FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


皆がある程度公平に一定の水準の生活を営むにはどうすれば良いのか?
かつてのソ連の共産主義体制のように、
「働いても働かなくても適当に動いていれば、ある程度の収入は保証される」という感じでは
国民の倫理観が麻痺し、国全体に停滞感が蔓延してしまうのでは困る・・
独裁国家・管理国家のように、権力をあまりにも特定のエリート層だけに集中させてしまうと、
国民の自由・文化を奪ってしまう結果にもなってしまう・・・

歴史が証明する通り、いまだかつて人類は
「人類全体がある程度の一定水準の生活を享受するシステム」を構築出来ていません。
いまだに暗中模索の状態です。

考え方としては、
まず一国一国が自国内で、自国の事情・慣習・伝統・歴史に基づいて
それぞれの立場でその国内で、国民全体が一定の水準の生活を享受する方法を考えるべきだと
思います。
その上で、それがうまく軌道に乗り出したら、地域連合→世界統一政府という流れに
なっていくのが、大雑把な見方ですが望ましい方向性だと考えます。
その意味では、まだ現時点は、一国一国で考えるべき段階なのだと思います。

それでは、まず日本国内に絞ってみるといかがすれば宜しいのでしょうか?

結論としては、高負担・ある程度一定の水準の生活維持という方向性が
最も適切のような感じがいたします。
例えば年収1000万以下の層には、一人一律毎月10万円の給付を行い、最低限度の生活水準維持という
保証と安心感を与え、それ以上豊かな生活を送りたいならば、もう少し働いて稼ぎなさい、
但し、給与から最低30%程度の税金は徴収します・・・という基本構造にするだけでも
大分人々の意識変化は生ずると思います。

ある人は「月々10万もらえるならばそれで十分」という人もいるでしょうし。
別の人は、「月10万+自分が頑張って稼いだ分を+アルファとして使いたい」という人も
いるでしよう。
それでいいと思うのです。
それを決めるのは個人個人の自由意思なのだから。

そして、月々10万だけで満足している人達にも強制的に働いてもらい、同時に地域安全と秩序維持に
貢献してもらうというのが「CP社会体制」という訳なのです。

月々10万円自動的に給付という代わりに、現在の失業保険・生活保護・老後の年金は全て
廃止です。
それだけでも相当の公務員削減が期待できると思います。
現在社会問題・財政問題の根本的原因が「増大する社会保険」というならば、
その給付と負担の世代間対立を根本的に解消する方策としても、この制度は決して悪くはないと
思います。

その一方で、「国策」として、国家プロジェクト=国営企業と言う形で
何か一つ、世界でまだ手が付けられていない分野に集中的に投資・研究を行い、
日本発世界に向けて画期的な商品の開発という事も他方では求められ、そこから得られた利益を
国家財政に廻せる形にできれば、最高だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/268-3499a4e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |