FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1981年の全国大会・高校の部を語る前に・・・
そうですね・・・・
既に自分自身の現役の吹奏楽部時代の事は色々と語ってはいるのですけど
自分自身の「記録」を何か形にして残すという意味もありますし、
自分自身の「記憶」を本人が忘れない内に何か「言葉」として封印しておきたい・・というのもありますし
何よりも・・・
管理人本人の脳内の「記憶」を色々と目覚めさせる「記憶ゲーム」みたいな事で
ほんの少しだけ・・・
語らさせて頂きたいな・・・と思います。

中学の頃と高校・大学の頃の自分自身の「吹奏楽部」に対する考え方で何か一番変化したかと言うと・・・

1.「音楽」自体に相当自分自身が興味を持てるようになった事

2.自分が吹く楽器に愛着が持てるようになり、自分自身「上手くなりたい! もっと上手に吹けるようになりたい!!」という
  意識が自発的に沸き起こるようになった

3.吹奏楽コンクールへの意識として、中学の頃は「県大会でとっとと終わらせたい・・」みたいな意識しかなかったのに
 高校以降は・・・
 特に・・・1981年の82年の「東北大会」での花輪・仁賀保・秋田南などの素晴らしい演奏を聴いて
 「自分もいつかは・・・ああいう舞台に立ちああいう素晴らしい演奏を聴衆に聴かせたい!!」と本気で
 考えるようになった・・・

という事なのだと思います。

この意識の変化って・・何が一番大きかったのかな・・・

やはり一番大きいのは・・・
中学の頃はとにかく一方的に顧問の指揮者の先生から「あーしろ、こーしろ」と押し付けられたものを
有無を言わさずそれに従うというだけで
そこには・・・
「自主性」とか「考えながら吹く」とか「どうすればもう少し上手く吹けるようになるのか・・」
「どうすれば部員みんなが一つの方向性を向いて気持ちを一つにして練習に参加して貰えるのか・・」みたいな
「自分の頭で考える」という事は・・・ほぼ皆無だったと思います。
要は・・・
指揮者の先生が「こうやれ!!」と指示したから機械的に無表情にそけに従うだけ・・・みたいな感じで
そうですね・・・
なんかあの頃は・・・半分「ロボット」みたいなものだったのかもしれないですね・・・
だけど高校以降それが劇的に180度一変したのです。
なぜかと言うと・・・・私が進学した高校には「音楽」の授業そのものがカリキュラムとして組まれておらず
吹奏楽を指導できる音楽の先生が誰もいなくて
毎年毎年・・・部員の中から「指揮者」を選出し
部員たち一人ひとり考えながら・・・自主的に運営していくというスタイルでしたので
まさに自分にとっては・・・
「これまで考えた事もない世界・・」・「自主性に任された世界」がそこにあったという事なのです。
部の運営もそうでしたけど
活動方針もコンクールに出るか出ないかを決めるのも全て部員自身・・・
そこには・・・
「上の人達が一方的に物事を決定し、下の者はそれに問答無用で従うだけ・・・」みたいな世界観はありませんでした。
吹奏楽コンクールについても
課題曲を決めるのも
自由曲を決めるのも、部の練習日程を作るのも、その日の練習項目を決めるのも
全て・・・
部員達の「自主性」なのでした・・・
いやいや・・・自分で言うのもヘンな話ですけど、これってなかなか出来ない事だと思いますよ・・・・
結局・・・先生とか指揮者がいないと
練習なんかも
「ま、いーや、いーや・・」みたいな感じで結構ダラダラと過ごしてしまう事が大変多いようなパターンに陥りがちなのですけど
うちの高校の場合はそういうのが伝統的に微塵も無かった・・・
だから・・・ある意味・・・大変怖かった面もありました。
だって・・・
結果的に部の運営がうまくいかなかったり、コンクールで思うような成績が残せない場合って・・・
結局は・・・
「それって・・自分達に原因があるからでしょ・・」という事にストレートに跳ね返ってくるのですよね・・・
何て言うのかな・・・
まさに・・・
「自由を阻害されている時の敵は、その自由を阻害する者にのだけど、
自由が阻害されていない時の真の敵は・・・自分自身に内在する惰性・・」という事をまさに絵に描いた世界だったと
思います。
ま・・・結果論から言うと、大学の吹奏楽団も団員による自主運営で外部からの指導はほとんど受けない運営スタイルでしたので
私の吹奏楽生活は・・・
3年間は上からの命令にただ従う感じ・・・
高校と大学の7年間は、メンバーの「自主性」に任せられた時代とも言えると思います。

え・・・・? どっちの方がよかったかって・・・??

そりゃ・・言うまでも無いですよ・・・

中学時代で吹奏楽生活が終わったとしたら・・・私は・・・多分・・・今現在も「音楽」自体が大嫌いのまんまだったと
思います。

実際・・・生徒だけの「手作りの音楽」という事になりましたけど、
先生が上から目線で一方的に指示する事と
自分達の中から自主的に選出した部員が指揮者を務め、その指揮者から演奏中に色々とお小言を食らったとしても
そうですね・・・
正直・・・・受け止め方は全く異なっていましたね・・・
あれなんでだろう・・・?
結果論ですけど、そうした運営で、初めて・・・私自身は・・・全体と各パートの役割、パートの中の自分の役割というものに
自覚し、音楽というものは、一人一人が作り上げていくもの、決してソロプレーヤーや指揮者だけが
リードしていくものではないという事に改めて気が付いたものでした。

その事を初めて自覚したのは、この年(1981年)のコンクールの自由曲である
ホルストの吹奏楽のための第一組曲を演奏した時でした。
このホルストの曲は、吹奏楽界の古典的名曲の一つだと思います。
というか、全体を統一主題で繋いでいる事が面白いし、
メロディー・裏メロディー・伴奏・リズム・ビートと各演奏者の役割が明確に求められますので
演奏する方としてもも一刻もボーッとしていられない曲でもあります。
(何かこう書いていると「スイートプリキュア」の世界みたい・・・、あれ、前にも書いたっけ・・
例えば、第二曲「インテルメッツオ」でも、クラリネットセクションの中でも、
ファースト・セカンド・サードの各奏者にファーストの主題提示に対して、セカンド・サードが
裏伴奏みたいな形でそれをサポートしたり、
第三曲「マーチ」においても、金管セクションの勇猛な主題提示に対して、木管セクションの
裏メロディーがあったりと、
それを同じ高校生同士で創り上げていくのですから、
音楽を生み出していく「手作り感」・「インヴェンション=創造」に気持ちが新たになったものでした。




ebf6c677_convert_20150409235225.jpg


b4f4bd4d_convert_20150409235151.jpg


そして・・・

高校の吹奏楽部で初めて・・・
「吹奏楽コンクールで素晴らしい演奏をしたい!!  そのためにも少しでも上手くなりたい!!
そして・・・何とか・・・県大会代表を勝ち取り支部大会のステージに立ちたい!!」と
強烈に願うようになりました・・
中学の頃は、地区予選・県大会が終わるたびに
「あーー、かったるいかったるい・・・これでしばらくはあのくそうるせー顧問の指揮者から
課題曲・自由曲の練習から開放される・・・!!」みたいな感情を有していたのですけど
そうした感情は・・・
高校以降は全く持てなくなり、逆に・・・
県大会でダメ金で終る度に・・・
そして大学に入ってからも都大会予選で銀賞を取る度に・・・

「くやしい・・・悔しくて死にそう・・・」と本気で思うようになったものでした・・・

あれれ・・この「悔しくて死にそう・・」というセリフ、どこかで聞いた事があるような・・・・??

そう! あれは・・・昨年4~6月に絶賛放映されていた「響け! ユーフォニアム」の第一話の冒頭シーンでした・・・(笑)

そして・・・あの麗奈の「悔しくて死にそう・・」というセリフは・・・
第12話において久美子のセリフとして再現されます。
いやーーー、あの第12話、本当に素晴らしかったです!!
そしてまたまた・・・自画自賛になってしまいますけど
私の第12話の感想記事が・・・とてつもない「神クオリティー」となっています・・・

あの感想記事を読みたい方は・・・

こちらから

を是非是非クリックしてみて下さい!!

そうそう・・「響け! ユーフォニアム」ですけど
あの第一話もとても素晴らしかったですよね!!

第一話の冒頭の回想シーンですけど
主人公の久美子と麗奈が中学時代最後のコンクールにおいて
京都府大会に臨み、「金賞」は受賞できたけど、
いわゆる「ダメ金」で、上位大会の「関西大会代表」は逃したという成績発表シーンから
開始されるのですけど、
久美子の「良かったね、金賞で・・・・」に対して
関西大会出場を逃した麗奈の言葉は・・・・
「悔しい。悔しくて死にそう・・・」
「なんでダメ金で喜べるの? 私達、全国大会目指していたんじゃないの・・・!?」
それに対する久美子の反応は・・・・
「本気で全国に行けると思っていたの・・・」というやや醒めた反応、
それに対しての麗奈の反応は・・・・
(涙ながらに・・・)「アンタは悔しくないの・・・!!」

そして・・・・久美子も麗奈も同じ北宇治高校に進学し、結果的に二人とも吹奏楽部に入部する事に
なるのですけど、
久美子としては・・・・
中学時代最後のコンクールの審査結果発表の際に、ついついポロッと出てしまった本音を
後悔しているし、
それが原因でいまだに麗奈とは「気まずい雰囲気」が続いている・・・・

いやいや、これは・・・・・私としては、麗奈の方にかなりの「共感」を感じますね。

私自身、このブログの吹奏楽カテゴリの中で、過去の吹奏楽コンクールの全国大会・支部大会の
感想なんかを、あくまで「私的感想」として書かさせて頂く事も多いのですけど、
ま・・・・、私なんかは・・・・
たまにですけど、
「自分自身、全国大会はおろか支部大会にも一度も出場した事が無い自分がこんなエラソーな事を
書いていていいのだろうか・・・」と
自責の念にかられる事もあります。

あんなエラソーなコンクール批評記事を書いている当の本人は・・・
1978年の中学1年のコンクールから1987年の東京都大会予選までの10年間で
10回「吹奏楽コンクール」に出場しているものの、
結果は・・・・
いわゆるダメ金(上位大会代表に選出されない金賞)が高校の時の2回のみ・・・・
タイムオーバー失格 1回
銀賞 5回
銅賞 2回
ま・・・・、ほとんど良い成績は取っていないのですよね・・・・
だけど当の本人は・・・・
「何とか一度でいいから、普門館で吹いてみたい!! 普門館で吹くという事は、中学と高校の部で
全国大会に出場するか
もしくは、東京都大会本選に出場出来れば、その夢を実現できる。
だから・・・・・大学に入ったら、再度、吹奏楽団に入団し、何とか都大会予選を突破し、
普門館で開催される東京都大会に何が何でも出場したい!!」という気持ちは人一倍強かったですね。
大学の吹奏楽団に入団し、
「うちの学校の吹奏楽団は・・・・、かつては全国大会にも出場し、1982年と83年には都大会本選にも
出場している・・・・
だから・・・・自分の代も何とかうまくいけば、都大会本選にすべりこめるかも・・・・」と
淡い期待を抱いていたのですけど、
結果は・・・・・
4年間、無慈悲な都大会予選落ち・・・・
ダメ金すらも取れず、4年間のうち、銀2回 銅2回
だから・・・・・
江戸川区民ホールでの都大会予選の成績発表の際は・・・・
毎回毎回・・・・
とにかく悔しくて仕方がなかったです・・・・
(ま、中学の時も・・・県大会銀賞ばかりだったのですけど、あの時は・・・・
 とにかく音楽を無理やりやらされている・・・
 おっかねー指揮者の先生に「こう吹け!!」と言われたから言われたまま吹く・・・という感覚しかなかったから
 成績発表の際に、銀と発表されても、
 「やっと終わった・・・・」という開放感しか無かったですね・・・・
 高校の時は・・・・さすがに「ダメ金」だったから、とてつもなく悔しかったですね・・・・)

「響け! ユーフォニアム」の
麗奈の「なんでダメ金で喜べるの? 私達、全国大会目指していたんじゃないの・・・!?」というセリフは・・・
その当時の自分の心の声、
「何で都大会予選銀賞で喜んでいるの? 私達、都大会本選出場を目指していたんじゃないの・・・!?」という
と見事に重なるものがありますね・・・

ま、勿論、「音楽」とは決してコンクールだけの勝ち負けではありませんし、
「音楽」とは、本来は・・・・
音楽を聴いて、「あ・・・楽しいな・・・」などのように何かを感じる事の方が大切なはず・・・
だけど・・・・
当時の自分は、そうした事すらも中々気が付いていなかったのかな・・・・
「音楽」を純粋に楽しめるようになったのは、むしろ・・・・現役奏者を引退して社会人になって以降・・・・というのも
何か少し皮肉な感じもするのですけど、
何というのかな・・・・
「普門館」を目指していた自分もいいけど、
「音楽」を「聴く楽しさ」を味わっている自分も素敵・・・・
何かそんな感じですね・・・・

あ・・・なんか自分の高校時代の話からなぜか「響け! ユーフォニアム」にまで話が脱線してしまいましたね・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2680-21feff05
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |