FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


先日ちらっと予告をさせて頂きました通り
「東方Project」に関しましては、これまでの「プリキュア以外のアニメ」カテゴリに分類させて頂いておりましたが
大分記事も増えてきましたし、今後東方に関しましては記事にする事がとてつもなく増えてくると思われますので、
「その他」カテゴリから晴れて分離独立をさせて頂きまして
ここに貼れて「東方Projectカテゴリ」を新設させて頂きましたので
どうぞこの新設カテゴリについても宜しくお願い申し上げます。

前々回まではさとり様、前回までは永琳様の記事を掲載させて頂いておりましたが、
さとり様記事も永琳様記事も
とにかく・・・・
書いている管理人の私自身がとっても楽しかったです!
ま・・・あれらの記事は・・・
というか・・
今後も東方記事に関してましては、「情報」とか「紹介」というのではなくて
あくまで私の脳内妄想・・・そうですね・・・どちらかというと二次創作に近いような感じの記事になってしまうと
思いますので、
ま・・・その辺りは何卒・・・ご理解ください。
前回までの永琳様記事もそうなんですけど、
東方の世界を熟知した方からの視点ですと
「え・・・それ違うじゃん・・・」とか「なーにを公式とかゲームの世界からかけ離れたような寝惚けた事言ってるんだよ・・」
みたいなご意見があるのは重々に承知はしているのですけど、
ま・・・あくまてポンコツ管理人のたわけた脳が生み出した半分・・・妄想みたいなものと・・ご理解頂ければ
幸いです!!

昨年末あたりからこのブログでも結構頻繁に「東方Project」に関する記事が出るようになりましたけど、
実はこの東方に関してましては、
私自身がこれに興味を持つようになったのは2013年だったと思います。
正直・・・・それ以前は「東方Project」という言葉自体聞いた事がありませんでしたし
「霊夢・・・誰それ? 魔理沙・・・・? え・・聞いた事も無い・・・」とそんな感じでした。
だけど・・・
これってブログの一つの魅力だと思うのですけど
一つの記事・・・というか・・・一つのイラストがきっかけとなって
ある物事にとてつもなく興味を抱くというのは、決してない話ではないと思うのですけど
私の場合、まさにその典型でした。
このブログの「吹奏楽カテゴリ」において、
私よく
「1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会の秋田県代表の花輪高校のウォルトン作曲、交響曲第1番第四楽章の
神がかり的な演奏を聴いて、結果的に・・・
自分自身がクラシック音楽という深い森の中に迷い込むきっかけとなってしまった」
みたいな事を書くのですけど
「東方Project」に関しても実は全く同じです。

具体的に名前を出してしまうと
「dream fantasy」と言うとっても素敵なブログを運営されているアミグリさんが描かれた
とにかくめちゃくちゃ可愛くて文字通り「夢と幻想」に溢れた素敵な東方のイラストに目を触れた事が
私がこの「東方Project」というやはりとてつもなく奥深くて素晴らしき世界に足を踏み入れるきっかけを
作ってくれたのだと思います。
私がアミグリさんの「dream fantasy」をいつぐらいから閲覧するようになったかとか・・・
元々どういう経緯でこのブログを見るようになったか・・というのは、
ごめんなさい・・・全く記憶にないのですけど
とにかく・・・アミグリさんが描かれる東方の魅力的なキャラをとにかく・・とにかく・・・めちゃくちゃ可愛く描かれていて
そうした素晴らしい世界にいつの間にか私自身が魅かれるようになっていき、
結果的に・・・
「東方って・・・どんな世界なの・・」とか
「霊夢って何者・・・?」
「ZUNさんって誰・・・?」とか
「色々な公式本とかアンソロジー的な漫画とかゲームとか同人誌とかとにかく一杯出ているけど
各キャラのつながりはどうなっているの・・・?」
など「氷菓」の千反田えるではありませんけど
まさしく「私、気になります・・・」の世界になってしまい、
色々と自分自身で調べたり、公式本とか同人誌を読むようになっていったのです。
あと・・・そうそう・・・最近このブログでも頻繁に登場するさとり様・・・古明地さとりに関しては
昨年5月に、このブログでも何かといろいろ大変お世話になっている風月時雨様のさとり様のイラストに
深く感銘&共鳴するものがあり
それがきっかけでした。

そうですね・・・・

東方はとにかく大人気作品ですし、東方のファンの方はとてつもなく大勢いらっしゃいますし
東方絵師と呼ばれる東方のキャラを描かれる方はいっぱい一杯いらっしゃると思うのですけど
最初のインパクトがあまりにも強いという事もあり
私自身・・・
ホント、正直に書いてしまうと
これは嘘偽りなく、アミグリさんが描かれる東方イラストが今でも一番大好きです!!
私にとっては・・・まさに「尊敬」に値する東方絵師のお一人だと思っています。
そんな訳でアミグリさんの「dream fantasy」には2013年終わり頃あたりから、時折コメントをさせて頂く事から
交流が始まったのですけど
今現在は当ブログのリンク先の一つでもあり
大切なブロとも様のお一人です。
先日、アミグリさんに思い切って
「こちらのブログにアミグリさんのとっても素敵なイラストを紹介しても宜しいでしょうか」とお伺いしたところ
快諾を頂き
私が東方記事を書く際に、時折ですけど
アミグリさんのイラストを転載させて頂いたり、アミグリさんの過去記事のリンクを貼らせて頂く事の
お許しを頂く事が出来ました。
過去記事文章はちょっと恥ずかしい・・との事でしたので、リンクを貼る際は
文章が少ないものをメインに選ばさせて頂きたいと思います。

アミグリさん・・・これは本当にありがとうございました!!
改めて御礼を申し上げたいと思います。

2013年頃、どのイラストにまず魅かれたかと言うと・・・・

→こちらから・・・ここをクリック

この妖夢(みょんさん)、とにかくめちゃくちゃ可愛いと思いますし、「素晴らしい!!」としか言いようがない素敵な一枚だと
思います。

それとか・・・

→こちらから・・・ここをクリック

このこいしちゃんもとっても可愛いですよね!! いかにも今の季節にぴったりのこいしちゃんだと
思います!!

それとか・・・・

→こちらから・・・ここをクリック

このルーミアにはとっても癒されます・・・


繧「繝溘げ繝ェ讒倥€€髴雁、「_convert_20160124041927


このアミグリさんが描かれる「霊夢」なんて、本当に素晴らしいですよね!!

あ・・・そう言えば霊夢は今回の第12回東方の人気投票で一位に返り咲きました!!
改めて・・・
霊夢・・・・!! おめでとう!! と祝福したいです!!
さとり様の妹のこいしちゃんも・・ま・・・首位は霊夢に譲りましたけど3位とは大健闘です!!

とにかく・・・とにかく・・・!!
アミグリさんが描かれる東方のイラストはどれもとにかく素晴らしい作品のオンパレードです!!
アミグリさんの「dream fantasy」は上から8つ目のリンク先です。
是非是非一度この「dream fantasy」を見て頂ければ、私としてはとっても嬉しいです!!

今後とも不定期ではありますけど
アミグリさんの素敵なイラストは随時このブログでもご紹介をさせて頂きたいと思います。
そうそう・・・
アミグリさんは東方だけではなくて、艦これ娘とかニセコイ等の版権イラストにもとっても素敵な作品が満載です。
艦これで言うと、私は・・川内がとっても大好きです!!
それと・・・アミグリさん自身の「オリジナル作品」もとってもとっても独創的でめちゃくちゃ可愛いです!!
あと・・・
以前たまーに描かれていた「スマイルプリキュア」とか「ドキドキプリキュア」の作品も素晴らしいです!!
特に・・・・ハッピーとかロゼッタは最高ですね!!

あと当然の話ですけど・・・
今回アミグリさんのご厚意によりアミグリさんの作品を当プログに転載したりリンクを貼らさせて頂きましたが
この素敵な作品は当然ながら・・・アミグリさんが描かれた作品ですので
アミグリさんに無断でのコピーとか画像のお持ち帰りは・・・
ご遠慮頂けるようにお願い申し上げます。


さてさて・・・・次回からはルーミアという「闇を操る妖怪」について語っていきたいと思います。

このルーミアはとにかくめちゃくちゃ可愛いと思いますっ!!

ルーミアは「周囲を闇で球状に包み込むことで昼間でも夜と同じ暗さにする能力」を持ち
基本的には「食人系妖怪」という部類に入るのですけど
あんまり・・というか・・・ほとんど「怖い・・」という感じがしないのも
やっぱりあの見た目の可愛らしさのせいなのかもしれないですよね。
それと・・・
ルーミアと言うと代名詞「は「そーなのかー」なのですけど

例えば・・・・

「何処へって事も無く、ただふらふらと移動しているだけなのですか?」
「当たり前じゃないの。暗くて何にも見えないんだから何処に行ったって同じだもん」
「暗くて何も見えないのは貴方の所為です」
「へー、そーなのかー」

みたいな射命丸文との会話に象徴されるように
ま・・・ちょっと・・・おバ〇さん系なのかな・・・と感じる点も・・・ま・・なくはないと思うのですけど(笑)
ま・・・それがルーミアのいいところですし
かわいいから何でも許せちゃう感じかも・・・ですね・・・(笑)

ま・・・おバカさんというと・・・「チルノ」という大先輩もいますからね・・・

そうですね・・・これは二次創作の領域になってしまうのですけど
よく「東方パカルテット」という
東方のおバカさん系4人組という事で
チルノ・ミスティア・ローレライ・リグル・ナイトバグ・ルーミアの4人が出てくる事もあるのですけど
そうですね・・・
個人的には・・・・
ルーミアを入れるよりは、むしろ・・・さとり様のペットのお空を入れた方がいいような気も・・・?
それと・・・・
やはり二次創作ネタですけど、よくpixivなんかで
上白沢慧音大先生が運営されている「寺子屋」の出来ない生徒4人組として描かれる事もあったりするのですけど
なんかあれは・・・
とっても・・微笑ましいですね・・・・(笑)
だけど・・・・
あんまりお勉強が出来ないと・・・・上白沢慧音大先生から強烈な頭突きをお見舞いされそうで・・・
なんか気の毒なのかも・・・・??

→その②に続きます・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは、アミグリです。
私のイラストを紹介してくださり、ありがとうございました!!
今後も私の絵を紹介していただけるとのことで、嬉しい限りです!!
これからも、がんばりますね!

ありがとうございます!!

アミグリ 様


いえいえ、こちらこそ本当にありがとうございます!!

私自身は絵心が全く無いし、殺伐としがちなこんなブログにアミグリさんの素敵なあのイラストを掲載できるだけでも
とっても「ハッピー」な気持ちです!!
これからもアミグリさんの素敵なイラストは紹介させ続けて頂きたいと思いますので
こちらこそ今後とも宜しくお願いします!!


ルーミアも早速描いて頂きありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2686-1943614f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |