プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8.早稲田実業高校


  A/アルメニアンダンスパートⅡ~Ⅲ.ロリからの歌(A.リード)


  前年度の1980年をもって1970年代~80年代初頭の東京都支部の高校の部を一手に牽引し続けてきた
  「玉川学園高等部」は、
  1980年度の全国大会と81年の特別演奏をもって一旦は吹奏楽コンクールの表舞台か姿を消すことに
  なってしまいます。
  あれ、どうして玉川学園はこの後十数年以上に渡って吹奏楽コンクール自体への出場をしないように
  なったのでしょうかね・・・?
  あれだけの技術と輝かしい実績があったのにとても勿体無い感じがしますね。
  「吹奏楽コンクール」以上の何か素晴らしい価値があるものを見つけた・・・という事なのかな・・・?
  でも当時高浪先生だってまだまだお若いのに、そんな・・・勇退とか隠居とかを考えるご年齢では
  なかったと思えるだけにとっても謎です・・・
  玉川学園高等部は、1990年代後半より吹奏楽コンクールにも出場するようになり、
  都大会でしたけど、C.ウィリアムズの「バストラーレ」という大変渋くてまさに通好みの曲を演奏されていたのは
  大変印象的でした。
  1999年には19年ぶりに全国大会にも出場し、ギリングハムの「ベトナムの回顧」というこれまた渋い曲を
  大変内省的に演奏されていて、結果は銅でしたけど、
  音楽の中身としては大変充実していたと思います。
  
  話がそれてしまいましたけど、玉川学園高等部が吹奏楽コンクールに出場しなくなって以降は、
  「東京支部」のレヴェルがガクッ・・と下がってしまったような印象が大変強いです。
  ま・・・それは実際の審査結果を見れば一目瞭然・・・
  玉川学園が1976年~80年に「5年連続金賞」の偉業を達成して以降、
  なんと・・・!! 1993年に関東一高と都立永山が金賞を取るまでの12年間は、東京支部の高校の部は
  「全国大会での金賞ゼロという時代が長期間続く事になってしまいます。
  ま・・・この間、関東一・日大豊山・日大二高・錦城・駒澤など勿論頑張っていたと思うのですけど
  ま・・・結果も演奏も正直あんまり芳しくはなかったですね・・・

  そうですね・・・

  私が仙台から上京してきたのが1984年なのですけど、毎年のように都大会は欠かさず聴いていましたけど
  80年代~90年代前半にかけての印象は、本音で書いてしまうと
  「東京支部の高校の部は、日本の首都なのにおそろしくレヴェルが低いブロック・・・
  ええーーー、これなんでなの・・?
  東京って人口が日本全体の1/10を占めていて人口も多いし、文化も発達しているし
  何よりも日本の首都なのに・・・・
  大学・職場・一般の部のレヴェルが異常に高くて、中学もそこそこ・・・
  なんで高校の部だけこんなにレヴェルが低いの・・・??」とマジで感じていました。

  そういう意味において、こうした東京支部の現状を打破した都立永山と
  1990年の「華~吹奏楽のために」以降は目覚ましい覚醒と進化を見せた関東一高が果たした
  役割と意義は大変大きいものがあったと思います。
  それが今日の東京支部代表のレヴェルの高さ+素晴らしい演奏の数々に繋がっていると思いますし、
  今日の東海大高輪・東海大菅生・八王子・都立片倉・駒澤大学高校の数々の名演に
  連鎖しているものだと思います。

  だけどな・・・80年代の東京支部・高校の部は、結構ひどい演奏が多すぎましたね・・・

  当時・・・本気で・・

  「えーー、東京支部代表の枠を2つから一つに減らして、空いた枠1つを関東ブロックに増やして
  あげればいいじゃん」とか
  「東京都大会の高校の部を出場枠を削って、その分、大学の部の出場枠を増やして・・・
  そうすれば・・
  うちのポンコツ大学ももしかしたら・・・都大会本選に出場できるかも・・・」と
  考えていたものです・・・・(苦笑・・)

  あ・・!! 今は・・・プログラム第8番 早稲田実業の話でしたね・・・

  失礼しました・・・

  だけど・・・正直・・・早稲田実業の演奏については、特にコメントする事が何もありません・・・

  だって・・・

  1980年の全国大会・高校の部と同様に異常にレヴェルが高いこの年の高校の部においては、
  この早稲田の演奏はあまりにもお粗末・・・
  幸いこの年は銅賞なしという大甘審査の年でしたけど
  82年以降の審査基準でしたら、100%銅賞という結果だと思います。
  あまりにも雑で荒削りで粗野で、「ちょっと論外かな・・」と感じてしまいます。
  この年の東京支部の代表は早稲田と駒澤でしたけど、両校とも自由曲はアルメニアンダンスパートⅡでしたけど、
  駒澤が大変淡泊な感じ、早稲田が粗っぽいドライヴ・・・
  うーーん、せめて両校を足して二で割ったような感じの演奏ならば、よかったと思いますけど、
  ま・・・・この時代は、東京支部代表は、低迷期の真っ只中だから仕方ないか・・・・

  余談ですけど、この年の玉川学園高等部の「特別演奏」ですけど、
  都大会の時には、リードの吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」を全曲披露し
  会場を魅了したとの事ですけど
  全国大会の特別演奏の際は、持ち時間の大半は・・・なぜか「合唱曲」ばかりやっていて
  出場メンバーは楽器を吹かずになぜか・・・歌声を披露していました・・・
  そして唯一楽器を吹いたのがシベリウスの交響詩「フィンランディア」だけでした・・・
  あれになんか勿体無いですね・・・
  全国大会の時もリード/第二組曲を演奏してくれればよかったのに・・・と思ってしまいますね。

  最後に余談ですけど・・・・

  駒澤と早稲田がこの年に演奏したリードの「アルメニアンダンスパートⅡ」についてほんの少し解説を・・・

  リードの「アルメニアンダンス」ですけど、
  やはりこの曲は、数多くある吹奏楽オリジナル作品の中でも古典中の古典、そして名作中の名作だと
  思います。
  この曲とか、ホルストの第一組曲とか、同じくリードの「オセロ」とか
  ジェイガーの吹奏楽のための交響曲とか
  スパークの「ドラゴンの年」など
  永遠に受け継がれて欲しい吹奏楽オリジナル作品は一杯いっぱいあるのですけど、
  やはり・・・・
  「アルメニアンダンス」は少し別格ですね。

  この曲は元々は、アルメニア地方の民謡がベースになっている作品でして、
  5つのアルメニア民謡が続けて演奏される単一楽章のアルメニアン・ダンス パートⅠと
  アルメニア民謡に基づく3つの楽章からなるアルメニアン・ダンス パートⅡがあり、
  なぜかパートⅠとパートⅡの出版社は別々になっています。
  結果的に、パートⅠとパートⅡは、四楽章から構成される民族組曲みたいな形式とも言えるのですけど
  第一楽章 五つのアルメニア民謡
  第二楽章 民衆の哀しみ
  第三楽章 歌
  第四楽章 ロリからの歌 

  みたいに・・・
  四つの楽章から構成される一つの連作交響詩みたいな交響曲といってもいいような感じもする大作
  だと思います。

  それだけに・・・・

  パートⅠもパートⅡも最近の吹奏楽コンクールでは・・・・
  最近大人気の邦人作品に押され気味で、正直演奏頻度は以前よりは相当低くなっているのは何か
  オールド吹奏楽ファンとしては・・・・
  寂しい気もしますね・・・・

  やはりこうした古典的な不滅の名曲は・・・時代を超えて永遠に私達の心の中に
  受け継がれていってほしいな・・・と思ってしまいますね。


  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

玉川学園

ここに書くべきかわかりませんが、この話題がありましたのでここにw
玉川学園ですけど、80年代中期のバンドピープルで記事になったときに、
先生が「コンクールに出ていたときから演奏活動の方に力を入れたかったが、
金賞を取り続けていたため、できなかった。5金をきっかけに出場をやめた」
といったコメントをしていた覚えがあります。

古典的やけど

この演奏、アレンジは好きですね(^^)
こういう古典的な曲、復活して欲しいですね(>_<)💦
凄く丁寧で時間を掛けて作られた感じが中々心地良いですね(^^)
いまの吹奏楽コンクールでは絶対聴けない名演ですね(^^)
こういうオールドな選曲、復活して欲しいですね(>_<)💦

東京代表

この件に関しては私も前にコメントしていますが、当時から大学・職場・一般部門の東京代表はハイレヴェルな演奏だったのに対して、中学・高校部門の東京代表はこんなこと書いたら非常に申し訳ありませんが……「他の支部大会だったら、ダメ金すら難しいかも…」・「中学・高校部門の全国大会会場・普門館のある支部の代表なのに…」と思える演奏が確かに多かったです(自分の現役時代を思い出せば、人のことは言えませんが)。
正直、現在の東京支部の中学・高校部門の躍進ぶりは自分の中高生時代は想像できなかったです。特に「畠田貴生先生」が指揮者を務める東海大学付属高輪台高校・東京隆生吹奏楽団とか「馬場正英先生」が指揮者を務める東京都立片倉高校とかのハイレヴェルな演奏を聴くと、時代は変わったなと思ってしまいます。




Re: 玉川学園

ゆーすけ 様


そうなんですか・・・

そうしたお話は初めて聞きましたのでとても興味深いです。

やはりコンクールに長年出場されると「コンクール以外の音楽としての楽しさ」という事にも
目覚めてしまうのかなとも感じますけど
同時になんか勿体無いな・・・惜しいな・・とも感じたりもしますね。

Re: 古典的やけど

esakui69 様


このコメントですけど、「アルメニアンダンスパートⅡ」なのかそれとも・・基町の「序曲ハ調」なのか
ちょっと分からないのですけど
どちらの曲も最近のコンクールでは中々演奏されない曲ですし
吹奏楽オリジナル作品としては名曲中の名曲だと思いますので、忘れられずに演奏され続けて欲しい
曲の一つだと思います。

Re: 東京代表

一秋田県民 様


そうなんですよね・・・・ご指摘の通り80年代の都大会の高校の部は惨憺たるものがありましたけど、
当時は「お手本となる学校」が少なかったのも一因なのかな・・とも思ったりもします。
こうした状況を救ったのは、やはり関東一高の1990年以降の突然の「覚醒」なのかもしれないですね。
それと・・
現在は都立片倉の先生ですけど、都立永山を指揮された馬場先生の存在は
大変大きいものがあると思います。
ま・・だけど・・・
都立永山の都大会初出場の頃の演奏はかなりひどかったですね・・
だけどそういう時代があったからこそ、今現在の馬場先生があるのかもしれないですよね。

一つ前の項目に

書くつもりがこの項目に書いてしまいました(>_<)💦
確かにリード作品って今では中々演奏されないですね(>_<)💦
時代的にリードはもう過去の物になっている感じがしますね(>_<)💦
普通の中学生、高校生がスミスやオリジナルの難曲を軽々しく演奏しているのも何か不思議に感じますね(>_<)💦
(リードやヴァンデルルーストで悩んでた当時高校生の自分が懐かしいです(>_<)💦)
学生の可能性って本当に無限大に感じますね(^^)

A.リード

esakui69 様


そうですよね・・・

最近の若い世代は、O.リードはともかくとしてA.リードを知らない方が意外と多いというのは
少し勿体無い気がします。
アルメニアンダンスパートⅠ・オセロ・第二組曲・エルサレム讃歌・春の猟犬などはやっぱり素晴らしい名曲ですので
こういう曲が少しでも時代を超えて演奏され続けて欲しいものですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2724-82ba5571
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |