プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6.天理高校


  C/オセロより Ⅰ.前奏曲 Ⅲ.オセロとデスデモーナ Ⅳ.宮廷への入場(A.リード)


  私よく「名演」とか「歴史的名演」とか結構この言葉を軽く使っている傾向にありますけど、
  当然ながら自分がそうした言葉を使用する場合は、本当に心に残る素晴らしい演奏を聴かせてくれていますし、
  その言葉に嘘偽りとかおべっかを使うとかそうした意図は全く無いと思っています。
  
  だけど・・・・

  この1981年の天理高校の演奏は、言葉にしちゃうと大変軽くもなってしまうのかもしれないですけど、
  本当に本当に・・・真の意味で・・・
  心の底から「これが名演!!」と叫びたくなるような素晴らしい歴史的名演だと
  私は今でも確信しています。
  そのくらい本当に素晴らしい演奏ですし、
  全く文句のつけようがない演奏です!!
  否!! ほぼ完璧な演奏で、ほぼ「ノーミス」の演奏です。
  技術的にもそうなのですけど、この年の天理の演奏の「内面的掘り下げ」が実にお見事ですし、
  特にⅢの「オセロとデスデモーナ」におけるオセロの「葛藤」とか「後悔」とかデスデモーナの「不安」とか
  二人の過去の「愛への賛美」とか
  天理のこの楽章を聴くだけでシェークスピアの原作の一つ一つの場面が本当にマジで
  頭に思い浮かんでくるほどです。

  吹奏楽コンクールの「歴史的名演」って色々とあると思います。
  そして・・・
  多分・・・人によって感じ方は違うと思いますし、
  ある人が「これぞ歴史的名演!」と思っていても、とある人が聴いてしまうと「そんなの大したことないじゃん・・」と
  感じる事もあると思いますけど、
  それでいいのだと思います。
  そうした「感じ方の違い」というのが「個性」そのものなのですから・・・
  要は・・・
  「自分が素晴らしい!1と感じた音楽こそが名演」だと思うのです。
  事実・・・
  私なんかいまだに・・・
  1982年の東北大会の花輪高校のウォルトンの1番が・・・とか
  1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」は・・・・とか
  1982年の就実と仁賀保の演奏は・・・とか
  1991年の埼玉栄のシュワントナーは・・・とか
  2009年の精華女子の「ダンス・フォラトゥーラ」は・・・とか
  色々過去の演奏の名演の事をタラタラ語ったりもしていますけど
  確かに人によっては・・・
  「そんなのあなたが言う程大した演奏じゃないよ・・上には上がいるよ・・例えば・・・」みたいな事を
  言う人がいるとも思うのですけど
  それは全然間違った事は言われてはいないと思います。
  あくまで「その人の感じた事」が「全て」なのだと思います。

  だけど・・・・

  そうした中でも、そうした「感じ方の違い」を別の次元の感覚でさーーーーっと超越した演奏・・・
  そう・・・
  普遍的な名演・・・
  言葉を変えると、
  誰が聴いても・・・どんな感性をお持ちの方が聴いたとしても
  「うん・・・この演奏は素晴らしい!!」と言わしめる演奏は幾つかはあると思います。

  そうした演奏の一つが・・・まさにこの1981年の天理高校の演奏ではないのか・・と私は思っています。

  課題曲C/シンフォニックマーチはまさに「行進曲」の王道ですね!!
  グランドマーチっぽい雰囲気もあるのだけど、
  ちゃんと「歩けるような行進曲」にもなっていて、
  既に課題曲の演奏だけで金賞当確の雰囲気すら出しています・・・
  だけど圧巻は「オセロ」ですよね!!
  「オセロ」というとどうしても・・・86年の野庭高校とか87年の札幌白石の名演がついつい思い出される方も
  多いと思うのですけど
  やっぱり・・・「オセロ」というと一番最初に「これぞ定番!!」と言ってしまいたくなるような演奏が
  この年の天理だと思います。
  とにかく・・・この演奏、一度聴いてみて欲しい・・・
  「レジェンダリー」というCDにも収録されていますし、You Tubeでもなんでも構わないので
  この普遍的な名演に一度耳を傾けて欲しい・・と切に切に・・・思ってしまいますね。
  とにかく演奏は「完璧!」の一言に尽きますし、
  文句をつけようにも・・・重箱の隅を突こうにも、その「弱み・欠点」が全く見つからないのですよね・・・
  とにかくあの洗練された音色・・・・あれ、本当に高校生の演奏なのでしょうか・・?
  あの演奏、今現在の視点・感覚で聴いても
  「これ・・・プロの演奏でしょ・・・」と感じてしまいますし、まさに脱帽ものだと思います。
  どの楽器も素晴らしい!!
  木管の優しさ・ひさやかさ・厳しさ・憂い・華やかさ・・・
  金管の輝き・厳格さ・華やかさ・明るさ・甘美さ・・・
  打楽器のバランス感覚と瞬発力の素晴らしさ・・・
  とにかく、とにかく・・・全てが「完璧」としか書きようがない演奏だと思います。
  前述の通り、Ⅲの内面性も素晴らしいですね!!
  実を言うと・・・・
  私、それまで「シェークスピア」なんて読んだことも無かったのですけど
  この天理の演奏をきっかけにして
  「オセロ」・「ハムレット」・「ロメオとジュリエット」・「ウィンザーの陽気な女房たち」・「マクベス」等の戯曲を
  読むようになりましたので、
  まさに天理の演奏、恐るべしっ!!という感じですね!!

  天理の「オセロ」って、いまだに・・・
 
  「普門館が揺れた」

  「冒頭のシンバルの音一音だけで既に音楽になっている」

  「シンバル奏者は、単にフォルテと書かれていても何種類、いや何十種類もの音楽上のフォルテを有している」

  など高い評価を得ていますし、いまだにそうした事を言われる方も多いのですけど
  それに関しては
  私自身も・・・
  「その通り!!」と認めざるを得ないと思っています。

  まさに・・・文字通りの「伝説的な歴史的名演」なのだと思います。

  ま・・・最近、リード自体演奏頻度が下がっていて大変寂しい限りなのですけど、
  この年の天理の「オセロ」だけは・・・
  まさに・・・
  永遠に不滅の名演なのだと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そうだったのか

こんにちは。
天理高校が吹奏楽の強豪とは知りませんでした。
1981年といえば野球部の主砲がホークスの藤本博史さんだった頃。
怖そうな雰囲気とは正反対のサービス精神旺盛な方で、直筆サインをもらいました。

天理高校

五航戦の愛鷹  様


天理高校吹奏楽部は、1960~80年代の日本の吹奏楽界においては常にトップに位置していた
ウルトラ名門学校なのです!!

そうですね・・・

一般的には・・・

吹奏楽の名門校と野球の名門校が被っているケースは結構多いですね。
一例をあげると・・・
東海大学第四とか春日部共栄とか愛工大名電とか高岡商業とか大阪桐蔭とか銚子商業とか
岡山学芸館とかは
その典型と言えるのかもしれないですね。

シンフォニック・マーチ

「シンフォニック・マーチ」は自分の学校の中1時の課題曲でした。ただ、1年生ということもあって練習はさせてもらえませんでしたが。
当時、1年に行進曲の課題曲が2曲もあったのは珍しいことだったと思いますが、もう1曲の行進曲「青空の下で」が比較的易しい曲だったこともあってこちらに選曲が集中し、秋田県大会に限っていえばこの「シンフォニック・マーチ」を選曲した学校・団体が出場約90団体中わずか6団体、しかも私の方の県南地区からは自分の学校だけだったのがとても印象に残っています。
思い出せば、例のトランペットソロをもののみごとに間違ってたり、日本語的に訳した「交響的行進曲」とはとても言い難い貧弱なサウンドの演奏が多かったですね…。やはり難しい曲だったので、選曲が避けられたんでしょうね。
爆発的な人気曲ではなかったかもしれませんが、曲の構成はとても良かった曲だったと、今更ながらに思います。

正統派の行進曲

一秋田県民 様


いつも素敵なコメントを頂きありがとうこざいます! 本当に毎回感謝しております。

この年、1981年の課題曲から、ご指摘の通り「課題曲にマーチが二つ入る」というパターンが
出てきたと思います。
私もこの「シンフォニックマーチ」は吹いたことがありますけど、クラリネットは動きが細かいし、
トランペットソロは決して簡単ではないし、
ラスト近くでは大抵の指揮者はテンポ設定を速めてしまうなど
色々とやっかいな点はありましたね。

この年の全国大会ですけど、中学の部はCは1団体のみ、高校の部は逆にDが1団体のみというのが
なんかとっても対照的で興味深かったです。
天理や川本の演奏も素晴らしいけど、東海大学第四高校の演奏も素晴らしかったと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2691-0e13928e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |