FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本来ですと・・・・
事前の予告通り「東方語り」は聖白蓮を予定していたのですけど
とにかく・・・・
聖白蓮は、さとり様・永琳様以上に切り口が多くてツッコミ所が多過ぎて
一応一度は記事にしてみたのですけど
あまりにもまとまりがない上に話があっちへ飛んでこっちへ飛んでという相当ひどいものでしたので、
一旦・・・ボツにさせて頂きました・・・
現在あの訳の分からん散乱した文章を推敲・再構成中ですので、多分・・・土曜か日曜あたりに
東方記事としてUPをさせて頂きたいと思います。
それと・・・これは予告ですけど、その際に、
日頃大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人のアミグリさんが描かれ
アミグリさんも「お気に入りの一枚」と評されているとっても素敵な聖白蓮のイラストも掲載をさせて
頂きたいと思います。

そうですね・・・

で聖白蓮の記事のどこで思い悩んでいるかと言うと、
一つ気になっている事がありまして、
何かと言うと・・・・
どうして阿求ちゃん(一部であっきゅんと呼ばれているそうですね・・・この言い方とっても可愛い・・・)は
その著書(?)の中で、日頃あんなに頭脳明晰・公正中立な見方・聡明さを誇っているというのに
聖白蓮に対してだけはあんなに毒舌を吐きまくるのかな・・・と思い、
自分自身もその問題について色々と思いを巡らせてしまいました。
正直・・・その結論は出ていないのですけど、
何となくですけど・・・・
「幻想郷内の妖怪」の存在意義を巡っての聖白蓮と幻想郷内の歴史を編纂している阿求ちゃんの
「見解の相違」によるものなのかな・・・とも感じています。

ま・・その辺りは次回の「東方語り」で語ってみたいと思います。






だけどせっかくですのでこの浮いた時間を利用して(?)
東方の世界で色々と気になっているキャラ達を簡単ではありますが取り上げてみたいなと思います。
今回は・・・・「プリズムリバー三姉妹」についてほんの少しだけ
語ってみたいと思います。
ま・・・「プリズムリバー三姉妹」に関しては、彼女たちも楽器【ヴァイオリン・トランペット・キーボード兼打楽器】を
奏でていますし、
一応・・・私自身もかつては・・・10年以上楽器を吹いていた経験があり
彼女達と私は「楽器を奏でる」という大変大きな共通点があり、その意味においては
結構早い段階から気になっているというか・・・好感を持っているキャラの一人でもありますので
この「プリズムリバー三姉妹」に関しては、
後日別の形で多分・・・・何度かに分けて語っていく事になるのかな・・・と思っています。
だけどそれがいつになるかは予測不可能・・・・
だって・・・
プリズムリバーを語る前に・・・・例えば・・・妖夢とか十六夜咲夜とか四季映姫【ヤマザナドゥ】とか
語りたいキャラはてんこ盛り状態ですからね・・・
うーーん、本当に東方の世界はあまりにも奥が深い・・・

さてさて・・・・この「プリズムリバー三姉妹」ですけど
実はこの3人には元々血の繋がりはありません。
いわば義姉妹関係という感じです。
東方の世界では結構「姉妹関係」が存在していて、例えば・・・さとり様・こいしちゃんの古明地姉妹とか
スカーレット姉妹とか綿月姉妹とかいますけど、彼女たちは実姉・実妹の関係です。
このトリオの由来ですけど、
元々はプリズムリバー家の四女であったレイラ・プリズムリバーという御方が、
自分自身の姉達をベースにしていわば「魔力」みたいなもので作り出した存在という感じです。
最初は単なる幻影・幻聴のようなものだったらしいのですけど、次第に自我と実体を持つようになったとの事です。
本来こうした存在と言うのは、主の死亡と同時に消滅というパターンを辿るものなのですけど
この3人は・・・・消えなかった・・・
そして・・・楽器を吹く事と演奏する事を覚えていき、「楽団」を形成し、
お祭り会場等でライヴ演奏をするようになり、次第に幻想郷内でも認知され始め、ファンクラブのようなものも
結成され、かなりのファンが存在するようになったという感じです。
「プリズムリバー三姉妹」の分類は・・・妖怪とか精霊というものではなくて大まかに言うと「幽霊」に近いものが
あると思います。
ま・・・一応・・・実体はあってないようなものなのかな・・・?
だけど、「幽霊」といっても西行寺幽々子みたいな本格的な(?)幽霊ではなくて、
また妖夢のような半人半霊みたいな存在でも無くて
厳密に言うと・・・「騒霊」=ポルタ―ガイストな位置づけとの事です。
ま・・・その辺りは・・・阿求ちゃんによると・・
「幽霊ではないのだが、他に分類する項目がないのでとりあえず幽霊として分類しておく・・」というアバウトな
立ち位置のようですね。
この「ポルタ―ガイスト」というのはたまーにホラー映画の題材にもなっていますね。
人が誰もいないのに、勝手に物音が聞こえたり、勝手に物が動き始めたりとか・・・
「プリズムリバー三姉妹」の能力は「手足を使わずに楽器を演奏する能力」なのですけど、
ま・・・これって・・
要は「ポルタ―ガイスト」としての才能を楽器に応用したという感じなんでしょうね。
だけど・・・この能力うらやましーーーー!!
マジでうらやましーーー!!
自分なんかも・・・・この能力さえあれば・・・中学から大学にかけて
それこそ「響け! ユーフォニアム」の世界じゃないけど「もっと上手くなりたい!」と絶叫しなくても
済んでいたと思いますからね・・・(苦笑・・)
ちなみに・・・プリズムリバーの演奏は、ヴァイオリン・トランペット・打楽器の三つの音しかしない訳ではないのです。
例えば・・・・
阿求ちゃんが指摘しているように、
例えば二女のメルランが吹くトランペットの音は、トランペット単体の音ではなくて
「金管アンサンブル」のように幾つもの複数の音がしているとの事ですけど、
持っている楽器自体から音が鳴っているのではなくて
楽器自体はあくまで「象徴」という感じなのが面白いと思います。
ま・・・要は・・・
プリズムリバー三姉妹が鳴らす「音」自体が「音の幽霊」という感じなのかも・・・??

プリズムリバー三姉妹はかなりの人気楽団のようでして、
なんと・・・
妖怪たちの宴会だけにとどまらず、冥界からもお花見の時期にはお呼ばれしているようですので
これは・・・妖夢から依頼を受けた白玉楼の幽々子に対しての演奏会なのかも・・・?

この三姉妹は、長女:ルナサ、次女:メルラン、三女:リリカの三人から構成されていますけど
3人ともみんな可愛いですよね!!
なんか・・ルナサは陰気とか暗いとか言われたりもしているようですけど
私はああいうしっかりものの真面目なおねーさんは大好きです!!
リリカは一番ちびっこいのに一番大きい楽器を担当していてその健気さと元気さが人気の秘密なのかも・・・
ま・・この三姉妹の一番人気はやっぱり・・・メルランなのかな・・・??

さてさて・・・・ここから先はなぜか「吹奏楽コンクール」ネタと被ってしまいます。

この「プリズムリバー三姉妹」による演奏はかなり元気でノリがいいとの事ですけど
彼女たちが演奏する曲ってどんな感じなのかな・・・みたいな事を妄想していたら、
一つ思い当たるものがありました。
何かと言うと・・・・
1995年の全日本吹奏楽コンクールにおいて
東海大学第一高校吹奏楽部が自由曲として演奏した曲が、まさに・・・そのものズバリ!!

サレルノ作曲/いたずらなポルターガイストという曲なのですけど

これがまた・・・ヘンな曲と言うのか
1995年当時普門館の会場で聴いていた私陣自身も・・・
「え・・・なにこのちんちくりんな妙な曲は・・・・!! だけどとっても面白い!! 斬新!!」と感じたものでした!!
この曲を一言で言うと・・・・
とにかく変拍子の連続!! そして場面場面のタイミングが唐突と言うのか
躁状態と鬱状態の入替りが大変激しい曲です。
あ・・・そう言えば・・・ルナサの音は鬱状態を呼び込み、メルランの音は躁状態を招きこんでいますので
やっぱりこの曲は・・・・・
プリズムリバー三姉妹の音楽のイメージにぴったりと合うのかも・・・・!?

「いたずらなポルターガイスト」は、曲の後半・・・・低音の陰鬱な響きに乗っかる形でチャイムが清楚な響きを奏で
厳粛なコラール風な音楽が展開され
「あ・・・・これで曲は穏やかに閉じられるのか・・・」と感じた次の瞬間に
冒頭の喧騒さが再現され、狂喜乱舞のうちに曲はフィナーレを迎えます・・・・

やっぱり・・・この曲って・・・プリズムリバー三姉妹の「テーマ曲」なのかも・・・・??

普門館で聴いて
「あ・・・こういう演奏は保守的な審査員には絶対受けないだろうな・・・」と思っていたら
審査結果は銀賞に留まっていました・・・
私自身は「この演奏は・・・絶対金賞でしょ・・」と思っていたのですけどね・・・

最後に・・・・

この曲が演奏されたのは1995年・・・

そう・・・阪神淡路大震災の年でした・・・・

そう言う大変な時でも・・・恐らくは・・・・相当な困難を乗り越えて
関西代表として全国大会に出場し
課題曲Ⅰと自由曲のチャイコフスキー/バレエ音楽「眠りの森の美女」をファンタジーたっぷりに演奏し
普門館の会場の聴衆を感動の渦に巻き込んだ兵庫高校吹奏楽部の皆様と松井先生には
本当に心の底から敬意を表したいと思います。
だけどあの演奏すごい・・・
だって・・・「眠りの森の美女」ではコンクールとしては定番の
ワルツとか長靴をはいた猫と白い猫の部分を演奏しないで、比較的地味な部分をあんなに幻想味たっぷりに
演奏されていましたからね!!
ま・・・さすがにああいうファンタジー感は・・・さすがの「プリズムリバー三姉妹」でも
表現出来ないのかも・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは~。
中学吹奏楽部時代の話を1つ上げました。
そしてぬくぬく先生さんの過去記事から
同じ市の中学校を評価した記事を発見!
(もう私は卒業済みでしたが)
私の吹奏楽記事はかなり曖昧ですが、
良かったら流し読みして下さいね(^_^;)

吹奏楽

りえ太 様


吹奏楽記事執筆スタートおめでとうございます!!

あの記事は先程拝見をさせて頂きました!!
「なるほどね・・」と同感する事ばかりですけど、
それについてのコメントは、ここではなくてりえ太様のブログにて
させて頂きたいと思います。

これからも吹奏楽記事はどんどん書いて欲しいな・・とも思っています!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2706-4a6e5ae5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |