事はまずない曲だと
 思います。
 だけどね・・・なんか繰り返しが大変多い曲みたいな印象もあり、
 「うーーー、なんかしつこいな・・」と感じる曲でもありました。
 この課題曲は、高校の部で演奏したのは嘉穂高校のみという不人気ぶりで、
 高校の部の行進曲はCの「シンフォニックマーチ」に集中してしまいましたけど、
 面白い事に中学の部では逆転現象が起きていて、
 中学の部で課題曲Cを選んだのは伊丹東のみで、それ以外でマーチの課題曲を選んだ学校9校は
 この課題曲Dを選んでいました。
 この課題曲D「青空の下で」ですけど、繰り返しが多く単調な曲のため、
 比較的あっさりと演奏されている事が多かったような印象もありますが、そうした中にあって
 「行進曲を演奏させたら右に出るチームはいない!」と当時から高い評価を受けていた阪急の課題曲Dの演奏は 
 やはり全然違っていましたね!
 ま・・・悪く言うと、無理やり曲に「盛り上がり箇所」を作っているようにも聴こえるのですけど
 部分的にダイナミックスの変化をつけていて、曲の随所に工夫と変化を付けていたのは
 「さすが・・!!」という感じでしたね!!

 さてさて・・・嘉穂高校の課題曲Dですけど、
 これって結構難がある演奏ではないのかな・・と私的には感じております。
 どの辺がマイナスかと言うと、とにかくめちゃくちゃテンポが速い!!
 阪急とか西宮吹奏楽団の落ち着いた「青空の下で」の演奏に耳が慣れてしまうと、
 このあまりにも快速すぎる演奏には「ちょっとな・・いくらなんでも落ち着きがなさすぎる・・」と感じてしまいます。
 ま・・確かに演奏に勢いがあるしノリは大変いいのですけど、
 ビートが全然決まっていないから、「ただかっ飛ばした!!」みたいに感じられるのはなんか勿体ないですね・・・
 だけど・・・
 一転して自由曲の「ガイーヌ」は大変な名演です!!
 特にあのレスギンカ舞曲の一糸乱れぬ快速感は本当にしびれました!!
 課題曲Dとレスギンカ舞曲はある意味同一と言うのか表裏一体みたいな感じもするのですけど、
 片方がビートが決まっていないから落ち着きがないと感じてしまうのに、片方が「ドンビシャ!!」と感じてしまうのは 
 大変面白いものがあります。
 この時代ですけど、ハチャトゥーリアンの「ガイーヌ」というと藤田玄播による名アレンジによる演奏が
 一般的で、この頃は、子守唄+レスギンカまたはアィシェの目覚めと踊り+レスギンカという組合せが一般的で、
 あの「タンカ! タンカ! タンカ! タンカ!!」といった強烈なリズム感と小太鼓の鋭い叩きのイメージが大変強いレスギンカは、
 あれは実は1987年の中央大学の演奏で大変世に知れ渡る事になった林紀人先生による
 アレンジです。
 藤田玄播のアレンジは、林先生ほど強烈なリズム感は感じさせず、どちらかというと
 民族的な泥臭い感じが漂うアレンジだったと思います。
 「アィシェの目覚めと踊り」は出だしから前半のファンタジー感溢れるもやっとした部分の表現が
 とても的を得ていたと思います。
 このチームのサウンドはどちらかというと「洗練さ」ではなくて「少しもっさりとした感じ」の方が目立っている感じも
 するのですけど、そのもさっとした感じが「アィシェ・・」の土臭い感じにマッチしていたようにも思えます。
 中盤以降のゆったりとした踊りみたいな部分も、いかにも「夢見る少女・・」みたいな感じも漂い
 とっても新鮮で素晴らしかったと思います。
 サックスセクションの音が光っていましたね!
 だけど圧巻は「レスギンカ舞曲」でした!!
 あのレスギンカは、まさに・・昨年末に映画化もされたアニメ「ガールズ&パンツァー」の「戦車行軍!!」に
 びったりのイメージでした!!
 あの「熱狂」はとにかく素晴らしいですっ!!
 なんか幕末の日本の「ええじゃないか、ええじゃないか!!」の狂乱にも似たような
 集団の「狂騒!!」を髣髴させる演奏であり、
 なんとなくですけど・・・
 「みんなでいっちまぇーーーーー!!」みたいな集団発狂みたいな熱い躍動感がありました!!
 あのレスギンカですけど、木管がべらぼうにうまいです!!
 あんな速い動きをあここまで正確且つ熱狂的に演奏したレスギンカは、数多き「ガイーヌ」の全国大会の演奏の中でも
 大変印象に残るレスギンカの一つだったと思います。
 もしかして・・・
 課題曲Dのあのめちゃくちゃ速いテンポは、あのレスギンカ舞曲に影響されちゃったのかも・・・??
 面白いですよね・・・・
 課題曲で感じたマイナス要素が自由曲では完璧に逆転しプラス要素になっている・・・
 あのレスギンカ舞曲のクラリネットですけど、とにかく完璧にあのめちゃくちゃ難しい指の動きを消化していて
 素晴らしかったですね!!
 あのクラリネットの音色は、あまりにも粒が揃いすぎていて完璧すぎて
 音色全体がなんかメカニックというか金属的な響きにも聴こえてしまいました。
 なんか・・・
 「クラリネット奏者は、レスギンカの時だけは全員アルトサックスに楽器を持ち替えたのか・・?」と
 勘ぐってしまったほどです。
 
 嘉穂高校は1973年の「ディヴァージェンツ」以来の金賞受賞となりましたが、文句なしの金賞!という感じです。

 指揮者の竹森先生は、私も1984年以降何度もそのお姿を拝見いたしましたが
 やはりいつ見ても「決して大振りしない、ポイントポイントだけを的確に指示した無駄のない動き」が
 大変印象的でした。
 一見見てみると・・・
 「本当にこの先生、腕を動かして指揮しているの・・?」みたいに錯覚してしまうほど
 大振りをしない先生でしたけど
 同時に・・あの温かい指揮と雰囲気は・・竹森先生のお人柄を象徴しているような感じでしたね。
 たとえば・・・85年の「シンフォニーポエム」とか90年の「スキタイ組曲」みたいに野性味溢れる自由曲を指揮された場合でも
 大振りを決してしない指揮ぶりは常に同じだったのが大変印象的です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2725-b78ef298
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |