FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


実は最近まで知らなかったのですが、
「ドキドキプリキュア」のマナ・六花・ありすのパートナーの妖精達(シャルル・ラケル・ランス)は
兄妹だったのですね。
シャルルは長女、ラケルが長男、ランスが二男と言う設定らしいです。
それを聞いて、「あ、なるほど」とも思いました。
比較的しっかり者の長女・長男、少々幼い二男という感じが、これまでのシーンと合わせると
合点がいきます。

となると、ダビィはとこの三匹の妖精達の接点はどうなのでしょうか・・・?
元々「先輩妖精」としての認識があるのか否か
ダビィ+ソードとプリキュアとしてのチームとして合流する際、
ダビィは、この三人をいかに統率していくのか・・・
ダビィは、本当にソード(剣崎真琴)の敏腕マネージャーなのか、
前半にして、色々と興味深いシーンが出てきたような感じがします。

だって、急がないと、少しは「ドキドキチーム」としての連携をつけておかないと、
オールスターズDX2との整合性が取れなくなってしまうよ・・・??

それにしても、第五話の終盤で、マナに手紙を届けた「ネコ」って何者なんでしょうかね・・?
何か一見「ハミィ」にも見えたのは、気のせいなのでしょうか・・??
それともダビィは、敏腕マネージャーの他にも色々と化ける事が出来るという設定
なのでしょうか??





それにしてもラストのマナと真琴の握手と会話のシーンは、今後のドキドキの方向性を示唆するような
感じで興味深かったです。

マナは、前半場面の真琴に対する一方的な思い込みと衝動的行動が示す通り、
正義感が強く、これと思い込んだら猪突猛進するタイプなのですが、
それだけだと敵方の「ジコチュー」との違いはどこにあるのかという疑問も出てきてしまいます。
それゆえ、今後の課題として
①相手の気持ちを考える事、仲良くなりお互いの信頼を得るためには、まず相手の気持ちを
 適切に理解する必要がある事に気が付く事
(ハートキャッチのえりかがもも姉に「あんた、相手の気持ちを考えないでズケズケ言っちゃう癖が
 あるのだから気を付けないと。誰もがえりかのような人ではないのだから・・」と言われた事と
 似たような構造かな・・)
②「皆の笑顔を守る」という目標に向かって行動するには、どうすれば良いのか・・?

が出てきたと思います。

同時に、

真琴にとっても
プリキュアとして⇒トランプ王国の復活
人間界のアイドルとして⇒皆に自分の歌を聴かせたい
という目標があり、これに「自分の仲間との信頼関係の構築」というテーマを
どう展開させていくのか・・

六花さんにとっても、

マナを自分よりも一段上の目標として設定しているが、どうすれば自分自身もマナと一緒に
飛躍が図れるのか・・

ありすは・・・・・・・??

とにかく初期段階でこれだけ「ドキドキ」させてくれた訳ですから
今後いかに更に自分のハートをドキドキさせてくれるのか
興味津々です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/267-339e0361
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |