FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「出世大相撲」・「ムーンクレスタ」に次ぐ
なんか知らないけど「昭和の古き良き時代の懐かしレトロゲーム」の第三弾です・・・(笑)

今回の「空手道」ですけど、「出世大相撲」と同じくテクノスジャパンが開発したもので
1984年に世に出ています。
この年は、私が都内の大学に進学し初めて一人暮らしを経験した年でもあるのですけど、
この時代、現在のようにゲームセンターは「アミューズメント化」されていなくて
何となくですけど・・・
タバコの煙がもうもうと立ち込め、麻雀ゲームとかポーカーゲームといったゲーム機と共に
こうした普通のゲーム機が並べられていましたので
何となくですけど・・・・
怪しいというかあぶない系のおにーさん達が麻雀ゲームをしているすぐ隣で
こうしたゲームに時に興じている自分達なんかは・・・・
今にして思うと・・・
よーーく色んな意味でトラブル等に巻き込まれなかったもんだな・・・と思う事もありますね・・・

ま・・・そのくらい当時のゲーセンは今と違ってなんか・・・確かに凄まじい活気はあるのだけど
「妖しい雰囲気」に満ち溢れていましたよね・・・


か


さてさて・・・この「空手道」ですけど、登場時期としては先日一度取り上げた「出世大相撲」と大体同じころですね。
時代背景としては丁度「ロサンジェルスオリンピック」の頃と重なっていて
確かその頃・・・・「ハイパーオリンピック」というゲームも登場していて
とにかく・・・ボタンを打って打って打ちまくってスピードを上げるだけの100m競争とか水泳とか
射撃とか走り幅跳びとか楽しかったですね!
確かあの中に、「フェンシング」もあって、ゲーム中にあんまりちょろちょろ逃げ惑ってあんまり攻撃をしないと
「判定」の際に客席から色々な物が飛んできてそれが顔面を直撃してそのまま失神・・・
みたいな中々シュールな場面もあったような記憶があります・・・・

「空手道」は、基本的にはとってもシンプルなゲームです。

ボタンはあるのですけど使う事は無いです。
基本的には右のレバーと左のレバーを操作しレバーの組合せによって技を発動させるもので、
組合せによっては多分ですけど・・・各種多様な技を発動できるのかもしれないですけど
そうですね・・・
このゲームに関しては、そうした余計な知恵とかテクニックはあんまり必要なかったと思います。

基本的には・・・・・

1.「はじめ!」の合図と共に3歩前進していきなり飛び蹴りを食らわす

2.しゃがんで相手が近づいてきたら突きを食らわす

3.「はじめ!」の合図と共にいきなり前方宙返りを行い、相手の背後に立ったらそこで後ろ回し蹴りを
 叩き込む

4.待ち伏せして足払いを食らわす

この四つの技を適当に組み合わせていけば、多分ですけど・・・
初段から9段までは勝ち進むことが出来ると思います。
そして・・・10段以降の「名人」からはいきなり唐突に対戦相手が強くなり、大抵の場合開始早々10秒で
一本負けを食らってしまい、そこでゲームオーバーというパターンが多かったような記憶が
あります。

このゲームは・・・吹奏楽団の練習の帰り道によく両国のゲーセンで団員と一緒になって
やっていた記憶がありますね・・・(笑)
なんか懐かしい思い出でもあります・・・


からて


ら


このゲームですけど、基本進行は
まず「道場」に入門し、そこでの鍛錬を経て道場での試合に勝てば、その道場を卒業し
なぜか唐突に「全国大会」に出場します。
そうそう・・・!!
この「全国大会出場」というキーワードが、当時本気で「全日本吹奏楽コンクール・全国大会」への出場を夢見て
日々練習に明け暮れていた自分のココロをハートキャッチしたのかも・・・??

道場での試合は、後方の弟子たちがしばしばよそ見をしたり、後ろを振り返ったりして落ち着きがないのが
なんか笑ってしまいます・・・
全国大会での旗を両手に持っている審判ですけど、
あれは・・・
当時部員の間からも
「あの審判、なんかタモリに似ている・・」と話題になっていたものです・・・(苦笑・・)




て



そうそう・・・全国大会では勝利をおさめ段が一つ上がるごとに毎回毎回、なぜか唐突に・・
「超人怒涛編」というボーナスステージが開始され
「さあ! 牛だ!!」の掛け声とともに、なぜか・・・
モォー―――ッと突進してくる牛と対決する羽目になってしまいます・・・
あれは・・・1970年代の漫画「空手バカ一代」に出てくる「牛殺し」へのオマージュなのかもしれないですね・・・

ちなみに・・・牛殺しに失敗してもゲームは終わりませんけど
プレイヤーはしばし・・・牛に踏み倒されて失神状態になってしまいます・・・
ま・・・あの牛ですけど、これは完璧にタイミングとコツの問題でして、
あらかじめしゃがんで構えて、あるタイミングに突きを食らわすと・・・大抵の場合撃破できました・・・・

うーーむ、これは完璧に昭和レトロのゲームですね・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

すっかりご無沙汰してしまいました。
なんとかインフルエンザも完治です。
「お見舞いコメント」ありがとうございました<m(__)m>。

休んでる間にすっかりブログ浦島太郎状態になってしまいました><

すごい、珍しいレトロゲームですね!
びっくりΣ(・ω・ノ)ノ!でもなんか、懐かしいです^^
あ、10日の記事では・・・色々とご紹介預かり
恥ずかしい限りです><
明日は。。。ですね!
第2話も座して観なければなりません^^

快気祝い!!

紫水晶 様


この度のインフルエンザ発症は大変でしたね。
だけど無事に治癒されて本当によかったです。
こうした風邪やインフルは治りたてが大事という事ですので、どうかくれぐれも
ご無理をしないで、
まずは当面はゆるゆるとマイペースでブログに漫画に日常の事などに
臨んで頂ければ・・と思います。

でも無事に治られて本当によかったです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2720-028c38ad
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |