FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ネリベルというと「二つの交響的断章」・「アンティフォナーレ」がとっても大好きです!!
特に市立川口高校の1979年の奇跡的名演が本当に死ぬほど好きです!!
あのネリベルサウンドというか、第一楽章冒頭のシロフォーン・グロッケン・マリンバが
執拗に反復する部分は、何回聴いてもゾクッとします。
そして何よりも・・・
静と動の対比というのか、強奏と弱奏の極端すぎるダイナミックスレンジの凄まじい幅広さは
もうこれは・・・・
ネリベルの魅力と言うのか
あのとてつもない落差はネリベルそのものだと思います!!
「アンティフォナーレ」の耳をつんざくようなとてつもない不協和音の連続なのですけど
「不協和音でも響かせ方によってはパイプオルガンのような透明で神秘的な響きにもなり得る」と言う事を
見事に実証した作品も実に素晴らしいと思いますし、
木管のヒステリックな高音は・・・・まさに「叫び」なのだと思います!!

二つの交響的断章やアンティフォナーレに比べると過激さは抑えられ
比較的「まっとうな」曲にも聴こえる,ネリベルの「フェスティーヴォ」も昔から好きな曲です。

この曲は中間部が特に素晴らしいと思います。

二つの交響的断章の冒頭のように、シロフォーン・チャイム・グロッケンが執拗に同じリズムを
ひたすら反復していき、それに木管・金管が乗っかるような曲なのですが、
単純ゆえに「見事な構成美」を感じます。

私が高校まで過ごした仙台の地を離れて大宮市(現・さいたま市大宮区)にて一人暮らしを始めたのは、
1984年、18歳の春でした。
さすがに親元を離れて最初の夜だけは、少しだけ「寂しさ」みたいなものを感じたのも事実ですけど、
その当時借りていたアパートは、ホント、おんぼろアパートで、風呂なし・トイレ(和式)共同・
三畳+四畳半でしたけど、親元を離れられて、一人暮らしをスタート出来ただけでも
当時の自分にとっては「ハッピー」な事でした。
初めて一人暮らしを始めた夜は、結構な風が吹いていて、おんぼろアパートの窓はやたら
カタカタカタカタざわめいていて、
その執拗な反復が、まさに「フェスティーヴォの中間部の世界」だと
感じたものでした。
それ以来、なぜか知らないのですけど、「フェスティーヴォ」を聴くと
「一人暮らしの最初の夜」・「少し寂しい、だけど同時にとってもハッピーみたいな気持」という気持ちが
いまだに浮かび上がってくるのは少し不思議な感じがしますね・・・・(笑)

「フェスティーヴォ」というからには、何か「祭り」みたいな意味とか意図があるのでしょうけど、
最初にこの曲を聴いた時は
「一体この曲のどこに祭りみたいな要素があるのかな・・・」と多少疑問にも感じたものです。
だけど・・・・
後にドビュッシー作曲「三つの夜想曲」~Ⅱ・祭りを聴いてよく分かったのですけど、
あれは、「どこか遠い所から祭りの賑やかさが聞こえてきて、その物音が段々と近づいてくる」イメージ
という事に何となく気が付きました。
ドビュッシーの夜想曲も、ネリベルのフェスティーヴォも、「ローマの祭り」とか「フェスティヴァルヴァリエーション」
みたいな華やかな祭りとは明らかに異なるものの
同じ「祭り」でもその人の感覚や受け取り方によってイメージは変わってくるという事に
改めて気が付かされた作品という意味では、
自分にとっては、やはり懐かしい作品でもあります。

うーーん、でもこの曲の「決定打」みたいな演奏はいまだにないのですよね。

強いて言うと汐澤安彦指揮の東京ブラスアカデミーくらいかな・・・
でもこの音源はレコードで、いまだにCD化されていませんからね・・・

ネリベルと言うと
私なんかは、交響的断章・二つの交響的断章・アンティフォナーレを勝手に「ネリベル三部作」とか
呼んでいますけど、
エスタンピーとかコラールとか吹奏楽のための序曲とかトリティーコとか地味にいい曲も
あるのですよね。
「コラール」なんかも「祈り」というよりは「圧迫感」みたいな印象の方が強いのですけど
やはりあの「独特な暗い陰鬱な世界」はネリベルそのものですね。
そうですね・・・
他には「プレリュードとフーガ」という曲もあまり知られてはいませんけどかなりの名曲だと思います。
この曲、ネリベルにしては珍しく、過度な不協和音とか強奏は少なく
出だしの感じとか、何か小粋というかチャーミングな部分もあったりして
ネリベルにしては珍しく少し「茶目っ気」みたいなものもあると思います。
似たような感じの曲として「ヤマハコンチェルト」と何か相通ずるものがあるような気もします。

この「フェスティーヴォ」とか「プレリュードとフーガ」とか最近は・・・まず演奏されないですよね・・・・
このまま歴史に埋もれてしまうには大変勿体無い曲だと思います。
小編成で取り上げても面白いな・・とは思いますけどね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

大好物ですw

フェスティーヴォ
この曲を初めて生で聴いたのは1976年の吹奏楽コンクール愛媛県大会。
菊間町立菊間中学校(指揮は当然鈴木 清先生です)の演奏でした。

この年は菊間中が初めて県代表に選ばれ、四天王の一角に名を連ねた年でした。

鈴木先生といえば、アレンジ物が多い印象なんですが、初期(この年と前年度)はオリジナル曲で臨んでいました。

この年の菊間中と松山市民吹奏楽団の演奏で、翌年から愛媛県ではフェスティーヴォが一気に演奏されるようになりましたねぇ。。。

懐かしい1曲です。

思いっきり意外です!!

なおりパパ  様


菊間中というかあの鈴木清先生が、こうした「吹奏楽オリジナル曲」を演奏する事自体が
極めて意外でした!!
正直、これは驚きました!!
若かりし日の鈴木先生の「フェスティーヴォ」なんて是非聴いてみたかったですね!!
オリジナルを振ってもああいう大振りをされるのかな・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2676-d4e6a8f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |