プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


西尾維新原作の「物語シリーズ」は、原作本もアニメもどちらも大好きな作品です。
昨年末にこの「物語シリーズ」完結とも言えるファイナルシリーズの「終物語」が放映されていましたけど、
これも無事に完結し、ようやく「物語」全体の構図が見えてきた!!いう感じもありました!!
あ・・・だけど厳密に言うと・・・
まだ終わってはいないのでしたね・・・
物語シリーズ【ファーストシーズン~化物語】の以前のお話と言うのか
この壮大な「物語シリーズ」の実は「幕開け」というのか前哨戦とも言える「傷物語」という大変大きな話が
実は存在していて
この「傷物語」の第一部が現在劇場版として公開中です。
あ・・・いけない・・・この映画の事、すっかり忘れていた・・・・
第一部を見逃すと第二部と第三部が分からなくなってしまうから、公開終了前に
早いとこ観に行かないと・・・・
この「傷物語」は、三部作構成で、
I .鉄血篇は2016年1月8日に公開され、II .熱血篇は2016年夏公開予定、III .冷血篇の公開日は未詳と
なっているそうです。






53e14daf_convert_20160126231644.jpg


さてさて・・・この「物語シリーズ」についてですけど、
私の中ではこの作品における絶対的なヒロインは誰が何と言っても「戦場ヶ原ひたぎ」です!!
だけどこの「物語シリーズ」ですけど、戦場ヶ原ひたぎ以外の4人のメインヒロインの女の子たちが
またそれぞれ大変個性的で魅力的です!!
とにかく聡明でプロポーション抜群なのですけど、重度のストレスを抱え結果的に「化け猫」に憑りつかれた羽川翼、
シリーズ随一の変態キャラで、ドM+露出狂+BL好き+ロリコンという神原駿河
シリーズ随一のロリロリキャラなのですけど、実は既に死亡している幽霊の八九寺真宵
大変内省的で蛇に取りつかれた千石撫子
そうですね・・・
なんか見方によっては
「この5人のメインヒロインの中で誰が一番好き?」という問いに対する答えで
なんか回答者の性格の傾向と対策が見えてきそうな気もしますね・・
ま・・・・戦場ヶ原ひたぎが好きと言う人は・・・相当「打たれ強いタイプ・・」と言えるのかもしれないですね・・・(苦笑・・)

だけど・・・実は・・・羽川翼も結構好きだったりします・・・
え・・・あの胸じゃないですよ・・・(苦笑・・)
羽川翼と言うと、やはりあの「聡明さ」・・・
まるで聖徳太子のように、一度に10の事を質問されても同時に答えちゃうことが出来るようにも思えますし、
この人には・・
たった一つの事実からどんどん連想・推理・想像を働かせて、結果的に一つの事実から10の正しい事実と
最終的結論を直ちに導き出してしまうあの「頭脳明晰」には本当に
毎回毎回感心させられてしまいますね・・・
昨年12月まで放映されていた物語シリーズ【ファイナルシーズン】の終物語の中での
忍野扇と羽川翼のあの凄すぎる対話は・・・とにかく・・・痺れっぱなしでした!!
物語シリーズにはある意味・・・「会話のお約束」みたいなものが存在していまして
その一番有名な事例が暦と八九寺の「失礼・・・かみました・・」のあの一連の流れだと思うのですけど
それと並ぶのが・・・
暦が羽川翼のあまりの聡明さと博識ぶりに
ついつい・・
「お前は何でも知ってるな」と言ってしまうと
羽川翼は・・・毎回毎回・・・「何でもは知らないよ。知っていることだけ」のあの流れだと思います。

でも、私、あの「何でもは知らないよ。知っていることだけ」という羽川翼のあのセリフは
本当に大好きでした!!
一度でいいから現実社会でああいうセリフを言ってみたいものです。
それにしても羽川翼は凄過ぎます・・・
だって・・・本当に「一を聞いて十を知る」という事が自然と出来ちゃう人なんです!!
たった一つの事実からそれに関連する事を次から次へと連想していき、いつの間にか十近くの名推察に
ちゃんと誘導していますし、結果的にその推察がほとんど正しい・・・
うーーん、こういう人が廻りにいたら随分と楽な事か!!
だけど・・・
こういう聡明過ぎる人が彼女か奥様だったら・・・・
浮気をしようとしても・・・・
ま・・・戦場ヶ原ひたぎだったら「拷問」で強制的に口を割らせるのでしょうけど
羽川翼の場合・・・・巧みな誘導尋問で、多分・・・5分後には・・・・全面自供となるのでしょうね・・・(苦笑・・)

あの「何でもは知らないよ。知っていることだけ」という言わば決め台詞なのですけど、
羽川翼の場合、その「知っている事」のキャパがとにかく・・・凄まじく広いという事なのだと思います。
私なんかも、仕事の上では・・・・多分ですけど
社内の「全顧客」に一度ぐらいは関わりがある唯一の人間なのだと思うんですけど、
よく営業や工事の人達に
「××さんってどんな人だっけ・・?」と聞かれる事は多々あります。
大抵の場合、記憶を呼び覚まして何とか答えられると思うのですけど、
そうですね・・・・
誰一人として
「お前は何でも知ってるな」と言ってくれないのが残念です・・・・(苦笑・・)
一度でいいから私も・・・
「何でもは知らないよ。知っていることだけ」と言って羽川翼のモノマネをしてみたいです・・・!!
ま・・・・最近は・・・・
相当脳がポンコツ化し記憶喪失状態がひどいものでして(??)
社内顧客履歴を一度見てみないと答えられなくなっちゃうことも増えてきているような気も・・・・(苦笑・・・)

ま・・・それはいいとして・・・・

物語シリーズにおいて、戦場ヶ原ひたぎの家庭環境には大変壮絶なものがあると一度書いた事がありますけど、
実は・・・それ以上に壮絶と言うか・・複雑なのがこの羽川翼なのだと思います。

だって・・・

羽川翼が一緒に暮らす「家族」の中で誰一人として羽川翼と血が繋がっている人がいない・・・・

というか・・・

羽川翼は・・・実母の再婚相手の再婚相手である女性とその再婚相手である男性の元で暮らすという
大変複雑な家庭環境におかれていますし、
羽川翼には「個室の部屋」が元々存在していません。
そして・・・・
家事でその住む家が焼け出されてしまうと・・・
本当に文字通り「住む家」すらなくなってしまうという壮絶な事態になってしまいます。
ま・・・その時、救いの手を差し伸べたのが・・・何と・・・!! 戦場ヶ原ひたぎであった訳なのですけど
そんな訳で一時期・・・・羽川翼は戦場ヶ原ひたぎが住むアパートに居候という事もありました。
物語シリーズ【セカンドシーズン】は、
そうした戦場ヶ原ひたぎと羽川翼の二人っきりの延々とした食事の会話シーンから開始されたのですけど、
改めてあのシーンを見てみると・・・・
ま・・リアルタイムでの視聴時からそう感じていたのですけど、なんか「妙な緊張感」が伝わってきます・・・・

羽川翼は、「障り猫」という怪異に憑りつかれる事になってしまうのですけど、
その「怪異」に憑りつかれる原因と言うのはこの「物語シリーズ」の場合、
その本人が抱える様々な悩みやストレスに起因するというのがこの物語全体の一つの基軸に
なっています。
それでは・・・
羽川翼の抱える「ストレス」とは何なのか・・・?
一つは・・・言うまでも無く・・・前述の複雑な家庭環境
そしてもう一つは・・・
それこそが・・・
うーーーん、ここでは語るのやーーめーーたーー!!
だって・・・これこそが物語シリーズの「原点」でもありますし、「核心」の一つでもありますからね。
それに・・・その事に触れてしまうと
戦場ヶ原ひたぎと羽川翼の関係にヒビが入ってしまう・・・・
自分が大好きな男の子の彼女が・・・実は・・・・という事なんですけどね・・・



縺セ縺サ縺サ_convert_20160126231446



アニメ版の場合、この羽川翼役の堀江由衣さんの演技がとにかく素晴らしいです!!

あの透き通った声質とか聡明な雰囲気とかとにかく最高です!!

以前からこの声優さんはとっても好きな声優さんの一人でした。

しかし・・・・!!

昨年暮れに本当に本当に「嬉しい朗報」が届きました!!

何かと言うと、2/7より放映開始となる第11代目プリキュア/魔法つかいプリキュアのリコ=キュアミラクル役の
声優さんがこの堀江さんと発表され
これ・・・本当にマジでとっても嬉しかったです!!

堀江さんのような大ベテランで実績も申し分ありませんし
とにかく・・・演技には定評がある御方です。
ま・・・それは、前述の羽川翼の演技を見て頂ければ一目瞭然なのですけどね!!
リコ=キュアマジカルがどういう感じなのかとかどういうキャラなのかというのは現時点では全く不明なのですけど
ま・・・キュアミラクルというピンク系がいますので
多分ですけど・・・位置づけとしては知的で少しクールな感じなのかもしれません・・・・
そういう役どころならば、本当に堀江さんにとってはうってつけの役とも言えますし、
とにかく、とにかく・・・期待大!!という感じです!!
堀江さんは「プリキュア」は本編としては初出演ですけど
ハピネスの映画では・・・あのつむぎちゃんを演じられていて・・・・あの映画の感動に大変大きな貢献を
してくれていました!!

とにかく・・・とにかく・・・・

2/7の第一回放映が、今から楽しみで楽しみで仕方がないですっ!!

そう言えば・・・・

「物語シリーズ」のメインヒロインとしては、プリキュアのメインヒロインとしては二人目ですね。
一人目は、神原駿河役の沢城さんがトワイライト様=キュアスカーレットを演じられていましたね!!
あのヘンタイ駿河とスカーレットの声優さんが同じ声優さんとは、少し・・・信じられない気もするのですけど、
その辺りの声優さんの演技力は本当に素晴らしいものがありますよね!!
そう言えば・・・・物語シリーズの千石撫子役の花澤香菜さんの演技力も本当に素晴らしいものがありますよね!!
花澤香菜さんは、プリキュアではありませんけど
姫プリの映画の中でもバンプルル姫役を務められ、あの内に秘めた内省的な感じがとにかく素晴らしかったです!!
花澤香菜さんも・・・出来れば・・・プリキュアを演じて欲しい声優さんの一人ですね。
この人は・・他にも・・・・
「妖狐×僕SS」のカルタとか「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の黒猫とか
「凪のあすから」向井戸まなかとか
「ニセコイ」の小野寺小咲などがとっても印象的です!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2695-8a80b28f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |