プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.基町高校


  C/序曲ハ調(カテル)

この学校はある意味凄い学校だと思います。
何て言うか・・・「自分たち」というものを確立している大変大人のチームという印象が大変強いです。
この年は、自分たちの出演前の演奏があの・・・歴史的演奏の天理高校
そして翌年は・・・
あのある意味伝説的な快演(怪演・・??)の毒にまみれた市立川口の
「無言の変革」~そこに人の影は無かったが基町の一つ前の演奏ですから
2年連続して、ある意味伝説的な演奏を目の当たりにしているのですけど
普通・・・あんな化け物じみた演奏を目の当たりに聴かされてしまうと、動揺して、ついつい普段の力が
発揮されないで終わってしまうというのはよく聞く話なのですけど
そういう雰囲気はまったく微塵も感じさせず
「自分たちの演奏」を普門館の本番でも100%近く発揮して、普門館に「爽やかな涼風」を送り込んだ基町高校は
本当に素晴らしいと思います。

課題曲C/シンフォニックマーチは、まさに正攻法を絵に描いたような演奏で、
気持ちよく心地よくまとめられていたという印象が大変強いです。
音が大変クリアですし、リズムとメロディーラインが見事に噛み合っているという感じですね。

だけど・・圧巻は自由曲のカテル作曲/序曲ハ調だと思います。

基町高校は、一部のオールドファンの間では「基町トーン」という言葉で語られる事もあるのですけど、
柔らかいサウンド・優しい語り口・決して乱暴に鳴らさない・丁寧な音楽作り・温かい雰囲気というのが
その一つの特徴なのかなとも感じるのですが、
そうした「基町トーン」が最高潮に達した演奏がこの年・・・1981年の序曲ハ調なのではないのかな・・・とも
思っています。

私が仙台の中学で吹奏楽コンクールに出場していた1970年代終わりから80年代初期の頃、
モーツアルト・ベートーヴェンと大体活動時期を同じくし、
「ガヴォット」という大変愛くるしいヴァイオリン曲でクラシック音楽史にその名を残したゴセックという作曲家の
「古典序曲」という吹奏楽曲が、コンクールでも何度か演奏されていて、
演奏した事は一度もありませんが、部室内にそのスコアがあり、
個人的にクラリネットのパート譜を吹いた記憶があります。
でもこの「古典序曲」は確か今の所、音源が見当たらず、
「聴きたくても聴くことが出来ない吹奏楽曲」の一つみたいになっています・・・・

でも考えてみると、モーツアルトが生きている頃に既に
軍楽隊用ではありますけど、いわゆる「吹奏楽オリジナル曲」の先駆けみたいな曲があったなんて
少し驚きです。

このゴセックの門下生の一人がカテルという方であり、
フランス革命直後に創設されたパリ防衛軍軍楽隊の指揮者であったゴセックの下、
カテルは、なんと弱冠17才にして同軍楽隊の副指揮者に就任してます。
パリ防衛軍軍楽隊自体は、18世紀末に解散ということになっていますが、
その源流は、現在も名門パリ警視庁音楽隊に受け継がれています。

カテルがこの軍楽隊在籍中に書き残した曲の一つが、序曲ハ調という曲でして、
前述のゴセックの「古典序曲」と共に
吹奏楽オリジナル作品の古典中の古典作品として
音楽史の面では大変重要な位置づけにあるとさえ思われます。
その後、この「序曲 ハ調」は歴史に埋没し忘れ去られていましたが、
ゴールドマン・バンドの指揮者R.F.ゴールドマンとその助手R.スミスによって発掘され、
そしてこの両名が現代の吹奏楽編成にアレンジし、1953年にゴールドマン・バンドにてアメリカ初演され、
これ以降、広く知られることになったのです。

この序曲 ハ調ですけど、
最初に聴いた時は、正直驚きました・・・
だってその響きは、まさに「クラシック音楽のいわゆる古典派の世界そのまんま・・・」
何かモーツアルトが現在に蘇って、もしも吹奏楽作品を作曲したとしたら
こういう作品になるかもしれないというような感じの曲です。
大変平易で分かり易く、明快で大変優雅な曲なのですけど
クラシック音楽的な「古典的形式」はがっちりと維持されています。
プロコフィエフの交響曲第一番(古典交響曲)は、
「もしもハイドンが現代に蘇ったとしたら、こういう曲を書いたかもしれない・・・」というコンセプトの下、
作曲されていますけど、
まさしくカテルの「序曲 ハ調」もそうした趣向の感じの曲です。

まさに「シンプル イズ ベスト」を絵に描いたような曲だと思います。

この曲を語る上で絶対に忘れられない素晴らしい演奏が一つあります。
それが前述の1981年の基町高校なのです!!
当時は既に、バルトーク・プロコフィエフ・ヤナーチェク・シュミット等の難しい作品が演奏される事が
珍しくない時代に既に入っていましたが、
こうした吹奏楽の原点ともいうべき、古典中の古典の作品で
あえてコンクールに出場し、結果的に全国大会金賞に輝いた基町高校、そして指揮者の増広先生に
敬意を表したいと思います。
この演奏は、一言で言うと、大変「心のこもった温かい演奏」です。
前述の「基町トーン」がとにかく曲の隅々まで発揮されていて、
指揮者の音楽に対する「優しさ」が楽譜の隅から隅まで伝わってきますし、
何よりもこんな地味な曲をここまで音楽的に表現出来た事に驚きがあります。
木管セクション、特にクラリネットパートが極めて優秀なため、
木管の細かい動きに全く不安感はありませんし、
何よりも音色が優しく温かいから、聴いていて「安心感」を感じさせてくれます。
そして何よりも聴こえてくる音楽は・・・「まさに、モーツアルトみたいな古典音楽の響きそのもの・・・
たまたま使用していた楽器が「管楽器+打楽器」であったみたいな感じすらします。
黙って目をつぶって聴いていると・・・
そうですね・・・やはりモーツアルトの頃の時代の頃の音楽の響きが感じ取れます。
それを吹奏楽でこんなに高度に表現出来てしまう基町高校吹奏楽部と増広先生に、
とにかく・・・敬意を表したい気持ちで一杯ですね。

この当時増広先生は既にかなりの高齢のように感じましたが、
何か誠に申し訳ない表現なのですけど、
「おじいさんが孫をあやすように一生懸命指導して、丁寧に音楽づくりをして、
手作りの音楽で全国大会に臨み、金賞と言う栄冠を手にした・・・」
そんな感じの演奏です。

そうそう、このチームはかつて前述のゴセックの「古典序曲」を一度全国大会で演奏した事も
ありました。
(残念ながら音源は残されていません・・・・)

増広先生は翌年の82年のコンクールをもって勇退されましたが、後を受け継いだ土居先生の演奏も
まさにあれは・・・
「基町トーン」そのものであり、
それが遺憾なく発揮されていた演奏が85年の喜歌劇「こうもり」序曲だったと思います。
とにかくあのワルツは聴いていてとっても楽しかったし心地よかったです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

音源

古典序曲、ブレーンのBand Classics Libraryの12に収録されていますね。
基町の古典序曲は、基町の自主制作盤「憧憬-基町高等学校器楽部全国大会演奏の記録'71〜'82」に収録されてました。こちらは学校経由で購入できましたが、今はどうでしょうか?

ありがとうございます!!

CLA 様


古典序曲の音源を教えて頂きありがとうございます!
ブレーンからちゃんと出ていたのですね。これは知らなかったです。
教えて頂き本当にありがとうございました。
基町の自主制作盤を含めて検索してみたいと思います。

基町高校

基町の古典序曲、先日コメした時に書いたworld wind webで購入して
聴きました。さすがに当時の吹奏楽の音で、ガチャガチャした
感じは否めませんが、それでもそれなりに丁寧な音づくりで
基町らしく、好感が持てました。

それと、85年のこうもりは僕も大好きな演奏です。
決してがなりたてず、落ち着いて、自然なワルツの感じも出せていて、
ヨーロッパの雰囲気がよく出た好演だと思います。

Re: 基町高校

ゆーすけ 様


基町高校って本当に丁寧な音楽作りと優しい感じのサウンドがとっても素敵でした!

タンクレディーとかカレリヤ組曲のマーチなんかもいかにも基町らしい「可愛いチャーミングな演奏」だったと
思います。
増広先生指揮ではありませんけど、85年のこうもりは、生で聴いていても演奏がとっても自然で
共感できるものだったのが印象的ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2696-de6fd104
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |