プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


少し古い話になりますけど、先日発表された「第12回東方Project 人気投票」の人妖部門の結果ですけど、
1位 霊夢 2位 魔理沙というある意味大変理想的な結果に落ち着き、
正直・・・とっても安堵したものです。
もちろん・・・こいしちゃんとかフランちゃんとか妖夢とか十六夜咲夜などが上位に入るのは
とっても嬉しい事なのですけど
何か・・・
「東方の絶対的な二枚看板は霊夢と魔理沙であり続けて欲しい!!」と思ってしまうのですよね。
やはり霊夢と魔理沙こそが「東方の普遍的で絶対的なエースとして君臨し続けて欲しいと
思っています。
ま・・・私の「個人的な絶対的エース」は・・・・さとり様なんですけどね・・・・(笑・・)

それにしても・・・魔理沙も素敵だけど、霊夢は・・・・本当に何て可愛いのでしょう!!
「霊夢!! マジで可愛い!!」という気持ちで一杯なのですけど、
面白い事に、魔理沙も霊夢も正直・・・そんなに「女の子っぽくない」感じがするというのか
何となくですけど・・・
中性的な香りが漂うのがなんか素敵だなぁ~!と感じてしまいます。

「プリキュア」の世界ですと、こうした二人組というと、
例えば・・・「なぎさとほのか」とか「のぞみとかれんさん」とか「響と奏」とか「みゆきとれいか」などのように
少しポンコツ気味で明るさと元気だけが取り柄のピンク系と知的で聡明でサポート役に徹する青系の
相反するキャラの組合せというのが一つの鉄板みたいな感じもするのですけど、
東方の「レイマリ」(霊夢と魔理沙)の場合、
どちらかというと・・・・二人とも「暴走系・やんちゃ系・ガサツ系」に入ると思いますので
何となくですけど・・・・
この二人は「似た者同士」なのかなぁ・・と時折思ったりもします。

だけどこの二人は本当に魅力的なキャラですよね!!

東方の人気投票でもこんだけ長期間にわたって毎年この二人はほぼ1~3位に入っているのは
本当によく分かりますし、
人気の高さには全く妥当性があると思います。
人気が大変高いだけに、この「レイマリ」のイラストを描かれる東方絵師の方は本当に多いのですけど
またまた名前を出してしまって恐縮なのですけど
このブログの大切なブロとも様のお一人で「dream fantasy」というとっても素敵なブログを管理運営されている
アミグリさんが描かれている霊夢や魔理沙が
これまた素晴らしくて可愛いものが多いのですよね!!








上記イラストは、そのアミグリさんのかなり初期の頃の作品(2011年頃だったかな・・・)で
アミグリさんにしては珍しく色鉛筆で描かれた作品なのですけど
この作品もとっても素敵な一枚だと思います。
色鉛筆の色彩がなんか逆にとっても新鮮に感じたりもしますし、この「レイマリ」の可愛らしさを
引き立たせているようにも感じたりもします。

アミグリさんは先日の「フランちゃん」みたいにとっても手の込んだ作品も素晴らしいし
ワンドロとか落書きイラストのように短時間で仕上げた作品も「シンプルイズベスト」みたいな味わいもありますし、
とにかく・・・
本当に素晴らしい東方絵師さんのお一人なんだなぁ・・と
その作品群を見る度に感心してしまいます。

アミグリさん!  今回も素材をお借りしてしまいました!! 本当にいつもありがとうございます!!
東方でのあの素敵な作品の投稿をとっても楽しみにしています!!
余談ですけど・・・
アミグリさんは実は「プリキュア」も過去に素晴らしい作品を幾つか残されています。
その中でも本当に「これはすごい・・・!!」と感動してしまう作品の一つが2013年に描かれた
「キュアロゼッタ」だと思います。

この「キュアロゼッタ」は・・・→ キュアロゼッタ(By アミグリ様)

プリキュア好きの皆様も間違いなく魅了してしまうとっても素敵な作品だと思います!!


さてさて・・・

霊夢と魔理沙なのですけど、先ほど「少し似た者同士」みたいな事を書いたのですけど
やっぱり少し違うかな・・とも思ったりもしています。
霊夢の場合・・・
大の修行嫌い&修行不足のため・・・歴代の博麗神社の巫女さんの中でも
多分ですけど・・
「最ものんきで最も危機感に欠ける人」みたいな感じもするのですけど、
ま・・・霊夢の場合、その天性の才能・・・ある意味とてつもない幸運と鋭い勘でもって
才能だけで数々の妖怪退治を行い、
その腕前は・・・確かに相当なものはありそうですよね。
霊夢は、異変解決とか妖怪退治の仕事がない時は・・・
博霊神社内の清掃をしている(振りをしている・・・??)かお茶を飲んでいるか
魔理沙とだべっているか
とにかく・・・・「努力」というものは嫌っている御方ですよね・・・(笑)
ま・・・阿求ちゃんからもその著作の中ではっきりと
「あの神社の巫女は仕事をしない事で有名である・・」とはっきり書かれていますからね・・・

一方魔理沙の場合・・・
一見して派手な言動・・「派手じゃなければ魔法じゃない!! 弾幕は火力だぜ!!」が口癖なのかもしれないですけど
実は大変な努力家なのだとも言えます。
魔理沙は「魔法使い」なのですけど、バチュリーとか聖白蓮みたいなある意味化け物みたいなご長寿の魔法使いではなくて
あくまで・・・・ごく普通の人間の「魔法使い」です。
魔理沙の魔法はとにかく・・・光と熱を伴う魔法を炸裂させ、一見するととても派手に見えてしまうのですけど
実は・・・・あの派手な魔法の影には大変「涙ぐましい努力」をしていて
魔理沙の魔法のそもそもの燃料である「化物茸」をゲットするために、
日々こうした化物茸を見つけるために、魔法の森を探し回っていて、その茸を長時間煮詰めて乾燥させて
そうして作った固形物が魔理沙の魔法の源になっています。
だけど、その固形物が毎回成功するかと言うと、決してそういう訳ではなくて、
日々その固形物を投げつけたり加熱したりして「実験」を繰り返し、しかも・・・ご丁寧な事に
その実験記録をちゃんと「魔導書」として記録している事は、ま・・・間違っても霊夢には出来そうもない事ですね・・・

ま・・・一見「似た者同士」に見えるのですけど
よーく見ると・・キャラの違いは一目瞭然なのかもしれないですよね。
そうしたとっても魅力的な二人が「異変解決」をするために色々な妖怪等を退治するというのが
東方の根本的な世界観という事なのだと思います。
魔理沙って魔法の森に暮らす魔法使いなのですけど、霊夢の神社にいる事が多いですよ・・・・
霊夢が「妖怪退治」の仕事の依頼を受けたとしても
面倒くさがる霊夢に対して、簡単にその依頼を引き受けてしまうのが魔理沙と言うのもなんかとっても
面白い感じがしますね。
本来は信徒からのお布施とかお賽銭で神社運営の資金を調達するのが筋なのですけど
博麗神社の場合・・・・

1.霊夢のサボり癖で信者獲得の努力を全くしていない

2.博麗神社に行くまでが・・・妖怪がうじゃうじゃいて、とにかく危険でほとんど参拝者がいない

3.霊夢自体が妖怪を招きやすい体質

という事で「お賽銭」収入を得ることが極めて難しいため
「妖怪退治」という依頼を受けてその「報酬」が実は・・・神社運営の資金というのも面白い話なのですけど
ま・・・それが東方の物語の基本ベースになっているのかな・・・??

ここ最近は・・・聖白蓮の「命蓮寺」が大人気でここにばかり参拝客が押し寄せてくる傾向があるのですけど、
ま・・この霊夢と白蓮の関係については・・・・
後日の「聖白蓮」記事にて語っていきたいな・・と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2707-4a4b8596
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |